奥川雅也所属のザルツブルクがリーグ7連覇! 国内2冠を達成!

2020.06.29 14:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本人MF奥川雅也が所属するレッドブル・ザルツブルクは、28日に行われたオーストリア・ブンデスリーガのハルトベルク戦を3-0で勝利し、7年連続14度目のリーグ優勝を飾った。

今シーズン、7連覇を目指してシーズンに臨んだザルツブルクは、22試合制のレギュラーシーズンをLASKリンツに次ぐ2位で終えることに。しかし、リンツがコロナ禍での練習規約違反により勝ち点6をはく奪されたため、6月2日に再開された上位6チームによるチャンピオンシップラウンドを、最終的に2位のリンツと勝ち点3差の首位でスタートした。

そのチャンピオンシップラウンドではここまで5勝2分けの無敗を継続し、優勝争いのライバルであるリンツ、ラピド・ウィーン相手の直接対決をモノにし、7連覇に王手をかけた。

そして、奥川もフル出場を果たしたハルトベルク戦では韓国代表FWファン・ヒチャンやザンビア代表FWパトソン・ダカのゴールにより、3-0の完勝で7連覇を決めた。

なお、ザルツブルクは先月末に行われた国内カップも制しており、シーズン2冠に輝いている。


関連ニュース
thumb

ドルトムントにザルツブルクの逸材FWアデイェミ獲得で合意報道!ハーランドの後釜確保か

ドルトムントがノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)の後釜として、レッドブル・ザルツブルクに所属するドイツ代表FWカリム・アデイェミ(20)と今夏の加入について合意したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ドルトムントでも早々に類稀な得点感覚を光らせ、さらなるステップアップが取り沙汰されるハーランド。今季こそ度重なる故障に悩まされるが、今夏の人気株に変わりなく、レアル・マドリーやマンチェスター・シティといったメガクラブから関心を集めており、今夏の流出は濃厚と見られている。 そういった中、センターフォワードの後釜探しに奔走しいたドルトムントが後釜として目を付けたのが、ザルツブルクの逸材FWアデイェミだ。 今回の報道によれば、ドルトムントはザルツブルクに対して移籍金3000万ユーロ(約41億6000万円)+600万ユーロ(約8億3300万円)のボーナスを支払うことで合意した模様。また、アデイェミとは年俸650万ユーロ(約9億円)の5年契約を結ぶ予定とのことだ。 バイエルンやウンターハヒンクなどの下部組織で育ったアデイェミは、2018年夏にザルツブルクに加入。リザーブチームにあたるリーフェリングへで修行を積んだ後、2019年12月にトップチームに昇格し、ここまで公式戦通算89試合で30ゴール20アシストをマーク。 今季は公式戦39試合で20ゴール5アシストを記録。クラブ史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ突破にも貢献していた。 2022.04.23 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ザルツブルクがシャフタールから快足FWフェルナンドを獲得!

レッドブル・ザルツブルクは21日、シャフタール・ドネツクからブラジル人FWフェルナンド(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は来シーズンから2027年6月30日までの5年となる。 今シーズンのシャフタールで公式戦14試合8ゴール2アシストの数字を残していたフェルナンドだが、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、今年2月末にウクライナを脱出。以降は母国ブラジルで個別トレーニングに励んでいた。 その後、シャフタール、ザルツブルク、選手本人の3者による話し合いの結果、ザルツブルクへの完全移籍が決定。現在はオーストリア入りし、チームと共にトレーニングを開始しているが、登録の問題で今シーズン中のプレーが許可されないため、公式戦出場は来シーズンからとなる。 難しい数週間を経て、ザルツブルクに新天地を求めた23歳のブラジル人FWは、クラブ公式サイトを通じて新たな意気込みを口にしている。 「レッドブル・ザルツブルクの一員になれたことを嬉しく思っているよ。このクラブは、チャンピオンズリーグで年々その実力を発揮しているビッグクラブだ」 「この数カ月は僕にとって決して楽なものではなかったけど、そのぶん、この地ですぐに活躍できることを楽しみにしているよ」 「スポーツ・ディレクターや監督と話をしていて、彼らが本当に僕を必要としてくれていると感じたんだ。その信頼は僕にとってとても大切なものであり、その信頼に応えたいと思っている。この若いチームの中で、すぐに自分の道を見つけ、来シーズンの成功に貢献できると確信しているよ」 母国の名門パウメイラスでプロキャリアをスタートしたフェルナンドは、2018年にシャフタールに完全移籍で加入。その後、スポルティング・リスボンへの武者修行も経験した中、ここまで公式戦69試合12ゴール6アシストを記録している。 爆発的なスピードを生かした背後への抜け出しや個での打開力にも優れるムービングFWは、ドイツ代表FWカリム・アデイェミ、スイス代表FWノア・オカフォーの主力2人に今夏のステップアップの可能性がある中、その穴埋めの補強となるはずだ。 2022.04.22 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、ザルツブルクCBオンゲネを獲得! 来季加入で5年契約

フランクフルトは25日、レッドブル・ザルツブルクからカメルーン代表DFジェローム・オンゲネ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 今シーズン限りでザルツブルクとの契約が満了するオンゲネは、7月1日付けでフランクフルトと2027年6月30日までの5年契約を結ぶ。 ソショーでプロキャリアをスタートしたオンゲネはシュツットガルトを経て2017年夏にザルツブルクへ完全移籍。ここまで公式戦111試合に出場するなど、屈強なフィジカルを売りとするセンターバックとして主力を担っている。 昨シーズン後半戦をセリエAのジェノアで過ごしたカメルーン代表DFは、今シーズンにレンタルバックで復帰を果たすと、マラリア感染によって数試合の欠場を余儀なくされた中、ここまで公式戦18試合2ゴールの数字を残している。 2022.03.25 23:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ、新鋭アデイェミが参加見送り…太もも負傷で合流前の試合欠場

ドイツサッカー連盟(DFB)は20日、ザルツブルクのFWカリム・アデイェミの同国代表不参加を発表した。 18日に代表メンバーを発表したドイツ。すでにカタール・ワールドカップ(W杯)出場を決めての今活動では2つの国際親善試合が組まれ、26日にイスラエル代表とホームで対戦した後、29日にオランダ代表とのアウェイ戦に臨む。 売り出し中のアデイェミにとっても、W杯イヤーの一発目となる今回の代表活動はアピールのチャンスだったが、太ももの筋肉を負傷して無念の辞退となってしまった。 今季のザルツブルクで公式戦19ゴールのアデイェミは16日に行われた国内カップ戦で19分間のみのプレーでピッチを後にすると、20日のリーグ戦も欠場していた。 なお、アデイェミを除く25名の招集メンバーは21日夜にフランクフルトで合流するという。 2022.03.21 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

CL最速ハットトリックのレヴァンドフスキ、チームの圧勝に喜び「CLは常に特別なもの」

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、チャンピオンズリーグ(CL)で最速ハットトリックの偉業を成し遂げた。 レヴァンドフスキは8日に行われたザルツブルクとのラウンド16・2ndレグで先発出場。12分にPKを決めて先制点挙げると、22分にもPKで追加点を記録。さらに、そのわずか1分後にもゴールを決め、大会最速となる23分でのハットトリックを記録した。 アウェイでの1stレグは1-1で引き分けていたバイエルンだったが、エースの大車輪の活躍でホームでは最終的に7得点の圧勝。合計スコア8-2でベスト8進出を決めた。 レヴァンドフスキは、チームが1stレグからの挽回を期すことができたとコメント。納得のパフォーマンスを披露できたようだ。 「最初の1分からアクセルを踏み、自分たちのクオリティを見せなければならないことは誰もが分かっていた。特に前半は、より速くプレーしペナルティエリアに侵入すれば、僕たちが非常に危険存在になることを示すことができた。今日はそれを証明できたね。CLは常に特別なものだ。この重要な時期に、僕たちはフォームを改善し続けなければならない」 また、守護神のGKマヌエル・ノイアーは「1stレグを1-1で終えていたから、この試合にどうしても勝ちたかった。今日はそれを見てもらえたと思う」と語り、FWトーマス・ミュラーも「1stレグではまったくなかった運が今日はあった」と喜ぶなど、それぞれ満足感を露わにしている。 2022.03.09 14:44 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly