吉田途中出場で日本人対決実現!冨安ボローニャに軍配!《セリエA》

2020.06.29 04:33 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第28節、サンプドリアvsボローニャが28日に行われ、1-2でボローニャが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也は74分から出場し、ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。

再開後のインテル戦、ローマ戦と連敗し、降格圏の18位レッチェと1ポイント差の16位サンプドリア(勝ち点26)は、吉田が4試合ぶりにベンチスタートとなった。

一方、再開初戦となったユベントス戦に敗れた11位ボローニャ(勝ち点34)は、ユベントス戦でもC・ロナウド相手に好プレーを見せた冨安が引き続き右サイドバックで先発となった。

立ち上がりはボローニャがボールを持つ展開となったが、徐々にホームチームのサンプドリアが盛り返したことで、一進一退の攻防が続いていく。

膠着状態が続く中、34分にサンプドリアに決定機。しかし、浮き球パスに抜け出したラ・グミナのボレーシュートはGKスコルプスキの好守に阻まれた。結局、前半のチャンスはこの1シーンのみと堅い試合展開のままゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半、サンプドリアが引き続き押し込む展開となった中、64分にはヴィエイラのミドルシュートでゴールに迫った。

しかし、劣勢が続いていたボローニャが70分にPKを獲得する。カウンターに転じた流れからボックス右に侵入したオルソリーニがムッルに倒された。このPKをバロウが決めたボローニャが先制した。

失点後、トネッリの負傷を受けて吉田が投入されたサンプドリアだったが、直後の75分にボローニャが加点する。バロウがドリブルでボックス左に侵入してクロスを上げ、オルソリーニが頭で押し込んだ。

終盤の88分、サンプドリアが反撃の狼煙をあげる1点をボナッツォーリが挙げるも、ボローニャが逃げ切り。中断を挟んで5試合ぶりの勝利を飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

モーゼスが筋肉系の問題で離脱…次節ボローニャ戦は欠場か

インテルは3日、ナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼスの負傷を発表した。 モーゼスは1日に行われたセリエA第29節のブレシア戦(6-0で勝利)に先発出場すると、69分までプレーしていたが、同試合後に負傷が発覚した。 インテルによると、3日の午前中にロッツァーノのヒューマニタス病院で精密検査を実施した結果、左大腿部の屈筋に筋肉疲労が確認されたという。 なお、現時点で離脱期間は明かされていないが、『フットボールイタリア』は5日に行われるセリエA第30節のボローニャ戦は欠場すると伝えている。 1月にチェルシーからインテルにレンタルで加入したモーゼスは、右サイドのバックアッパーとしてセリエAで7試合、ヨーロッパリーグで2試合、コッパ・イタリアで3試合に出場している。 2020.07.04 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

冨安フル出場のボローニャ、カリアリとの中位対決はドロー《セリエA》

ボローニャは1日、セリエA第29節でカリアリをホームに迎え、1-1で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節、吉田との日本人対決を制し5試合ぶりの勝利を飾った冨安の11位ボローニャ(勝ち点37)は、ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランを5ポイント差で追う中、冨安が引き続き右サイドバックで先発となった。 10位カリアリ(勝ち点38)に対し、時間の経過とともに押し込む展開としたボローニャは、29分に最初の決定機。バロウのスルーパスでボックス左へ抜け出したパラシオが枠内シュートを放ったが、GKにセーブされた。 さらに35分、ロベルト・ソリアーノのミドルシュートでゴールに迫ったボローニャは39分にもチャンス。だが、ボックス右に侵入したメデルのクロスにパラシオが合わせたシュートはわずかに枠の上に外れた。 それでもボローニャが前半のうちに先制する。バロウが自身の出したスルーパスのルーズボールを拾ってボックス左へ。左足でニアサイドを打ち抜いた。 しかし迎えた後半開始1分に同点とされる。ナインゴランのシュートに反応したゴール前のシメオネにネットを揺らされた。 同点後は一進一退の攻防が続いた中、徐々に前半同様にボローニャが押し込む時間帯を増やしていくと、オルソリーニやバロウが勝ち越しゴールに迫っていく。 しかし、終盤にかけてはチャンスを生み出せず1-1でタイムアップ。中位同士の対決は勝ち点1を分け合う結果となった。 2020.07.02 04:44 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、パラシオらベテラン3選手と2021年まで契約延長!

ボローニャは26日、ベテラン3選手と2021年6月まで契約を延長したことを発表した。 合意したのは元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(38)、ブラジル人DFダニーロ(36)、ブラジル人GKダ・コスタ(36)の3選手。 2017年夏にインテルから加入したパラシオはこれまでボローニャで公式戦86試合に出場して14ゴール11アシストを記録。今季はセリエAで26試合に出場して6ゴール3アシストを記録している。 2018年夏にウディネーゼから加入したダニーロはこれまでボローニャで公式戦57試合に出場して2ゴールを記録。今季はセリエAで20試合に出場し1ゴールを記録している。 そして2015年1月にサンプドリアから加入したダ・コスタはこれまでボローニャで公式戦45試合に出場。今季はセリエAで1試合に出場していた。 2020.06.27 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第28節プレビュー】吉田サンプと冨安ボローニャの日本人対決!

月曜から水曜にかけて行われた再開初戦となった前節、首位ユベントスがDF冨安所属のボローニャに勝利し、首位をキープした。そして2位ラツィオはアタランタとの上位対決を戦い、2-3で痛恨の逆転負けを喫してユベントスとのポイント差が4に広がった。また、3位インテルもサッスオーロに引き分け、取りこぼしてしまった。迎える第28節は、冨安ボローニャ(11位で勝ち点34)とDF吉田の所属するサンプドリア(16位で勝ち点26)の日本人対決が行われる。 再開初戦となったユベントス戦ではFWロナウドと初めてマッチアップした冨安。前半こそ一対一で翻弄される場面があったものの、後半は仕事をさせず現地からも高い評価を得た。チームは0-2で敗れたが、冨安としては大きな自信を得られた一戦となったはずだ。今節は日本代表の先輩である吉田の所属するサンプドリアとの試合となるが、セリエAで成長した姿を見せつけることができるか。 一方、再開後のインテル戦、ローマ戦と強豪との連戦をスタメンでプレーした吉田。インテル戦では強力2トップの前に幾つもの決定機を許し、現地の評価は二分した。そしてローマ戦ではFWジェコとの格の違いを見せつけられ、見事なボレーシュートを2本決められた。いずれもスコアは1-2と僅差での敗戦だが、ピンチの多さを考慮すれば敗戦は妥当な結果だった。守備が機能しているとは言えない中、残留争いをしているチームを吉田は統率することができるか。 コッパ・イタリア優勝を逃したもののリーグ再開初戦となったボローニャ戦では、C・ロナウドが復調を感じさせるパフォーマンスを発揮し、白星リスタートを切った首位ユベントス(勝ち点66)。ラツィオが敗れたこともあり9連覇に一歩近づいた中、金曜に18位レッチェ(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。ボローニャ戦では勝利したが、負傷のDFアレックス・サンドロに代わって先発したDFデ・シリオが負傷し、さらに代わって入ったDFダニーロが退場と、一気にサイドバックの枚数に問題を抱えることになった。おそらくレッチェ戦ではMFマテュイディが左サイドバックで起用されるものと思われるが、奮闘に期待したい。 アタランタ相手に2点を先行しながらもセリエA最強の攻撃力を誇るアタランタの前に痛恨の逆転負けを喫したラツィオ(勝ち点62)は、13位フィオレンティーナ(勝ち点31)とのホーム戦に臨む。これ以上離されないためにも必勝が求められるが、MFリベリが復帰したヴィオラを下せるか。 打ち合いに持ち込まれサッスオーロに引き分けに持ち込まれた3位インテル(勝ち点58)は、7位パルマ(勝ち点39)とのアウェイ戦に臨む。サッスオーロ戦ではFWラウタロ・マルティネスら一部主力をスタメンから外したが、勝ち切ることはできなかった。さらにDFシュクリニアルが退場し、3試合の出場停止処分を食らってしまった。悪い流れを止めるためにもパルマ戦はラツィオ同様必勝が求められる。 ラツィオ相手に自慢の攻撃力で2点差をまくって見せた4位アタランタ(勝ち点54)は、15位ウディネーゼ(勝ち点28)とのアウェイ戦に臨む。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位の座をがっちりと守った中、連勝としたい。 そしてそのアタランタを追う8位ミラン(勝ち点39)と5位ローマ(勝ち点48)による好カードも組まれている。ミランは再開初戦となったレッチェ戦を攻撃陣揃い踏みの4発快勝リスタートを切り、対するローマもサンプドリアに逆転勝利し、同じく白星リスタートとした。CL出場に望みをつなげるためにも互いに勝ち点3を求めるオープンな試合が期待できそうだ。 ◆セリエA第28節 ▽6/26(金) 《28:45》 ユベントスvsレッチェ ▽6/27(土) 《24:15》 ブレシアvsジェノア 《26:30》 カリアリvsトリノ 《28:45》 ラツィオvsフィオレンティーナ ▽6/28(日) 《24:15》 ミランvsローマ 《26:30》 サンプドリアvsボローニャ サッスオーロvsヴェローナ ウディネーゼvsアタランタ ナポリvsSPAL 《28:45》 パルマvsインテル 2020.06.26 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスに完敗のボローニャ、ミハイロビッチ監督が試合を振り返る「恐れるのは好きではない」

ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、再開初戦となったユベントス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け中断していたセリエA。一時は世界で最も感染者と死者数が多くなったイタリアだが、ロックダウン(都市封鎖)などの規制を遵守したことで徐々に感染が小康状態に。そして、ブンデスリーガ、ラ・リーガ、プレミアリーグに続いてヨーロッパ5大リーグの1つとしてリーグ再開にこぎ着けた。 冨安は[4-2-3-1]の右サイドバックで先発出場。一方のユベントスは、コッパ・イタリアの2試合で低調な試合に終わり、タイトルを逃して望んだ。 試合は21分にユベントスがクリスティアーノ・ロナウドのPKで先制。36分にはパウロ・ディバラのゴールで追加点を奪った。ボローニャはその後反撃に出るものの、最後までゴールを割ることができず、0-2で敗れた。 ミハイロビッチ監督は試合を振り返り、恐れずにプレーすることを求めたいと語った。 「試合はバランスが取れていた。我々は彼らが最近の試合の結果に怒りを覚えてここにくることをわかっていたので、よく準備をした」 「彼らがプレッシャーを和らげ、我々が攻めに出たが、そこで厳しさがあり、バランスが崩れた。最後には、試合を上手く戦われたので苦労した」 「私はどんな状況でも恐れるのが好きではない。常に勇気を持ち、挑戦する必要がある。ミスをすることは問題ではないが、常にトレーニングしていることを実践しなければいけない」 2020.06.23 09:30 Tue
twitterfacebook