G大阪のFW唐山翔自がチーム事情でU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加

2020.07.13 10:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
日本サッカー協会(JFA)は13日、11日から行われているU-19日本代表候補のトレーニングキャンプにガンバ大阪のFW唐山翔自が不参加となることを発表した。

JFAの発表によると、唐山はチーム事情により不参加となるとのこと。なお、代替選手の招集は行わないとしている。

唐山は今シーズンはG大阪 U-23の一員として明治安田生命J3リーグの3試合すべてにフル出場。開幕戦のカマタマーレ讃岐戦ではゴールを記録していた。

なお、U-19日本代表候補は、千葉県のJFA夢フィールドで15日までトレーニングキャンプを実施する。

関連ニュース
thumb

G大阪がシックスポインターを制して13位浮上! 柏は連敗で残留争い続行【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節、ガンバ大阪vs柏レイソルが26日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、ホームのG大阪が2-1で勝利を収めた。 残留争いからひとつ抜けた両クラブの一戦は、14位のG大阪(勝ち点30)が13位の柏(勝ち点33)に勝てばポイントが並び、負ければ引き離されるという勝ち点6ポイント分の意味を持ったシックスポインターとなった。 現在、リーグ戦5試合勝ち無しのG大阪は、残留争いから抜け出すための重要な試合で前節からスタメンを5名変更。前節までの[3-4-2-1]というシステムから、22日の天皇杯ラウンド16の湘南ベルマーレ戦で用いた[4-4-2]に変更し、2トップには宇佐美とパトリックを起用した。 一方の柏は、前節敗戦を喫したサンフレッチェ広島戦からスタメンを4名変更。トップに入っていた瀬川をシャドーに置き、ワントップには第28節のFC東京戦でチェイシングからゴールを奪った細谷を先発に選んだ。 G大阪のキックオフで始まった試合は、3分にホームチームがいきなり試合を動かす。左サイドの高い位置でFKを獲得すると、キッカーの宇佐美が右足で鋭いボールをゴール前へ配球。グラウンダー性でゴールへ向かったボールは、混戦を抜けてGKキム・スンギュの手を弾きゴールイン。G大阪が重要な一戦で貴重な先制点を挙げた。 開始早々にリードを奪ったG大阪だが、その後はペースを掴むことができず柏が主導権を握る展開が続く。12分に左サイドからのクロスをクリスティアーノが合わせると、15分には右サイドからのグラウンダー性のクロスに瀬川が合わせるなど、アウェイチームの攻撃が増える。 攻め込まれる展開になってきたG大阪は、追い込まれるかのようにアクシデントが発生する。試合開始直後にハムストリングスを痛めながらも試合を続行していた倉田が、25分に続行不可能となり、矢島が代わりに投入された。 先制するも不穏な展開となっていたG大阪だが、26分に菅沼が自身のJ1リーグ8年ぶりのゴールで追加点を挙げた。右サイドのバイタルエリア手前でFKを獲得すると、キッカーの宇佐美が直接ゴール前へボールを送る。すると、ファーサイドで構えていた菅沼が高い打点からゴール右にヘディングシュートを放ち、嫌な雰囲気を振り払う一発を決めた。 後半に入ると、2点を追いかける柏が武藤を投入してシステムも変更。[3-4-2-1]のシステムから[4-4-2]に変え、右サイドハーフにクリスティアーノ、左サイドハーフに瀬川を配置し、2トップに武藤と細谷を構え、G大阪とのミラーゲームを選択した。 この変更で流れを掴みたい柏は57分、相手陣内で得たFKのこぼれ球を左サイドから三丸がゴール前へ放り込む。これをボックス手前で大南が競り勝ち、最終ラインの裏を取った細谷がシュートを放つが、これはゴールポストを直撃。後半のシステム変更の効果もあってか、柏が徐々にゴールへ迫る時間が増える。 その後、細谷に変えて神谷を投入して攻撃に転じたい柏だが、65分にアクシデントに見舞われる。ここまで攻守に渡りハードワークをこなしていた瀬川が、股関節の辺りを抑えてピッチに座り込む。トレーナーに寄り添われながらピッチを後にし、戸嶋と交代となった。 一方のG大阪も、79分に再び負傷者が出てしまう。ウェリントン・シウバがプレーが切れた際にピッチに座り込んでしまうと、そこから立ち上がることができずに担架で運ばれていった。代わりに塚本が投入されている。 前半に2点を奪われ苦しむ柏だが、86分に神谷のゴールで一矢報いる。左サイドをドリブルで抜け出したクリスティアーノが、ボックス内まで運んで相手を抑えながらグラウンダー性のクロスを上げる。このボールに反応した神谷が、相手のマークを完全に外してゴールへ流し込み、自身のJ1リーグ50試合出場を祝うゴールで点差を縮めた。 しかし、柏の反撃は続かずに試合終了。負傷者の相次ぐ激闘を制したG大阪が勝ち点を積み上げ、得失点の差で柏を抜いて13位に浮上。一方の柏は、リーグ戦連敗で残留争いから距離を置くことはできなかった。 ガンバ大阪 2-1 柏レイソル 【G大阪】 宇佐美貴史(前3) 菅沼駿哉(前26) 【柏】 神谷優太(後41) 2021.09.26 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:G大阪vs柏】天皇杯の勢いを継続したいG大阪、柏は攻撃をどう完結させるか

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月26日(日) 19:00キックオフ ガンバ大阪(14位/30pt) vs 柏レイソル(13位/33pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆天皇杯の戦いを継続できるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイでの鹿島アントラーズ戦で3-1と完敗。良いところなくリーグ戦4連敗と苦しい戦いが続いている。 リーグ戦では良い戦いがしばらく見せられていないが、ミッドウィークに行われた天皇杯の湘南ベルマーレ戦では策がはまり、攻撃面で大きな改善が見られた。 特に2列目のワイドに配置したウェリントン・シウバと小野瀬康介が躍動。後方からのビルドアップもしっかりと行え、パスで崩して押し込むという戦い方ができた。 システムも3バックから4バックに変えたことは少なくない影響があり、この戦い方を継続する必要はあるだろう。小野瀬が負傷交代してしまったが、選手は揃っている。 松波正信監督が[3-4-2-1]のスタイルにこだわりを見せれば、湘南戦で掴んだ手応えを手放してしまう可能性はあるだけに、今節は湘南戦の戦いを継続することが大事となるはずだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、昌子源、キム・ヨングォン、藤春廣輝 MF:奥野耕平、山本悠樹 MF:倉田秋、宇佐美貴史、ウェリントン・シウバ FW:パトリック 監督:松波正信 ◆攻撃をどう完結させるか【柏レイソル】 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、0-3で完敗。ドウグラス・ヴィエイラ1人にやられた形だが、広島の完成度の前に成す術がなかった。 そして前節からの間にFWペドロ・ハウルが電撃的に期限付き移籍。前線で起点となれていたペドロ・ハウルが退団したことは、高さという武器を失ったことに繋がる。 ただ、そのペドロ・ハウルが欠場を始めてから皮肉にもチームは結果を残せており、3勝1敗。残留争いから少し抜け出すことに成功した。 今のチームにはさほど影響はないかもしれないが、ここでライバルのG大阪相手にしっかりと勝利が収められるかは重要なポイント。連敗だけは避けたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:エメルソン・サントス、大南拓磨、古賀太陽 MF:川口尚紀、椎橋慧也、戸嶋祥郎、三丸拡 MF:クリスティアーノ、瀬川祐輔 FW:細谷真大 監督:ネルシーニョ 出場停止:ヒシャルジソン 2021.09.26 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「誇りに思う」G大阪パトリックの日本語上達速度が凄い!学習ノートにも多くの反響「もう半分日本人」

ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックの語学力が伸びている。 ガンバ大阪は23日、YouTubeの公式チャンネルを更新した。投稿された動画のタイトルは『パトリック選手の日本語が上達する様子を時系列で見てみよう』というもの。その趣旨通り、昨年8月から現在までのインタビューシーンが収められている。 最初は片言に近い「アリガトウゴザイマス」が中心だったが、次第に使える単語の数が増加。直近のインタビューでは助詞も正しく使えており、リスニングに関してはほぼ問題ないのではないだろうか。 流暢な話し方以上に目を惹くのは、インタビューシーンの合間に差し込まれている学習ドリルの様子だろう。繰り返し相当な量を書き記していることからも、パトリックの勤勉さがうかがえるというものだ。 これを見たファンからは「誇りに思います」、「凄い努力家」、「語学もサッカーも頑張って欲しい」、「もう半分日本人」といった、温かみのある賛辞が送られた。 パトリックが初めて日本へやってきたのは2013年。川崎フロンターレへと加入し、夏にヴァンフォーレ甲府へと移った。翌年はブラジルへ戻ったが、同年夏にG大阪へ加入。強靭なフィジカルを生かして局面を変える"戦術パトリック"なるフレーズも生まれた。 その後はサンフレッチェ広島への移籍を経て2019年夏に再びG大阪へと加入。現在まで攻撃陣を牽引し続けている。 22日に行われた天皇杯4回戦、湘南ベルマーレとの一戦でも2ゴールを奪う大活躍。得点以外でもポストプレーや背後へのスプリントで常に相手の脅威であり続けた。 これまでも日本国籍取得への意欲を示してきたストライカー。"日本代表FWパトリック"が誕生する日も近いかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】現在の実力は?時系列で見るパトリックの日本語上達力</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MxGCJG1ZNJc";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.24 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪が終始圧倒、パトリック2発など4ゴールで湘南を下しベスト8進出《天皇杯》

22日、天皇杯4回戦のガンバ大阪vs湘南ベルマーレが行われ、4-1でG大阪が勝利。準々決勝に駒を進めた。 4回戦の他のカードは8月18日に実施された中、1試合だけ日程が延期されて行われた試合。明治安田生命J1リーグでは残留を争う両チームの試合だったが、一方的な展開となった。 昨シーズンまでG大阪でアシスタントコーチを務めていた湘南の山口智監督は古巣との対戦だったが、立ち上がりから主導権を握ったのはG大阪。2分、右サイドからのクロスに対してパトリックがニアサイドで合わせ、G大阪が早々に先制する。 その後もペースを握るG大阪は、26分にPKを獲得。これをウェリントン・シウバが右隅に決め、追加点を奪う。 そのG大阪は36分に小野瀬康介が下がり、倉田秋が途中出場。すると42分、左サイドをパスで崩したG大阪は、その倉田がボックス内でパスを受け相手を交わしてシュート。前半でリードを3点に広げる。 この日は細かいパスがつながり、しっかりと湘南ゴールへと攻め立てるシーンが増えることに。すると56分には、湘南のGK富居大樹がビルドアップをしようとしてパスを出すと、ボックス内にいたパトリックがカット。そのままゴールを決め、4点差とする。 湘南は64分に柴田壮介が1点を返すも、試合を通してボール奪取と細かいパスワークを見せたG大阪が圧倒。4-1で勝利し、ベスト8に勝ち残った。 ガンバ大阪 4-1 湘南ベルマーレ 【G大阪】 パトリック(前2、後11) ウェリントン・シウバ(前26) 倉田秋(前42) 【湘南】 柴田壮介(後19) 2021.09.22 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

不振極めるG大阪に追い討ち…小野裕二&レアンドロ・ペレイラが負傷離脱

ガンバ大阪は19日、FW小野裕二とFWレアンドロ・ペレイラの負傷を発表した。 小野は12日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第28節のベガルタ仙台戦に先発したが、前半途中に負傷交代。一方、12日の仙台戦から欠場が続くレアンドロ・ペレイラは11日の練習中にしたという。 両選手はともに右ハムストリング肉離れの診断結果。全治については明らかにされていない。ここまで小野がJ1リーグ5試合1得点、レアンドロ・ペレイラが24試合5得点だった。 東京オリンピック中に未消化分をこなして、残留圏まで浮上した14位のG大阪だが、現在は今季2度目の4連敗中。まだ降格圏17位の徳島ヴォルティスとは7ポイント差だが、予断を許さない状況だ。 2021.09.19 15:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly