最下位ながら首位レアルを苦しめたエスパニョール指揮官「スタジアムにファンがいれば負けなかった」

2020.06.29 13:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エスパニョールのフランシスコ・ルフェテ暫定監督が、指揮官としての初戦を終えてコメントした。スペイン『ムンド・デボルティボ』が伝えている。

今シーズン、ダビド・ガジェゴ、パブロ・マチンという2人の指揮官の下で最下位に低迷していたエスパニョールは、昨年12月にアベラルド・フェルナンデス監督を招へい。しかし、指揮を執ったラ・リーガ13試合の戦績は3勝5敗5分けと振るわず。クラブは成績不振を理由に、27日に7試合を残した中で同監督の解任を発表。スポーツ・ディレクター(SD)を務めていたルフェテ氏が今シーズン終了までの暫定監督に就任していた。

28日、監督交代翌日にホームでのレアル・マドリー戦でルフェテ体制初戦を迎えたエスパニョールは、最下位ながら首位相手に善戦。試合は1-0で敗れたものの、最後まで相手を苦しめていた。

試合後、インタビューに応えたルフェテ暫定監督は、チームのパフォーマンスに満足しているとコメントした。

「我々はこの試合では上手く立ち回れたと思う。ただボールを奪いに行く際、落ち着きが少し足りなかったかもしれない」

「チームは非常に組織的に動けていた。このような難しい状況下の中でも、前に進むしかないと思う」

「ファンのサポートが欲しかったし、スタジアムに彼らが居てくれれば試合に負けることはなかっただろう」

「我々は勝つために戦ったし、それが自分たちのプランだった」

「選手たちはピッチ上で全てを出し切ったし、チームとしての自分たちの強さを理解していた。彼らのことを誇りに思っている」

「もっと多くのことをできたとは思うが、我々が置かれた状況を考えれば、今日のパフォーマンスには満足だ」

現在リーグ最下位のエスパニョール。降格圏を抜け出すためには、残り試合で17位セルタと10ポイントの勝ち点差を埋める必要がある。
コメント
関連ニュース
thumb

敵地で苦戦もマドリーがリーグ5連勝で首位を堅守!2位バルサとの勝ち点差を広げる《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは28日、ラ・リーガ第28節でエスパニョールと対戦し、1-0で勝利した。 再開後4連勝と好調の2位レアル・マドリー(勝ち点68)が、最下位に沈むエスパニョール(勝ち点24)のホームに乗り込んだ一戦。 今節のセルタ戦で敗れた暫定首位のバルセロナ(勝ち点69)との勝ち点差を広げるチャンスが巡ってきたマドリー。その絶好機をモノにしたいジダン監督率いるチームは、ミッドウィークのマジョルカ戦から先発を4人変更。ベイルやモドリッチ、ヴィニシウス、F・メンディに代えてイスコやクロース、カゼミロ、マルセロを先発で起用した。 イスコ、ベンゼマ、アザールを3トップに並べたマドリーは10分、ボックス右手前で獲得したFKからクロースがゴール前にクロスを入れると、こぼれ球をボックス左のカゼミロがハーフボレーシュート。わずかに右に逸れたボールをゴール前のセルヒオ・ラモスが頭で合わせたが、ボールは枠の上に外れた。 時間の経過と共にボールの主導権を掌握するマドリーだが、自陣で堅固な守備ブロックを築くエスパニョールの守備を前にフィニッシュまで持ち込めない状況が続く。 それでも、マドリーは前半終了間際にスコアを動かす。45分、左CKのセカンドボールの流れから中盤でパスを受けたマルセロが前線へロングフィードを供給。これを ボックス右手前のセルヒオ・ラモスが頭で繋ぐと、ボックス右深くまで抜け出したベンゼマがヒールパスで折り返し、最後はゴール前に駆け上がったカゼミロがダイレクトでゴールに流し込んだ。 迎えた後半、マドリーは開始早々にゴールに迫る。51分、イスコの左クロスをゴールエリア右に駆け上がったベンゼマが右足ボレーで合わせたが、シュートはGKディエゴ・ロペスが正面でキャッチ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で一進一退の展開が続いたが、最後まで互いに決定機は生まれず。カゼミロ弾で逃げ切ったマドリーが、リーグ5連勝で首位をキープ。2位バルセロナとの勝ち点差を広げることに成功した。 2020.06.29 06:56 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位エスパニョール、アベラルド監督を解任…今季残りはルフェテが暫定指揮官に

