ヘルタ、在籍8年のベテランSBペカリーグと契約延長

2020.07.01 03:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは6月30日、スロバキア代表DFペテル・ペカリーク(33)と契約を延長したことを発表した。契約期間は明かされていない。

2012年にヴォルフスブルクからヘルタに加入した在籍8年のペカリークは、これまでヘルタで公式戦166試合に出場して2ゴール12アシストを記録。今季はケガの影響もあってブンデスリーガで9試合の出場にとどまっていたが、ブルーノ・ラッバディア監督が就任して以降のシーズン終盤はスタメンでプレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

コロナ危機でも約181億円の増資、ヘルタ・ベルリンが発表

ヘルタ・ベルリンが、このコロナ禍の危機的状況においても増資することが発表された。クラブ公式サイトが発表した。 ヘルタ・ベルリンは、投資会社であるテナー・ホールディングと2019年6月から戦略的パートナーシップを締結。テナー・ホールディングは2回に分けて合計2億2400万ユーロ(約271億円)を投資し、ヘルタ・ベルリンの株式を49.9%取得していた。 今回、これに加えて1億5000万ユーロ(約181億5000万円)を投資することで、テナー・ホールディングは追加で株式を受け取ることになるという。投資のタイミングは2020年7月に5000万ユーロ、10月に1億ユーロとのことだ。これにより、合計66.6%の株式を取得することとなる。 なお、新シーズンに向けてクラブの監督委員会のメンバーには元ドイツ代表GKのイェンス・レーマン氏が就任したことも発表。これはユルゲン・クリンスマン氏が以前勤めていた役職にあたる。 ヘルタ・ベルリンのヴェルナー・ゲーゲンバウアー会長は「さらなる投資の合意を非常に嬉しく思う。テナー・ホールディングの株式がさらに増加したことも嬉しく思う。これは、ヘルタ・ベルリンにとって素晴らしい前進だ。首脳陣の皆さんに感謝したい。ヘルタは過去にないほど、財政面で強固なものとなっている」とコメント。チームの財政面が充実したことを喜んだ。 2020.07.02 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑に新たな援軍か? ボタフォゴが元コートジボワール代表FWカルーにオファー

MF本田圭佑が所属するボタフォゴが、新たな国際的なスターを獲得しようと動いているようだ。 ブラジル『グローボ』によると、ボタフォゴが狙っているのはヘルタ・ベルリンに所属する元コートジボワール代表FWサロモン・カルー(34)とのこと。すでに選手と接触し、最初のオファーを出しているようだ。 カルーは、フェイエノールトで頭角を表すと、2006年7月にチェルシーへと完全移籍。黄金期を迎えていたチェルシーではプレミアリーグやチャンピオンズリーグの優勝に貢献すると、リールへの移籍を挟んで、2014年8月からヘルタ・ベルリンでプレーしていた。 ヘルタとの契約期間は6月30日までとなっていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間中にSNSで新型コロナウイルスのプロトコル違反が疑われる動画を投稿。その結果、クラブから処分を下され中断明けは出場がなかった。 ボタフォゴは、同じコートジボワール代表として活躍したMFヤヤ・トゥーレの獲得に動いていたが、直前で破談となっていた。 交渉の代理人は本田やヤヤ・トゥーレの際にも介入したマルコス・レイチとのこと。カルーはブラジル人女性と結婚しており、ボタフォゴは交渉ん自信を見せているようだ。しかし、カルーはヨーロッパでのプレーを望んでいるとされ、他クラブからのオファーを待っているようだ。 ブラジル・セリエAは8月に再開される予定。それまでにカタをつけたいと考えているボタフォゴだが、プレミアリーグで36ゴール、ブンデスリーガで48ゴールを記録しているカルーは何としてもテニしたいところだろう。 2020.06.28 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、リバプールからヘルタにレンタル中のグルイッチに関心!

ボルシアMGがリバプールに所属するセルビア代表MFマルコ・グルイッチ(24)の獲得を目指しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今週末にブンデスリーガ最終節を控える中、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位をキープするボルシアMG。最終節のヘルタ・ベルリン戦を引き分け以上でCL出場権獲得となるマルコ・ローゼ監督率いるチームは、来シーズンのCL出場に備え、戦力増強に動いている。 そして、同クラブが中盤のメインターゲットの1人に定めているのが、その最終節で対峙するヘルタの主力MFのグルイッチだ。 2013年にセルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズダでプロデビューを果たしたグルイッチは、その後2016年にリバプールに加入。移籍後すぐにツルヴェナ・ズヴェズダにレンタルバックしたほか、カーディフ、ヘルタ・ベルリンとレンタル移籍を繰り返していた。 レンタル2年目となったヘルタでは今シーズンここまでのブンデスリーガ28試合に出場し、4ゴール1アシストを記録。190cmの恵まれた体躯を生かした空中戦、高いデュエル勝率に加え、展開力やポジショニングといった部分でも大きな成長を遂げている。 当然、ヘルタは主力MFの残留を望んでいたが、先日にクラブ幹部が今シーズン終了後のリバプール復帰を明言していた。 そして、『ビルト』が伝えるところによれば、リバプール復帰後も立場が不安定と思われるグルイッチに関して、ボルシアMGは1年間のレンタルを打診する計画を持っているという。また、2021年夏に1800万ユーロ(約21億7000万円)の移籍金で買い取ることを契約に盛り込むようだ。 2020.06.24 15:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘルタにシャットアウト負けのレバークーゼン、5位転落《ブンデスリーガ》

レバークーゼンは20日、ブンデスリーガ第33節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 前節ケルン戦を快勝してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位をキープしたレバークーゼン(勝ち点60)が、11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点38)のホームに乗り込んだ一戦。 そのレバークーゼンはフォラントを最前線に、2列目に右からディアビ、ハフェルツ、ベイリーと並べた。 立ち上がりから仕掛けたレバークーゼンはハフェルツやディアビがシュートに持ち込んでいくも、22分に失点する。ピョンテクのパスでボックス右に抜け出したルケバキオの折り返しを受けたマテウス・クーニャにゴールを決められた。 先制されたレバークーゼンは24分にもマテウス・クーニャにボックス内から決定的なシュートを許したが、ここはGKフラデツキーが好守で凌ぐ。さらに36分、カウンターからボックス右に侵入したピョンテクにGK強襲のシュートを浴びせられたレバークーゼンは、43分にベイリーのミドルシュートで反撃するも同点ゴールを奪うには至らず、前半を1点ビハインドで終えた。 後半からフォラントとアランギスに代えてデミルバイとパウリーニョを投入したレバークーゼンだったが、54分に加点される。ピョンテクにボックス内でDFとGKを外され、最後はルケバキオに決められた。 2点を追う展開となったレバークーゼンはDFのタプソバに代えてアタッカーのアラリオを投入。61分にはハフェルツが際どいボレーシュートを放ったが、ゴールを奪うには至らない。 結局、76分のアラリオのヘディングシュートもトルナリガの好守に阻まれたレバークーゼンは0-2でシャットアウト負け。同時刻に行われていた試合でボルシアMGがパーダーボルンに勝利したため、5位転落となった。 2020.06.21 00:38 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田が逆転弾アシスト! フランクフルトが後半の4発で10人のヘルタに勝利!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは13日、ブンデスリーガ第31節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、4-1で逆転勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠は共にフル出場している。 前節マインツ戦を完敗した11位フランクフルト(勝ち点35)は、3日前に行われたDFBポカール準決勝のバイエルン戦では一時同点に追いつく試合を見せたが、競り負けてしまった。その試合で途中出場からゴールに絡んだ鎌田と、ベンチ入りも出場機会のなかった長谷部が共に先発となった。 9位ヘルタ・ベルリン(勝ち点38)に対し、[3-6-1]で臨んだフランクフルトは鎌田が1トップ後方の2シャドーの一角で、長谷部が3バックの中央でスタートした。 一進一退の攻防で立ち上がった中、4分にダ・コスタのヘディングシュートでオンターゲットを記録したフランクフルトは、14分にコスティッチのFKでゴールに迫る。 しかし24分、長谷部のミスから失点してしまう。自陣で長谷部がミスパスを犯した流れからピョンテクに中央突破を許すと、戻って対応した長谷部が突破されてゴールを許した。 追う展開となったフランクフルトが前がかる中、42分には鎌田に決定機。コスティッチのシュートのルーズボールに反応したボックス左の鎌田が右足でプッシュ。だが、GKヤルシュテインの好守に阻まれた。 さらに44分、鎌田の絶妙なスルーパスからPKを獲得しかける。抜け出したドストがボヤタに倒され一度はPK判定が下されるも、VARの末にボックスの外でファウルがあったとしてPKは無効となった。 ただ、2枚目のイエローカードでボヤタは退場となり、フランクフルトは数的優位となって後半へ折り返した。 後半からルーカス・トロに代えてアンドレ・シウバを投入し、2トップに変更したフランクフルトは、51分に追いつく。 代わって入ったアンドレ・シウバのヘッドでの折り返しをゴールエリア右のドストがボレーで押し込んだ。 そして62分、フランクフルトが一気に逆転する。鎌田がボックス左でドリブルを仕掛けてゴールライン際からグラウンダーのクロスを送ると、アンドレ・シウバがヒールで流し込んだ。 さらに68分、フランクフルトに3点目。右サイドでダ・コスタが仕掛け、クロスのルーズボールをボックス手前左のエンディカが左足を一閃。これがゴール左隅に突き刺さった。 終盤の86分にはアンドレ・シウバがドッペルパックとしたフランクフルトが10人となったヘルタ相手に後半の4発で逆転勝利している。 2020.06.14 00:29 Sun
twitterfacebook