キーパー一歩も動けず!マルセイユ復帰のパイエがアウトにかけて決めた美しい技ありゴール【インクレディブル・ゴールズ】

2020.07.26 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はマルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエがトロワ戦で決めたゴールだ。

◆パイエが決めた美しい技ありゴール!


2004年にエクセルシオールでプロデビューを果たしたパイエは、2007年に加入したサンテチェンヌでブレイク。リール、マルセイユでプレーした後、2015年にウェストハムへ移籍後は、フランス屈指の技巧派MFとして評価を高め、2017年にマルセイユへ復帰した。

繊細なテクニックでシュートもパスも一級品の実力を持つパイエだが、2017年12月20日に行われた、リーグ・アン第19節のトロワ戦では、見事な技ありゴールを決めている。

トロワをマルセイユがホームに迎えたこの一戦だったが、先制を許して迎えた31分、マルセイユに反撃のチャンスが訪れる。

MFモルガン・サンソンへ向けた味方のパスのクリアボールをボックス右で拾ったパイエはそのままドリブルで相手ボックス内に侵入。相手DFが間合いを詰め切る前の絶妙のタイミングで右足のアウトサイドにかけたシュートを放った。タイミングを上手く外したシュートに相手GKはほとんど動けず、ボールはゴール左隅にキレイに決まった。

このパイエの技ありゴールで同点としたマルセイユ。これで息を吹き返したのか、この後に2点を奪い、3-1と逆転で勝利を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

日本人初の快挙!リヨンの熊谷がCL決勝で決めたゴラッソ!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はなでしこジャパンのDF熊谷紗希がリヨンで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆熊谷が決めた日本人初の快挙となるゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKWEhxMWtXaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 浦和レッズレディースでプロキャリアをスタートさせた熊谷は、フランクフルトでのプレーを経て、2013年夏にリヨンに移籍。ヨーロッパ女子サッカー界で絶対的な強さを誇る強豪で主力として活躍している。 2020年8月30日に行われた、女子チャンピオンズリーグ決勝のヴォルフスブルク戦では、素晴らしいゴールを決めている。 1-0とリヨンリードで迎えた44分、コーナーキックからリヨンがチャンスを作ると、味方のこぼれ球がボックス手前でフリーになっていた熊谷の下に転がり、左足を一閃。放たれた低めの弾道の強烈なシュートは、GKの届かないゴール右に決まり、リヨンが追加点を奪った。 熊谷の2点目が決勝点となり、リヨンは3-1で勝利。5年連続7度目の女子CL優勝を飾った。熊谷のこのゴールは、男女合わせてチャンピオンズリーグ決勝で日本人が決めた初めての得点となっている。 2020.09.18 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

囲まれても倒されても問題なし!メッシがナポリ戦で見せた半端ないソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メッシが囲まれながらも決めた半端ないソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYZjFBQmV0TSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> その変幻自在のドリブルを武器にたった1人で試合を変えてしまう力を持つメッシ。相手から徹底的なマークを受け、試合中に複数のDFに囲まれることもしばしばあるメッシだが、2020年8月8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16ナポリ戦の2ndレグでは、そんなマークをものともしない素晴らしいゴールを決めている。 アウェイでの1stレグを1-1のドローで終え、ホームでの2ndレグを迎えたバルセロナ。早々に先制し1-0でリードして迎えた23分、右サイドでボールを持ったメッシは、相手DF2人にマークされつつも、細かいタッチとターンで間を抜きボックス内に侵入する。 ボックス内のメッシは相手のタックルを受け、一度は倒されてしまうものの、ボールを失わずに起き上がると、そのままドリブルを続ける。さらに集まってくるDFたちに囲まれながらも、シュートコースを見つけると倒れながら何とかシュート。左足から放たれたシュートはGKの届かないゴール左に見事に決まった。 メッシの素晴らしいソロゴールでリードを広げたバルセロナは、3-1で2ndレグに勝利し、準々決勝の進出を決めている。 2020.09.17 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

左足でも変わらぬスーパーゴール!C・ロナウドが決めたキレキレのミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウドが左足で決めた豪快なミドルシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyQnprSjlzUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドで大ブレイクを果たし、その後移籍したレアル・マドリー、そして現在所属するユベントスでも驚異的な速度でゴールを量産しているC・ロナウド。 利き足である右足から放たれるシュートはもちろんのこと、ヘディングや左足でも正確かつパワフルなシュートを決めることができる全能のストライカーであるC・ロナウドだが、2016年1月31日に行われた、ラ・リーガ第22節、エスパニョール戦では利き足でない左足でも素晴らしいゴールを決めている。 3-0とマドリーリードで迎えた45分、センターサークル付近でボールを持ったMFハメス・ロドリゲスが、左サイドのFWカリム・ベンゼマにロングボールを出す。しかし、これは相手に当たり、コースが大きく変わると、右サイドにいたC・ロナウドの前のスペースに転がる。 これに素早く反応したC・ロナウドはそのまま裏に抜け出し、ボックスの手前で中央へターン。これで相手DFを抜き去ると、続けてプレッシャーに来た相手もフェイントで簡単にかわし、ゴール正面から左足でシュート。利き足でない左足ながら強烈なシュートはゴール左上の素晴らしいコースに決まった。 前半だけで4ゴールを奪ったマドリーは、その後も得点を重ね、6-0で勝利している。 2020.09.15 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

銀河系軍団のフィーゴが決めたえげつないホップのミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴ氏がレアル・マドリーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フィーゴが決めた驚愕のミドルシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhY2llQkxPOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2000年にバルセロナからレアル・マドリーに移籍したフィーゴ氏は、銀河系軍団と呼ばれたスターチームの1人として活躍。245試合56ゴール93アシストを記録している。 生粋のドリブラーとして攻撃陣を牽引したフィーゴ氏だが、2004年11月28日に行われた、ラ・リーガ第13節、レバンテ戦では豪快なミドルシュートを決めている。 1-0とマドリーリードの50分、ハーフウェイライン上でボールを受けたフィーゴはそのままドリブルを開始。FWロナウドやFWラウール・ゴンサレスのフリーランによって、レバンテDFがプレスをかけに来ない状況を見ると、そのままボックスの外からミドルシュート。右足から放たれた豪快なシュートは、驚異の伸びを見せ、ホップするような弾道のままゴール右上に突き刺さった。 マドリーはこの後も攻撃の手を緩めず、結局5-0の大勝を収めている。 2020.09.14 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ブラジルの名手オスカルがチェルシー時代に見せた極上アウトサイドシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は上海上港の元ブラジル代表MFオスカルがチェルシー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆オスカルが決めたテクニカルなゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpZ2kzUXlGYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国クラブで若くしてブレイクしたオスカルは、2012年夏にチェルシーに加入。優れたテクニックを武器に強豪チェルシー攻撃陣の一角を担い、プレミアリーグ2度の優勝に貢献している。 現在は中国スーパーリーグの上海上港で活躍するオスカルだが、2014年11月1日に行われた、プレミアリーグ第10節のQPR戦では、スキルが光る素晴らしいゴールを決めている。 0-0で迎えた32分、中央突破に成功したMFセスク・ファブレガスからのパスを、オスカルがボックス内右で受ける。するとオスカルは角度の厳しい位置からダイレクトシュート。右足のアウトサイドで放たれたシュートは、ファーサイドのゴールネットに突き刺さり、見事な先制ゴールとなった。 オスカルの素晴らしいゴールで先制したチェルシー。この後追いつかれるも、勝ち越しに成功し、2-1で勝利している。 2020.09.13 19:00 Sun
twitterfacebook