FAカップ4強のカードが決定! 前回王者シティがアーセナルと、チェルシーがユナイテッドと激突!!

2020.06.29 04:37 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FAカップ準決勝の対戦カードが決定した。

プレミアリーグの上位を争うレスター・シティを退けたチェルシーは、延長戦の末にノリッジを下したマンチェスター・ユナイテッドと激突。

また、武藤嘉紀の所属するニューカッスルを下した前回覇者のマンチェスター・シティは、ダニ・セバージョスの劇的弾でシェフィールド・ユナイテッドを退けたアーセナルと対戦する。

準決勝は7月18日、19日に開催予定。準決勝の組み合わせは以下のとおり。

◆FAカップ 対戦カード
マンチェスターユナイテッド vs チェルシー
アーセナル vs マンチェスター・シティ
コメント
関連ニュース
thumb

FAカップ準決勝に勝ち進むも…ランパードは選手たちにより多くを要求

チェルシーのフランク・ランパード監督が選手たちにより多くを求めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 チェルシーは28日に敵地で行われたFAカップ準々決勝でレスター・シティと激突。ハーフタイム明けの3枚替えが実を結び、途中出場のイングランド代表MFロス・バークリーが決勝点を挙げ、1-0の勝利で飾り、準決勝進出を果たした。 マンチェスター・ユナイテッドが待つベスト4に勝ち上がったランパード監督だが、選手たちの戦いぶりに納得がいっていないようだ。 「今季の前半45分において、あんなにもひどいものはなかったと思う。もっと良いプレーをしても、負けたことだってある。無気力なパフォーマンスから目を覚まさせる必要があったし、それができた。0-0でハーフタイムに入れたのはラッキーだったよ。こういう試合から学ばないと」 ただ、「良くないプレーをして1-0でリードしているときは気概を示す必要があるから、あまり引きずらないようにしたい。批判のように見えるかもしれないが、それはポジティブだ。我々にとって、珍しいことだからね」とも述べ、決して良くない戦いぶりから勝ち切った点も評価した。 2020.06.29 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ4強入りのペップ、CLとのダブル制覇に睨みを効かせる! 「今日、その第一歩を踏み出した」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がタイトルの可能性を秘めた今季の残るコンペティションでの優勝に意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは28日に敵地で行われた準々決勝でニューカッスルと対戦。37分に獲得したPKのチャンスからベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが先制点を挙げると、68分にイングランド代表FWラヒーム・スターリングもバイタルエリア左からミドルシュートを突き刺して、2-0の勝利で飾り、ベスト4に勝ち上がった。 カラバオカップこそ制したが、プレミアリーグのタイトルをリバプールに持って行かれてしまったグアルディオラ監督。FAカップ準決勝進出を決めたニューカッスル戦後、8月に予定するチャンピオンズリーグ(CL)も含めた残るカップ戦でのタイトル獲得を目指した。 「いつだってハングリーだ。ここ数シーズンにおけるタイトル数がそれを物語っている。(25日に行われたプレミアリーグ第31節で)チェルシーに負けた後、準決勝を戦うためにロンドンに舞い戻れて嬉しいよ」 「我々は勝つために戦う。この前にプレミアリーグを戦った後、我々は(来季の)CL出場権を獲得するためにあと2勝が必要だという話もした。しかし、優勝できる大会が2つもある。今日、その第一歩を踏み出した」 「ベストコンディションで(CL決勝トーナメント1回戦2ndレグの)レアル・マドリー戦に挑めるのは素晴らしい。このタイトルを獲得できれば、レアル・マドリー戦に向けた最高の準備になる」 2020.06.29 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

前回王者シティがデ・ブライネ&スターリング弾で武藤欠場のニューカッスルを撃破!《FAカップ》

マンチェスター・シティは28日、FAカップ準々決勝でニューカッスルとアウェイで対戦し、2-0で勝利した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀はベンチ入りも出場せず。 3月に行われた5回戦でシェフィールド・ウェンズデイ(2部)を1-0で下したシティは、ミッドウィークに行われたチェルシー戦からスタメンを4人変更。ベルナルド・シウバやロドリ、フェルナンジーニョ、GKエデルソンに代えてガブリエウ・ジェズスやシルバ、オタメンディ、GKブラーボをスタメンで起用した。 武藤がベンチスタートなったニューカッスルに対し、マフレズ、ガブリエウ・ジェズス、スターリングの3トップで臨んだシティがポゼッションする流れとなると、17分に最初の決定機。左クロスの流れた球を逆サイドで拾ったウォーカーが高速クロスを供給。これをゴール前のシルバが合わせたが、ボールはゴール左に外れた。 その後もハーフコートゲームを展開するシティは36分、ウォーカーの右クロスをボックス内で競り合おうとしたガブリエウ・ジェズスがシェアに押し倒されPKを獲得。これをキッカーのデ・ブライネが冷静にゴール左下に決め、シティが先制に成功した。 先手を取ったシティは前半アディショナルタイムにも、シルバの左CKからラポルトがヘディングシュートでゴールを狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 後半も主導権を握るシティは、64分にマフレズとシルバを下げてベルナルド・シウバとフォーデンを投入。対するニューカッスルは、65分にキャロルとアルミロンを下げてゲイルとジョエリントンを投入した。 すると直後のプレーでシティが追加点を奪う。68分、フォーデンのパスを左サイドで受けたスターリングがペナルティアーク左手前付近まで切り込み右足を振り抜く。ややDFがブラインドとなったシュートはそのままゴール右に突き刺さった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。そんな中、シティは76分に中盤でパスカットしたスターリングがカウンター。ボックス手前まで持ち上がりラストパスを送ると、ボックス右で受けたフォーデンが左足で狙ったが、シュートは枠の左に外れた。 結局、試合はそのまま2-0で終了。デ・ブライネとスターリングのゴールで勝利した前回王者のシティが、2年連続の4強入りを果たした。 2020.06.29 04:32 Mon
twitterfacebook
thumb

バークリー弾でレスターを下したチェルシーが2年ぶりのベスト4進出!《FAカップ》

FAカップ準々決勝のレスター・シティvsチェルシーが28日に行われ、0-1でチェルシーが勝利した。 3月に行われた5回戦でバーミンガム(2部)に勝利したレスターは、直近のブライトン戦から先発メンバーを4人変更。中盤で起用されたのグレイ、マディソン、メンディ、イヘアナチョに代えてティーレマンス、バーンズ、アジョセ・ペレス、プラートが先発に名を連ねた。 一方、リバプールに勝利して準々決勝進出を決めたチェルシーは、直近のマンチェスター・シティ戦から先発メンバーを6人変更。GKケパやアスピリクエタ、バークリー、ジルーらに代えてGKカバジェロやエメルソン、ズマ、エイブラハムらが先発で起用された。 立ち上がりはレスターが高い位置から積極的にプレスを仕掛けてチェルシーのビルドアップを封じ、早めに仕掛けていく。14分にはバイタルエリア左で獲得したFKからチルウェルのクロスをエンディディが頭で合わせたが、このシュートはGKカバジェロが正面でキャッチ。 レスターは20分にも、中盤でのパスカットからエンディディがカウンターを仕掛けると、ボックス手前まで持ち上がりミドルシュートでゴールを脅かすが、これもGKカバジェロの好セーブに防がれた。 なかなか決定機を作れないチェルシーだったが、30分に最初のチャンスを迎える。マウントのパスをボックス左からカットインしたプリシッチが受けると、フリーでシュート。しかし、シュートはGKシュマイケルが好反応で弾き出した。 ゴールレスで迎えた後半、チェルシーはマウント、ギルモア、R・ジェームズを下げてコバチッチ、バークリー、アスピリクエタを投入する3枚替えを敢行した。すると55分、コバチッチのパスで相手DFの裏に抜け出したエイブラハムがボックス中央左からゴール右隅にシュートを突き刺した。 このゴールでチェルシーの先制かと思われたが、抜け出したエイブラハムのポジションでオフサイドを取られ、このゴールは取り消された。 それでもチェルシーは63分、ウィリアンの右クロスをニアサイドに走り込んだバークリーが体を倒しながらボレーシュートをゴール左隅に流し込み、先制に成功した。 終盤に差し掛かり猛攻を仕掛けるレスターは、85分にオルブライトンの右クロスをファーサイドのソユンクが頭に当てたが、このボールは枠の上に外れてしまう。さらに91分には、ボックス左手前で受けたチルウェルの横パスを中央に走り来んだエンディディが右足で合わせたが、これも枠の右に逸れた。 結局、試合はそのまま0-1で終了。途中起用に応えたバークリーのゴールで逃げ切ったチェルシーが、2大会ぶりのベスト4に駒を進めた。 2020.06.29 02:00 Mon
twitterfacebook
thumb

セバージョスの土壇場AT弾で競り勝ったアーセナルが準決勝進出!《FAカップ》

FAカップ準々決勝、シェフィールド・ユナイテッドvsアーセナルが28日に行われ、1-2で勝利したアーセナルが準決勝進出を決めた。 プレミアリーグで8位に位置するブレイズと、9位に位置するアーセナルによる聖地ウェンブリー行きを懸けたFAカップ準々決勝。 リーグ再開後2敗1分けと苦戦が続くブレイズに対して、前節のサウサンプトン戦で待望の再開後初白星を手にしたアーセナルは、その試合から先発5人を変更。サスペンション明けのダビド・ルイスが復帰したほか、コラシナツが[3-4-3]の3バックの左に入り、エンケティアに代わってラカゼットが最前線で起用され、エースのオーバメヤンはベンチとなった。 アーセナルが押し込む入りが予想されたが、ホームのブレイズが立ち上がりから攻勢を見せる。8分にはノーウッドの右CKをファーでマクバーニーが折り返したボールをルンドストレームが頭で押し込む。だが、VAR介入の結果、ルンドストレームのオフサイドと判定された。 いきなりゴールを脅かされたアーセナルだが、時間の経過と共にボールの主導権を掌握。だが、自陣で堅固な守備ブロックを築くブレイズの守備を前にフィニッシュまで持ち込めない状況が続く。 それでも、25分にはボックスぎりぎりの位置でティアニーから足元にボールを受けたラカゼットがDFバシャムのアフターチャージを受けてPKを獲得。これをキッカーのペペが冷静に決め、この試合最初のシュートを先制点に結び付けた。 畳みかけるアーセナルは29分にもラカゼットへのロングフィードから落としを受けたペペが決定的なシュートを放つが、ここはGKヘンダーソンの好守に遭う。 その後は鎖骨か肩のケガでルンドストレームが負傷交代するアクシデントがあったものの、試合の流れ自体はアーセナルペース。ティアニーとペペのレフティーコンビを中心に再三2点目に迫るなど、良い形で前半を終えた。 迎えた後半はホームのブレイズがボールを持つ展開の中で今度はアーセナルにアクシデント。スプリントした際に筋肉系のトラブルか、D・ルイスがプレー続行不可能となり、54分にホールディングがスクランブル投入となった。 後半に入って守勢が続くアーセナルは58分に再び相手のセットプレーからイーガンにゴールネットを揺らされるが、VARによる介入の結果、再びオフサイド判定に。直後の60分にも攻め上がったバシャムに決定機を許すが、ヘディングシュートは枠の右に外れる。 失点こそ免れているものの、後半に入ってうまくいかないアーセナルはラカゼット、ウィロックに代えてエンケティア、ダニ・セバージョスを同時投入。選手交代で流れを引き寄せにかかるが、この交代策も機能せず。 すると87分、ブレイズの左サイドからのロングスローの場面でDFホールディングが被り、ゴール前のコラシナツが窮屈な体勢でクリアしたボールが味方のムスタフィに当たってゴール前にこぼれると、これをマクゴールドリックにボレーで蹴り込まれた。 最後の最後で我慢できなかったアーセナルは、完全に勢いづいたホームチームに押し切られそうになるが、シャープの決定機をGKマルティネスが好守で凌ぐ。すると、延長突入濃厚と思われた後半アディショナルタイムに劇的ゴールが生まれる。 91分、ブカヨ・サカを起点に仕掛けたロングカウンターからエンケティアの斜めのパスがボックス右のペペに渡る。ここでペペは相手の対応に遭うが、こぼれ球を回収したセバージョスがダイレクトシュートを匂わせてブロックに入ったDFをドリブルで交わすと、ゴール右角度のないところから見事なシュートを逆のサイドネットへ流し込んだ。 そして、今度こそリードを守り切ったアーセナルがブレイズ相手に大苦戦を強いられながらも、公式戦2連勝でベスト4進出を決めた。 2020.06.28 23:12 Sun
twitterfacebook