ファン・ペルシ、古巣アーセナルの長年の弱点に懸念「私がいた頃から問題だった」

2020.06.29 19:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元アーセナルのロビン・ファン・ペルシ氏が、古巣が抱える長年の弱点についてコメントした。

28日、FAカップ準々決勝、シェフィールド・ユナイテッドvsアーセナルが行われ、アーセナルは1-2で勝利。準決勝進出を決めた。

アーセナルは終始攻勢に出ていたものの、87分に相手のロングスローから失点。前半にはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入によりオフサイド判定となったものの、CKとFKから2度もゴールを許すなど、セットプレーの対応に不安が残る結果となっていた。

イギリス『BT Sport』の解説者として試合の中継に参加したファン・ペルシ氏は、アーセナルが長年抱えるセットプレー時の対応について、懸念を示した。

「シェフィールド・ユナイテッドはCKやFKなど、セットプレーからアーセナルを脅かしていた」

「最初にノーゴールの判定となったプレーは、明らかにオフサイドだったが、アーセナルを攻めるなら、セットプレーが一番効果的だろう。4、5カ月前にもこの話をしたが、アーセナルは未だにセットプレーに弱い」

「トロフィーを獲得したいと思っているなら、この問題を解決しなければならない。マークにしっかりつく方法を見つけなればならない。マンマークをするかゾーンマークをしなければならないが、彼らは未だにそれをやっていない」

「アーセナル、そしてミケル(・アルテタ監督)にとって重要なのはセットプレーの問題を解決する方法を見つけることだ」

「これを治すにはメンタルを鍛えるしかない。私がリオ・ファーディナンドやネマニャ・ヴィディッチと対戦したとき、彼らは死ぬ気でボールを止めに来ていた。ボールをブロックするためなら自分の顔だろうがなんだろうが、全てを使ってコースを塞ぎにきた」

「そういうメンタルがトロフィーを勝つためには必要なんだ。正直言って今アーセナルからそういうものは感じられないし、ずっとこの話をしている。私がアーセナルにいた頃からこの問題はあった」

「ボールを止めるためなら、全てを投げ出すようなDFが必要だし、そういうタイプの選手を探すべきだ」

「彼らが下手だと言っているわけではない。ただトロフィーを勝ちたいのであれば、もっと上のレベルにいかなければならない」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、過去に移籍した選手のある“売却条項”が発覚…規約違反でFIFAから罰金処分

アーセナルの移籍に関連する違反が発覚し、FIFA(国際サッカー連盟)から罰金が科された。イギリス『ミラー』が報じている。 問題があったのは、2018年にアーセナルからギリシャのPAOKに移籍したイングランド人FWチュバ・アクポム(24)と、同年にフロジノーネに移籍したコスタリカ代表FWジョエル・キャンベル(28)の契約に付随されたある条項。 伝えられるところによると、アクポムには、PAOKからイングランドのクラブに移籍した場合、その移籍金の40%がアーセナルに支払われるという売却条項が盛り込まれていた模様。イングランド以外のクラブへの移籍でも、アーセナルは30%の利益を手にするようだ。 またキャンベルに関しても、イングランド移籍の場合は移籍金の30%、その他クラブでも25%がアーセナルに支払われる契約となっているという。 FIFAの懲戒委員会は、上記の契約が他クラブへの影響を及ぼしかねない違反行為だと指摘。また、移籍決定の際に、当契約の詳細を明らかにしていなかったことも問題視している。 この件でFIFAはアーセナルに対し3万4000ポンド(456万円)の罰金処分を科すと同時に、将来的に同様の違反行為が発覚した場合、さらに厳しい罰を与える可能性もあると注意を促した。 なお、キャンベルは今月1日、フロジノーネからメキシコのレオンへの完全移籍が決定。2019年1月からレンタルで加わっていた。 2020.07.04 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルと契約延長交渉中のオーバメヤン、求める給与条件が判明

ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(31)が、アーセナルとの契約延長に際して要求している条件が明らかになった。『ESPN』が報じている。 昨季プレミアリーグ得点王に輝くなど、2018年の加入以降、アーセナルのエースストライカーに君臨しているオーバメヤン。直近のノリッジ戦ではアーセナル史上最速記録となる79試合目でのプレミアリーグ通算50ゴールも達成していた。 ただ、現行契約が2021年夏までとなっている中、クラブとの契約延長交渉は停滞しており、先日にオーバメヤンはフランス『Telefoot』で「カギを握っているのは彼らの方だ」と、交渉の主導権がアーセナルサイドにあると主張していた。 その一方で、『ESPN』は関係者筋からの情報として、今回の契約延長交渉に際して、オーバメヤンが要求している条件を明らかにしている。 オーバメヤンは現行契約で週給18万ポンド(約2410万円)程度を受け取っているとされているが、契約延長の条件として週給25万ポンド(約3350万円)の3年契約を要求しているようだ。 アーセナルでは元ドイツ代表MFメスト・エジルがクラブ最高給の週給35万ポンド(約4700万円)を受け取っており、オーバメヤンの要求額は決して法外な金額とは言えないが、31歳という年齢とコロナ禍でのクラブ財政への懸念を考慮すれば、簡単に要求を受け入れることは難しい。 そのため、アーセナルは余剰戦力の売却などで資金を確保したうえで、、最優先事項のひとつとなっているエースストライカーの慰留に動くことになりそうだ。 2020.07.04 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、マドリーが狙う新星マルティネッリと新たに長期契約を締結

アーセナルは3日、U-23ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(19)との長期契約延長を発表した。 イトゥアーノFCの育成機関で育ったマルティネッリは、昨夏に推定移籍金630万ポンド(約9億円)でアーセナルに移籍。加入当初は青田買いとみられていたが、ここまでの公式戦26試合で10ゴール4アシストを記録するなど、好成績を収めている。 そんなマルティネッリには、今冬にレアル・マドリーからの関心が取り沙汰されていたが、慰留に努めたアーセナルの素早い対応により新たな長期契約を締結した。 クラブのリリースを受け、マルティネッリも自身のインスタグラム(ga_martinelli01)で契約延長を報告。喜びの心境を綴っている。 「僕はこの素晴らしいクラブに将来を託することが出来てとても幸せだ。この素晴らしい年にアーセナルと全てのファンに感謝を伝えたい。これからのエキサイティングなシーズンが本当に楽しみだよ」 2020.07.04 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督、セバージョスの買い取りを示唆「レアルと連絡を取っている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、スペイン代表MFダニ・セバージョス(23)の買い取りについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 昨夏にレアル・マドリーからアーセナルに加わったセバージョス。先月24日に今季終了までのレンタル期間延長が決まったが、来季の去就は不透明のままだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆セバージョス、アーセナルでの初日に密着<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p= eyJrZXkiOiJUY0pSVHIyUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> アルテタ監督は、1日に行われたプレミアリーグ第32節のノリッジ戦後の記者会見でセバージョスに言及。マドリーとコンタクトを取っていることを明かし、買い取りに動いていることを示唆した。 「両クラブはコミュニケーションを取っている。ダニがチームにもたらしてくれるものが本当に好きだ。私が就任した時、彼は負傷していたから起用できなかった」 「我々が何をしようとしているのかをとても良く理解している。ピッチのあらゆる場所でボールに触り、試合をコントロールするために必要な継続性を与えてくれる。それはボールなしでも同様だ」 2020.07.02 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンがPL通算50ゴール! 79試合での到達は歴代6番目の早さ

アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがプレミアリーグ通算50ゴールに到達した。イギリス『Optajoe』が伝えている。 アーセナルは1日、 新型コロナウイルス(COVID-19)による長期に渡る中断明け後、最初のホームゲームとなったプレミアリーグ第32節のノリッジ戦を4-0で快勝した。 直近の公式戦連勝中と徐々に調子を上げているアーセナルは、本拠地エミレーツ・スタジアムでの久々の試合で攻守に躍動。前半半ばに相手のミスを突きオーバメヤンが先制点を挙げると、その数分後にはMFグラニト・ジャカに公式戦1年3カ月ぶりのゴールが生まれる。 迎えた後半も余裕の試合運びとなった中、再び相手の緩慢な対応を突きオーバメヤンがこの試合2点目、試合終盤にはこれがガナーズデビューとなったDFセドリック・ソアレスにもゴールが生まれ、大勝を飾っている。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内は遠いものの、公式戦3連勝とシーズン最終盤に向けて弾みを付ける中、エースストライカーも節目の記録を達成することに。 2018年1月にドルトムントから加入以降、79試合目の出場となったオーバメヤンは、このノリッジ戦での先制点がプレミアリーグ通算50ゴール目のメモリアルゴールに。 そして、79試合目でのリーグ通算50ゴール到達はアーセナル史上最速記録となった。また、プレミアリーグ全体では元マンチェスター・ユナイテッドのFWアンディ・コール(65試合)、元ニューカッスルのFWアラン・シアラー(66試合)、元マンチェスター・ユナイテッドのFWルート・ファン・ニステルローイ(68試合)、リバプールの新旧アタッカーのフェルナンド・トーレス、モハメド・サラーの72試合に次ぐ、歴代6位の早さとなった。 なお、ノリッジ戦で今季のリーグ戦ゴール数を19ゴールに更新したオーバメヤンは、レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディと並び得点ランキングトップに浮上しており、2年連続得点王獲得に向けても好位置に付けている。 2020.07.02 14:20 Thu
twitterfacebook