“銀狐”ラヴァネッリ、泥臭くもユベントスをCL優勝に導く値千金弾【インクレディブル・ゴールズ】

2020.07.15 11:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元イタリア代表FWのファブリツィオ・ラヴァネッリ氏が、ユベントス時代に決めたゴールだ。

◆“銀狐”ラヴァネッリの狡猾さとゴールへの執念

現役時代にその容姿から“銀狐(シルバー・フォックス)”の愛称で親しまれたラヴァネッリ氏は、 ユベントスやミドルズブラ、ラツィオなどで活躍した名ストライカーだ。

ユベントス時代の1995-96シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝のアヤックス戦では、値千金のゴールを決めている。

試合序盤の12分、ユベントスは前線にロングボールを送ると、これを相手MFのフランク・デ・ブールがクリアミス。さらに、相手GKファン・デル・サールとお見合いしているところをラヴァネッリがかっさらい、そのままボックス内右の角度のないところからゴールを決めてみせた。

ユベントスはこの後、相手MFヤリ・リトマネンのゴールで同点に追いつかれるも、PK戦の末に、11年ぶりのCL優勝を果たしている。

テクニックの華麗さはないものの、ラヴァネッリ氏の狡猾さとゴールへの嗅覚が詰まった見事なゴールだった。
コメント
関連ニュース
thumb

大型補強前のシティの要!エラーノが見せた漢のドンズバFK弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFのエラーノ氏がマンチェスター・シティ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆エラーノが見せた漢のドンズバFK弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzV3VTbzF6SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジル代表として2010年ワールドカップにも出場したエラーノ氏は、2007年から2年間マンチェスター・シティに在籍。2009年の夏にチームの大型補強に押し出される形で退団したものの、移籍初年度には公式戦ふた桁得点も記録している。 エラーノ氏のシティでの初得点は2007年9月29日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦。87分に獲得したフリーキックの場面だった。 ゴール正面やや右、ゴールまで約23mの位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーのエラーノは右足を一閃。GKシェイ・ギブンが構えていた方のコースへと強烈なシュートを放つ。 ギブンは逆を突かれた形となり、反応が遅れると、ボールは懸命に伸ばした手のわずか先、ゴール左上隅の完璧なコースにドンピシャで突き刺さった。 試合はこのゴールも含めシティが3-1で勝利。エラーノはシチズンズの信頼を勝ち取った。 2020.08.09 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

まるで水切り!全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWリバウド氏が、バルセロナ時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBUUpFUnM0MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> “左足の魔術師”と称され、バルセロナで見事な活躍を見せたリバウド氏。1997-98、1998-99シーズンでのリーグ連覇に貢献し、1998-99シーズンにはバロンドールにも選ばれている。 1999年4月4日に行われたラ・リーガ第28節のオビエド戦では、当時のリバウド氏の好調ぶりを象徴するような活躍を見せた。 0-0で迎えた23分、バルセロナはチャンスを迎えると、FWアンデルソン・ダ・シウバがDFを引き付け、リバウドへと落とす。 ゴールまでは30m近くあったものの、リバウドはこれをダイレクトでシュート。振り抜いた左足から放たれたシュートは、地を這うようなグラウンダーのシュートとなり、瞬く間にゴール右へと突き刺さった。 このゴールで先制したバルセロナは、一度は同点に追いつかれるものの、2本のPKをリバウドが決め、リバウドのハットトリックの活躍で3-1の勝利を飾った。 2020.08.09 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

左足で魔法をかける!レコバの驚愕50m級ロングシュート!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ウルグアイ代表MFアルバロ・レコバ氏がインテル時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レコバの驚愕50m級ロングシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWY3I2cnRGcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国のナシオナル・モンテビデオで活躍した後、1997年にインテルへと移籍したレコバ氏は、波が激しかったものの、好調時には素晴らしいプレーを見せた。 移籍初年度には中々出場機会に恵まれなかったものの、随所でその潜在能力を発揮。1998年1月25日に行われたセリエA第17節のエンポリ戦では圧巻のロングシュートを決めている。 インテルが1点ビハインドという展開の中で、レコバは70分から途中出場を果たす。死に物狂いで同点を目指す中、82分、インテルは最後尾からボールをつないでいく。 一度は相手のタックルでルーズボールとなるものの、そのこぼれ球はハーフウェイライン付近のレコバの元へと転がる。 すると、相手GKの位置を確認したレコバは助走もなく左足を一閃。相手GKが前に出ているのを見逃さずに、ゴールまで約50メートルの位置から驚愕のゴールを叩き込んだ。 その左足から予測不可能なプレーを連発したレコバ氏は“左足の独奏者”と評され、卓越したテクニックと強烈な左足のシュートで名を馳せた。 2020.08.08 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“ゴールマッキナ”の異名を持つヴィアリの完璧なオーバーヘッドが炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWジャンルカ・ヴィアリ氏がユベントス時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴィアリの完璧なオーバーヘッドが炸裂<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6VGFQMVdlaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> クレモネーゼ、そしてサンプドリアで活躍したヴィアリ氏は1992年に当時世界最高額の移籍金でユベントスへ移籍。セリアA制覇やコッパ・イタリア、チャンピオンズリーグのタイトル獲得に貢献した。 オーバーヘッドなどアクロバティックなゴールも多く、1994年10月23日に行われたセリエA第7節のクレモネーゼ戦でも見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた39分、ユベントスはボックス内のFWファブリツィオ・ラヴァネッリをターゲットに浮き球のパスを送る。ラヴァネッリが頭で触るとボールは高く上がり、ボックス内のヴィアリのもとへ。 落下点に入ったヴィアリはマーカーを抑え、大胆なオーバーヘッドシュートを選択。しっかりと捉えたシュートは相手GKに触れられながらもゴールとなった。 そんなヴィアリ氏だが、2018年11月に膵臓がんを患っていることを告白。それから約17カ月にわたって膵臓がんと闘病し、2020年4月に克服している。 サンプドリアとユベントスでスクデットを勝ち取り、チェルシーではプレーイングマネジャーとしてFAカップを勝ち取ったヴィアリ氏は、病との闘いにも打ち勝って見せた。 2020.08.08 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

誰もが騙されたシュートフェイント!パレスの大型FWベンテケの大胆さに注目【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はクリスタル・パレスのベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆誰もが騙されたシュートフェイント<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzV3VTbzF6SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2016年の夏にリバプールからクリスタル・パレスへ加入したベンテケは、在籍4シーズンで公式戦115試合に出場し23ゴール10アシストを記録。身体能力を活かした活躍を見せている。 190cmと大柄ながら2017年4月1日行われたプレミアリーグ第30節のチェルシー戦では、観衆の誰をも騙す見事なシュートフェイントからゴールを奪っている。 開始早々の5分に先制を許したパレスだったが、9分にはFWウィルフリード・ザハのゴールで同点に追いつくと、その直後の11分にカウンターのチャンスを迎える。 ベンテケが持ち上がり、2対2の状況を作ると、一度はDFダビド・ルイスに止められるも、こぼれ球がザハの元へ。ボックス内まで攻めあがっていたザハはこれを何とかダイレクトでベンテケにパスした。 GKティボー・クルトワとの1対1の場面、ピッチの誰もがベンテケがダイレクトでシュートを撃つと思った中、ベンテケは大胆なシュートフェイント。完全にGKのタイミングをずらすと最後はふわりと浮かせてゴールネットを揺らした。 パレスはこの1点を死守。そのままタイムアップまで守り切り、当時スタンフォード・ブリッジで10連勝中だったチェルシー相手に金星を飾った。 2020.08.08 12:00 Sat
twitterfacebook