FAカップ準決勝に勝ち進むも…ランパードは選手たちにより多くを要求

2020.06.29 12:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランク・ランパード監督が選手たちにより多くを求めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

チェルシーは28日に敵地で行われたFAカップ準々決勝でレスター・シティと激突。ハーフタイム明けの3枚替えが実を結び、途中出場のイングランド代表MFロス・バークリーが決勝点を挙げ、1-0の勝利で飾り、準決勝進出を果たした。

マンチェスター・ユナイテッドが待つベスト4に勝ち上がったランパード監督だが、選手たちの戦いぶりに納得がいっていないようだ。

「今季の前半45分において、あんなにもひどいものはなかったと思う。もっと良いプレーをしても、負けたことだってある。無気力なパフォーマンスから目を覚まさせる必要があったし、それができた。0-0でハーフタイムに入れたのはラッキーだったよ。こういう試合から学ばないと」

ただ、「良くないプレーをして1-0でリードしているときは気概を示す必要があるから、あまり引きずらないようにしたい。批判のように見えるかもしれないが、それはポジティブだ。我々にとって、珍しいことだからね」とも述べ、決して良くない戦いぶりから勝ち切った点も評価した。
コメント
関連ニュース
thumb

衝撃の8-0!圧巻のゴールショーでランパードが決めた豪快ミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はチェルシーのフランク・ランパード監督が現役時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ランパードがバウンドに合わせた強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuNWlRNkw0QyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウェストハム下部組織出身のランパード氏は、2001年夏からチェルシーでプレー。チェルシー在籍13年間で公式戦648試合211ゴールを記録し、3度のプレミアリーグ、4度のFAカップ、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグなど数々のタイトル獲得に貢献した。 その中でも見事なゴールの1つに、2012年12月23日のプレミアリーグ第18節のアストン・ビラ戦でのゴールがある。 立ち上げりに先制したチェルシーは前半だけで3ゴールを決め、試合を決定づけた。後半もその手を緩めず、59分、味方のシュートのこぼれ球を敵陣右サイドで拾ったMFフアン・マタが、中央のランパードへとパス。パスが少し強かったものの、胸でトラップしたボールは、丁度いいバウンドに。2バウンドしたところを、ランパードが豪快に右足で蹴りこむと、ワンバウンドしてゴール左隅へと吸い込まれていった。 勢いの止まらないチェルシーはその後もゴールを重ね、終わってみれば8-0の圧勝で試合を終えている。 2020.07.04 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ウィリアンと契約延長交渉中! 指揮官が明かす

チェルシーのフランク・ランパード監督が、ブラジル代表MFウィリアンと交渉中であることを明かした。チェルシー公式が伝えている。 2013年にアンジ・マハチカラから加入し、チェルシー7年目を過ごすウィリアン。今シーズンはここまで公式戦41試合に出場し、10ゴール7アシストを記録。先日のウェストハム戦では、圧巻のFKとPKで2ゴールをマークした。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad">◆万能アタッカー、ウィリアン<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTd2JLZmxGRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そんなウィリアンとチェルシーの契約は現状今季限り。2年契約を提供したクラブに対し、ウィリアンは3年契約を要求しているため、未だ新契約締結には至っていない。 通常、30歳を越えた選手とは単年契約しか結ばないスタンスを取るチェルシーにとっては、このオファーは特別なこと。大きな信頼を寄せるランパード監督は、まだ交渉が続いていることを明らかにした。 「私は希望を持っている。クラブはまだ彼と話し合いをしているが、我々は彼に留まってほしいと思っている」 「ウィリアンの様な年齢の選手にとって大きな意味を持つ契約だ。私にも同じ経験がある」 「彼はチームに自分の価値を証明している。願わくば、我々の望みが叶えばと思う」 「どちらにせよ、彼はクラブにとって素晴らしい選手だ。契約できれば私はとても嬉しい。そうでなければ、私は多くの時間を使って彼の幸運を助けたい。この短期間でも、我々は彼の貢献を感じることが出来た」 2020.07.04 17:54 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEOが今夏のハフェルツ獲得に白旗「そんな余裕はない」

今夏の移籍市場を賑わせる逸材として注目されているレバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)だが、移籍先有力候補と見られていたバイエルンは白旗宣言を出した。 2017年に17歳でレバークーゼンのトップチームデビューを果たして以降、すでに公式戦143試合43ゴール30アシストの堂々たる成績で、ドイツを代表するアタッカーに成長を遂げたハフェルツ。2022年まで契約を残しているものの、その才能をビッグクラブが放っておくはずもなく、今夏の目玉となっている。 中でもバイエルンがその移籍先として最有力と見られていたが、最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏がこの度、ドイツ『ビルト』のインタビューで今夏の獲得には動かないことを宣言。資金に余裕がないことを明らかにした。 「我々は今、経済的困難に直面している。たとえ新しい選手が欲しくても、今年はその余裕がない」 バイエルンが獲得に動けないという知らせは、一方で同じくハフェルツを狙う競合クラブにとっては朗報となった。とりわけチェルシーは多額の移籍金を用意していると言われており、MFハキム・ジイェフ、FWティモ・ヴェルナーに続くビッグディール実現の可能性に注目が高まっている。 ハフェルツとチームメイトのブラジル人MFウェンデウは先日こんなことを語っていた。 「彼がプレミアリーグに行くならたくさんのことを学べると思う。あそこでプレーするのは彼にとって夢なんじゃないかな。もしイングランドに移籍することになっても、必ず成功できるはずだ」 同僚からも太鼓判を押されたハフェルツ。果たしてその去就はどうなるのだろうか。 2020.07.04 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

コバチッチがアキレス腱負傷で数試合離脱へ

チェルシーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチが負傷したようだ。フランク・ランパード監督が会見で伝えている。 コバチッチは今月1日に行われたプレミアリーグ第32節のウェストハム戦で先発出場。53分に交代していた。 ランパード監督によると、この時アキレス腱を痛めていたようで、今後2試合を欠場する可能性があるとのこと。チームは4日に第33節のワトフォード戦、7日に第34節のクリスタル・パレス戦が控えている。 ランパード監督はまた、次戦ワトフォード戦についても言及。相手は降格圏ギリギリの17位に位置する相手だが、3-2で敗れたウェストハム戦の例も含めて油断出来ない相手だと話した。 「彼らは危険なチームだ。ナイジェル・ピアソン監督とともに、現状を打開しようと意欲的に取り組んでいる。彼は本当に厳しい時にやってきたが、チームにはスピリットがある。最近の結果だけに気を払うべきではない」 「我々は数日前に同じような状況のチーム相手にてこずってしまった。危険性をはらんでいることを十分に理解しておく必要がある」 2020.07.04 14:23 Sat
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンSD、ハフェルツの残留望むも…「オファー次第で移籍できる」

レバークーゼンのスポーツディレクター(SD)を務めるルディ・フェラーがドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)との今夏移籍協定を明らかにした。 2017年に17歳でトップチームデビューを果たして以降、すでに公式戦143試合43得点30アシストの堂々たる成績を誇り、ドイツを代表するアタッカーに成長を遂げたハフェルツ。レバークーゼンとの契約が2022年まで残っているが、レアル・マドリーやバイエルン、チェルシーといったメガクラブから人気を博しており、今夏の去就に大きな注目を集めている。 そうしたなか、ハフェルツの移籍金として1億ユーロ(約120億8000万円)を求めているといわれるレバークーゼンのフェラーSDがドイツ『ビルト』のインタビューで、一定の条件が満たすオファーが届けば、今夏の移籍を認める協定の存在を公言した。 「我々には合意がある。もし(レバークーゼンの意向に)沿うものであれば、彼はこの夏に移籍できる。とはいえ、今は我々の選手だ。我々にもアイデアがあり、彼に何ができるのかもわかっている。個人的にもう1年残ってほしい想いだ。もちろん、誰にも強制しない。ハフェルツもチームメイトやファン、クラブに対して何をすべきかを心得ていると思う」 2020.07.04 13:20 Sat
twitterfacebook