スールシャールがEL抽選結果にコメント 「あまり遠くを見たくない。次の試合に集中すべき」

2020.07.11 13:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)準々決勝以降の対戦カード決定にコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。

新型コロナウイルスの感染拡大により、延期が続くEL。2016-17シーズン以来2度目の優勝を狙うユナイテッドはベスト16を突破すると、コペンハーゲンorイスタンブールBBSKの勝者と相対する。

熾烈なトップ4争いを演じるプレミアリーグに続いて、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いがかかるELの戦いだが、スールシャール監督は先々のことまで考えていないようだ。

「あまり遠くを見たくない。次の試合に集中すべきだからだ。今はリーグ戦にフォーカスしているが、ウルブスと対戦する可能性があり、アシュリー(・ヤング)やロメル(・ルカクのインテル)との対峙もあり得る。楽しみな試合も間違いなくあるが、今はただ突っ走らなければ。準々決勝に勝ち上がれたら良いが、まずはLASKとの戦いを終わらせるのが先決だ」

そんなユナイテッドは敵地で行われたLASKリンツとのラウンド16・1stレグを5-0の先勝で飾り、8月上旬に本拠地でリターンレグを予定。ベスト16を突破すると、準々決勝から従来のホーム&アウェイ制と異なり、1発勝負の戦いに入るが、ノルウェー人指揮官はそこまで懸念していないようだ。

「ミニトーナメントのようなもの。私自身はユーロやワールドカップ(W杯)したことがある。海外でチームと共同生活の形になるだろう。このチームにはそういう経験を持つスタッフがいて、しっかりと準備ができる。1試合とはいわず、それ以上は戦いたいね」
コメント
関連ニュース
thumb

ELベスト8進出のスールシャール監督「リズムを得るまで時間がかかった」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、2-1で勝利したヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのLASKリンツ戦を総括した。クラブ公式サイトが伝えている。 1stレグを5-0で先勝していたユナイテッドは5日にホームでLASKリンツと対戦。50分にMFフィリップ・ヴイージンガーに先制を許したが、52分にMFジェシー・リンガードのゴールで同点とすると、試合終了間際にFWアントニー・マルシャルが勝ち越しゴールを決め2-1で勝利。2戦合計7-1でベスト8進出を果たした。 1stレグで大勝していたユナイテッドは、主力選手をベンチに置き、イングランド代表DFハリー・マグワイア以外の10名は控え選手や若手選手で臨んでいた。 試合後、スールシャール監督は「良い夜だった」と語りながらも、苦戦を強いられた理由を説明。これまで出場機会に恵まれなかった選手たちが試合勘を取り戻すのに時間がかかったと述べている。 「シャープではなかったよ。何選手かは、しばらくプレーしていなかったから、それが出てしまった。しかし、我々は再び勝った。この試合でも若手選手がデビューを果たしたね。良い夜だった」 「我々は、相手が躍動し、アグレッシブにプレーしてくることを想定していた。なぜなら、過去にも見たことがあり、もちろん、熱心に取り組む新しい監督も迎えていたからだ」 「だから期待していた。しばらくプレーしていなかったし、選手たちにとっては難しい。途中交代で10分から15分くらいのプレーをしていたが、90分間プレーすることはあまりなく、チームとして一緒にプレーしているわけでもなかった。リズムを得るまでに少し時間がかかったが、試合に勝てた。それで仕事をやり遂げた」 2020.08.06 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

マルシャル弾で逆転勝利のユナイテッドが連勝でベスト8進出を決める!《EL》

マンチェスター・ユナイテッドは5日、ヨーロッパリーグ(EL)ベスト16・2ndレグでリンツとホームで対戦し、2-1で勝利した。この結果、2戦合計スコア7-1としたユナイテッドがベスト8進出を決めた。 3月に行われたアウェイでの1stレグを5-0で勝利したユナイテッドは、1トップにはイガロを配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からマタ、リンガード、ダニエル・ジェームズと並べ、マクトミネイとフレッジがダブルボランチで起用された。 立ち上がりはリンツが高い位置から積極的にプレスを仕掛けてユナイテッドのビルドアップを封じる。すると10分、ユナイテッドはピンチを迎える。右CKがゴール前の味方に当たると、浮き球をアンドラーデがヘディングシュート。これがクロスバーを直撃した。 その後もハイプレスに苦戦するユナイテッドは、30分に左CKからマグワイアがヘディングシュート。さらに33分には、リンガードのパスで抜け出したイガロがボックス内に侵入したが、守備に戻ったレナーのタックルに阻まれてシュートは打たせてもらえず、前半は枠内シュート0本で終了した。 迎えた後半、ユナイテッドは早い時間に失点を許す。55分、左CKのセカンドボールをボックス手前のヴイージンガーにダイレクトで合わせられると、狙いすましたシュートがゴール右上に突き刺さった。 先制を許したユナイテッドだったが、すぐに反撃に転じる。すると57分、センターライン付近でパスを受けたマタがダイレクトで相手DFの裏にロングボールを供給。抜け出したリンガードがボックス内まで切り込むと、相手GKとの一対一を冷静に決めて、ユナイテッドが同点に追いついた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。そんな中、ユナイテッドは88分、マタとのパス交換で中央からボックス内に侵入したマルシャルがシュート。GKシュラーガーがこのシュートに触れるも弾ききれずにゴール左隅に吸い込まれた。 結局、これが決勝点となり、ユナイテッドが逆転勝利。2戦合計7-1でリンツを下したユナイテッドが、コペンハーゲンの待つベスト8へ駒を進めた。 2020.08.06 05:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの若きアタッカーがブレーメンにローン移籍か

