【セリエA第28節プレビュー】吉田サンプと冨安ボローニャの日本人対決!

2020.06.26 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
月曜から水曜にかけて行われた再開初戦となった前節、首位ユベントスがDF冨安所属のボローニャに勝利し、首位をキープした。そして2位ラツィオはアタランタとの上位対決を戦い、2-3で痛恨の逆転負けを喫してユベントスとのポイント差が4に広がった。また、3位インテルもサッスオーロに引き分け、取りこぼしてしまった。迎える第28節は、冨安ボローニャ(11位で勝ち点34)とDF吉田の所属するサンプドリア(16位で勝ち点26)の日本人対決が行われる。

再開初戦となったユベントス戦ではFWロナウドと初めてマッチアップした冨安。前半こそ一対一で翻弄される場面があったものの、後半は仕事をさせず現地からも高い評価を得た。チームは0-2で敗れたが、冨安としては大きな自信を得られた一戦となったはずだ。今節は日本代表の先輩である吉田の所属するサンプドリアとの試合となるが、セリエAで成長した姿を見せつけることができるか。

一方、再開後のインテル戦、ローマ戦と強豪との連戦をスタメンでプレーした吉田。インテル戦では強力2トップの前に幾つもの決定機を許し、現地の評価は二分した。そしてローマ戦ではFWジェコとの格の違いを見せつけられ、見事なボレーシュートを2本決められた。いずれもスコアは1-2と僅差での敗戦だが、ピンチの多さを考慮すれば敗戦は妥当な結果だった。守備が機能しているとは言えない中、残留争いをしているチームを吉田は統率することができるか。

コッパ・イタリア優勝を逃したもののリーグ再開初戦となったボローニャ戦では、C・ロナウドが復調を感じさせるパフォーマンスを発揮し、白星リスタートを切った首位ユベントス(勝ち点66)。ラツィオが敗れたこともあり9連覇に一歩近づいた中、金曜に18位レッチェ(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。ボローニャ戦では勝利したが、負傷のDFアレックス・サンドロに代わって先発したDFデ・シリオが負傷し、さらに代わって入ったDFダニーロが退場と、一気にサイドバックの枚数に問題を抱えることになった。おそらくレッチェ戦ではMFマテュイディが左サイドバックで起用されるものと思われるが、奮闘に期待したい。

アタランタ相手に2点を先行しながらもセリエA最強の攻撃力を誇るアタランタの前に痛恨の逆転負けを喫したラツィオ(勝ち点62)は、13位フィオレンティーナ(勝ち点31)とのホーム戦に臨む。これ以上離されないためにも必勝が求められるが、MFリベリが復帰したヴィオラを下せるか。

打ち合いに持ち込まれサッスオーロに引き分けに持ち込まれた3位インテル(勝ち点58)は、7位パルマ(勝ち点39)とのアウェイ戦に臨む。サッスオーロ戦ではFWラウタロ・マルティネスら一部主力をスタメンから外したが、勝ち切ることはできなかった。さらにDFシュクリニアルが退場し、3試合の出場停止処分を食らってしまった。悪い流れを止めるためにもパルマ戦はラツィオ同様必勝が求められる。

ラツィオ相手に自慢の攻撃力で2点差をまくって見せた4位アタランタ(勝ち点54)は、15位ウディネーゼ(勝ち点28)とのアウェイ戦に臨む。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位の座をがっちりと守った中、連勝としたい。

そしてそのアタランタを追う8位ミラン(勝ち点39)と5位ローマ(勝ち点48)による好カードも組まれている。ミランは再開初戦となったレッチェ戦を攻撃陣揃い踏みの4発快勝リスタートを切り、対するローマもサンプドリアに逆転勝利し、同じく白星リスタートとした。CL出場に望みをつなげるためにも互いに勝ち点3を求めるオープンな試合が期待できそうだ。

◆セリエA第28節
▽6/26(金)
《28:45》
ユベントスvsレッチェ

▽6/27(土)
《24:15》
ブレシアvsジェノア
《26:30》
カリアリvsトリノ
《28:45》
ラツィオvsフィオレンティーナ

▽6/28(日)
《24:15》
ミランvsローマ
《26:30》
サンプドリアvsボローニャ
サッスオーロvsヴェローナ
ウディネーゼvsアタランタ
ナポリvsSPAL
《28:45》
パルマvsインテル
コメント
関連ニュース
thumb

吉田フル出場のサンプ、レッチェとの残留争いをPK2本で制す《セリエA》

サンプドリアは1日、セリエA第29節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 16位サンプドリア(勝ち点26)と18位レッチェ(勝ち点25)による残留争い。前節ボローニャ戦では4試合ぶりに先発を外れた中、味方の負傷により途中出場した吉田は4バックの右センターバックで先発となった。 開始7分にパスに決定的なヘディングシュートを浴びたサンプドリアは、このピンチをGKアウデーロが防ぐと、その後は一進一退の攻防が続く。 膠着状態が続いた中、サンプドリアは38分にPKを獲得する。ヤンクトがボックス内でタフツィディスに倒された。このPKをガストン・ラミレスが決め、サンプドリアが先制した。 ハーフタイムにかけては守勢に回ったサンプドリアが1点をリードして前半を終えた。しかし迎えた後半開始3分、ボックス内でトールスビーがサポナーラを倒したとしてPKを献上する。 このPKをマンコースに決められたサンプドリアが重心を上げたことで、後半は一進一退の攻防が続く。 すると73分、サンプドリアが再びPKを獲得する。デパオリが鋭い反転から前を向きボックス内でパスに倒された。このPKを再びガストン・ラミレスが決めてサンプドリアが勝ち越しに成功。これが決勝点となってサンプドリアが競り勝ち、残留に近づいている。 2020.07.02 06:56 Thu
twitterfacebook
thumb

吉田途中出場で日本人対決実現!冨安ボローニャに軍配!《セリエA》

セリエA第28節、サンプドリアvsボローニャが28日に行われ、1-2でボローニャが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也は74分から出場し、ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 再開後のインテル戦、ローマ戦と連敗し、降格圏の18位レッチェと1ポイント差の16位サンプドリア(勝ち点26)は、吉田が4試合ぶりにベンチスタートとなった。 一方、再開初戦となったユベントス戦に敗れた11位ボローニャ(勝ち点34)は、ユベントス戦でもC・ロナウド相手に好プレーを見せた冨安が引き続き右サイドバックで先発となった。 立ち上がりはボローニャがボールを持つ展開となったが、徐々にホームチームのサンプドリアが盛り返したことで、一進一退の攻防が続いていく。 膠着状態が続く中、34分にサンプドリアに決定機。しかし、浮き球パスに抜け出したラ・グミナのボレーシュートはGKスコルプスキの好守に阻まれた。結局、前半のチャンスはこの1シーンのみと堅い試合展開のままゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、サンプドリアが引き続き押し込む展開となった中、64分にはヴィエイラのミドルシュートでゴールに迫った。 しかし、劣勢が続いていたボローニャが70分にPKを獲得する。カウンターに転じた流れからボックス右に侵入したオルソリーニがムッルに倒された。このPKをバロウが決めたボローニャが先制した。 失点後、トネッリの負傷を受けて吉田が投入されたサンプドリアだったが、直後の75分にボローニャが加点する。バロウがドリブルでボックス左に侵入してクロスを上げ、オルソリーニが頭で押し込んだ。 終盤の88分、サンプドリアが反撃の狼煙をあげる1点をボナッツォーリが挙げるも、ボローニャが逃げ切り。中断を挟んで5試合ぶりの勝利を飾っている。 2020.06.29 04:33 Mon
twitterfacebook
thumb

圧巻ドッピエッタのジェコがローマ歴代5位タイの104ゴールに到達!

サンプドリア戦で圧巻のドッピエッタを達成したボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが、ローマでの得点記録において歴代5位タイに浮上した。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは24日、リーグ再開初戦となったセリエA第27節のサンプドリア戦を2-1で競り勝った。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2SjRRRmhkSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 昨季終了までクラブを率いたレジェンド指揮官、クラウディオ・ラニエリ監督を無観客のオリンピコで迎えることになったローマは、立ち上がりから優位に試合を運ぶ。だが、11分に自陣深くでのミスからFWマノロ・ガッビアディーニに先制点を奪われ、前半を1点ビハインドで終えることに。 後半も攻勢は変わらずも相手GKエミル・アウデーロが再三の好守で立ちはだかり、ゴールが遠い。それでも、64分にMFロレンツォ・ペッレグリーニ、85分にMFブライアン・クリスタンテという途中出場の2選手からのループパスに反応したジェコが、いずれも見事なダイレクトボレーで合わせ、チームを逆転勝利に導いて見せた。 そして、このドッピエッタによってローマでの通算得点数を104ゴールに伸ばした頼れるカピターノは、1959年から1965年まで在籍していた元アルゼンチン代表FWペドロ・マンフレディーニ(故人)と並び歴代5位に浮上した。 同試合後、チームを勝利に導く見事な働きを見せたジェコは、「ようやくピッチに戻れて気分が良いよ」と、リーグ再開と共に初戦での勝利に満足感を示している。 「前半に多くの決定機を作ったが、自分たちのミスから先に失点してしまった。だけど、3カ月も試合から遠ざかっていれば、そういったミスも起こり得ることなんだ」 「重要なことはミスを犯しても頭を下げることなくプレーし続けることだった。後半に関しては勝つためにすべてを変える必要があったよ」 ペッレグリーニのループパスをゴール左角度のないところから左足ボレーで叩き込んだ1ゴール目はレジェンドFWガブリエル・バティストゥータが過去のパルマ戦で決めた伝説のゴールを彷彿とさせるものだった。 しかし、バティストゥータのゴールと比較する質問に対しては、「あれはジェコのゴールだよ。僕のゴールはいつでも自分のものさ」と、返答している。 なお、ローマを率いるパウロ・フォンセカ監督は試合後の会見で、「ジェコは私が共に仕事をしてきた中で最高のストライカーだ。今夜の素晴らしい2つのゴールは偉大なストライカーでなければ、決められない類のものだ」と、絶賛している。 在籍5年間でジャッロロッソでの通算得点ランキング5位に浮上したジェコは、今シーズン中に4位のFWロドルフォ・ヴォルク(106点)、3位のFWアメデオ・アマデイ(111点)と2人のレジェンド超えを目指す。 2020.06.25 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェコが華麗なボレー2発! 吉田サンプを逆転で下して白星リスタート!《セリエA》

セリエA第27節、ローマvsサンプドリアが24日に行われ、2-1でローマが逆転勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを6ポイント差で追う再開初戦となる5位ローマ(勝ち点45)は、ジェコを最前線に、2列目に右からカルレス・ペレス、パストーレ、ムヒタリアンと並べた。 一方、3日前に行われた延期分のインテル戦を1-2と敗れた16位サンプドリア(勝ち点26)は、吉田が引き続き先発となり、4バックの右センターバックでスタートした。 序盤はローマが攻勢をかける。まずは3分、CKからジェコがオンターゲットのヘディングシュートを放つと、続く6分にはムヒタリアンのダイレクトパスからジェコが決定的なシュートを放つも、GKアウデーロのファインセーブに阻まれた。 その後もパストーレがドリブルシュートでゴールに迫っていたローマだったが、11分にミスから失点する。ディアワラのバックパスミスをガッビアディーニに拾われ、そのままシュートを決められた。 劣勢の入りから先制したサンプドリアは28分に追加点のチャンス。敵陣でディアワラからボールを奪ったヤンクトが右ポスト直撃のミドルシュートを放った。 助かったローマは31分に追いつきかける。CKの流れからルーズボールをボックス手前中央のヴェレトゥがゴール右に蹴り込んだが、VARの末に吉田のクリアボールがカルレス・ペレスの手に当たっていたとしてゴールが取り消しとなった。 厳しい判定で同点弾を取り消されたローマが迎えた後半も押し込む展開で推移する中、60分にペッレグリーニら3選手を投入。 すると64分に追いつく。代わって入ったペッレグリーニの浮き球パスで吉田の背後を突いたジェコが左足ボレーで豪快に蹴り込んだ。 追い付いたローマは直後にコラロフが決定的なシュートを浴びせたが、終盤にかけては攻め疲れの影響かトーンダウン。 それでも85分にジェコのドッピエッタで逆転する。クリスタンテのロングフィードで再び吉田の背後を取ったジェコがそのままボレーでうまくゴールに流し込んだ。 これが決勝点となってローマが逆転勝利。4位アタランタを6ポイント差で追走している。 2020.06.25 06:42 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル指揮官コンテ「もっと早く試合を終わらせるべき」…白星リスタートも課題指摘

インテルのアントニオ・コンテ監督が試合を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。 新型コロナウイルスの影響による約3カ月間の中断を経て、ようやく再開したセリエA。中断前の時点で首位ユベントスを勝ち点9差で追いかけ、2位ラツィオとも6ポイント差の3位インテルは21日に行われた第25節でサンプドリアと対戦した。 10分にベルギー代表FWロメル・ルカクのゴールで先制したインテルは続く33分にアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが追加点。後半の立ち上がりに反撃を許したが、逃げ切り、首位ユベントスとの勝ち点差を「6」に縮めている。 しかし、試合後のコンテ監督は「もっと早い段階で試合を終わらせるべきだった」と課題を口に。「ナポリ戦もかなりチャンスを作ったが、ミスにより、1-1で終わってしまった。今日も多くのチャンスがありながら、なかなか試合を決められなかった。もっともっと冷静にならなければ」と述べ、改善の必要性を説いた。 「まだ12試合もある。これ以上、追いかける立場で足元をすくわれるわけにいかない。後半の立ち上がりに3-0にできる大きなチャンスが2つもあったが、逆にCKから失点してしまった。戦術的にも、フィジカル的にも、ハードなトレーニングをやってきたわけだから、チャンスをモノにしたい」 「今夜のゲームや、この前のナポリ戦からどこがまずかったのかを見つめ、成長の糧にしてもらいたい。トロフィーの獲得を目指すのなら、スポーツ的な意味でもっと冷酷にならないとダメだ」 「選手たちの働きに満足しているが、何かしらを成し遂げたいのなら、ボールを持っているとき、相手にボールを持たれているときの両方でより一層の覚悟が必要。選手たちを信頼しているが、まだまだすべきことがある」 「最後までユベントスとラツィオを苦しめたい思いで、勝利のメンタリティを養っているところ。それこそ今、最も重要だ。コッパ・イタリアでももっと良い結果を手にできたはずで、残念だった。今の我々は悔いのない形で今季を終えるべく、残る12試合で全てを出し切らないといけない」 2020.06.22 13:50 Mon
twitterfacebook