冨安負傷交代のボローニャ、アタランタを1失点に抑えるも惜敗《セリエA》

2020.07.22 04:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第35節、アタランタvsボローニャが21日に行われ、1-0でアタランタが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋73分までプレーしている。

ボローニャは前節ミラン戦を惨敗したものの、嬉しいセリエA初ゴールを決めた冨安が右サイドバックで13試合連続スタメンとなった。

前節2年連続でのチャンピンズリーグ出場を決めたセリエA最高の攻撃力を誇る3位アタランタ(勝ち点71)に対し、ボローニャは9分にロベルト・ソリアーノがミドルシュートでGKゴッリーニを強襲。

良い入りを見せたボローニャがポゼッションで上回る中、20分にはバロウがミドルシュートでゴールに近づいた。

31分にD・サパタへの対応で冨安がイエローカードを受けた中、ハーフタイムにかけてもボローニャが善戦したことでゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半、パシャリッチに代えてムリエルを投入してきたアタランタに開始4分、そのムリエルにボックス左から決定的なシュートを浴びせられるも、GKスコルプスキがセーブ。

その後も圧力をかけるアタランタはトロイが決定的なシュートを放った中、ボローニャは61分に決定機。冨安が右サイドゴールライン際まで侵入してクロスを送り、バロウがボレー。だが、わずかに枠を捉えきれなかった。

すると直後、アタランタが先制する。D・サパタの落としをボックス右で受けたムリエルがゴール右にシュートを突き刺した。

その後、73分に右足太ももを痛めた冨安がプレー続行不可能となった中、終盤にかけてはアタランタが試合をコントロール。ムリエルの決勝点でアタランタが勝利し、クラブ記録の15試合無敗としている。
コメント
関連ニュース
thumb

ボローニャ冨安の同僚GKスコルプスキが見せた咄嗟のスーパーセーブ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆冨安のチームメイト、スコルプスキがピンチを救う<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtdmtZVTBsYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ポーランド代表GKウカシュ・スコルプスキがボローニャで見せたスーパーセーブだ。 ポーランドのグールニク・ザブジェでプロデビューを果たしたスコルプスキは、2013年に加入したローマでセリエAデビュー。その後レンタルで加入したエンポリでの活躍を受け、2018年、現在は日本代表DF冨安健洋も所属するボローニャに移籍した。 そんなスコルプスキは、2019年3月10日に行われた、セリエA第27節カリアリ戦で素晴らしい好セーブを見せている。 1-0とホームのボローニャがリードして迎えた63分、セットプレーからカリアリに決定機。左サイドでFKで獲得したカリアリが、ボックスへクロスを上げる。これはボローニャDFがクリアするも、クリアボールを拾ったDFダリヨ・スルナが再びクロスを上げる。 これを中央でDFのちょうど中間にポジションを取り、フリーになっていたMFジョアン・ペドロがゴール左へ完璧なヘディングシュートを放った。しかし、スコルプスキは瞬時にコースを読み、体を素早く倒してスーパーセーブを見せ、ボールをかきだして見せた。 リードを守ったボローニャはその後追加点をマーク。2-0で見事勝利した。 2020.08.08 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、チェコ代表MFクレイチの古巣復帰を発表

ボローニャは4日、チェコ代表MFラディスラフ・クレイチ(28)がチェコのスパルタ・プラハへ完全移籍したことを発表した。 2008年にスパルタ・プラハでプロデビューを飾ったクレイチは、鋭い縦への仕掛けと左足のテクニックを武器にすぐさま頭角を現すと、左ウイングのレギュラーとして8シーズンに渡って活躍。同クラブでは通算168試合に出場し、35ゴール35アシストを記録した。 2016年から加入したボローニャでは左サイドスペシャリストとして重宝され、在籍4シーズンで公式戦84試合に出場し3ゴール12アシストをマーク。今シーズンは左サイドバックを主戦場に公式戦15試合に出場していた。 4季ぶりの古巣復帰となるクレイチは、スパルタ・プラハの公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「スパルタ・プラハに戻って来ることが出来て本当に嬉しいよ。僕はそれを切望していたからね。僕はここで多くの試合に出場してきた。また、スパルタ・プラハのユニフォームを着てプレー出来ることを楽しみにしているよ」 2020.08.05 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安健洋は来季はセンターバック? ミハイロビッチ監督が来季の構想を明かす

ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、新シーズンについてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ボローニャは、シーズン開幕前にミハイロビッチ監督の白血病が発覚。治療をしながらの指揮となった中、シーズン前半は負けが混むなど苦しい展開に。 <div id="cws_ad">◆冨安健洋のセリエA初ゴール!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuYWJBTEIxMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 再開後も負けが先行するなど苦しい戦いとなり、最終的には勝ち点47の12位でシーズンを終えていた。 日本代表DF冨安健洋は、セリエA挑戦1年目ながら29試合に出場し1ゴールを記録。右サイドバックというこれまでプレーしてこなかったポジションで、新境地を開いた。 ミハイロビッチ監督は、最終節となった2日のトリノ戦後来シーズンについてコメント。チームを立て直す必要があると語り、その冨安をセンターバックとしてチームを組み立てる構想があることを明かした。 「私は会社にトップクラブのようなお金を使うように要求することはできない」 「ただ、チームを改善するため、右サイドバックやセンターバックの役割など、選手のリズムを改善する必要がある」 「来年は冨安がセンターバックとなり、明確なアイデアがある。チームを改善し、ヨーロッパの大会のためにも戦わなければならない」 「我々は改善し、来年はより良いプレーをするように努め、徐々に近づいていく。時間、忍耐、適切な移籍が必要だ」 2020.08.03 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン関心のスコットランドの逸材SB・ヒッキー、ボローニャが一歩リード?

スコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)に所属するU-19スコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(18)が、多くのクラブから興味を示されている。イギリス『BBC』が報じている。 ハーツとセルティックの下部組織に在籍経験があるヒッキーは、2019年5月にハーツでトップチームデビューを飾った両利きのサイドバック。今シーズンは左サイドバックを主戦場に、公式戦30試合1ゴール1アシストの数字を残すなど、17歳とは思えない存在感を放っている。 <div id="cws_ad">◆引く手数多のヒッキー、攻撃参加からミドルシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoRzlCR3k1MSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヒッキーは、2021年6月まで契約を残しているが、ハーツは2部に降格。今夏の移籍が既定路線となっている状況だ。 ヒッキーに興味を示しているのはバイエルンやボローニャ、アストン・ビラなど多岐にわたっている。 『BBC』によれば、ボローニャはハーツが求める移籍金150万ポンド(約2億1000万円)を満たすオファーを出しているとのこと。本人もイタリア行きに前向きなようだ。 一方で、バイエルンも引き続き関心を示しており、より詳細なオファーを待っている状況とのことだ。 なお、ユース時代を過ごしたセルティックは、他クラブからのオファーについて通知を受けることができる状況とのこと。リバプールDFアンドリュー・ロバートソン、アーセナルDFキーラン・ティアニーに続くサイドバックの大器と期待される逸材はどこに行くだろうか。 2020.08.03 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャ冨安健洋が軽度の右足ハムストリング損傷で全治2週間 今季中の復帰厳しいか

ボローニャの日本代表DF冨安健洋が離脱した。 冨安は21日に敵地で行われたセリエA第35節のアタランタ戦に先発したが、1点ビハインドの74分に右足を痛めてピッチを後に。今季終了の恐れを指摘する声も挙がるなか、ボローニャが23日にメディカルレポートを報告した。 クラブの発表によると、冨安は検査の結果、程度1の右足ハムストリング損傷がわかり、回復まで約2週間を要する見込み。今季終了の可能性が高まっている。 ボローニャは今季の残る3試合でレッチェ、フィオレンティーナ、トリノと対戦。最終節のトリノ戦は8月2日に予定され、見込みどおりなら間に合わない。 昨夏にシント=トロイデンから加わり、イタリアでのデビューシーズンから主に右サイドバックとして重宝され、公式戦30試合に出場する冨安。18日に行われた第34節のミラン戦で待望の移籍後初ゴールをマークした。 2020.07.24 08:35 Fri
twitterfacebook