ガラガラのスタンド5000人を見てふとデジャヴに襲われない?! の巻/倉井史也のJリーグ

2020.07.18 11:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
J1リーグ再開して3試合こなしたところで、何となくもう落ち着きも感じるようになってきたのは気のせい? 選手の集中力が切れてても、それは連戦プラス夏の暑さって感じ? そう言えばFC東京の長谷川健太監督が再開した後の試合日程を「33連戦」と表現してたんだけど、これって自分たちに置き換えると7月から12月までほぼ休みなしで働こうって感覚? ってことになると、つい大声を出したくなるのはスタンドにいる人じゃなくて選手かも。そんで今週もまた5000人以下の入場者ってことになると思うんだけど、実は先日、等々力の川崎vs柏をDAZNで見てたときに、何と言いますか、不思議な感覚に見舞われたわけですよ。あれ? これ、どっかで見たスタンド。何だっけ……。

メインスタンドが立派になる前の等々力で、そう言えば川崎も集客苦労してました。特にJ2に落ちた後。サポーターも2階に陣取るとかいろんな工夫をしながら応援してたなぁ。でもあのころのことは最古参の中村憲剛も知らないだろうな……とか、すっごいおじいさんになった気分を味わったんですよ。

で、何が言いたいかというと、5000人は寂しいかもしれないけど、そんな時代もJリーガーは必死に戦ってたってコト。今の礎を築いたのは、間違いなくあの寂しかったスタンドに人を呼ぼうと奮闘してた当時の選手なんです。

ということで、今週のデータは、川崎の年度別入場者数推移を振り返ってみました。ところで余談なんだけど、Jリーグのデータサイトでチームの平均観客動員数を調べようとすると、つい「入場者数一覧」って見ちゃうじゃないですか。ところがこれがワナ。そこに出ている数字は、アウェイの数字も足したものなのでした。だから「年度別入場者数推移」か「クラブ別入場者数」を見るべきなんだけど、なんと「クラブ別入場者数」は2001年以降のデータしか掲載されてない。ちょっとちょっと、困りますよ〜。

ともあれ、川崎のホーム平均入場者数ってどんなものだったのか?

【1999年】J2 平均 5,396人
【2000年】J1 平均 7,439人
【2001年】J2 平均 3,784人
【2002年】J2 平均 5,247人
【2003年】J2 平均 7,258人
【2004年】J2 平均 9,148人
【2005年】J1 平均13,658人
【2006年】J1 平均14,340人
【2007年】J1 平均17,338人
【2008年】J1 平均17,565人
【2009年】J1 平均18,847人
【2010年】J1 平均18,562人
【2011年】J1 平均17,340人
【2012年】J1 平均17,807人
【2013年】J1 平均16,644人
【2014年】J1 平均16,661人
【2015年】J1 平均20,999人
【2016年】J1 平均22,136人
【2017年】J1 平均22,112人
【2018年】J1 平均23,218人
【2019年】J1 平均23,272人

2001年に在籍してた中には後に日本代表になった箕輪義信氏や寺田周平氏、そして何より鬼木達現監督もいるんですよ。その他にも渋い名手が一杯。その選手たちはこの制限されている観客数よりも少ない中でプレーしてたんです。

それが今では2万3000人超え。よくぞここまで持ってきたという感じですね。もしかして、今の入場者が少ない状況って、昔を思い出して感謝するっていういいきっかけかもしれませんぞ……。おーっと、いいこと言った!!

【倉井史也】
試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
コメント
関連ニュース
thumb

今年の個人記録は●年ぶりの大台に乗るかも?! の巻/倉井史也のJリーグ

とりあえず10月の日本代表の試合が終わって、今のところ新型コロナウイルス感染者が出たという話も聞かないし、試合は1勝1分けで終わって負けなかったし、再開1発目ってことではよかったんじゃないですか? Jリーガーいないし、Jリーグの試合と現地からの会見の時間が重なってて踏み絵的になってたりということはあったんだけど、なんせ過密日程ですからね。今回はちょっと多めに見て……って思ったんだけど、やっぱ代表戦とJリーグと一緒に行われると混乱しちゃいませんか。 J1リーグ、ACLに出場する横浜FM、FC東京、神戸って、もう25試合を消化してるんですよ。となると、そろそろ個人記録も気になるころってことで、今週は個人データがどうなってるか調べちゃうよ!! まず分かりやすいところで得点王。現在はこんな感じになってます。 1位 21ゴール オルンガ 柏(22試合消化) 2位 12ゴール エヴェラウド 鹿島(23試合消化) 2位 12ゴール 小林悠 川崎(23試合消化) 4位 11ゴール レアンドロ・ダミアン 川崎(23試合消化) 4位 11ゴール エリキ 横浜FM(25試合消化) 4位 11ゴール マルコス・ジュニオール 横浜FM(25試合消化) 4位 11ゴール 古橋亨梧 神戸(25試合消化) 8位 10ゴール 三笘薫 川崎(23試合消化) 9位 9ゴール レオナルド 浦和(23試合消化) 9位 9ゴール レアンドロ・ペレイラ 広島(21試合消化) って、まぁ今年の得点王はどう考えてもオルンガになりそうな。じゃあ、22試合消化した時点で21ゴールってのがどれくらいすごいかを考えてみると、今年のオルンガと同じかそれ以上の成績は 【2019年 22節終了時点】 1位 12ゴール ディエゴ・オリヴェイラ FC東京 【2018年 22節終了時点】 1位 16ゴール パトリック 広島 【2017年 22節終了時点】 1位 13ゴール 興梠慎三 浦和 1位 13ゴール 杉本健勇 C大阪 【2016年 22節終了時点】 1位 15ゴール ピーター・ウタカ 広島 【2015年 22節終了時点】 1位 16ゴール 宇佐美貴史 G大阪 【2014年 22節終了時点】 1位 12ゴール 大久保嘉人 川崎 【2013年 22節終了時点】 1位 17ゴール 大久保嘉人 川崎 【2012年 22節終了時点】 1位 17ゴール 佐藤寿人 広島 【2011年 22節終了時点】 1位 11ゴール ケネディ 名古屋 【2010年 22節終了時点】 1位 11ゴール 曺永哲 新潟 1位 11ゴール ケネディ 名古屋 【2009年 22節終了時点】 1位 12ゴール ジュニーニョ 川崎 【2008年 22節終了時点】 1位 14ゴール マルキーニョス 鹿島 【2007年 22節終了時点】 1位 14ゴール ジュニーニョ 川崎 1位 14ゴール ウェズレイ 広島 【2006年 22節終了時点】 1位 16ゴール ワシントン 浦和 ってこりゃオルンガすげぇなと思っていたら!! なんと!! 【2005年 22節終了時点】 1位 21ゴール アラウージョ G大阪 こんな記録が生まれてたんですよ。ちなみにこの年のアラウージョは33ゴールを挙げて得点王。じゃあオルンガとどっちがすごいか比較してみると、 【22節終了時点】 アラウージョ 22試合出場 出場1試合平均0.95点 シュート数95本 決定率22.1% オルンガ 21試合出場 出場1試合平均1.00点 シュート数85本 決定率24.7% そしてリーグ終了時点では アラウージョ 33試合出場 出場1試合平均1.00点 シュート数135本 決定率24.4% もしアラウージョと同じように終盤でペースが上がってたら、そりゃすごい記録になりそうですよ。ちなみに、歴代最多得点王は27試合で36ゴールを挙げた1998年中山雅史なのでした。 はたして今年はどんなことになるのか、得点王にも注目!! 的な感じでオナイシャス。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.10.17 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

どんどん自分で自分を苦境に追い込んでるんじゃね?! の巻/倉井史也のJリーグ

FC東京が作戦どおりって感じで川崎を破ってルヴァンカップの決勝に進出したんだけど、これっていくつかのことを含んでると思うんですよね。まずFC東京は橋本拳人と室屋成っていう2人の日本代表抜かれたのに、よくここまでやってるってことと、これでもしかしたら川崎ってまた優勝に近づいたんじゃね? ってことで。だってルヴァンカップが抜けたことで川崎の日程は……(★は6日以上日程が空く期間)。 【川崎】 第21節:10/10(土)/18:00/川 崎 vs 仙 台 第22節:10/14(水)/19:00/広 島 vs 川 崎 第23節:10/18(日)/19:00/川 崎 vs 名古屋 ★ ★ 第25節:10/31(土)/18:00/川 崎 vs FC東京 第26節:11/03(祝)/14:00/川 崎 vs 札 幌 ★ 第27節:11/14(土)/17:00/鹿 島 vs 川 崎 第30節:11/18(水)/19:00/川 崎 vs 横浜FM 第28節:11/21(土)/14:00/大 分 vs 川 崎 第29節:11/25(水)/18:30/川 崎 vs G大阪 ★ 第31節:12/05(土)/14:00/清 水 vs 川 崎 ★ 第32節:12/12(土)/14:00/鳥 栖 vs 川 崎 第33節:12/16(水)/19:00/川 崎 vs 浦 和 第34節:12/19(土)/14:00/ 柏 vs 川 崎 ってことで、★の数は6。ところがこれが暫定2位のFC東京は、 【FC東京】 第21節:10/10(土)/14:00/FC東京 vs G大阪 第22節:10/14(水)/19:00/FC東京 vs 清 水 第23節:10/18(日)/14:00/横浜FC vs FC東京 ★ 第28節:10/24(土)/15:00/FC東京 vs 横浜FM 第30節:10/28(水)/19:00/FC東京 vs 柏 第25節:10/31(土)/18:00/川崎F vs FC東京 ★ 決 勝 11/07(土)/13:05 柏 vs FC東京 第33節:11/11(水)/19:00/FC東京 vs 札 幌 第27節:11/15(日)/19:00/名古屋 vs FC東京 第32節:11/18(水)/19:00/仙 台 vs FC東京 ACL3節:11/24(火)/未 定 FC東京 vs 上海申花 ACL4節:11/27(金)/未 定 上海申花 vs FC東京 ACL5節:11/30(月)/未 定 FC東京 vs 蔚山現代 ACL6節:12/03(木)/未 定 PGF vs FC東京 ACLラウンド16 ACL準々決勝 ACL準決勝 ACL決勝 12/19(土)/未 定 ペルセポリス vs 未 定 第34節:12/19(土)/14:00/FC東京 vs 神 戸 なんと★は2つしかない。ほかも見ておくと現時点で3位のC大阪は 【C大阪】 第21節:10/10(土)/14:00/名古屋 vs C大阪 第22節:10/14(水)/19:30/C大阪 vs 湘 南 第23節:10/17(土)/15:00/C大阪 vs 横浜FM ★ 第24節:10/24(土)/17:00/浦 和 vs C大阪 ★ 第26節:11/03(祝)/14:00/C大阪 vs G大阪 ★ 第27節:11/14(土)/14:00/清 水 vs C大阪 第28節:11/21(土)/16:00/C大阪 vs 広 島 第29節:11/25(水)/19:00/大 分 vs C大阪 第30節:11/29(日)/15:00/C大阪 vs 横浜FC ★ 第31節:12/05(土)/14:00/札 幌 vs C大阪 ★ 第32節:12/12(土)/14:00/C大阪 vs 柏 第33節:12/16(水)/19:00/C大阪 vs 鳥 栖 第34節:12/19(土)/14:00/鹿 島 vs C大阪 とやっぱり★5つ獲得してんですけど、川崎との勝ち点は14。消化試合が川崎に比べて1試合少ない暫定4位G大阪も見ておくと、 【G大阪】 第21節:10/10(土)/14:00/FC東京 vs G大阪 第22節:10/14(水)/19:00/G大阪 vs 横浜FM 第23節:10/18(日)/14:00/大分 vs G大阪 ★ 第24節:10/24(土)/16:00/G大阪 vs 柏 ★ 第25節:10/31(土)/19:00/G大阪 vs 札 幌 第26節:11/03(祝)/14:00/C大阪 vs G大阪 ★ 第32節:11/11(水)/19:00/G大阪 vs 神 戸 第27節:11/14(土)/15:00/G大阪 vs 仙 台 ★ 第28節:11/22(日)/16:00/浦 和 vs G大阪 第29節:11/25(水)/18:30/川崎F vs G大阪 第30節:11/29(日)/17:00/G大阪 vs 鳥 栖 ★ 第31節:12/06(日)/15:00/湘 南 vs G大阪 ★ 第33節:12/16(水)/19:00/横浜FC vs G大阪 第34節:12/19(土)/14:00/G大阪 vs 清 水 とここも★5つ、しかも4連戦はもうないという恵まれた残り試合だけど、1試合少なくて勝点差が18って、これもかなり厳しい。 ここからFC東京が大躍進したら、もう映画になりそうなスンゴイ話なんですけどね。さすがに……いやいや、今年初めに今年がこんな年になるって誰も予想しなかったと思うから……。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.10.10 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

今日新しい日程が発表されたけど、これまでどんな作業をやってた?! の巻/倉井史也のJリーグ

ACLの日程が変わったせいで、今日また日程が変更になったわけですよ。ACL出場組は最終節の前の試合を全部前倒しするっていう、まぁこれまた忙しい展開になったワケですけど、帰ってきて2週間の自主隔離期間があるって、これはもうACL出て帰ってきたチームは日本のために頑張ってきたんだから残り全部勝点3あげていいんじゃね? 的な展開になって参りました!! でも、どうやら2チーム作って参加する的な解決策みたいなんですよ。 ってことで、今回は緊急事態って感じだから変更になった日程を中心に見ていくよ!! 今回はJリーグがどんだけ大変な変更をやったか、ちゃんと記録しておくからね!! まず1回目は、最初にACLが10月から11月開催に変更されたとき。 【リーグ戦変更1回目】 24節 10月24:FC東京 vs 大分 → 9月16日 10月25:横浜FM vs 清水 → 9月16日 10月25:神戸 vs 川崎 → 8月26日 25節 10月31:川崎 vs FC東京 → 11月11日 10月31:横浜FM vs 鳥栖 → 9月30日 10月31:神戸 vs C大阪 → 9月16日 26節 11月03:FC東京 vs 鹿島 → 8月26日 11月03:湘南 vs 横浜FM → 11月11日 11月03:清水 vs 神戸 → 11月11日 29節 11月25:浦和 vs FC東京 → 9月30日 11月25:横浜FM vs 札幌 → 9月30日 11月25:浦和 vs FC東京 → 8月26日 30節 11月28:仙台 vs 神戸 → 12月1日 11月29:FC東京 vs 柏 → 11月18日 11月29:川崎 vs 横浜FM → 11月18日 31節 12月5:FC東京 vs 広島 → 11月8日 12月6:横浜FM vs 鹿島 → 12月1日 12月6:神戸 vs 浦和 → 11月18日 さてでは今回、どんな変更があったかというと……。 【リーグ戦変更2回目】 25節 11月11:川崎 vs FC東京 → 10月31日(元に戻す) 26節 11月11:湘南 vs 横浜FM → 変更なし 11月11:清水 vs 神戸 → 11月3日(元に戻す) 28節 11月21:FC東京 vs 横浜FM → 10月24日 11月22:横浜FC vs 神戸 → 11月08日 29節(すべて開催済み) 30節 11月28:仙台 vs 神戸 → 10月28日 11月29:FC東京 vs 柏 → 10月28日 11月29:川崎 vs 横浜FM → 11月18日 31節 12月5:FC東京 vs 広島 → 未定 12月5:横浜FM vs 鹿島 → 11月3日 12月5:神戸 vs 浦和 → 11月18日 32節 12月12:仙台 vs FC東京 → 11月18日 12月12:G大阪 vs 神戸 → 11月11日 12月12:広島 vs 横浜FM → 10月28日 33節 12月16:FC東京 vs 札幌 → 11月11日 12月16:横浜FM vs 名古屋 → 10月21日 12月16:神戸 vs 鹿島 → 10月21日 んでもって、最終節は変更なし。何とか最終節はみんなで揃えましょうってことなんですけど。 ところが!! 実はACLの東地区はどこで大会が開催されるかまだ決まってなくて、もし日本から行った場合は隔離期間がある国で開かれることになっちゃったら、さらに日程調整して送り出さなきゃいけないわけです。もしかして日程調整3回目もあるかも!! なんか、いろんなことで目を離せないぞ、Jリーグ!! <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.10.03 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

10月に日本代表戦やるってさ。Jリーグどうすんのかね?! の巻/倉井史也のJリーグ

10月9日のカメルーン戦、13日のコートジボワール戦、楽しみだな!! 誰が選ばれるかワクワクしながら今週末の試合を見ようじゃないですか。でも10日も14日もJ1の試合があるのに、代表に選手抜かれちゃったら困るなぁ。そう言えば、帰ってきても2週間の隔離期間があるから、10月31日の試合でやっと復帰できる感じ? いやぁ、こりゃ順位いろいろ入れ替わっちゃうんじゃないの? Jリーガーが選ばれたら。 ……何か、今回って海外組だけっぽくないですか? そうでなくても日本代表は海外組だけで構成されそうなのに。でもね、今後のことを考えたら今年1月にU-23日本代表として招集された国内組の選手で出番が少なくなってるのは、呼んでもいいんじゃないの? だって彼らが成長しないとヤバいでしょ? とか思っちゃうわけですよ。 ということで、今年1月、まだ新型コロナウイルスの影響が出てないときに選ばれてタイでのAFC U-23選手権に出ていたメンバーと9月25日時点の出場記録は…… GK 小島亨介(新潟※)12試合出場 大迫敬介(広島)12試合出場 谷晃生(湘南)11試合出場 DF 渡辺剛(FC東京)19試合出場2得点 町田浩樹(鹿島)12試合出場0得点 立田悠悟(清水)17試合出場2得点 岡崎慎(清水) 9試合出場0得点 古賀太陽(柏)18試合出場0得点 橋岡大樹(浦和)16試合出場1得点 MF 相馬勇紀(名古屋)16試合出場1得点 森島司(広島)17試合出場3得点 田中駿汰(札幌)16試合出場1得点 遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)0試合出場0得点 旗手怜央(川崎)18試合出場5得点 食野亮太郎(リオ・アヴェ)1試合出場1得点 松本泰志(福岡※) 9試合出場0得点 杉岡大暉(鹿島) 5試合出場0得点 田中碧(川崎)16試合出場4得点 菅大輝(札幌)18試合出場1得点 齊藤未月(湘南)16試合出場0得点 田川亨介(FC東京)10試合出場1得点 FW 小川航基(磐田※)20試合出場7得点 上田綺世(鹿島)11試合出場3得点 ※J2リーグ おお!! みんな頑張ってるじゃないですか。ほぼ主力になってるし。だったら余計に残念。こういう努力してるときに海外のチームと対戦させてあげてほしいのに。でもこの選手たちを抜かれたら、各クラブは本当に大変でしょうなぁ……。森保一監督、あんまりワガママ言わなそうだしなぁ……。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.09.26 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

もうこの際優勝チームが決まったらそこでリーグ戦は終わりってことにしてもいいんじゃね?! の巻/倉井史也のJリーグ

シルバーウィークって言われちゃうと、なんか老人会が出かけてるからみんなよろしく!! って感じに思われるんじゃないかなんて余計な心配しないで、やっと5000人シバリがなくなったスタジアムに出かけましょうよ。もちろん感染防止対策バッチリで。 ところで気付いたんですよ。今回の緩和策、ガイドラインでは「当面11月末まで」って書いてあるでしょう。ところがACLが11月15日から12月19日にやるってことになったってことは、Jリーグってもしかして11月15日前に終わる感じ? ってことは今回が今年最後の緩和? でね、いろいろ考えたんです。収容人数の50パーセントしか入ってないスタジアムで、どうやって選手を盛り上げるか。いい案ありますよ。みんなで腹話術の人形を連れていくんです。これでぱっと見は人数が倍だから、「スタジアム、満員じゃね?」みたいになるでしょ。しかも腹話術って口をほぼ開けないで話をするじゃないですか。だから人形がしゃべっていても感染確率は少ないはず!! とか訳のわからんことを言ってても、ちっともコロナウイルスは収まる気配がないのでもう現実的に考えましょう。11月15日のACLに3チーム出場させようと思ったら、11月14日以降の8節を前倒ししなきゃいけないわけです。10月から11月半ばまでのだいたい6週間で。ってことはもう週3試合とかダブルヘッダーとかいろいろ考えなきゃ行けなくなっちゃうわけですよ。 だったらさ、もう今年は優勝チームが決定したら、その時点で順位を凍結して終わりじゃダメ? だって川崎メッチャクチャ強いから、優勝争いが混沌としそうにないでしょ? となると、今のペースならいつ川崎の優勝が決まるか考えてみました。 川崎勝点 1〜5試合目 6〜10試合目 11〜15試合目、16・17試合目 13 → 15 → 10 → 6 C大阪勝点 1〜5試合目 6〜10試合目 11〜15試合目、16・17試合目 12 → 9 → 12 → 6 FC東京勝点 1〜5試合目 6〜10試合目 11〜15試合目、16〜18試合目 12 → 6 → 10 → 4 名古屋勝点 1〜5試合目 6〜10試合目 11〜15試合目、16・17試合目未消化 11→ 9 → 7 → - おっと、11試合目から15試合目までの勝点ではC大阪の方が川崎より上。現在の首位川崎と2位C大阪の勝点差が「5」ってことは、このペースで行けばあと13試合でC大阪が川崎を逆転するってこと? で、現在が17試合消化中だからもしかしたら32試合消化したら首位が入れ代わるかも? いや、21試合目で直接対決があるからそこで勝ち点で並んじゃうかも?……ってことで、やっぱり今年もJ1は34節全て消化しないとダメっぽい感じですね(汗)。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.09.19 12:00 Sat
twitterfacebook