ラツィオのコソボ代表MFベリシャがスタッド・ランスへ完全移籍、4年契約を締結

2020.07.10 09:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・ランスは9日、ラツィオのコソボ代表MFヴァロン・ベリシャ(27)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は4年間となり、背番号は14に決定した。ベリシャは、ノルウェーでキャリアをスタート。エーゲルスンやバイキングでプレーしたのち、2012年7月にレッドブル・ザルツブルクへ移籍した。

ザルツブルクでは、233試合に出場し45ゴール65アシストを記録。そこでの活躍が評価され、2018年7月にラツィオへと完全移籍した。

しかし、ラツィオでは思うような出場機会を得られず。今シーズンもベンチに座ることが増えると、今年1月にブンデスリーガで残留争いをしていたデュッセルドルフへレンタル移籍。デュッセルドルフではレギュラーとしてプレーするも、最終節はベンチスタートに。しかし、チームはウニオン・ベルリンに敗れ、ブレーメンに抜かれて2部への自動降格が決定していた。
コメント
関連ニュース
thumb

パーデュー氏がCSKAソフィアのテクニカルディレクターに就任!クラブは豊富な経験を評価

ブルガリアのCSKAソフィアは23日、アラン・パーデュー氏(59)を新テクニカルディレクターに招へいしたことを発表した。 レディングやウェストハム、チャールトン、サウサンプトン、ニューカッスル、クリスタル・パレス、WBAとイングランド国内で監督を歴任したパーデュー氏は、2019年12月にADOデンハーグの監督に就任。初の国外挑戦となったが、8試合でわずか1勝と低迷するチームを立て直すことが出来ず、新型コロナウイルスによるシーズン中止も重なり、4月に解任された。 CSKAソフィアは公式声明で「彼の豊富な経験と人脈は、クラブの発展を促進し、新たな人材確保の助けとなるだろう」と、パーデュー氏を招へいした理由を明かした。 2007-08以来のリーグ制覇を狙うCSKAソフィアは、今季は12試合終了時点で5勝6分け1敗の3位に位置している。 2020.11.24 01:25 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、グアルディオラ監督との契約を2023年まで延長!

マンチェスター・シティは19日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(49)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたグアルディオラ監督は、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「マンチェスター・シティに到着して以来、選手やスタッフ、サポーター、マンチェスターの人々や街全体から歓迎されていることを感じている。そして会長やオーナーとは共に多くのことを成し遂げてきた。多くのゴールを決め、試合に勝利しタイトルを獲得した。我々はその成功を誇りに思っている」 「我々の課題は改善と進化を続けることだ。私はマンチェスター・シティがそれを続けるための手助けをしたいと思っているよ」 現行の契約が2021年6月までとなっていたグアルディオラ監督は、2016年の夏にシティの指揮官に就任して以降、2度のプレミアリーグ制覇に加え、FAカップ(2018-19)やEFLカップ(2017-18,2018-19,2019-20)を獲得。2018-19シーズンには史上初の国内三冠を達成していた。これまでシティでの通算戦績は181勝28分36敗で勝率73.87%となっている。 2020.11.19 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「大きくなって帰ってきます」 札幌MF檀崎竜孔がブリスベン・ロアーFCにレンタル

北海道コンサドーレ札幌は19日、MF檀崎竜孔(20)がオーストラリア・Aリーグ(1部)のブリスベン・ロアーFCに期限付き移籍すると発表した。 青森山田高校在学の3年次に全国高校サッカー選手権大会優勝に導き、自身も優秀選手に輝いた檀崎は昨季に札幌入り。昨年4月に行われたYBCルヴァンカップの湘南ベルマーレ戦でプロ初ゴールをマークするなど、公式戦11試合に出場した。 プロ2年目の今季はここまで明治安田生命J1リーグ1試合、ルヴァンカップ2試合でプレー。2021年6月30日までの契約期間でオーストラリアに活躍の場を移す檀崎はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「いつも僕に対して熱い応援をしてくださるファン・サポーターのみなさまありがとうございます。北海道まで、僕の活躍するニュースが届くように、ひと回りも、ふた回りも大きくなって帰ってきます。引き続き、応援よろしくお願いいたします!」 また、ブリスベン・ロアー側も同日に檀崎の加入決定をアナウンス。檀崎は「僕の強みは得点やゴールに絡む攻撃。ブリスベン・ロアーに加わり、チームのために全力を尽くすのを楽しみにしています」と意気込みを語っている。 2020.11.19 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ファビオ・カンナバーロの息子がラツィオユースに加入

ラツィオは18日、広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督の三男であるDFアンドレア・カンナバーロ(16)が、下部組織に入団したことを発表した。 類稀な身体能力と洞察力を活かした読みを武器にパルマやユベントス、レアル・マドリーで活躍し、イタリア代表でも2006年のワールドカップ優勝に貢献したファビオ・カンナバーロ氏を父に持つアンドレア。 これまで広州恒大の下部組織でプレーしてきたアンドレアだが、学業のためにイタリアへ帰国。そして、ラツィオの下部組織への入団を決めたとのことだ。 なお、カンナバーロ監督の息子は全員がサッカー選手であり、長男のクリスティアンは昨季までベネヴェントU-19でプレー。次男のマニュエルはサッスオーロのプリマヴェーラでプレーしている。 2020.11.19 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

元ガンバ大阪MFスサエタがAリーグの新規参入クラブに加入決定、ビルバオ時代の同僚MFベニャと再会

オーストラリアのAリーグに所属するマッカーサーFCは18日、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(32)の加入を発表した。 スサエタは、アスレティック・ビルバオの下部組織出身。長年ビルバオを支えたのち、2019年夏に退団。ガンバ大阪へと完全移籍で加入していた。 G大阪では明治安田生命J1リーグで5試合、YBCルヴァンカップで2試合の出場に留まると、シーズン終了後に退団。Aリーグのメルボルン・シティへと加入。Aリーグでは10試合に出場し2ゴール1アシストを記録していたが、2020年7月に家庭の理由で退団していた。 一度スペインに戻ったスサエタだが、新シーズンからAリーグに参入するマッカーサーFCに加入することが決定。ビルバオ時代のチームメイトであり、一足先に入団が発表されていたMFベニャ・エチェバリア(33)と再びチームメイトとなる。 なお、スサエタは14日間の隔離措置を経てチームに合流。トレーニングに参加することとなる。 2020.11.18 21:10 Wed
twitterfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly