横浜FMがユース所属のFW津久井匠海とプロ契約、持ち味は「推進力と得点能力」

2020.06.25 15:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスは25日、ユースに所属するFW津久井匠海(18)とプロ契約を結ぶことを発表した。契約は2020年7月1日からとなる。

津久井は、群馬県出身で江南南サッカー少年団、クマガヤサッカースポーツクラブでプレーしたのち、横浜FMユースに加入。2017年にはクラブユース選手権で得点王になると、2018年にはU-16日本代表、2019年にはU-17日本代表、U-18日本代表に召集されていた。

津久井はプロ契約を結ぶにあたり、クラブを通じてコメントしてる。

「この度、プロ契約を結ばせていただいた津久井匠海です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手を伝統のある横浜F・マリノスでスタート出来る事を誇りに思います。今まで支えてくださった家族や指導者の方々など全ての人に感謝し、日頃の練習から全力で取り組んで行きます」

「自分の持ち味である推進力と得点能力を武器にチームの勝利に貢献できるように常に向上心を持ちプレーしたいと思います」

「1日でも早くピッチに立って、サポーターの皆様に応援していただけるよう、頑張りたいと思います。応援の程宜しくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

松本が横浜FMのDF前貴之を期限付き移籍で獲得、今季山口から新加入

松本山雅FCは5日、横浜F・マリノスのDF前貴之(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は、2020年8月1日~2021年1月31日とのこと。背番号は「5」となり、横浜FMとの公式戦には出場することができない。 前は北海道コンサドーレ札幌の下部組織出身で、2012年にトップチーム昇格。2種登録時代の2011年にJ2リーグでデビューを果たしている。 2014年にはカターレ富山への期限付き移籍を経験。2017年にレノファ山口FCへ完全移籍すると、今シーズンから横浜FMに加入していた。なお、今シーズンはここまで出場機会がなかった。 前は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆松本山雅FC 「このたび、横浜F・マリノスから加入することになりました、前貴之です。松本山雅FCの力となれるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「この度、松本山雅FCに移籍する事になりました。半年間という短い間でしたがお世話になりました。ここで得た事を次に活かせられるように頑張ります。半年間、ありがとうございました」 2020.08.05 09:52 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神離脱中の栃木が横浜FMの東京五輪世代GKオビ・パウエル・オビンナを育成型期限付き移籍で獲得

栃木SCは4日、横浜F・マリノスのGKオビ・パウエル・オビンナ(22)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 育成型期限付き移籍期間は2021年1月31日までとなり、今シーズンは横浜F・マリノスとの公式戦には出場できない。なお、背番号は「50」となる。 オビは、大宮アルディージャのジュニアからJFAアカデミー福島を経て、流通経済大学へ進学。今シーズンから横浜FMへと入団していた。 昨シーズンはU-22日本代表としても活動し、東京オリンピック世代の1人として注目されている。 栃木は、大宮アルディージャから今シーズン加入した守護神のGK塩田仁史が7月26日のFC町田ゼルビア戦で負傷。右尺骨亀裂骨折と診断され、復帰まで約4〜6週間を要すると発表し、その後の試合は、GK川田修平がゴールを守っていた。 ◆栃木SC 「栃木SCの皆様、はじめまして。横浜F・マリノスから加入しましたオビパウエルオビンナです。グリーンスタジアムでお会いできる日を楽しみにしています。皆さんの期待に応えられるよう精一杯頑張ります!これからよろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「このたび、栃木SCへ育成型期限付き移籍をすることになりました。今シーズンから加入した身ではありますが、本当にこのクラブが大好きです。だからこそ、この決断に至りました。成長してF・マリノスの力になれるよう頑張ってきます。F・マリノスファミリーの皆さん、行ってきます!」 2020.08.04 09:50 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM、FW仲川輝人が右ハムストリング肉離れで全治4〜6週間

横浜F・マリノスは3日、FW仲川輝人の負傷を発表した。 クラブの発表によると、仲川は右ハムストリング肉離れと診断。全治は4〜6週間とのことだ。 仲川は、7月22日(土)に行われた明治安田生命J1リーグ第6節の横浜FC戦で負傷。横浜市内の病院で検査を受けていた。 今シーズンの仲川は、J1リーグで6試合に出場しゴールを決めていなかった。 2020.08.03 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FM、相模原へ育成型期限付き移籍中のMF松田詠太郎の復帰を発表

横浜F・マリノスは3日、SC相模原へ育成型期限付き移籍していたMF松田詠太郎(19)の復帰を発表した。 松田は横浜FMの下部組織出身で、今シーズンからトップチーム昇格。そのまま相模原へ育成型期限付き移籍をしていた。 相模原では明治安田生命J3リーグで7試合に出場し、1得点を記録していた。松田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「この度、育成型期限付き移籍をしていたSC相模原から戻ることになりました。もう一度マリノスのユニフォームを着て戦える事を嬉しく思います。成長して帰ってきた姿を見せれるよう頑張っていきます」 ◆SC相模原 「この度、横浜Fマリノスに戻ることになりました。短い間でしたがSC相模原の一員としてプレーできてとても良かったです。 このチームで学んだ事を今後に活かしてこれからも頑張ります。ありがとうございました」 2020.08.03 10:25 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMが松本からFW前田大然を期限付き移籍で獲得「国内全てのタイトル、アジア王者を目指して」

横浜F・マリノスは3日、松本山雅FCからFW前田大然(22)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は、2021年1月31日までとなる。 前田は2016年に山梨学院大学附属高校から松本へ入団。2017年は水戸ホーリーホックへ期限付き移籍し、明治安田生命J2リーグで36試合13得点と飛躍。2018年からは松本でプレーしていた。 2019年7月にはポルトガルのマリティモへ期限付き移籍すると、プリメイラ・リーガで23試合に出場し3得点を記録していた。 横浜FMは、左ウイングを務めていたMF遠藤渓太がウニオン・ベルリンへ移籍。その代役としての活躍が期待される。 なお、今シーズンの松本との公式戦には出場できず。3日のトレーニングからチームに合流する前田は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「はじめまして。前田大然です。国内全てのタイトル、アジア王者を目指して僕は最後まで走り続けたいと思います。応援よろしくお願いします。すべてはマリノスのために。トリコロールの絆いまこそ強く」 ◆松本山雅FC 「このたび、横浜F・マリノスに移籍することになりました。海外挑戦に引き続き、僕の希望を受け入れてくれた松本山雅FCには本当に感謝しています」 「応援してくれている、ファン、サポーターの皆さんにチャレンジし続けている姿をこれからも見せていきたいと思います。松本山雅FCの名に恥じぬよう、これからも全力でプレーしてきます!」 2020.08.03 10:10 Mon
twitterfacebook