エスパニョールは27日、アベラルド・フェルナンデス監督(50)の解任を発表した。 後任にはスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたフランシスコ・ルフェテ氏(43)が暫定指揮官として今シーズン終了までクラブを率いる。 今シーズン、ダビド・ガジェゴ、パブロ・マチンという2人の指揮官の下で最下位に低迷していたエスパニョールは、昨年12月にアベラルド監督を招へい。しかし、指揮を執ったラ・リーガ13試合の戦績は3勝5敗5分けと振るわず。そして、クラブは成績不振を理由に、7試合を残した中で同監督の更迭に踏み切った。 なお、暫定指揮官に就任したルフェテ氏は、現役時代にバルセロナやバレンシア、エスパニョールでプレーした元スペイン代表MF。現役引退後は古巣バレンシアのSDやUDイビサの監督を務めていた。 残留圏内と勝ち点8差のチームは28日、ルフェテ新体制の初陣となるラ・リーガ第32節で首位のレアル・マドリーと対戦する。 2020.06.28 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

中国代表FWウー・レイにプレミア移籍の可能性、中国資本のウォルバーハンプトンが狙う

エスパニョールの中国代表FWウー・レイ(28)が、ウォルバーハンプトンと交渉を行っているようだ。スペイン『マルカ』やスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ウー・レイは、2019年1月に移籍金200万ユーロ(約2億4000万円)で上海上港からエスパニョールに加入。今シーズンは前線の複数ポジションをこなしながら、ラ・リーガ22試合で3ゴール、ヨーロッパリーグ7試合で2ゴールを記録している。 アジア市場のマーケティング面で多大な貢献をしているウー・レイの現行契約は2020年12月31日まで。同選手は2部降格に関係なくエスパニョール残留を希望しており、再開が迫っているラ・リーガでは残留に向けて全力を尽くすことを考えている。また、エスパニョールとの交渉も継続しており、時間をかけて行っていくようだ。 その一方で、数カ月前から関心を示すウォルバーハンプトンが交渉を持ちかけており、ウー・レイ側は耳を傾けているという ウォルバーハンプトンは、中国の民営投資会社『復星集団』が保有しており、スペインで結果を残しているウー・レイを引き入れることで、中国市場、そしてアジア市場をより開拓することを狙っているとされている。 2020.06.11 10:25 Thu
twitterfacebook
thumb

カゼミロのバックアッパー獲得に動くレアル、エスパニョールのスペイン人MFに注目か

レアル・マドリーがエスパニョールに所属するスペイン人MFマルク・ロカ(23)をリストアップしているようだ。スペイン『fichajes』が伝えた。 中盤で唯一無二の存在感を放つブラジル代表MFカゼミロのバックアッパー獲得を目指しているマドリー。スタッド・レンヌのU-21フランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(17)への関心が取り沙汰されているが、低コストで獲得可能なロカもリストアップしているという。 昨夏にバイエルン移籍が噂されたロカだが、ビッグクラブからの関心が薄れており、マドリーにとって好都合な状況に。エスパニョールと良い関係を築いていることもプラスに働くと考えているとのことだ。 ロカは184cmの体格を生かしたボール奪取と左足から放たれる高水準のパスを得意とする守備的MF。今季はここまで公式戦33試合2ゴール3アシストを記録している。 2020.05.23 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

給与削減で合意のエスパニョール、最大年俸19%減に

エスパニョールは27日、トップチームの選手及びコーチングスタッフの給与削減に関する詳細が決まったことを発表した。 同クラブは先月からいち早く給与削減に動いていた。3月28日に選手らと給与カットに合意したことを発表していたが、今回の声明でその詳細が明らかになった。 2019-20シーズンがこのまま中止となった場合は、年収の19%がカットされる。一方で再開となった場合は、削減率は4%に留まるようだ。 また、再開延期で問題となっている選手との契約に関しても言及。2020年6月30日に契約が満了する選手は、実質的なシーズン終了まで契約は有効となる。 スペインではエスパニョールの他にも、バルセロナやレアル・マドリー、アトレティコなどビッグクラブを中心に給与カットの輪が広がっている。今月21日には、バレンシアも選手らと給与引き下げで合意したことを伝えていた。 2020.04.28 15:25 Tue
twitterfacebook