マンチェスター・ユナイテッドのU-21オランダ代表FWタヒス・チョン(20)が来季、武者修行の旅に出るかもしれない。 チョンは左利きのウィンガーで、2016年にフェイエノールトの下部組織からユナイテッドのアカデミーに移り、昨年1月にトップチームデビュー。今季も限定的な出番が続いているが、今年3月に1年の延長オプションが付随した2022年までの新契約を締結した。 そのチョンに対して、ブレーメンのスポーツディレクター(SD)を務めるフランク・バウマン氏がドイツ『Weser-Kurier』のインタビューで「彼は素晴らしいスピードの持ち主。特長的にも我々に合う。状況的にも興味深い選手だ」と語り、関心を公にした模様だ。 ドイツ『ビルト』によれば、チョンの代理人は4日に現地入りして、まだ合意に至っていないが、ブレーメン側と会談。ローン移籍に向けて交渉が続いているという。 2020.08.05 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

【ELラウンド16プレビュー】約5カ月ぶりの再開! 1stレグ延期の2カードは中立地ドイツで一発勝負

約5カ月の中断を経てヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の2nレグが6日に再開される。ベスト8進出を懸けて戦うラウンド16第2戦の展望を紹介していく。 ◆ラウンド16・2ndレグ◆ ▽8/5(水) 《25:55》 シャフタール vs ヴォルフスブルク コペンハーゲン vs イスタンブールBBSK 《28:00》 インテル vs ヘタフェ※ マンチェスター・ユナイテッド vs リンツ ▽8/6(木) 《25:55》 セビージャ vs ローマ※ レバークーゼン vs レンジャーズ 《28:00》 バーゼル vs フランクフルト ウォルバーハンプトン vs オリンピアコス ◆ラウンド16・1stレグ結果◆ ヴォルフスブルク 1-2 シャフタール イスタンブールBBSK 1-0 コペンハーゲン リンツ 0-5 マンチェスター・ユナイテッド レンジャーズ 1-3 レバークーゼン フランクフルト 0-3 バーゼル オリンピアコス 1-1 ウォルバーハンプトン ※一発勝負形式に変更 ★スペインvsイタリアの2カードは中立地ドイツでの一発勝負 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 新型コロナウイルス(COVID-19)による深刻な影響を受けたEL。3月12日に行われたラウンド16初戦から約5カ月の中断を経て、ようやく再開に漕ぎ着けたものの、大幅なレギュレーションの変更を余儀なくされている。 各国リーグ戦と同様に無観客開催は当然のこと、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、準々決勝以降は感染が比較的抑えられているドイツでの一発勝負形式のトーナメントに変更。ただ、ラウンド16の2ndレグに関してはホーム&アウェイの公平性から、1stレグをすでに完了している6カードに関しては初戦をアウェイで戦ったチームの本拠地での無観客開催が決定。一方、3月時点でパンデミックが深刻化し、渡航許可などの問題で延期となっていたインテルvsヘタフェ、セビージャvsローマの2カードは、準々決勝以降の開催地であるドイツでのシングルマッチ形式に変更となっている。 その特殊な形式での初陣となるのが、5日にヴェルティンス・アレーナで開催される今季セリエA2位のインテルとラ・リーガ8位のヘタフェによる堅守を売りとするチーム同士の一戦だ。 チャンピオンズリーグ(CL)3位敗退組として決勝トーナメントからの参戦となったインテルは、ルドゴレツを一蹴して今ラウンドに到達。セリエAでは格下相手の取りこぼしに課題も、5勝3分けの8戦無敗で2位フィニッシュ。クラブ上層部との確執が表面化しているコンテ監督の存在は懸念材料も、完全移籍での買い取りに向け交渉が続いていた、絶好調のFWサンチェスがメンバー入りを果たしている点は朗報だ。一発勝負に向けては前線のオプションで明らかにアドバンテージを有しており、スタメン選考、5枚の交代カードの切り方など、我慢比べの展開の中で違いを生む指揮官の采配が勝敗のカギを握る。 一方、ヘタフェは5敗2分けの7戦未勝利でリーグ戦を終えている上、その7試合で奪ったゴールはわずかに1点と深刻な得点力不足に喘いでおり、ここまでの準備期間での攻撃の改善に注目したい。格上を相手にする今回の一戦ではとにかく相手に先制点を与えることだけは避けたい。 そのインテルvsヘタフェの翌日に行われるもうひとつのスペインとイタリア勢同士の対決となるセビージャとローマは、意外にも公式戦では初対決。だが、セビージャSDモンチ氏や古巣対決となるローマのDFファシオとFWペロッティなど、クラブ間の関係性は深い。 