PSG、ムバッペ残留説得の逸材MFアウシシュが退団を発表…

2020.07.04 14:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
U-18フランス代表MFアディル・アウシシュ(17)が先月末での契約終了に伴い、パリ・サンジェルマン(PSG)を退団したことを自身の公式SNSで明かした。フランス『レキップ』が伝えている。

アルジェリアにルーツを持つ攻撃的MFは、昨年行われたFIFA U-17ワールドカップでシルバーボール(準優秀選手)を受賞し、世界中のスカウトの注目を集めた。

また、PSGでは昨年8月に行われたリーグ・アンのメス戦でトップチームデビューを飾り、クープ・ドゥ・フランスのリナ・モンレリ戦では初ゴールも挙げていた。

優れたアジリティ、高精度のキック、テクニックと攻撃的MFとして求められる要素をすべて兼ね備える大器だが、数日前にバイエルン移籍が決定したU-18フランス代表DFタンギ・クアシ(18)と同様にPSGとのプロ契約にサインせず、新天地を求めることになった。

先日にフランス代表FWキリアン・ムバッペ(21)から直接残留要請を受けていたことが話題を集めたアウシシュは3日、自身の公式『インスタグラム』に「ページはめくられた。これまで忘れられない幾つもの瞬間を過ごしたパリに感謝しているよ」と、別れのメッセージを投稿した。

アーセナルやユベントスからの関心も伝えられたアウシシュだが、母国の名門サンテチェンヌへの加入が決定的と見られている。

コメント
関連ニュース
thumb

爆発的初速で相手を置き去り!ムバッペが決めた電光石火のゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペが決めた電光石火のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhdFhoNTk3cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> モナコでプロデビューしたムバッペは、瞬く間にブレイクすると2017年夏にPSGに加入。世界中のスター選手が集まるチーム内でも、若きエースとして圧巻の活躍を続けている。 ムバッペの武器の1つは、その爆発的なスピードだが、2019年12月15日に行われたリーグ・アン第18節のサンテチェンヌ戦では、スピードを活かした見事なゴールを決めている。 1-0とPSGのリードの43分、MFマルキーニョスからのパスを相手陣内中央にいたFWネイマールが受けると、すぐさま前線のムバッペにスルーパスを送る。圧倒的な初速の速さで、DFを一瞬で置き去りしてボックス内に抜け出したムバッペは、ニアポストに鋭いシュートを決め、見事な追加点を決めた。 ムバッペは、後半にもネイマールのパスから得点を記録。2ゴールに絡む活躍を見せ、チームの4-0の勝利に貢献している。 2021.01.24 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

去就注目のムバッペ「決断は近いか? 答えが固まっていたら、今、言っているよ(笑)」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)が将来に言及した。 国内で絶対的強さを維持するPSGにおいて、エースの称号を二分するブラジル代表FWネイマール(28)とともに抜群の存在感を示すムバッペ。ネイマールと同じく2022年6月末まで契約を残すが、レアル・マドリーを筆頭に欧州強豪勢の関心が取り沙汰され、動向に注目が集まっている。 今季もここまで公式戦22試合の出場で14得点をマークするムバッペは22日に行われたリーグ・アン第21節のモンペリエ戦後、フランス『Telefoot』で将来を問われると、「前にもそういう質問を受けた」と話し始め、クラブとの交渉状況や自身の考えを示した。 「クラブとは話し合っているところさ。更新したら、長期のPSG残留を意味するものになる。それは僕自身も考えている。ここでの居心地は良く、すごく幸せだ。クラブとサポーターがいつも僕を助けてくれるからね」 「それに対して、いつもクラブに感謝している。でも、これからの数年間で何をしたいのか、どこでどうなりたいのかしたいのかを考えたいと思う。それこそが僕の考え方だ。早急な決断が必要だが、まだ塾考の真っ最中さ」 なお、質問者からの「決断は近いか?」との問いに対して、「答えが固まっていたら、今、言っているよ(笑)」と返している。 2021.01.23 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

