G大阪のFW唐山翔自がチーム事情でU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加

2020.07.13 10:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
日本サッカー協会(JFA)は13日、11日から行われているU-19日本代表候補のトレーニングキャンプにガンバ大阪のFW唐山翔自が不参加となることを発表した。

JFAの発表によると、唐山はチーム事情により不参加となるとのこと。なお、代替選手の招集は行わないとしている。

唐山は今シーズンはG大阪 U-23の一員として明治安田生命J3リーグの3試合すべてにフル出場。開幕戦のカマタマーレ讃岐戦ではゴールを記録していた。

なお、U-19日本代表候補は、千葉県のJFA夢フィールドで15日までトレーニングキャンプを実施する。

関連ニュース
thumb

G大阪の『GAMBA EXPO 2021』記念ユニフォームが発表! テーマは「世界とのつながり」

ガンバ大阪が『GAMBA EXPO 2021』の開催を発表。記念ユニフォームのデザインも発表された。 『GAMBA EXPO』は「スポーツのチカラで地域を元気にしたい、地域の心の拠り所でありたい、子ども達に夢を持つきっかけを与えたい」といったガンバ大阪の設立理念を実現すべく、2017年にスタート。毎年満員御礼のスタジアムでたくさんのサポーター・ファンの皆様に支えられながら開催された企画だが、2020シーズンは新型コロナウイルスの影響により開催できず。それでも、今シーズンは開催することが決定した。 今シーズンは8月21日(土)に開催される明治安田生命J1リーグ第25節FC東京戦において実施されることとなる。 『GAMBA EXPO 2021』のテーマは「世界とのつながり」。『サッカーを通じて、失われたつながりを取り戻し、大阪・世界を元気にしたい』という想いのもと、様々な「つながり」を表現した企画の実施を予定している。 また、今回はアメリカ・シアトル在住のアーティスト 太田翔伍(Shogo Ota)さんが『GAMBA EXPO 2021』の記念ユニフォーム・ユニフォームシャツをデザインした。 『GAMBA EXPO 2021』の記念ユニフォームシャツのカラーは“青竹色”を基調としたグリーン。グリーンには「健康、平和、安心、調和」などの意味合いがあり、新型コロナウイルスのいち早い終息、世界の人々の健康を願ってグリーンを採用している。 デザインは『GAMBA EXPO 2021』のテーマ「世界とのつながり」を、竹素材の画材で描いたデザインに。ガンバ大阪、サッカーに関連した要素をはじめ、ガンバ大阪に関わりが深い要素がアートの中に盛り込まれています。さらに、「リモート〇〇」という言葉が一般的になり、直接会えなくてもコミュニケーションを取ることができるインターネット上での「つながり」がコロナ禍において注目。そういったインターネットに関連する要素もいくつか盛り込まれ、全ての要素が合わさって1つのアートとして表現されている。 <span class="paragraph-title">【写真】選手が着用するユニフォームのデザインは?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20210612_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.06.12 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ACLの新スケジュールが決定、出場チーム変更で試合時間も一部変更に《ACL2021》

アジアサッカー連盟(AFC)は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ東地区の試合スケジュールを改めて発表した。 今シーズンのACLは西地区は順調にグループステージが行われた一方で、Jリーグ勢が参加する東地区は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてスケジュールが変更。未だに1試合も開催されていない状況だ。 6月末からタイとウズベキスタンに分かれて集中開催されることが決まっていた中、オーストラリアの3クラブが急きょ参加を辞退。その結果、出場チームに変更が行われた。 シドニーFCが入っていたグループHにはタイのチェンライ・ユナイテッドが入りガンバ大阪と対戦。さらに川崎フロンターレが入っているグループIには韓国の大邱FCが入ることが決定。また、セレッソ大阪はプレーオフを戦うことなく出場が決まった。 改めて決定したACL2021グループステージの試合日程は以下の通り。(時間は全て日本時間) ◆グループG ▽6/22(火) 《23:00》 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) vs 名古屋グランパス [ラジャマンガラ・スタジアム] ▽6/25(金) 《19:00》 名古屋グランパス vs 浦項スティーラーズ(韓国) [ラジャマンガラ・スタジアム] ▽6/28(月) 《19:00》 ラチャブリFC(タイ) vs 名古屋グランパス [ラジャマンガラ・スタジアム] ▽7/1(木) 《23:00》 名古屋グランパス vs ラチャブリFC(タイ) [ラジャマンガラ・スタジアム] ▽7/4(日) 《23:00》 名古屋グランパス vs ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) [ラジャマンガラ・スタジアム] ▽7/7(水) 《19:00》 浦項スティーラーズ(韓国) vs 名古屋グランパス [タマサート・スタジアム] ◆グループH ▽6/25(金) 《23:00》 タンピネス・ローバーズFC(シンガポール) vs ガンバ大阪 [ロコモティフ・スタジアム] ▽6/28(月) 《25:00》 ガンバ大阪 vs 全北現代モータース(韓国) [ロコモティフ・スタジアム] ▽7/1(木) 《25:00》 チェンライ・ユナイテッド(タイ) vs ガンバ大阪 [ブニョドコル・スタジアム] ▽7/4(日) 《25:00》 ガンバ大阪 vs チェンライ・ユナイテッド(タイ) [ロコモティフ・スタジアム] ▽7/7(水) 《23:00》 ガンバ大阪 vs タンピネス・ローバーズFC(シンガポール) [ブニョドコル・スタジアム] ▽7/10(土) 《23:00》 全北現代モータース(韓国) vs ガンバ大阪 [ブニョドコル・スタジアム] ◆グループI ▽6/26(土) 《25:00》 川崎フロンターレ vs 大邱FC(韓国) [ロコモティフ・スタジアム] ▽6/29(火) 《25:00》 北京FC(中国) vs 川崎フロンターレ [ロコモティフ・スタジアム] ▽7/2(金) 《23:00》 川崎フロンターレ vs ユナイテッド・シティFC(フィリピン) [ロコモティフ・スタジアム] ▽7/5(月) 《"3:00》 ユナイテッド・シティFC(フィリピン) vs 川崎フロンターレ [ロコモティフ・スタジアム] ▽7/8(木) 《25:00》 大邱FC(韓国) vs 川崎フロンターレ [ブニョドコル・スタジアム] ▽7/11(日) 《21:00》 川崎フロンターレ vs 北京FC(中国) [ロコモティフ・スタジアム] ◆グループJ ▽6/24(木) 《19:00》 広州FC(中国) vs セレッソ大阪 [ブリーラム・スタジアム] ▽6/27(日) 《23:00》 セレッソ大阪 vs 傑志(香港) [ブリーラム・スタジアム] ▽6/30(水) 《19:00》 セレッソ大阪 vs ポートFC(タイ) [ブリーラム・スタジアム] ▽7/3(土) 《19:00》 ポートFC(タイ) vs セレッソ大阪 [ブリーラム・スタジアム] ▽7/6(火) 《19:00》 セレッソ大阪 vs 広州FC(中国) [ブリーラム・スタジアム] ▽7/9(金) 《19:00》 傑志(香港) vs セレッソ大阪 [ブリーラム・スタジアム] 2021.06.10 14:41 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪のACL、タイのチェンライ・ユナイテッドがグループに参加…豪3チームの出場辞退を受け

ガンバ大阪は10日、今月末から開催されるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)において、対戦相手の変更を発表した。 今シーズンのACLは西地区は順調にグループステージが行われた一方で、Jリーグ勢が参加する東地区は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてスケジュールが変更。未だに1試合も開催されていない状況だ。 6月末からタイとウズベキスタンに分かれて集中開催されることが決まっていた中、オーストラリアの3クラブが急きょ参加を辞退。その結果、出場チームに変更が行われた。 ガンバ大阪のグループHにはシドニーFCが所属していたが、代わりにプレーオフを戦う予定だったタイのチェンライ・ユナイテッドが出場することに。試合スケジュールとしては、シドニーFCと対戦する第3節と第4節で対戦する。 なお、同じくプレーオフを戦うセレッソ大阪は繰り上げで本大会出場が決定。また、もう1チームはチェンライ・ユナイテッドとプレーオフを行う予定だった大邱FCが参加している。 ◆グループH ▽6/25(金) 《23:00》 タンピネス・ローバーズFC(シンガポール) vs ガンバ大阪 [ロコモティフ・スタジアム] ▽6/28(月) 《25:00》 ガンバ大阪 vs 全北現代モータース(韓国) [ロコモティフ・スタジアム] ▽7/1(木) 《25:00》 チェンライ・ユナイテッド(タイ) vs ガンバ大阪 [ブニョドコル・スタジアム] ▽7/4(日) 《25:00》 ガンバ大阪 vs チェンライ・ユナイテッド(タイ) [ロコモティフ・スタジアム] ▽7/7(水) 《23:00》 ガンバ大阪 vs タンピネス・ローバーズFC(シンガポール) [ブニョドコル・スタジアム] ▽7/10(土) 《23:00》 全北現代モータース(韓国) vs ガンバ大阪 [ブニョドコル・スタジアム] 2021.06.10 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「1失点していることは反省しなければいけない」予選初失点を語る昌子源、足りなかった判断力「チームの判断が徹底できれば」

日本代表DF昌子源(ガンバ大阪)が、タジキスタン代表戦を振り返った。 7日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本代表vsタジキスタン代表の一戦がパナソニック スタジアム 吹田で行われ、4-1で日本が勝利した。 スタメンにJリーガー7名を並べ、これまで出場機会の少なかった選手や久々の代表招集選手、初先発の選手が多い中、6分にその初先発の古橋亨梧(ヴィッセル神戸)が先制ゴールを記録。しかし、9分にエフソン・パンシャンベにゴールを許し、2次予選の無失点記録がストップする。 あまり強度が上がらない立ち上がりでまさかの失点。少し押し込まれる時間帯が続き、トーンダウンした中、40分に古橋のクロスを南野拓実(サウサンプトン)が決めて勝ち越しに成功。南野はこれで2次予選7試合連続ゴールとなり、MF本田圭佑(ネフチ・バクー)の記録に並んだ。 後半には鎌田大地(フランクフルト)が入ったことで活性化すると、51分に橋本拳人(FCロストフ)が初ゴール。さらに71分には川辺駿(サンフレッチェ広島)が決め、4-1で勝利した。 東京オリンピックのオーバーエイジとしてDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)がチームを離れた他、主力CBのDF冨安健洋(ボローニャ)もオリンピック組に参加しており、守備陣が軒並み不在となる中、昌子はCBでフル出場を果たした。 2年ぶりの日本代表での公式戦となった昌子は試合を振り返り「結果を見たら、1失点していることは反省しなければいけないと思います」と2次予選初失点を反省。「簡単なボールの失い方が特に前半は多かったので、自分たちがボールをしっかり持って、コントロールできたらよかったと思います」と語り、「縦に急ぐシーンも簡単に失う時に、縦縦が多かったなと思います」とセーフティーファーストに判断できなかったこと、そして単調な形になったことを悔やんだ。 守備陣は普段プレーしていない選手だったがそれでも失点したことについては「失点というのは反省はいけないですし、やられ方も含めて、その前も含めて色々原因があると思います」とコメント。急造のディフェンスラインでも失点は良くなかったと語った。 また、「そこはチームでこれから反省したいですし、個人としても反省して次に生かしていきたいです」とコメント。守り方を含めて、戦い方を反省したいと語った。 失点シーンについては「完璧に覚えていないですが、相手の攻守の切り替えが早く、右サイドで2回ぐらい失って、連続で攻められました。僕のクリアも中途半端でしたけど、来てるぞクリアと言われて慌ててクリアしてしまった」と対応がしっかりできなかったとコメント。「ただでさえ決めてから3分後ぐらいだったと思いますし、90分トータルで見ると相手のチャンスもあれぐらいしかなかったので非常にもったいないと思います」とコメント。してはいけない失点だったと振り返った。 急造のコンビの難しさについては「初めて組むペアだったり、選手も多かったですし、最初は上手くいかなくても試合を通したらどんどん良くなっていたことも感じていて、試合前もある程度想定していたので、そのまま続けて失点するか、そこからゼロで行くかも全然違います」とコメント。チームとして、「点取った後のすぐのプレーで、もう少し相手が前から来ているので、繋ぐ意識は良いんですけど、簡単に裏だったり、チームの判断が徹底できればと思います」と判断の部分が問題あったと語った。 合わせることの難しさについては「長年組んでるペアやチームで組んでいるペアと比べると、隣で組む人の癖だったりストロングは違うので、練習からしっかり声掛けて、お互いにやりやすいように。試合中にCBがサイドバックやボランチに出すときに、足元で受けたいタイプなのか、スペースでもらいたいタイプなのかで出すパスも違いますし、人によって受け方も違うので、練習からもそうですが、試合の中で、90分を通してどんどん良くしていこうと話していました」と語り、難しさはありながらも、合わせなければいけないとコメント。「代表である以上はそれを合わせていかなければいけないのが日本代表だと思いますし、言い訳はできないです」とコメントした。 この日はいつも通り声が出ていたが「ポジション的にもそうですし、Jリーグから代表と色々な試合で声を出してやるタイプです」とスタイルだと語り、「指示の声はもちろんなんですけど、1-1に追いつかれた時に重たい空気の時に自分たちのペースでやるべきだと感じていましたし、自分たちで悪くするのは良くないです」と失点に沈まないようにしたとコメントした。 また「少しパスミスがあっても次に繋げていく、前向きにプレーしていこうと今日の試合は意識して声を掛けていました」と、メンタル面で前を向けるように声を意識したとした。 最終予選前の残りの2試合は今のメンバーで戦う。残り2試合については「今日の試合でやったことをもっと精度高めることはそうですし、相手のレベルが上がれば対人ということもあり、そこで負けない強さはどんどん発揮していきたいです」とコメント。「残り2戦、相手がどういう戦い方をするかわからないですが、その中でも自分なりに対応して、ビルドアップにも参加してやっていければと思います」と強い意気込みを持って臨むとした。 2021.06.07 23:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「誰かの真似をする必要はない」レギュラー組不在でチャンスを生かしたいDF昌子源「自分をどうアピールするか」

7日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のタジキスタン代表戦を翌日に控え、日本代表のDF昌子源(ガンバ大阪)がオンラインのメディア取材に応じた。 日本は5月28日にミャンマー代表相手に10-0で勝利。これにより無失点で6連勝を飾り、2次予選突破を決めた。 3月のモンゴル代表戦に続き、2桁得点での快勝劇となった日本。3日にはジャマイカ代表との国際親善試合が予定されていたが、急きょ中止となり、U-24日本代表と対戦。それでも3-0としっかりと結果を残した。 この先の戦いには、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)の3選手が東京オリンピックに向けてオーバーエイジとしてU-24日本代表に参加するため不在に。最終ラインの選手としては大きなチャンスがやってくる。 昌子は前日のU-24日本代表の試合でのOAの選手について「昨日の試合を見ていたら素晴らしい3人だなと見ている方も思ったのではないかと思います」とコメント。「単純にミスが少なかったところもそうですし、経験からくる落ち着きもあります。ライバルですが彼らから学ぶことはまだまだあります」と語った。 一方で、日本代表ではライバルとなる吉田については「札幌ドームでの試合ではOAは麻也くんは出ていなかったですが、麻也くんや宏樹くん、航やトミもいましたが、麻也くんは1人の力ではないものの、チームに落ち着きをもたらすという部分はあったので、僕も見習って安心感を代表だけではなく所属チームでももたらせたいと思います」とコメント。存在感の大きさを改めて感じたと語った。 ただ、個々の能力差はそこまで感じないとし「それに関してはほとんどのCBに言えると思いますが、誰かの真似をする必要はないですし、吉田選手が2人いたら強いかというわけでもない」とコメント。「組み合わせで引き出したり、引き出されてたり」と2人の能力差を埋め合うことでストロングポイントを出すなど、コンビネーションの問題が重要だと語った。 2018年のロシアW杯では、ラウンド16のベルギー代表戦で最後の決勝ゴールを目前で決められた昌子。そこからの成長については「成長している部分はあると思いますし、まだまだ足りないところもあると思っています。あの悔しさを忘れることはないですし、そればっかり目指すのではなく、その上を目指したいです」とコメント。「日本代表としてもその上を目指すという立場で、足りなかった大会なので、僕自身も能力や質を高めながら、もう一度チャレンジの気持ちは変わっていないです」と語り、来年のW杯に向けてもさらに高めていきたいと語った。 フランスのトゥールーズでの経験もある昌子は、国内外でのプレー経験がある選手。コミュニケーションやアピールというところでは「国内組、海外組という括りではなく、日本人としてアピールしても良いと思います」ともっとアピールすべきとコメント。「僕が実際フランスからガンバに行った時に、僕という選手を知って欲しいと考えると、僕は自分で練習中で言っていましたし、色々な選手に絡んでいって、移籍の難しさも感じています」と語り、特徴などをアピールする必要はあるとコメント。「自分をどうアピールするかは、日本中のサッカーをやっていく選手が自分をアピールすることは大事だと思います」とし、もっと自身の特徴を表現すると語った。 これまで無失点が続いているW杯2次予選。タジキスタン戦については「CBで出ている以上は失点したくない思いはあるので、自分が出た試合は常に思っていますし、この前の20分ぐらいでましたが、後ろはゼロでやっていた中で押し込まれた時間帯で僕が入って、森保監督からも中で声を出して締めて欲しいと指示を受けました。自分が入った時にゼロで抑える意識で入ったので、連続とか関係なく、常にそういった意識です」と、無失点を継続したいと語った。 2021.06.06 15:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly