G大阪からレンタル移籍したFW中村敬斗がシント=トロイデンでの目標を語る「二桁ゴール二桁アシスト」

2020.06.30 12:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
ガンバ大阪からのレンタル移籍で加入したシント=トロイデンのFW中村敬斗がクラブの最初のインタビューに応えた。

中村は、2018年にG大阪へ入団。J1リーグで24試合に出場し1ゴール1アシストを記録。公式戦では38試合に出場し8ゴール3アシストを記録。2019年7月にエールディビジのトゥベンテへと期限付き移籍していた。

今シーズンはエールディビジで17試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2021年6月30日までのレンタル移籍だったが、早期に打ち切り、シント=トロイデンへ期限付き移籍することが発表されていた。

日本代表GKシュミット・ダニエル、DF松原后、MF伊藤達哉、FW鈴木優磨ら日本人選手も在籍するシント=トロイデンに加入した中村がファーストインタビューに応え、自己紹介や新シーズンの目標を語った。

「中村敬斗です。19歳です。ポジションは右サイドはーふや左サイドハーフをやっています」

「両サイドハーフできるので、右サイドであれば縦へのドリブルだったり、右足でクロスを上げることが得意です。左サイドであればカットインのシュートであったり、仲間を使ってワンツーであったり、うまく崩していくことが自分の得意なことだと思います」

「個人としては、二桁ゴール二桁アシストを目標にやっていきます。もちろんチームとしては上のプレーオフに行けるように、頑張ろうと思っています」

「ベルギーリーグはオランダと隣の国なので、結構結果を見たり、試合を少し観たりすることがあって、オランダと比較するわけではないですが、結構フィジカルが強い選手という印象があります」

「今シーズン、シント=トロイデンでゴールだったりアシストでチームの勝利に貢献できればと思っています。これからよろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪のFW中村敬斗がシント=トロイデンへレンタル、トゥベンテへのレンタルは早期打ち切り

ガンバ大阪は25日、FW中村敬斗(19)がシント=トロイデンへ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2021年6月30日までとなる。 中村は、2018年にG大阪へ入団。J1リーグで24試合に出場し1ゴール1アシストを記録。公式戦では38試合に出場し8ゴール3アシストを記録していた。 2019年7月にはオランダ・エールディビジのトゥベンテへ期限付き移籍。今シーズンのエールディビジでは、17試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 トゥベンテへのレンタル期間は2021年6月30日までだったが、これを打ち切り。ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデンでプレーすることとなった。中村はクラブを通じてコメントしている。 「この度、ベルギー1部リーグのシント=トロイデンVVに期限付き移籍することになりました。FCトゥウエンテでは、1シーズンしかプレーすることができませんでしたが、成長を感じる毎日を過ごすことができ、とてもいい経験になりました」 「来シーズンはシント=トロイデンVVで新しいチャレンジに向けて頑張りたいと思います。オランダにいるときもそうでしたが、ガンバ大阪の結果はいつも気にしています! 僕もベルギーで精一杯頑張ってきます。お互い良いシーズンにしましょう!これからも応援よろしくお願いします」 2020.06.25 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ドイツやフランスなど多くのクラブが興味のFW鈴木優磨に中東クラブから3億円超のオファー?

シント=トロイデンのFW鈴木優磨(24)へ中東からのオファーがあるようだ。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が報じた。 2019年夏に鹿島アントラーズからシント=トロイデンへと完全移籍した鈴木は、右ハムストリング筋損傷で早々に離脱。しかし、復帰した後は主力として活躍し、海外初挑戦となったシーズンは公式戦25試合に出場し7ゴールを記録していた。 報道によると、鈴木は中東クラブから約300万ユーロ(約3億6000万円)のオファーが届いているとのこと。クラブ名は明かされていない。 『Het Laatste Nieuws』は「オファーは正しい。約300万ユーロだ。しかし、追って報告するまではクラブ名を明かしたくはない」とクラブ関係者がコメントしていると報道。「ドイツやフランスなど、関心を持っているクラブはかなりある」としている。 シント=トロイデンは、FWエルトン・アコラツェ、FWモハメド・ブヤ・トゥレイのストライカー2人の退団が濃厚となっており、鈴木が移籍した場合は攻撃陣を3人失うこととなる。 2020.06.23 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンで奮闘の鈴木優磨が目標を語る「いつか5大リーグで」

シント=トロイデンのFW鈴木優磨が今後の目標を語った。ベルギー『Het Belang van Limburg』の情報をもとに、『Voetbal Belgie』が伝えている。 2019年夏に鹿島アントラーズからシント=トロイデンへと完全移籍した鈴木は、右ハムストリング筋損傷で早々に離脱。しかし、復帰した後は主力として活躍し、海外初挑戦となったシーズンは公式戦25試合に出場し7ゴールを記録していた。 シント=トロイデンには、日本代表GKシュミット・ダニエル(←ベガルタ仙台)、DF松原后(←清水エスパルス)、FW伊藤達哉(←ハンブルガーSV)と日本人選手も多く在籍する一方で、昨シーズン在籍していた日本代表FW鎌田大地がフランクフルトに復帰、日本代表DF冨安健洋がセリエAのボローニャへ、日本代表MF遠藤航がシュツットガルトへと移籍している。 鈴木は、自身の目標を鎌田や冨安、遠藤と同様に他クラブへ飛躍することに設定し、彼らに続くことを目標としているようだ。 「ベルギーリーグをリスペクトしているけど、もっと上を目指しています」 「鎌田大地のようなプロジェクトにサインするか? 自分を他の人と比較したくはないです。いつかヨーロッパの5大リーグのどこかでプレーしたいと思っています。だから、ブンデスリーガに限定することはしません」 ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、シーズン途中で打ち切りに。来シーズンは鈴木がさらなる飛躍を遂げられるかに注目だ。 2020.06.19 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

メルボルンで本田圭佑を指導したマスカット監督がシント=トロイデンの監督就任

シント=トロイデンは5日、新監督にオーストラリア人指揮官のケビン・マスカット氏(46)を招へいしたことを発表した。 マスカット氏は、現役時代にクリスタル・パレスやウォルバーハンプトン、レンジャーズ、ミルウォールなどでプレー。引退後はメルボルン・ビクトリーでアシスタントコーチを務めると、2013年10月からは監督を務めていた。 2018-19シーズンには、現在はボタフォゴでプレーするMF本田圭佑も指導。2017-18シーズンはAリーグで王者に輝いていた。 マスカット氏は、2019-20シーズンはシント=トロイデンのテクニカル・アドバイザーを務めており、新シーズンから指揮を執ることになる。なお、マスカット監督は6月8日の指導日から指揮を執るとのことだ。 シント=トロイデンは、2日にミロス・コスティッチ監督の退任を発表。今シーズンは、ジュピラー・プロ・リーグで12位に位置していた。 2020.06.05 16:25 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表MF遠藤航がシント=トロイデンからレンタル先のシュツットガルトへ完全移籍

シント=トロイデンは28日、シュツットガルトへレンタル移籍中の日本代表MF遠藤航(27)が完全移籍することを発表した。 遠藤は湘南ベルマーレの下部組織出身で、2011年1月にトップチーム昇格。湘南ではトップ昇格前の2種登録時にJrいーぐデビュー。プロ2年目の2012年には19歳でキャプテンを任され、チームのJ1昇格に貢献していた。 湘南では、公式戦通算167試合に出場し23ゴール7アシストを記録。2016年1月に浦和レッズへと完全移籍すると、3バックの一角として公式戦108試合に出場し6ゴール7アシストを記録した。 2018年7月に浦和から完全移籍でシント=トロイデンに加入すると、ここではボランチとしてプレー。公式戦31試合に出場し2ゴール2アシストを記録すると、日本代表にも定着し22キャップを記録。2019年8月にシュツットガルトへ1年間のレンタル移籍を果たしていた。 シュツットガルトでは、ブンデスリーガ2部で13試合、DFBポカールで1試合に出場。チームは1部昇格圏内の2位につけている状況だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で中断となっていた。 2020.04.28 19:35 Tue
twitterfacebook