今シーズンのセリエAを5位でフィニッシュし、リーグ戦でのCL出場権を逃したローマは、今大会初優勝でCL出場権を目指す。シーズンを通した安定感のなさがトップ4を逃した要因だが、最後は7勝1分けの見事な戦績で終えており、[3-4-2-1]へのシステム変更をキッカケに絶好調だ。レンタル契約終了に伴い、ディフェンスリーダーのDFスモーリング不在は大きな痛手だが、MFザニオーロの復帰によって攻撃の破壊力は抜群だ。 対して堅守を武器にロペテギ新体制1年目を見事に4位フィニッシュしたセビージャは、すでに来季CL出場権を手にしているが、大会最多優勝チームとして6度目の優勝を目指す。引き分けの多さは目立つものの、2月半ば以降の公式戦17戦無敗(8勝9分け)と相手を上回る好調さを維持している。ただ、ローマに比べて、約2週間早くシーズンを終えたことが、良い休養、試合勘の欠如、のいずれに該当するかは注目ポイントになりそうだ。 ★ユナイテッド&レバークーゼンは試運転の試合に <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前述の2カードと異なり、今ラウンドに関しては無観客を除き通常通りの開催となる6カードでは、1stレグの結果によって優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドやレバークーゼン、シャフタールあたりが余裕を持った形で試合に臨めそうだ。 とりわけ、今シーズンのプレミアリーグを3位でフィニッシュし、勢いに乗るユナイテッドは敵地で行われたリンツとの初戦を5-0で圧勝しており、今後の戦いを睨んでターンオーバーの採用が見込まれるところ。総力戦となる今後の戦いに向け、MFブルーノ・フェルナンデスや若手3トップに続く選手たちの台頭が期待される。 また、今シーズンのブンデスリーガを5位で終えたレバークーゼンは、レンジャーズとの敵地での初戦を3-1で勝利しており、ユナイテッド同様に大きなアドバンテージを手にしている。さらに、対戦相手のレンジャーズは3月以降、公式戦を戦っておらず、試合勘が大きく危惧されるところだ。今回の一戦を含め、残りのトーナメントではすべてホームアドバンテージを得られるだけに、今後に弾みを付けるような戦いを見せたい。今季限りでの退団が有力視されるMFハフェルツのラストダンスにも注目だ。 その他の対戦カードではシャフタール(ウクライナ)、オリンピアコス(ギリシャ)、イスタンブールBBSK(トルコ)と国内リーグを制覇して勢いのある王者のプレーにも注目したい。 ★長谷部&鎌田が大逆転に挑む! <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> MF長谷部誠、MF鎌田大地と日本人選手が唯一所属するフランクフルトは、スイスの名門バーゼルと対峙したホームでの初戦を0-3で落としており、逆転でのベスト8進出には奇跡が必要な状況だ。 それでも、9位フィニッシュとなったブンデスリーガでは3勝1分けの4戦無敗という良い形でシーズンを終えており、チーム状態は悪くない。また、今季ELで6ゴールを挙げている鎌田に加え、シーズン終了後にヒザを手術した長谷部も実戦復帰を果たしており、万全の状態で敵地での一戦に臨めるはずだ。 2020.08.05 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラにさらなる牽制の動き? 主将グリーリッシュに昇給込みの新契約準備

アストン・ビラがイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(24)との契約見直しを予定しているようだ。 今季からプレミアリーグ復帰を果たしたアストン・ビラで主将を務め、公式戦41試合に出場して10得点8アシストを記録したグリーリッシュ。今夏、マンチェスター・ユナイテッドを筆頭にプレミアリーグ複数クラブの関心が取り沙汰されているが、トップリーグ残留を果たしたアストン・ビラに売却意思がなく、移籍金として8000万ポンド(約110億6000万円)を要求して、牽制に努めている模様だ。 そんなアストン・ビラは残留をより確かなものにすべく、新契約の締結も視野に。イギリス『サン』が報じたところによると、現週給7万ポンド(約970万円)のグリーリッシュに対して、新たに週給10万ポンド(約1400万円)の5年契約を打診する見込みだという。 また、今季の補強に1億4000万ポンド(約193億4000万円)を投じたアストン・ビラは来季に向けても3~4選手の獲得費用として約1億ポンド(約138億1000万円)を準備。グリーリッシュがより攻撃面で輝けるようにトップクラスのストライカーとサイドアタッカーの獲得を模索しているとのことだ。 2020.08.05 16:20 Wed
twitterfacebook