横浜FMがユース所属のFW津久井匠海とプロ契約、持ち味は「推進力と得点能力」

2020.06.25 15:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスは25日、ユースに所属するFW津久井匠海(18)とプロ契約を結ぶことを発表した。契約は2020年7月1日からとなる。津久井は、群馬県出身で江南南サッカー少年団、クマガヤサッカースポーツクラブでプレーしたのち、横浜FMユースに加入。2017年にはクラブユース選手権で得点王になると、2018年にはU-16日本代表、2019年にはU-17日本代表、U-18日本代表に召集されていた。

津久井はプロ契約を結ぶにあたり、クラブを通じてコメントしてる。

「この度、プロ契約を結ばせていただいた津久井匠海です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手を伝統のある横浜F・マリノスでスタート出来る事を誇りに思います。今まで支えてくださった家族や指導者の方々など全ての人に感謝し、日頃の練習から全力で取り組んで行きます」

「自分の持ち味である推進力と得点能力を武器にチームの勝利に貢献できるように常に向上心を持ちプレーしたいと思います」

「1日でも早くピッチに立って、サポーターの皆様に応援していただけるよう、頑張りたいと思います。応援の程宜しくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

覇権奪回狙う横浜FM、選手背番号が決定! 新10番にM・ジュニオール

横浜F・マリノスは23日、2021シーズンのメンバーリストならび、各選手の背番号を発表した。 今季でアンジェ・ポステコグルー体制4年目の横浜FMはOBの大島秀夫氏と榎本哲也氏がトップチームのコーチに入閣。コーチ陣にも新たな風を吹き込みつつ、アタッキング・フットボールにさらなる磨きをかけ、2季ぶりの覇権奪還を目指す。 選手背番号は退団したFWジュニオール・サントス、エリキの穴埋めが期待されるFWエウベルが「7」、FWレオ・セアラが「9」に決定。大分トリニータから加入の岩田智輝は「24」となり、興国高校から入団の4選手もそれぞれ背番号が与えられた。 一方、既存のメンバーだと、4選手が背番号変更。FWマルコス・ジュニオールは空席状態が続いた背番号「10」を背負うことになり、DF畠中槙之輔もOBの栗原勇蔵氏から継承する形で新シーズンから「4」を着用することが決まった。 ◆選手背番号一覧 GK 1.高丘陽平※背番号変更 21.梶川裕嗣 31.オビ・パウエル・オビンナ 32.田川知樹←興国高校/新加入 34.中林洋次 DF 4.畠中槙之輔※背番号変更 5.ティーラトン 13.チアゴ・マルチンス 15.伊藤槙人 16.高野遼 19.實藤友紀 24.岩田智輝←大分トリニータ/完全 25.小池龍太 27.松原健 30.平井駿助←興国高校/新加入 33.和田拓也 MF 6.扇原貴宏 8.喜田拓也 14.天野純※背番号変更 18.水沼宏太 26.渡辺皓太 35.樺山諒乃介←興国高校/新加入 37.南拓都←興国高校/新加入 FW 7.エウベル←バイーア(ブラジル)/完全 9.レオ・セアラ←ヴィトーリア(ブラジル)/完全 10.マルコス・ジュニオール※背番号変更 23.仲川輝人 38.前田大然←松本山雅FC/完全移行 45.オナイウ阿道 監督 アンジェ・ポステコグルー 2021.01.23 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMが元琉球のレオ・セアラ獲得をサプライズ発表! 今季ブラジル2部で16ゴール

横浜F・マリノスは23日、ヴィトーリア(ブラジル)に所属するFWレオ・セアラ(25)の完全移籍加入内定を発表した。日本政府の新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を経て、メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 レオ・セアラは2016年にヴィトーリアからFC琉球にレンタルで加わり、明治安田生命J3リーグ23試合3得点を記録したストライカー。2017年から母国ブラジルに戻り、今季はカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)で戦うヴィトーリアの一員として、32試合の出場で16得点1アシストを記録した。 この日の新体制発表会で加入がサプライズ発表され、再来日が決定したレオ・セアラはクラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ファン、サポーターの皆さま、はじめまして、レオ セアラです。日本での新たな挑戦を出来ることに、感謝の気持ちと幸せを感じています。いち早くチームに合流し、ベストを尽くしてチームに貢献したいと思います。ファン、サポーターの皆さまへ喜びを届けるよう頑張りますので、熱い応援をよろしくお願いします」 2021.01.23 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF畠中槙之輔が契約更新、昨季はJ1で25試合出場

横浜F・マリノスは21日、DF畠中槙之輔(25)との契約更新を発表した。 畠中は東京ヴェルディの下部組織出身で、FC町田ゼルビアへの期限付き移籍を経験。2018年途中に横浜FMへ完全移籍していた。 2年目の2019年は明治安田J1で34試合に出場。センターバックとして全試合に出場しチームのJ1優勝に貢献していた。 2020年はケガなどもありながら、明治安田J1で25試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場していた。 2021.01.21 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

“ハマのGT-R”こと仲川輝人が契約更新、昨季はケガもあり18試合2得点

横浜F・マリノスは20日、FW仲川輝人(28)の契約更新を発表した。 仲川は川崎フロンターレの下部組織出身で、専修大学を経て2015年に横浜FMへと入団。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡への武者修行を経験した。 復帰してからは出場機会を得ると、2019シーズンは明治安田J1で33試合に出場し15得点を記録。チームのリーグ優勝に貢献するとともに、自身はJ1得点王と最優秀選手賞のダブル受賞を果たした。 2020シーズンも大きな活躍が期待されたが、ケガの影響でなかなか試合出場が叶わず。明治安田J1では18試合で2得点、AFCチャンピオンズリーグでは6試合で3得点に終わっていた。 2021.01.20 12:08 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌で2カ月プレーしたウーゴ・ヴィエイラ、来季もJリーグでプレーの可能性

北海道コンサドーレ札幌を退団したポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(32)が、再び日本でプレーする可能性があるようだ。 ウーゴ・ヴィエイラは、2017年1月にツルヴェナ・ズヴェズダから横浜F・マリノスへ加入。2シーズンを横浜FMで過ごし、明治安田J1通算59試合23ゴールを記録し、チームの得点源として活躍した。 しかし、2019年1月にシヴァススポルへと移籍すると、2020年1月にはジル・ヴィセンテに加入。10月に退団すると、札幌へと加入していた。 2020シーズンの終盤に加入したウーゴ・ヴィエイラは、明治安田J1で3試合の出場に終わり、ゴールはなく、シーズン終了後の契約満了が伝えられていた。 ポルトガル『Sic Noticias』によると、札幌を退団したウーゴ・ヴィエイラだが、代理人は日本からのオファーがあり、それを伝えているとのこと。一方で、ウーゴ・ヴィエイラはヨーロッパでのプレーを考えているとされ、どちらになるのか注目が集まる。 2021.01.20 12:05 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly