Jリーグ入りも噂された元ドイツ代表FWマリオ・ゴメスが現役引退、1部昇格を置き土産に

2020.06.29 08:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF遠藤航のチームメイトである、シュツットガルトの元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス(34)が現役引退を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。28日、ブンデスリーガ2部は2019-20シーズンの最終節を行なった。シュツットガルトは1部への自動昇格圏の2位に位置し、ダルムシュタットと対戦。ゴメスがゴールを記録するも1-3で敗戦。しかし、3位のハイデンハイムも敗れ、1年での1部復帰を果たした。

試合後、この試合でゴールを記録していたゴメスが82分にピッチを後にすると、ベンチにいたスタッフらがゴメスのユニフォームを着用し出迎え。試合後には胴上げが行われ、レジェンドの引退を見送った。

ゴメスは、シュツットガルトの下部組織出身で、2005年7月にファーストチームに昇格。2009年7月にバイエルンへ移籍すると、フィオレンティーナ、ベシクタシュ、ヴォルフスブルクと渡り歩き、2018年1月にシュツットガルトへ復帰していた。

今シーズンはブンデスリーガ2部で23試合に出場し7ゴール1アシスト。シュツットガルトの通算では230試合で110ゴール30アシストを記録していた。なお、ブンデスリーガでは通算328試合出場170ゴール45アシストを記録している。

クラブキャリアでのタイトルはブンデスリーガをシュツットガルトで1度、バイエルンで2度優勝。バイエルン時代にはチャンピオンズリーグ(2012-13)、DFBポカールを2度制している。なお、2007年にはドイツの年間最優秀選手にも輝いていた。

また、ドイツ代表としても78試合に出場し31ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2018年のロシア・ワールドカップに出場も、2014年のブラジル・ワールドカップには選ばれず優勝メンバーではなかった。

今シーズン限りで契約が切れることから、移籍先の候補にはアメリカのメジャーリーグ・サッカーやJリーグのヴィッセル神戸なども挙がっていたが、現役引退の道を選んだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ドイツ2年目の日本代表MF遠藤航が感じた1部と2部の差、今季の目標は「1部残留だけど、いつかはELやCLに」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航がブンデスリーガについて語った。 2018年7月に浦和レッズからシント=トロイデンへ完全移籍した遠藤。2019年7月にはレンタル移籍でブンデスリーガ2部のシュツットガルトに加入。リーグ戦21試合に出場し1ゴール1アシストを記録し、チームの1部昇格に貢献していた。 今シーズンは自身初となるドイツ1部でのプレーとなる遠藤。開幕戦となったフライブルク戦、DFBポカール1回戦のハンザ・ロストック戦にフル出場していた。 ドイツ『ビルト』のインタビューに応えた遠藤は、2部と1部の違いについて「全てが2部とは異なり、全てがより高いレベルにあります。技術も高いですし、戦術的にはより求められることが厳しく、スピードもあります」とコメントした。 昇格組として臨む2020-21シーズンだが、遠藤はクラブの目標について「僕たちにとって、今シーズンは1部に残留することが何よりも重要です」とコメント。それでも、「でも、ヨーロッパリーグ、またはチャンピオンズリーグで、シュツットガルトのみんなとプレーしたいと思っています」と意気込みを見せた。 遠藤はもともとチェルシーのファンであり、「プレミアリーグは僕の夢です」とコメント。家族とのエピソードも明かし父親に意外な声をかけられたと語った。「父が僕に電話をしてきて言いました。『プレミアリーグでプレーしたらスタジアムに行くよ』と」 2年目となるシュツットガルトでの生活だが、遠藤と家族は馴染んでいるとのこと。7歳の長男はサッカーをしていたものの今は一度休んでいるとのこと。「彼は自分でピッチに立つより、フォートナイトなどのゲームをする方が好きみたいです」と明かした。 また、シュツットガルトの印象は「ドイツ人は日本人に少しにています。待ち合わせが午後1時の場合、全員が15分前にそこにいます。時間厳守と規律は、どちらの国でも重要です」と語り、日本と似ていることで生活しやすいと語った。 なお、このインタビューは全て英語で行われたとのこと。ドイツ語を使ったのは「シュニッツェル(ドイツなどで食べられる「仔牛のカツレツ」)」だけだったようだ。 2020.09.24 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、追い上げ虚しく黒星スタート《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは19日、ブンデスリーガ開幕節でフライブルクをホームに迎え、2-3で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 昨季、シュツットガルトの1部復帰に貢献した遠藤は先週行われた新シーズン初戦のDFBポカール、ハンザ・ロストック戦ではフル出場し、勝利に貢献した。その遠藤は引き続き[3-5-2]のボランチでスタメンとなり、ブンデス1部デビューを飾った。 試合は8分、スローインの流れから右クロスをペテルゼンにヘディングで合わせられ、シュツットガルトは先制されてしまう。 失点を受けて前がかるシュツットガルトは15分に同点のチャンス。ワマンギトゥカがスルーパスに反応してボックス左に侵入しシュート。しかし、GKにセーブされ、ゴールに向かって行ったボールはゴールライン前に戻ったDFの好クリアに阻まれた。 すると26分、右サイドからのFKをニアサイドのペテルゼンにヒールで合わせられると、シュートはGKがセーブするも、ルーズボールをR・サライに押し込まれた。 2点を追う展開となったシュツットガルトはハーフタイムにかけてはチャンスを作れず、前半を2点ビハインドで終えた。 迎えた後半、開始2分にシュツットガルトはマッシモに決定機が訪れるも、これを相手GKの好守に阻止されると、1分後に致命的な3失点目をグリフォに許してしまう。 苦しいシュツットガルトは72分にカラジッチが反撃の狼煙を上げるゴールを挙げ、続く82分には遠藤の縦パスが流れたところをワマンギトゥカが押し込み、1点差に詰め寄ったが、反撃はここまで。黒星スタートとなっている。 2020.09.20 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルトが3部相手にシャットアウト勝利で2回戦進出《DFBポカール》

シュツットガルトは13日、DFBポカール1回戦でハンザ・ロストックとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 新シーズン、1部復帰を果たしたシュツットガルトの公式戦初戦。3部のハンザ・ロストックに対し、遠藤は[3-4-2-1]のボランチで先発となった。 徐々に押し込む展開としたシュツットガルトは19分に決定機。しかし、右クロスに飛び込んだカストロのゴール至近距離からのシュートはGKの好守に阻まれた。さらに23分、マンガラのミドルシュートが枠の右隅を捉えたが、ここもGKの好守に阻まれる。 それでも42分、シュツットガルトが押し切った。ディダビのミドルシュートが右ポストに直撃すると、ルーズボールをワマンギトゥカが押し込んだ。 1点をリードして迎えた後半、52分にカラジッチのシュートでGKを強襲したシュツットガルトが主導権を握る中、67分にも決定機。しかし、カラジッチのラストパスをボックス内で受けたチュルリノフのシュートはGKのセーブに阻まれてしまう。 それでも、終盤にかけても危なげない試合運びを見せたシュツットガルトが1-0で逃げ切り。2回戦へ進出している。 2020.09.14 00:26 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎所属のウエスカ、シュツットガルトから元U-21スペイン代表DFマフェオを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

岡崎慎司が所属するウエスカは8日、シュツットガルトから元U-21スペイン代表DFパブロ・マフェオ(23)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 マフェオはエスパニョール、そしてマンチェスター・シティの下部組織出身。2016年1月にジローナへレンタル移籍すると、2016年7月にシティのファーストチームへ昇格した。 2017年1月に再びジローナへレンタル移籍すると、2018年7月にシュツットガルトへ完全移籍。2019-20シーズンは再びジローナへレンタル移籍していた。 2019-20シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で32試合に出場し2アシスト。右サイドバックを主戦場に、センターバックや左サイドバック、右サイドハーフでもプレーした。 これまでラ・リーガでは33試合に出場経験があるマフェオは、世代別のスペイン代表も経験。U-21スペイン代表でも4試合プレーしていた。 新シーズンからラ・リーガに昇格するウエスカは、アルゼンチンのインデペンディエンテからウルグアイ代表DFガストン・シルバ(26)を完全移籍で獲得した他、ドルトムントのU-21スペイン代表MFセルヒオ・ゴメス(19)やビジャレアルのスペイン人GKアンドレス・フェルナンデス(33)をレンタル移籍で獲得している。 2020.09.09 09:20 Wed
twitterfacebook
thumb

南野後半出場のリバプールが遠藤先発のシュツットガルトに3ゴール快勝《プレシーズンマッチ》

リバプールが22日、親善試合としてシュツットガルトと対戦した。 リバプールはサラー、フィルミノ、マネの3トップやファン・ダイク、アリソンが先発に入り、南野拓実がベンチスタート。シュツットガルトの遠藤航はスタートから出場した。 プレシーズン先のオーストリアで行われた試合は15分にフィルミノのゴールでリバプールが先制すると、続く40分にナビ・ケイタが追加点。リバプールが前半のうちに2点リードに成功する。 そのリバプールは後半からガラリとメンバーを変更して、オリンピアコスから加入したツィミカスとともに南野もピッチに登場。すると、67分にリアン・ブリュースターが3点目を挙げた。 結局、リバプールは69分に遠藤がベンチに下がり、新シーズンからブンデスリーガ1部に復帰するシュツットガルトに3-0の快勝を収めている。 2020.08.23 08:15 Sun
twitterfacebook