今日は何の日!7月17日は、アメリカW杯決勝でバッジョのPK失敗によりブラジルがイタリアを破り優勝/1994年

2020.07.17 20:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日7月17日の出来事を振り返ってみよう。

今回ピックアップするのは、1994年7月17日。アメリカで開催されたワールドカップ(W杯)の決勝でイタリア代表vsブラジル代表が対戦した日だ。

◆イタリア代表の名手ロベルト・バッジョ


◆「サッカー不毛の地」アメリカでの初開催
1930年に初開催されたW杯はこの大会まで中南米とヨーロッパでしか開催されたことはなかったが、この大会で初めて北米での開催が実現された。

「サッカー後進国」と言われたアメリカでの開催ということもあり、大会の成功に懐疑的な声があったものの、アメリカンフットボールの巨大なスタジアムなどを利用したことで、会場の規模は今までにないものとなり、1試合当たりの観客動員数が約6.9万人となるなど、大きな盛り上がりを見せた。

一方で、アメリカの広大な国土の中、長距離の移動やヨーロッパでの放送時間を考えて真夏の日中でのデーゲームが多く組まれるなど、気候や時差の面で、選手たちにとっては調整の難しさが課題となる大会でもあった。

◆決勝は大会初のPK決着
7月17日にロサンゼルスで行われた決勝戦は、ブラジル代表とイタリア代表という顔ぶれに。前回王者のドイツや準優勝のアルゼンチンがベスト4を前に敗退するなど波乱もあったものの、共に優勝3回を誇る強豪同士の決勝となった。

決勝戦も炎天下の中のデーゲームとなり、どちらも決め手を欠いたまま0-0で90分を終え、大会史上初PK戦に突入する。

イタリア代表は1番手のDFフランコ・バレージがいきなり失敗すると、4人目のFWダニエレ・マッサーロも失敗。GKジャンルカ・パリュウカが1つセーブを記録するも不利な状況に立たされた。最後はイタリアの5人目のFWロベルト・バッジョのまさかのPK失敗により、ブラジルの4度目の優勝が決定した。優勝を逃したあのシーンは、誰もが1度は目にしているはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

