気になる久保建英の来シーズン、ポールポジションはソシエダか

2020.06.30 20:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
多くのクラブが関心を寄せるマジョルカの日本代表MF久保建英(19)だが、中でも条件が揃っているのがレアル・ソシエダだ。スペイン『アス』が伝えている。

昨夏にFC東京からレアル・マドリー入りした後、マジョルカへレンタルで加入している久保。ここまでラ・リーガ29試合で起用され、3ゴール3アシストとチームの攻撃の要を担っている。

『アス』によれば、クラブの元々の計画では、今シーズンは下部組織のレアル・マドリー・カスティージャでプレーさせる予定だったが、プレシーズンでの動きを見たマドリーは、プランを変更し、マジョルカへのレンタルを決断。久保のパフォーマンスはクラブ関係者の期待を超えるものだったという。

久保のレンタルでの獲得については、多くのクラブからオファーが届いているようだが、マドリーのプランとしては、久保の選手としての成長を促すべく、やはりチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)出場を狙えるチームへのレンタルを優先したい意向だという。そして、この条件を考慮すると、マドリーはソシエダへのレンタルが最適解なのではないかと考えているようだ。

さらに、両クラブの関係は、マドリーからソシエダへとレンタルしているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)がレンタル契約を延長したことを見ても、良好であることは明らかであり、またソシエダの攻撃的なスタイルが久保の成長に適していると判断しているとのことだ。

マドリーは、久保がクラブのビジョンを理解しており、クラブからの助言によく耳を傾けていることについても満足しているようで、最終的に久保がソシエダ以外の移籍先を選んだとしても、クラブはその決断が、久保自身が充分な考慮を重ねた上での決断であることを理解し、受け入れるようだ。

また、パリ・サンジェルマン(PSG)やミランなどスペイン国外からの参戦も囁かれているが、国外移籍についてはまず考えられないとしている。
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダが生え抜きMFスビメンディと2025年まで契約延長、今季はラスト9試合に出場

レアル・ソシエダは24日、下部組織出身のMFマルティン・スビメンディ(21)との契約延長を発表した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 スビメンディは、地元のサン・セバスティアン出身で、ソシエダの下部組織に入団。順調にステップアップし、2018年7月からBチームでプレーしていた。 今シーズンは中断前からベンチ入りを果たすと、中断明けの6月にラ・リーガ第30節のレアル・マドリー戦で今季初出場。そこから9試合全てでプレーしていた。 2020.07.25 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、チームの躍進を支えたMFメリノと2025年まで契約延長

レアル・ソシエダは22日、スペイン人MFミケル・メリノ(24)との契約延長を発表した。新契約期間は2025年6月30日までとなる。 メリノはオサスナの下部組織出身。2014年7月にファーストチームへ昇格すると、2016年7月にはドルトムントへと完全移籍した。 2017年7月からはニューカッスルへレンタル移籍を経験。2018年7月に完全移籍すると、そのままレアル・ソシエダへ完全移籍で加入していた。 ブンデスリーガで8試合、プレミアリーグで24試合に出場していたメリノは、ソシエダ加入後は主力としてプレー。ここまで公式戦74試合に出場し10ゴール6アシストを記録。今シーズンはラ・リーガで36試合に出場し5ゴール1アシストと、チームのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献していた。 メリノはクラブとの契約延長について喜びを語り、親切にしてくれたファンや街の人への感謝を口にした。 「僕は落ち着いているし、ファン、同僚、街の人々にとてもよくしてもらった。それは僕に届いており、みんなを幸せにしたい。この契約更新は喜びであり、僕はとても幸せだ。うまく行けば、僕はここに長期滞在することになるだろう」 2020.07.22 22:26 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサら複数クラブ関心のイサク「ソシエダに残る」

レアル・ソシエダでプレーするスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(20)が残留を宣言した。スペイン『マルカ』が伝えた。 同郷のスターであるズラタン・イブラヒモビッチと比較されていることもあり、“イブラヒモビッチ2世”と称されるイサク。2017年1月に加入したドルトムントでは輝けなかったが、昨夏に加入したソシエダではラ・リーガ37試合で9ゴールを記録しており、決勝戦を残すコパ・デル・レイでは7試合で7ゴールを記録している。 この活躍を受け、バルセロナを含む欧州複数クラブからの関心も報じられたイサクだが、スウェーデン人ジャーナリストのアレクサンドラ・ジョンソンに対して、ソシエダ残留を明言している。 「もちろん僕はここに残る。議論はないね。ヨーロッパリーグに出場する資格があるし、(コパ・デル・レイの)決勝戦に臨める。ここで本当に楽しんでいる。今のところ安心と幸せしか感じていない」 2020.07.22 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

34歳スルトゥサが20年在籍のソシエダを退団 「僕はすごく愛された選手だった」

レアル・ソシエダが20日、スペイン人MFダビド・スルトゥサ(34)の退団を発表した。 ソシエダ下部組織育ちのスルトゥサは2005年にBチームでプロデビュー後、2007-08シーズンからエイバルにレンタル。2008-09シーズンの復帰から今季を含めて12シーズンにわたり、ソシエダのトップチームで中心選手として活躍すると、公式戦通算303試合に出場して22得点22アシストを記録した。 昨年4月に今季終了までの新契約を締結したが、今季はケガの影響もあって、ラ・リーガ5試合の出場に。ソシエダの象徴的な選手として長らく活躍したスルトゥサは感謝の言葉を贈っている。 「何を話したら良いのかわからないが、心の中は色々な想いでいっぱいだ。レアルのシャツを長く着れたことを誇りに思う。僕は13歳の頃からここにいた。ラ・レアルという学校に通っていたんだ。その間、家族の努力と犠牲は計り知れないものだった。家族のおかげで今の自分がある」 「新型コロナウイルスのせいで愛する人と最後の瞬間を共有できなかったが、これまでの歩みにすごく満足していて、ピッチ内外でずっと楽しい想いをさせてもらった。そうしたものは僕の心にある。レアルでの時間は終わった。この決断に納得している。みんなに感謝する」 「僕ばすごく愛された選手で、『ズル、ズル』と聞くのはいつだって特別なことだった。これ以上のものなんてない。アウパ・レアル」 2020.07.21 09:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコと引き分けたソシエダが6位でEL出場権獲得! 特例で7位グラナダも初出場決定!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ最終節が19日に一斉開催された。レアル・マドリーの3季ぶりの優勝に加え、すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ出場枠も全て埋まった中、注目となったのはヨーロッパリーグ(EL)出場権争いだ。 新型コロナウイルスの影響でご多分に漏れず異例のシーズンとなったラ・リーガ。紆余曲折ありながらも無事に最終節を迎えることになったが、一方でコパ・デル・レイはビルバオとソシエダによる決勝戦が再開未定となっている。無観客では行わないとの方針も固められており、中止もしくは来シーズンへの後ろ倒しの可能性が高まりつつある。 そうなると、同大会優勝チームに送られる来季のEL出場権は、リーグ7位のチームに与えられることになるようだ。すでにビジャレアルが一枠確保しているため、残る2つの椅子はソシエダ、ヘタフェ、バレンシア、グラナダが争うことになった。 勝てば自力で出場権を獲得できる6位のソシエダ(勝ち点55)はアトレティコ・マドリーと対戦。互いに硬い入りとなり試合は均衡。数少ないチャンスをモノにしたのはホームのアトレティコだった。 30分、右サイドからのクロスをH・エレーラが胸で落としたところをジエゴ・コスタがシュート。ボールの行き先は右に逸れてしまったが、これを上手く収めたモラタがバックヒールでオシャレに繋ぐと、最後はコケがゴール正面から豪快に蹴り込んでネットを揺らした。 後半はお互いに攻撃的な交代カードを切る中、ソシエダは途中出場のポルトゥが終盤に決定機を迎えるがゴールならず。このまま終わるかに思われた87分、右サイドのボックス付近でのFKのチャンスで、こちらも途中出場のヤヌザイがゴール前に送ると、コースが変わったのか、GKオブラクが弾ききれずゴールイン。 このゴールで勝ち点「1」をもぎ取ったソシエダは、勝ち点「56」でシーズンを終えた。 7位のヘタフェ(勝ち点54)はレバンテとの対戦となったが、前半と後半に2度もVARでゴールが取り消しにされると、71分にPKを獲得するも、ハイメ・マタがこれをミス。さらには後半アディショナルタイムに失点し敗戦を喫した。また、8位のバレンシア(勝ち点53)もセビージャに敗れ勝ち点を伸ばすことが出来ず。 一方、9位のグラナダ(勝ち点53)は難敵ビルバオに4-0で快勝を収め、最終勝ち点を「56」に伸ばした。 この結果、ソシエダが6位で来季のEL出場権を獲得。そして、土壇場で7位に浮上したグラナダも初のヨーロッパ大会出場が決定した。 2020.07.20 06:20 Mon
twitterfacebook