スコットランド代表GKクレイグ・ゴードンがハーツに復帰

2020.06.29 21:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハーツは28日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(37)と契約を結んだことを発表した。

スコットランド代表として54キャップを誇るゴードン。ハーツは下部組織から過ごしていたクラブで、2005-06シーズンには国内カップ戦を制覇しトロフィーを掲げている。

その後、2007年にサンダーランドに移籍したが、ヒザのケガで長期離脱。実に913日もの間、戦線を離れていた。この影響で2012年にサンダーランドとの契約を解除。2年間に及ぶ治療を終えたあと、2014年夏にセルティックに加入した。

セルティックでは公式戦242試合に出場。打ち切りで優勝が決定した今シーズンも含めて、リーグ9連覇に貢献した。同クラブにおける通算タイトルの数は、リーグ優勝6回、リーグカップ5回、スコットランドカップ3回の計14個となっている。

そして、セルティックとの契約満了を受けて、この度13年ぶりに古巣のハーツに復帰。契約期間は2年となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

食野亮太郎がシティからのレンタル先ハーツを退団…公式戦21試合出場で3ゴール

ハーツは1日、U-22日本代表FW食野亮太郎(21)のレンタル契約満了に伴う退団を発表した。 2017年にガンバ大阪ユースからトップチーム昇格を果たした食野は昨夏、マンチェスター・シティに完全移籍。そのタイミングでハーツに1年間のレンタルが決定した。 そのハーツで公式戦21試合に出場。スコティッシュ・プレミアリーグでも19試合3ゴールを記録したが、シーズン途中の昨年12月に監督が交代して以降、出番を減らした。 なお、スコットランドフットボール界は新型コロナウイルスの影響で打ち切り。リーグ最下位だったハーツは2部降格が決まっている。 2020.06.01 18:56 Mon
twitterfacebook
thumb

リーグ打ち切りで降格の食野ハーツが、リーグの決定に法的処置をとる姿勢を表明

U-23日本代表FW食野亮太郎も所属するスコティッシュ・プレミアシップのハート・オブ・ミドロシアン(通称:ハーツ)がリーグの決定に対して法的処置をとる姿勢を表明した。 18日、スコットランド1部のスコティッシュ・プレミアシップは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断していたリーグを再開させることができないことで全クラブが合意。シーズンの途中終了を決定していた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxUVdYWkdUTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今シーズンの順位は、各クラブで試合数が異なることから1試合あたりの平均勝ち点を基に決定。これにより、2位のレンジャーズに13ポイントの差をつけて首位に立っていたセルティックの優勝が決定した一方で、全12チームの中で、11位から4ポイント差で最下位の12位だったハーツの降格が決定していた。 これに対してハーツは、リーグの決定を“不当"だとして抗議。この決定が覆らない場合、法的処置を辞さないとするクラブ公式声明を発表。 「我々は始めより、COVID-19の感染拡大の影響で、どんなクラブであっても不当に不利益を被ることが正しいとは考えられないと主張してきた」 「法的処置をとることは、時間と費用を伴う行動である。しかしながら、降格が及ぼすクラブへの被害の方がクラブにとっては大きな費用を伴うだろう」 また、中止の決定が下される前より、スコットランドプロサッカーリーグ(SPFL)と加盟クラブたちの中で議論されていた、リーグの拡張再編成案こそが一番の解決策であるとし、リーグ中止の決定を考え直すべきだと主張。ハーツが中心となりこの解決策の草案を提出することを示唆した。 「リーグの(所属クラブを拡張しての)再編成は、以前の議論の中で充分な同意を得られないとされることが示唆されていた。昨今の議論の中では、(リーグ再編成について)より多くの前向きな議論が、SPFLと加盟クラブの両方の間でされており、現在この案についての再検討が行われている」 「ハーツは、リーグが現在直面している問題に対する、実践的な解決策となり、加盟クラブが一丸となって前に進むことのできる案を近日中に提出する予定だ」 2020.05.19 19:47 Tue
twitterfacebook
thumb

スコットランドもシーズン打ち切り決定…食野亮太郎のハーツが2部降格、優勝はセルティックで9連覇達成!

スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ(SPFL)は18日、2019-20シーズンの打ち切りが全会一致で決定したことを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、3月中旬から世界中のサッカー活動が停止。ベルギー、オランダ、フランスでリーグ戦が打ち切られた一方で、16日にはブンデスリーガが再開していた。 長らく打ち切りか再開かを協議していたSPFLだが、18日にスコティッシュ・プレミアシップの12クラブの全てと協議の結果、シーズンの即時終了が決定した。 なお、シーズンの最終順位は、中断前の2020年3月13日までに行われたリーグ戦での勝ち点で決定。試合数にばらつきがあるため、平均勝ち点で順位を決めることとなった。この結果、セルティックが2019-20シーズンのチャンピオンに輝き、見事9連覇、51回目のリーグ優勝となった。 また、マンチェスター・シティからレンタル移籍で加入したU-23日本代表FW食野亮太郎が所属するハート・オブ・ミドロシアン(通称:ハーツ)が最下位となり、2部へ降格することも決定している。 ◆2019-20 スコティッシュ・プレミアシップ順位表 1:セルティック/勝ち点80/平均:2.6667 2:レンジャーズ/勝ち点67/平均:2.3103 3:マザーウェル/勝ち点46/平均:1.5333 4:アバディーン/勝ち点45/平均:1.5000 5:リビングストン/勝ち点39/平均:1.3000 6:セント・ジョンストン/勝ち点36/平均:1.2414 7:ハイバーニアン/勝ち点37/平均:1.2333 8:キルマーノック/勝ち点33/平均:1.1000 9:セント・ミレン/勝ち点29/平均:0.9667 10:ロス・カウンティ/勝ち点29/平均:0.9667 11:ハミルトンA/勝ち点27/平均:0.9000 12:ハーツ/勝ち点23/平均:0.7667 2020.05.18 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、食野同僚の17歳逸材SBに関心か

バイエルンがスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)に所属するU-19スコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(17)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が報じている。 ハーツとセルティックの下部組織に在籍経験があるヒッキーは、2019年5月にハーツでトップチームデビューを飾った両利きのサイドバック。 今シーズンは左サイドバックを主戦場に、公式戦30試合1ゴール1アシストの数字を残すなど、17歳とは思えない存在感を放っている。 スコットランド国内でリバプールDFアンドリュー・ロバートソン、アーセナルDFキーラン・ティアニーに続くサイドバックの大器と期待される逸材に関しては現行契約が2021年までとなっている。だが、新契約にサインする可能性は低く、今夏あるいは来冬の退団が既定路線となっている。 そして、『デイリー・レコード』が伝えるところによれば、昨夏にセルティックのU-17スコットランド代表DFリアム・モリソン(17)を引き抜くなど、スコットランド市場に注目するバイエルンが、ヒッキーの獲得に強い関心を示しているという。 なお、ヒッキーに関してはバイエルン以外に、ハーツがパートナー契約を結ぶマンチェスター・シティが獲得に興味を示しているようだ。 2020.05.01 15:07 Fri
twitterfacebook
thumb

キャプテンが男気! 給与50%カットを要請した食野亮太郎所属のハーツ、キャプテン自ら減給を申し出

U-23日本代表FW食野亮太郎が所属するハート・オブ・ミドロシアン(通称:ハーツ)のキャプテンを務めるスコットランド代表FWスティーブン・ネイスミスが給与カットを受け入れるようだ。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、ヨーロッパでも各国リーグが延期に。そのあおりを受け、財政的に苦しいクラブが頻出している。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxUVdYWkdUTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> スコティッシュ・プレミアシップのハーツも例外ではなく、クラブの選手と全スタッフに対して4月初旬から50%の減給を要請すると報道。ダニエル・シュテンデル監督は給与の全額放棄を自ら申し出たとの報道もあった。 そんな中、キャプテンも男気を見せる。 ネイスミスは、チームに対し自ら給与の返上を申し出、さらに来シーズンの所属カテゴリにかかわらずチームに残ることを発表した。 「現在の状況では、誰もがとても困難な立場におかれている。ハーツだけの問題ではない」 「僕と家族は、長いキャリアを通じて、サッカーからとても良いものを受け取ったと感じている。だから、個人的に給与の50%削減を受け入れるし、受け入れるべきだと感じている」 「これは何らかの形で困難な時期にクラブの長期的な存続に貢献し、特に最も所得が低く、現在最も苦しんでいる人々の仕事を救うことを願っている」 「チームメイトの全員が金銭面や、家、家族にそれぞれ固有の状況を持っていることはわかっている。全ての人が、できることをやっていると保証するよ」 「ハーツのキャプテンとして、チームメイトがこの件に関してどのような決断を下しても、チームメイトを完全にサポートする。来シーズン、どのリーグに所属していても、ハーツにとどまることを約束する。キャプテンとして牽引し続けるよ」 「ハーツを代表することは名誉だと思う。これが不確実な時期に確実性をもたらせられることを願っている」 なお、ハーツは現在のスコティッシュ・プレミアシップ最下位に1。残留ラインの10位ロス・カウンティとの勝ち点差は6となっている。 2020.03.23 11:15 Mon
twitterfacebook