今日は何の日!7月21日は、“貴公子”ベッカムがLAギャラクシーデビュー!アメリカの地で新たな挑戦が始まる/2007年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日7月21日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2007年7月21日。元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムがメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでデビューを飾った日だ。 <div id="cws_ad">◆ベッカム、アメリカでの新たな挑戦<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuTEJ6ZUtjayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆世界を驚かせたアメリカ移籍 世界的ビッグクラブ、マンチェスター・ユナイテッドのユースで育ち、1992年のデビュー以来、フットボーラーとしての優れた能力と端正なルックスから、世界中でアイドル的人気を誇ったスーパースター・ベッカム。ユナイテッドで活躍した後、2003年には当時“銀河系軍団”として大型補強を繰り返していたレアル・マドリーの一員となった。 2007年マドリーを退団した際、ベッカムが次なる活躍の場として選んだのは、長く「サッカー不毛の地」と呼ばれたアメリカ、MLSだった。ベッカムのほどの選手が、当時人気、レベル共にまだまだ低かったMLSに移籍を決めたことは、サッカーファンのみならず人々を驚かせた。 ◆ヨーロッパのスーパースターたちの新たなキャリアパスの先駆者に ベッカムが移籍したことでMLSへの注目度は大きく上がることに。また国内での注目度も大きく変化し、選手、そしてリーグの親善大使であったベッカムがアメリカのサッカーにもたらした影響は計り知れないものとなった。 さらにベッカムは、ヨーロッパで活躍し、全盛期を終えたスーパースターたちが引退前の数年を過ごすリーグとしてのMLS移籍というオプションを開拓した最初の選手たちの1人となった。例を挙げれば、FWティエリ・アンリやMFフランク・ランパード、そしてMFスティーブン・ジェラードなど、多くのスーパースターたちがベッカムの後を追う形でキャリアの晩年をMLSで過ごすという選択をするきっかけにもなった 現在は今シーズンからMLSへの参入が正式に認められたインテル・マイアミのオーナーとして、また別の形でのアメリカサッカー界に貢献しているベッカム。サッカーの歴史を大きく変えた選手と言ってよいだろう。 2020.07.21 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!7月20日は、”英雄”ドログバがチェルシーへ移籍/2003年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日7月20日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2004年7月20日。元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバがマルセイユからチェルシーに移籍した日だ。 <div id="cws_ad">◆ドログバがチェルシーで見せたスーパープレー集!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhS1NmNjVkUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆モウリーニョ率いるポルトとの対戦が加入のきっかけに 1998年、ル・マンでプロデビューを飾ったドログバは、ガンギャンでのプレーを経て2003年にマルセイユへと移籍。加入初シーズンから公式戦32ゴールを決め、このシーズンのリーグ最優秀選手に選出される活躍を見せた。 またチャンピオンズリーグ(CL)では、当時ジョゼ・モウリーニョ監督率いるポルトとグループステージで対戦。この時のプレーがモウリーニョ監督の目に留まり、2004年夏、同監督がチェルシーへ引き抜かれた際に、マルセイユから推定移籍金3850万ユーロ(約47億円)での移籍が実現した。 ◆8シーズンに渡りクラブを象徴するストライカーとして活躍 チェルシーで迎えた初シーズンから公式戦16ゴールをマークし、チームのリーグ優勝に貢献したドログバ。その後も強靭なフィジカルを生かした得点能力と、大舞台での勝負強さでエースストライカーとして活躍を続け、チームを象徴する存在となった。 特に、2011-12シーズンのバイエルンとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝では、0-1とリードされた状態で迎えた88分にチームを救う同点ゴールをマーク。その後のPK戦でもクラブの悲願であった初のCL優勝を決める最後のキックを決めるなど、圧巻の活躍を見せ、チェルシーの歴史に永遠に名を刻んだ。 2004年から2012年までの8年間と、2015年の1年間、合計9年間チェルシーに在籍したドログバは、公式戦384試合で164ゴールを記録。プレミアリーグ優勝4回、FAカップ優勝4回、リーグカップ優勝3回、そしてCL優勝1回と12個もの主要タイトルを勝ち取るなど、輝かしいキャリアを送った。 2020.07.20 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!7月19日は、生粋のファンタジスタ、ロナウジーニョがバルセロナに移籍/2003年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日7月19日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2003年7月19日。元ブラジル代表FWロナウジーニョがバルセロナに移籍した日だ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョのバルセロナ入団披露式!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSbEFudlpUdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆生粋のファンタジスタがカンプ・ノウへ ブラジルの名門グレミオの下部組織で育ったロナウジーニョは、2001年にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍し、ヨーロッパデビュー。変幻自在のテクニックと一瞬の閃きを武器に観客を魅了し、2002年の日韓W杯でもブラジル代表の優勝にも貢献し、獲得レースを制したバルセロナが2003年に7月19日に推定移籍金3225万ユーロ(現在のレートで約40億円)で獲得した。 ◆5シーズンに渡って“クレ”を魅了 シーズンの前半戦には負傷離脱がありながらも、加入初シーズンから公式戦45試合で22ゴール11アシストをマーク。バルセロナでも創造性溢れるプレーでバルセロナファンを楽しませ、クラブに多くのタイトルをもたらした。ロナジーニョはバルセロナに在籍した5シーズンで207試合94ゴール71アシストを記録。リーグ優勝2回と2005-2006シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献した他、2005年にはバロンドールも受賞している。 2020.07.19 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!7月16日は、“地球の3割をカバーする男”カンテがレスターからチェルシーへ移籍/2016年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日7月16日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2016年7月16日。フランス代表MFエンゴロ・カンテが、レスター・シティからチェルシーへの完全移籍で加入した日だ。 <div id="cws_ad">◆カンテが古巣レスター相手に決めたロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwSFNUbmNEaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆“奇跡の優勝”の立役者の1人がステップアップ フランス2部リーグ・ドゥのカーンでの活躍を見出したレスターにより、2015年8月に引き抜かれたカンテ。豊富な運動量と相手の攻撃の芽を摘む守備センスを武器に、加入初シーズンから中盤で絶対的な存在感を示すと、レスターの“奇跡”のプレミアリーグ優勝の立役者の1人として、一気に世界最高峰の守備的MFとして評価を得た。 多くのクラブが獲得に興味を示す中、カンテの獲得に成功したのはチェルシー。推定移籍金3580万ユーロ(約44億円)でレスターからチェルシーへ移籍し、ステップアップを果たした。 ◆新天地でも変わらぬ有能さ チェルシー移籍後も、主に中盤の底で安定したパフォーマンスを見せているカンテ。当時の指揮官であるアントニオ・コンテ監督の下、加入初シーズンから活躍し、同チームのプレミアリーグ制覇に貢献。個人として2シーズン連続のリーグ優勝と共にPFA年間最優秀選手に選出されるなど、守備的MFとしての評価をさらに高めた。 マウリツィオ・サッリ監督下では、守備的MFのポジションより少し前の攻撃的なポジションでプレー。フランク・ランパード現監督には、かつての同僚でカンテと同じ元フランス代表MFクロード・マケレレ氏と比較しつつ「現代最高のMF」と絶賛され、中盤の主力選手の1人として出場機会を与えられている。また、同胞のマルセル・デサイー氏はその豊富過ぎる運動量から「地球の7割は水で、3割をカンテがカバーしている」と冗談交じりに表現している。 2020.07.16 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!7月15日は、“野獣”ジエゴ・コスタがプレミア上陸!/2014年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日7月15日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2014年7月15日。スペイン代表FWジエゴ・コスタが、アトレティコ・マドリーからチェルシーへの完全移籍を果たした日だ。 <div id="cws_ad">◆プレミアリーグでも高い得点能力を発揮するジエゴ・コスタ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmRzFnZ1lNUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆スペインで覚醒した“野獣”がプレミア上陸 ブラジル出身のジエゴ・コスタは、ポルトガルの名門ブラガでのプレーを経て2007年にアトレティコ・マドリーに加入。多くのレンタル移籍を経て2012年からレギュラーに定着し始めると、2013-14シーズンには、エースストライカーとしてリーグ戦27ゴールを記録し、クラブ史上18年ぶりとなるリーグタイトル獲得の原動力となった。 強靭なフィジカルとゴールへの嗅覚、そして試合に勝つ為にはラフプレーも厭わない強い闘争心から“野獣”と呼ばれたジエゴ・コスタは、2014年7月15日、当時ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられていたチェルシーへ完全移籍で加入した。 ◆プレミアでも発揮した野獣ぶり!しかし指揮官との確執も 活躍の場をプレミアリーグに変えても、その圧倒的な決定力とラフプレーの多さで賛否両論を生みながらも、野獣ぶりを発揮したジエゴ・コスタ。3シーズンをチェルシーで過ごしたジエゴ・コスタは、120試合で58ゴールをマークし、2度のプレミアリーグ優勝をクラブにもたらすなど活躍を果たした。 しかし2017年、当時のチェルシー指揮官であるアントニオ・コンテ監督との確執が表面化。監督から事実上の戦力外通告をテキストメッセージで知らされ、2017年9月に古巣のアトレティコ・マドリーに復帰した。 ◆シメオネ監督の下、再び輝きを取り戻せるか 古巣への復帰を果たしたジエゴ・コスタだが、チーム状況の変化もあり、以前のようなゴールハンターの素質をあまり見せられていない。契約切れが1年に迫っていることもあり、再び国外移籍の噂が経つ等、去就がやや不透明なところはあるが、ディエゴ・シメオネ監督の下再び輝きを取り戻すことができるのか、今後に注目だ。 2020.07.15 17:30 Wed
twitterfacebook