レミがベネヴェントのメディカルチェック通れず…過去にも2度の事例が

2020.07.20 23:06 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベネヴェント入りが確実視されていた元フランス代表FWロイク・レミ(33)だが、メディカルチェックで異常が見つかったようだ。過去にはチェルシーでプレミアリーグ優勝もしたことのあるレミ。近年ではスペインに活躍の場を移した後、2018年夏にリールに加入していた。

先日、2年契約を終え退団が発表されていた同選手には、セリエA昇格を果たしたフィリッポ・インザーギ監督率いるベンヴェント行きが噂されていた。そして噂通りにベネヴェント移籍が迫っていたが、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によると、どうやらメディカルチェックをパス出来なかったようだ。

レミがメディカルチェックに引っかかるのはこれが初めてではなく、2008年のニース移籍、2010年のマルセイユ移籍の際にも心臓に異常が見つかっていた。

3年契約を結ぶ見込みだったが、同メディアは現段階で移籍の動きは完全にストップしていると主張。一方、上述した過去のケースでは無事に移籍を完了させている。
コメント
関連ニュース
thumb

昇格組ベネヴェントがブルキナファソ代表MFダボをフィオレンティーナから2年契約で獲得

セリエAに昇格したベネヴェントは15日、フィオレンティーナからブルキナファソ代表MFブライアン・ダボ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2022年6月30日までの2年間となり、3年目の自動更新が付帯しているとのことだ。 ダボはモンペリエの下部組織出身で、ブラックバーンやサンテチェンヌでプレー。2018年1月にフィオレンティーナへ完全移籍で加入すると、2020年1月からはSPALへレンタル移籍していた。 フィオレンティーナでは公式戦36試合に出場し2ゴール2アシストを記録。セリエAでは通算49試合に出場し3ゴール5アシストを記録していた。 2020.09.15 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

セリエA昇格のベネヴェント、主将マッジョらベテラン2選手と契約更新

セリエA昇格組のベネヴェントは9日、元イタリア代表DFクリスティアン・マッジョ(38)、イタリア人GKピエール・グラツィアーノ・ゴーリ(40)との2020-21シーズンの契約を更新したことを発表した。 マッジョはヴィチェンツァでプロキャリアをスタートし、フィオレンティーナ、サンプドリアを経て2008年から10シーズンに渡ってナポリの右サイドを支えた。その後、2018年にセリエBのベネヴェントに加入すると、ここまで公式戦55試合5ゴールの活躍を見せると共に、カピターノとしてチームをセリエA昇格に導いた。 一方、ベテランGKのゴーリはクラブ通算在籍年数が10年を数える、ベネヴェントの頼れる控えGKだ。 2020.09.10 13:33 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格ベネヴェント、カプラーリを買い取りOP付きレンタルで獲得

新シーズンをセリエAで戦うベネヴェントは4日、サンプドリアのイタリア人FWジャンルカ・カプラーリ(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ローマの下部組織出身であるストライカーのカプラーリはペスカーラで活躍後、2016年夏にインテルに加入。インテルではプレーすることなくペスカーラにレンタルで復帰。2017年夏にサンプドリアへ移籍し、今年1月にパルマにレンタルで移籍していた。 そのパルマではセリエA12試合の出場で2ゴールを挙げていた。 2020.09.04 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベネヴェント、ジェノアから元イタリア代表FWラパドゥーラを獲得! 今夏5人目の補強に

ベネヴェントは2日、ジェノアから元イタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 2015-16シーズンのセリエBで27ゴールを挙げて得点王に輝いたラパドゥーラは、この活躍が評価されて2016年の夏にミランへ完全移籍。加入初年度はリーグ戦27試合に出場し8ゴールを挙げたが、大型補強を敢行したチームに留まることが出来ず、2017年の夏にジェノアへ買い取り義務付きのレンタル移籍で加入。 ジェノアでは在籍2シーズンで公式戦38試合に出場し8ゴールをマーク。昨シーズンは昇格組のレッチェにレンタルで加入すると、公式戦27試合に出場し13ゴールを記録した。 ベネヴェントは今夏、モナコからポーランド代表DFカミル・グリク、キエーボからイタリア人DFフェデリコ・バルバ、カリアリからモルドバ代表MFアルトゥール・ヨニツァら4人を獲得しており、ラパドゥーラは5人目の補強となる。 2020.09.03 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今季セリエA昇格のベネヴェント、次なる補強はクライファートとボナヴェントゥーラか?

ベネヴェントが、ローマに所属するオランダ代表FWユスティン・クライファート(21)と元イタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラ(31)の獲得を目指しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 フィリッポ・インザーギ監督率いるベネヴェントは今季、2017-18シーズン以来2度目のセリエAに挑戦する。新たな舞台へ向けてすでに着々と補強を行っており、ここまでモナコからポーランド代表DFカミル・グリク、キエーボからイタリア人DFフェデリコ・バルバ、カリアリからモルドバ代表MFアルトゥール・ヨニツァら3人の補強に成功。 更に前線への補強を狙うベネヴェントは、クライファートとボナヴェントゥーラの獲得を目指し、すでにオファーを提出したという。現段階では両者から明確な返事は届いておらず、前者に関しては交渉が難航しているようだ。 また、ベネヴェントはジェノアに所属しているイタリアとペルーの2重国籍を持つFWジャンルカ・ラパドゥーラ(30)の獲得にも迫っており、クラブ間では合意に達したと伝えている。後は契約形態や選手本人との合意を残しているのみだと述べている。 2020.08.27 21:20 Thu
twitterfacebook