“神童”ムバッペが高速クロスに華麗なヒールキックを合わせる!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペの華麗なヒールキック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpWktIWk1PcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フランスサッカーの育成の名門、クレールフォンテーヌ国立研究所で英才教育を受けて育ったムバッペは、2015年にモナコでプロデビュー。爆発的なスピードと得点力を武器に一気に世界中が注目するタレントへと成長すると、2017年夏に、PSGへ加入した。 PSGでも若きエースとして活躍を続けるムバッペだが、2019年12月4日に行われたリーグ・アン第16節のナント戦では、華麗なゴールを記録している。 0-0で前半を折り返して迎えた52分、ハーフウェイライン付近でFWネイマールにボールが入ると、一気に攻撃のスイッチが入る。ドリブルでボールを相手陣内に運んだネイマールは、右サイド裏のスペースに抜け出すFWアンヘル・ディ・マリアにスルーパスを送る。 フリーでボックス右まで侵入したディ・マリアは、左足のアウトサイドで鋭いグラウンダーのクロスをゴール前に入れる。このボールに走りながら合わせたムバッペは、回転するような形で右足のヒールキックでシュートを放ち、見事な先制点を奪ってみせた。 試合は、終了間際にも追加点を決めたPSGが2-0で勝利している。 2021.01.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがフロレンツィの買い取りオプション行使へ

パリ・サンジェルマン(PSG)がイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(29)の買い取りオプションを行使するようだ。イタリア『Il Tempo』が伝えている。 ローマ生まれローマ育ちのフロレンツィは、2002年からローマでプレーするサイドアタッカー。2011年5月にトップチームデビューを飾った後、2度の左ヒザの重傷に見舞われながらも、これまでローマで公式戦280試合に出場して28ゴール32アシストを記録。 しかし、2019年夏に就任したパウロ・フォンセカ監督の下では出場機会に恵まれず、昨年1月にはバレンシアへレンタル移籍。昨夏にローマへ復帰するも構想外となっておりPSGへ買い取りオプション付きのレンタルで加入。今季はここまで公式戦20試合に出場し2ゴールを記録していた。 『Il Tempo』によればPSGのレオナルドSD(スポーツディレクター)は、右サイドの全ポジションをこなし、チームの中心選手になりつつあるフロレンツィを高く評価。すでに900万ユーロ(約11億3000万円)の買取オプションを行使する準備を進めているとのことだ。 2021.01.20 23:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョが欧州デビューを果たしたPSGで魅せた、緩急自在のドリブル&フィニッシュ【スーパーゴール図鑑/PSG編】

【得点者プロフィール】 ロナウジーニョ(当時22歳) 国籍:ブラジル 所属:パリ・サンジェルマン ポジション:FW 身長:181cm 母国ブラジルのグレミオでのプロデビューを経て、2001年夏に加入したPSGで一躍世界にその名を轟かせたロナウジーニョ氏。2003年夏にバルセロナに移籍するまでの2シーズンで公式戦77試合に出場し、25ゴール17アシストという数字を残している。 【試合詳細】 日程:2002年11月30日 大会:リーグ・アン第17節 対戦相手:モナコ 時間:前半24分(0-0) <div id="cws_ad">◆PSG時代のロナウジーニョが見せた緩急抜群のドリブル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3S0ViUTBzcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた24分、味方からのパスをボックスの手前でロナウジーニョが受けると、進路を塞ぐ相手DFと睨み合いのような状態に。しかし、一瞬の加速で相手を引きはがし、ボックス内に侵入したロナウジーニョは、ゴール右まで進むと、反対サイドのゴールネットに正確なシュートを流し込み、見事な先制点を挙げた。 ロナウジーニョのゴールで先制したPSGだったが、逆転を許し、試合には1-3で敗れている。 2021.01.18 20:00 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly