サカのプレミア初弾などで好調ウルブスを下したアーセナルが3連勝!《プレミアリーグ》

2020.07.05 03:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第33節のウォルバーハンプトンvsアーセナルが4日に行われ、0-2でアーセナルが勝利した。

チャンピオンズリーグ(CL)出場圏を目指す6位ウルブス(勝ち点52)が、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏を狙う8位アーセナル(勝ち点46)をホームに迎えた一戦。

リーグ戦8試合無敗中の好調ウルブスは、直近のアストン・ビラ戦からスタメンを1人変更。ジョタに代えてアダマ・トラオレが2トップの一角に起用された。

一方、ミッドウィークに行われたシェフィールド・ユナイテッド戦で快勝したアーセナルは、その試合からスタメンを3人変更。ラカゼット、ネルソン、ベジェリンに代えてブカヨ・サカ、エンケティア、セドリックがスタメンで名を連ねた。

上位追走へ負けられない両者の一戦は、立ち上がりから締まりのある拮抗した展開となる。そんな中、アーセナルは26分にダニ・セバージョスの左CKからチャンス。ドハーティのクリアボールをゴール前で拾ったオーバメヤンがワントラップから右足を振り抜いたが、このシュートはGKパトリシオがセーブした。

さらにアーセナルは、35分にもジャカのパスが相手DFのクリアミスを誘うと、ボックス右に抜け出したエンケティアがダイレクトシュートでゴールを狙ったが、このシュートもGKパトリシオの好セーブに防がれた。

前半も終盤に入り、ゴールレスでハーフタイムを迎えるかと思われたが、43分にスコアを動く。セドリックのサイドチェンジをボックス手前のオーバメヤンが左に展開すると、ティアニーがダイレクトクロスを供給。これは相手DFにディフレクトするも、最後はボックス中央のサカがボレーシュートをゴール右に突き刺し、アーセナルが先制した。

迎えた後半、1点を追うウルブスは55分にデンドンケルを下げてジョタを投入。すると64分、ジョタのスルーパスでボックス右から侵入したアダマ・トラオレに相手GKと一対一のビッグチャンス。飛び出したGKの動きを見極めながらチップキックでゴールを狙ったが、枠に飛ばせない。

その後は互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、再びスコアを動かしたのはアーセナル。86分、右サイドを持ち上がったジョー・ウィロックの折り返しを供給すると、コーディの背後からニアに飛び出したラカゼットがトラップでマークを振り切りシュート。これがゴール左隅に決まった。

結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。サカのプレミア初ゴールなどで好調ウルブスを下したアーセナルがリーグ戦3連勝を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

ウルブスの左WBジョニーがヒザの前十時じん帯損傷で手術へ

ウォルバーハンプトンは8日、スペイン代表MFジョニー・カストロが右ヒザの前十時じん帯を損傷し、手術を要することになると発表した。 ジョニーは6日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのオリンピアコス戦で先発。しかし、13分にピッチに足を取られた際に右ヒザを痛めて17分に交代を強いられていた。 左ウイングバックを主戦場とするジョニーは今季の公式戦48試合に出場して2ゴール3アシストとフル稼働し、プレミアリーグ7位、ELベスト8進出に貢献していた。 ジョニーを失ったウルブスは11日にELベスト4を懸けてセビージャと対戦する。 2020.08.09 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンがFFP違反も、来季CL出場時は選手登録制限でUEFAと和解合意

ウォルバーハンプトンが、FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)に違反していたことが発覚。しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)とは和解合意したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 オリンピアコスは、7日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのオリンピアコス戦で1-0と勝利。2戦合計2-1とし、セビージャが待つ準々決勝に駒を進めた。 ウォルバーハンプトンは、48年間の間でヨーロッパの大会でベスト8に残ったのは初だが、このまま優勝すれば、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場することが可能となる。 しかし、ウォルバーハンプトンは2020年までの会計年度で最大3000万ユーロ(約37億5000万円)の赤字を計上したとのこと。これが過大な支出とし、FFP違反となった。 ただし、UEFAはウォルバーハンプトンと2020-21シーズンのCLに出場した場合に使用する選手のAリストを25名から23名に減らすことで和解合意したとのことだ。 2020.08.08 22:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルブズがオリンピアコスに競り勝ち、セビージャの待つ準々決勝へ!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、ウォルバーハンプトンvsオリンピアコスの2ndレグがモリニュー・スタジアムで行われ、ウルブズが1-0で勝利し、合計スコア2-1で準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの影響で3月の開催を最後に中断していたEL。5カ月ぶりに再開に漕ぎ着けたが、レギュレーションは大幅に変更され、準々決勝以降は中立地ドイツでの一発勝負となる。 このラウンド16では、一部を除いて1stレグまで進んでいたため、2ndレグは通常通りそれぞれのホームチームのスタジアムで開催される。オリンピアコスの本拠地カライスカキス・スタジアムで行われた1stレグは1-1の痛み分けに終わっていた両チーム。序盤からインテンシティの高い内容が繰り広げられる中、9分にGKへのバックパスを奪いにいったポセンセがGKラディに倒されPKを獲得。オリンピアコスにとってやや厳しい判定となったが、このPKをヒメネスが決めて、ホームのウルブズが先制した。 ギリシャ王者のオリンピアコス怯まず反撃。19分に左サイドでボールを持ったツィミカスが味方とのワンツーでボックスへ侵入。左足でゴールを狙ったが、GKルイ・パトリシオの好セーブに阻まれた。29分には、味方のスルーパスで右サイドを突破したエル・アラビのクロスに合わせたカマラがネットを揺らしたが、エル・アラビがオフサイドを取られ、ゴールは認められなかった。 後半は選手を2人入れ替えたオリンピアコスが優勢に試合を進める。途中出場のフォルトゥニスやエル・アラビがトライしていく中、67分には左サイドから切り込んだフォルトゥニスの折り返しをエル・アラビがシュート。DFを背にして反転しながらのシュートだったが、足を滑らせてしまい枠に飛ばすことができなかった。 ウルブズはネヴェスやモウティーニョが長短のパスを駆使してチャンスメイク。CKの流れで、ポデンセの折り返しを途中出場のジョッタがシュート。相手に当たってこぼれたところをボリが押し込みにかかったが、惜しくも届かなかった。 80分過ぎには、後半途中投入のコカのヘディングシュートが飛び出したオリンピアコスだが、ここもGKルイ・パトリシオが立ち塞がる。対するウルブズもショートカウンターからモウティーニョがシュートを放ったが、クロスバーを掠めていった。 その後は、ボリの負傷の影響でアディショナルタイムは長めに取られたが、追いすがるオリンピアコスを躱したウルブズが合計スコア2-1で勝利し準々決勝に進出。セビージャと対戦する。 2020.08.07 06:06 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG、わずか1年でグイエ放出を検討 プレミア復帰か

今季からパリ・サンジェルマン(PSG)に新天地を求めたばかりのセネガル代表MFイドリサ・グイエ(30)だが、早くも移籍の可能性が浮上している。フランス『Le10 Sport』が報じた。 グイエは昨夏、エバートンから移籍金3000万ユーロ(現レートで約37億4000万円)の4年契約でPSG入り。2018-19シーズンの冬から続いたPSGのラブコールを実らせる形でのパリ行きだった。 そんな今季はケガによる離脱時期もあったが、ここまで公式戦33試合に出場して1得点2アシストを記録。しかし、首脳陣は選手のパフォーマンスに満足していない模様だ。 スポーツディレクター(SD)のレオナルド氏は新たに中盤の強化を模索するなか、チャンピオンズリーグ(CL)終了後のグイエ売却を検討。移籍先としてイングランドが挙がっているという。 今もプレミアリーグ方面から高い評価を受けるグイエを巡っては先日、にわかにマンチェスター・ユナイテッドの関心が挙がったが、ウォルバーハンプトンも目を光らせているとのことだ。 2020.08.04 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがEL出場権確保で25年連続でヨーロッパの舞台へ、トッテナムはEL予選2回戦から

最多となる14度目のFAカップ優勝を果たしたアーセナルが、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保した。 今シーズンのアーセナルは、シーズン序盤から勝ち切れない試合が続き、中位に低迷。12月にウナイ・エメリ監督を解任し、ミケル・アルテタ監督を招へいした。 <div id="cws_ad">◆アーセナルのトロフィーリフト!14度目のFAカップ優勝<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6c2JvbVJWeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020年に入ってからは8戦無敗と調子を取り戻したアーセナルだったが、中断明けは不安定な戦いに終止。結局8位でシーズンを終え、来シーズンのヨーロッパの大会とは無縁の順位に終わっていた。 1996-97シーズン以来続く、ヨーロッパの大会出場が途切れかけたアーセナルだったが、FAカップでチェルシー相手に見事な逆転勝利。これにより、2020-21シーズンのEL出場が決定。25年連続でのヨーロッパの大会出場を確保した。 これにより、来シーズンは最多で8クラブがプレミアリーグからヨーロッパの大会に出場する可能性がある。 現時点では、リバプール(首位)、マンチェスター・シティ(2位)、マンチェスター・ユナイテッド(3位)、チェルシー(4位)がチャンピオンズリーグ(CL)に、5位のレスター・シティとアーセナルがELに出場。6位のトッテナムは、マンチェスター・シティがEFLカップ(カラバオカップ)を優勝しているため、EL予選2回戦に回ることが決定していた。 残すはリーグ7位のウォルバーハンプトン。チェルシーがFAカップを優勝していれば、ヨーロッパリーグの予選2回戦から出場となったが。その可能性はなくなった。ちなみに、その場合は、アーセナルに出場権がなく、トッテナムはEL出場権を確保していた。 一方で、現在は今シーズンのELラウンド16に勝ち残っており、このまま優勝すれば来シーズンのCL出場権を確保。その場合は、プレミアリーグから8クラブがヨーロッパの大会に出場することとなる。 ウォルバーハンプトンは、8月6日にELラウンド16・2ndレグでオリンピアコスと対戦。1stレグは1-1の引き分けに終わっていた。 ◆2020-21シーズンの出場権 1位:リバプール/CL出場 2位:マンチェスター・シティ/CL出場 3位:マンチェスター・ユナイテッド/CL出場 4位:チェルシー/CL出場 5位:レスター・シティ/EL出場 6位:トッテナム/EL予選2回戦 7位:ウォルバーハンプトン/CL出場の可能性(EL優勝で) 8位:アーセナル/EL出場(FAカップ優勝) 2020.08.02 11:15 Sun
twitterfacebook