ジェコが華麗なボレー2発! 吉田サンプを逆転で下して白星リスタート!《セリエA》

2020.06.25 06:42 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第27節、ローマvsサンプドリアが24日に行われ、2-1でローマが逆転勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。

チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを6ポイント差で追う再開初戦となる5位ローマ(勝ち点45)は、ジェコを最前線に、2列目に右からカルレス・ペレス、パストーレ、ムヒタリアンと並べた。

一方、3日前に行われた延期分のインテル戦を1-2と敗れた16位サンプドリア(勝ち点26)は、吉田が引き続き先発となり、4バックの右センターバックでスタートした。

序盤はローマが攻勢をかける。まずは3分、CKからジェコがオンターゲットのヘディングシュートを放つと、続く6分にはムヒタリアンのダイレクトパスからジェコが決定的なシュートを放つも、GKアウデーロのファインセーブに阻まれた。

その後もパストーレがドリブルシュートでゴールに迫っていたローマだったが、11分にミスから失点する。ディアワラのバックパスミスをガッビアディーニに拾われ、そのままシュートを決められた。

劣勢の入りから先制したサンプドリアは28分に追加点のチャンス。敵陣でディアワラからボールを奪ったヤンクトが右ポスト直撃のミドルシュートを放った。

助かったローマは31分に追いつきかける。CKの流れからルーズボールをボックス手前中央のヴェレトゥがゴール右に蹴り込んだが、VARの末に吉田のクリアボールがカルレス・ペレスの手に当たっていたとしてゴールが取り消しとなった。

厳しい判定で同点弾を取り消されたローマが迎えた後半も押し込む展開で推移する中、60分にペッレグリーニら3選手を投入。

すると64分に追いつく。代わって入ったペッレグリーニの浮き球パスで吉田の背後を突いたジェコが左足ボレーで豪快に蹴り込んだ。

追い付いたローマは直後にコラロフが決定的なシュートを浴びせたが、終盤にかけては攻め疲れの影響かトーンダウン。

それでも85分にジェコのドッピエッタで逆転する。クリスタンテのロングフィードで再び吉田の背後を取ったジェコがそのままボレーでうまくゴールに流し込んだ。

これが決勝点となってローマが逆転勝利。4位アタランタを6ポイント差で追走している。
コメント
関連ニュース
thumb

公式戦17戦無敗のセビージャ、絶好調ローマ相手にも普段通りを強調 「自分たちのスタイルで」

セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督は、絶好調のローマ相手にもあくまで自分たちの戦い方を貫く構えだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ヨーロッパリーグ(EL)最多5度の優勝を誇るセビージャは今季のラ・リーガを4位で終えており、すでにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保。しかし、最多優勝記録更新に向けて高いモチベーションを維持している。 なお、今年3月に予定されたラウンド16の1stレグは新型コロナウイルスの影響で延期となっており、このカードは準々決勝以降を一斉開催で行う、中立地ドイツでのシングルマッチ形式に変更されている。 そして、6日にデュイスブルクで行われる一発勝負に向けた前日会見に臨んだロペテギ監督は、[3-4-2-1]へのシステム変更をキッカケに直近7勝1分けと絶好調の対戦相手に対しても、特別な対策をすることなく普段通りの戦いを強調。ちなみに、セビージャは引き分けの数こそ多いものの、8勝9分けと公式戦17戦無敗を継続中だ。 「現時点で確かなのは、対戦相手は素晴らしい状態で本当に良いフットボールを見せる、強力なチームだということだ。パウロ・フォンセカも素晴らしい監督だ。とは言っても、ローマはセビージャにとって手の届くところにいるチームだ」 「我々は勝ちたいと強く思っているし、非常に強いライバルを相手に素晴らしいパフォーマンスを見せられるようにベストを尽くすつもりだ。2ndレグがないことも念頭に置いておくよ」 「誰が相手であっても、我々は自分たちが認知されているチームだと思っているし、大幅な戦術変更はない。スタメンに関しては一つ懸念があるが、事実上解決されている」 「我々は自分たちのスタイルで試合に臨み、その後、ローマの反応を見ることになるだろう」 また、ロペテギ監督は新型コロナウイルスの陽性反応が確認され、今回の試合を欠場することになったセルビア代表MFネマニャ・グデリに関しても言及している。 「彼がこの試合に出られないのは残念だが、現時点でのベストメンバーで臨むつもりだ。もちろん、試合に勝つためには途中出場のプレーヤーの働きも重要なことは理解している」 2020.08.06 21:02 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ指揮官、最多優勝誇るセビージャ撃破に意気込む 「素晴らしいチームとのタフな一戦」

ローマを率いるパウロ・フォンセカ監督は、大会最多優勝を誇るセビージャ撃破に向けた強いモチベーションを持っている。クラブ公式サイトが前日会見コメントを伝えている。 今シーズンのセリエAを5位でフィニッシュし、リーグ戦でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を逃したローマは、ヨーロッパリーグ(EL)初優勝でCL出場権獲得を目指す。 そして、今回のラウンド16で対峙するのは、大会最多5度の優勝を誇る今季ラ・リーガ4位のセビージャだ。 なお、今年3月に予定された1stレグは新型コロナウイルスの影響で延期となっており、このカードは準々決勝以降を一斉開催で行う、中立地ドイツでのシングルマッチ形式に変更されている。 そして、6日にデュイスブルクで行われる一発勝負に向けた前日会見に臨んだフォンセカ監督は、難敵撃破に向けてチーム全体が高いモチベーションを抱いていると主張している。 「チームは本当にやる気を持ってここに来ている。我々は今、非常に良いフォームにある。そして、素晴らしい相手とのタフな試合になることはわかっている。ただ、プレーヤーは良い結果を残すため、気持ちを昂らせているよ」 「非常に変わった形の試合だ。我々は2試合を戦うことがないため、勝てなければ、その時点で家に戻ることになる。私にとってはすべてが重要な試合であり、どの試合でも勝ちたいと思っている。明日の試合に関してもその考えは変わらないよ」 また、ポルトガル人指揮官は最新のチームニュースについても言及。マンチェスター・ユナイテッドとのレンタル契約終了に伴い、登録メンバー外となった元イングランド代表DFクリス・スモーリングの不在を嘆きながらも、代役を担うブラジル人DFロベルト・イバニェスへの期待を口に。さらに、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロの先発起用も明言している。 「クリスは我々にとって非常に重要なプレーヤーだったが、今はここにはいない。我々はここにいるプレーヤーたちに集中する必要がある。明日の試合に向けて、ここにいるすべてのプレーヤーに完全な自信を持っている。イバニェスがスモーリングの代わりに先発するのは明らかだし、彼はケガをする前から良いプレーをしていた。彼を完全に信頼している」 「ザニオーロは明日の試合で先発出場すると言わざるを得ない。(鼻骨の手術を行った)ペッレグリーニについてはまだ決めていない」 [3-4-2-1]へのシステム変更をキッカケに絶好調のローマは、7勝1分けの素晴らしい戦績でセリエAの戦いを終えていた。 2020.08.06 20:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、米『フリードキン』へのクラブ売却が合意! パロッタ体制終焉でロマニスタに朗報!

ローマは5日、アメリカの『フリードキン・グループ』とのクラブ売却交渉が合意に達したと発表した。 なお、正式契約は6日夜に予定されており、8月末までにすべての取引を完了させる見通しとのことだ。 ローマの過半数株主である『AS Roma SPV, LLC』が、イタリアの証券市場を規制する政府機関『CONSOB』に提出した財務報告書によると、『AS Roma SPV, LLC』は、『フリードキン』に対してクラブ経営権を含む関連資産を売却し、『フリードキン』は関連負債を引き取ることになるという。 株式売却に関してはチームに関連する3.3%、『AS Roma SPV, LLC』の関連会社である『NEEP Roma Holding S.p.A』が保有する83.3%を合わせた86.6%が『フリードキン』に売却されるという。 また、すべての取引が完了した場合、『フリードキン』はチームの発行済株式(約13.4%)を対象とした強制的な公開買付けを開始する義務を負うことになる。 今回のクラブ売却合意を受け、ジェームズ・パロッタ会長、『フリードキン・グループ』の代表を務めるダン・フリードキン氏は、以下のようなコメントを残している。 ◆ジェームズ・パロッタ会長 「ASローマの売却に関して、フリードキン・グループとの合意を確認できたことを嬉しく思う。我々は今夜契約書にサインし、今後数日のうちに、クラブの売却に繋がる正式な法的手続きを完了させるために協力していくことになる。この1カ月間、ダンとライアン・フリードキンは、この契約を完成させ、クラブを前向きに前進させることに全力で取り組んでくれた。彼らがASローマの将来の偉大なオーナーになることを確信している」 ◆ダン・フリードキン氏 「フリードキン・グループのスタッフ全員が、この象徴的な街とクラブの一員になるための一歩を踏み出せたことをとても嬉しく思っている。一日も早く交渉を完了させ、ASローマのファミリーに浸れることを楽しみにしている」 今回の合意によってローマの新オーナーになることが決定的となったダン・フリードキン氏は、アメリカにおける『トヨタ自動車』のメジャーディーラーの1つ、『Gulf States Toyota Distributors』のチェアマンを務める実業家だ。 両者は昨年からクラブ売却に向けた交渉を行っており、今年2月末には7億ユーロ(約877億円)の金額で大筋合意に至っていた模様だが、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによって両者は一時交渉をストップ。その間にコロナ禍による経済への深刻な打撃もあり、『フリードキン』サイドが大幅な減額での再オファーを掲示すると、5月末に一時交渉が決裂していた。 しかし、パロッタ会長自身が深刻な財政問題を抱えていたこともあり、最終的には5億~6億ユーロ(約626億~751億円)という条件での合意となった模様だ。 2011年にアメリカ系投資グループによって買収されたローマは、2012年8月にパロッタ氏が会長職に就任。この間に財政状況を好転させ、2017-18シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出の快挙も成し遂げた。 その一方で、遅々として進まぬ新スタジアム建設、フランチェスコ・トッティ、ダニエレ・デ・ロッシと2人のバンディエラの退団というネガティブな話題も目立ち、近年ほとんどローマを訪問しないパロッタ会長への不満は高まっていた。 さらに、今年に入って巨額の負債が明らかになっており、今夏の移籍市場に向けては多くの主力の放出を余儀なくされると見られていた。だが、『フリードキン』へのクラブ売却が合意に至ったことで、今後に向けて少しずつ光明を見いだせそうだ。 なお、今季のセリエAを5位フィニッシュしたローマは、6日に中立地ドイツで行われるヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16でセビージャと対戦する。 2020.08.06 16:27 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ移籍のC・ペレス、古巣バルサに反感 「彼らが下した放出の決断は驚きで、不当」

ローマのスペイン人FWカルレス・ペレスが古巣バルセロナの不当な扱いをアピールした。 バルセロナのアカデミーで育ち、昨夏にトップチーム昇格を果たしたC・ペレス。一定のプレータイムを手にしたが、今年1月から指揮を執るキケ・セティエン監督の下で戦力外の扱いを受けると、今冬に買い取りオプション付きのレンタルでローマに活躍の場を移した。 その移籍から数カ月が経過して、ローマの選手として公式戦16試合に出場して2得点3アシストの数字を収めるC・ペレスはスペイン『EFE』のインタビューでバルセロナから放出された当時を振り返り、納得がいかない心情を抱いたことを明かした。 「オファーはユースの頃からあったが、1stチームに入りたかったからその都度、断ってきた。で、そのチャンスを掴んだんだ。彼らが下した放出の決断は驚きだった。それは不当だったと思っている。でも、数カ月も前のことだから蒸し返したくない。今はイタリアでも指折りのチームであるローマにいるのだからね」 C・ペレスのローマ行きを巡ってはU-21スペイン代表FWアンス・ファティの台頭を原因に挙げる声もあるが、本人はそう思っておらず、「彼は左ウィングでプレーしているが、僕は逆サイドだ。争う相手は(ウスマーヌ・)デンベレや(リオネル・)メッシだった」とコメント。しかし、クラブが放出を決めた理由はいまだわからないという。 「今日に至るまで何が起こったのか見当がつかない。お金が必要だったのか、それとも何かしら他の理由があったのか、全然わからないんだ。でも、もう過去の話。当時は家族や友人にも会えなくなるからショックだったけどね」 しかし、「バルセロナの外に出ると、冷たいと言われがちだが、外の生活も充実している。ローマですごくうまくやれていて、自分の居場所もある」と語り、現在の状況に満足感も示した。 2020.08.05 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

レンタル終了でローマ退団のスモーリング、「仕事を最後まで終わらせられないことにがっかり…」

レンタル期間終了に伴い、ローマを離れることになった元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)が、自身の公式SNSで別れのメッセージを綴った。 今夏、マンチェスター・ユナイテッドから300万ユーロ(約3億7000万円)の有償レンタルで加入したスモーリング。前評判は決して高くなかったものの、圧倒的な球際の強さと、“守備の国”で磨きをかけるプレーリードを武器に、ここまで公式戦35試合に出場し3ゴールを記録。首都ローマの新たな防衛大臣としてクラブ、ティフォージの双方から高い評価を集めていた。 スモーリング自身が残留に前向きな姿勢を見せていたこともあり、クラブはレンタル期間の延長を希望していたが、ローマ残留は完全移籍のみと頑なな姿勢を見せる保有元を最後まで説得できず。今シーズンのセリエA終了までのレンタル期間が終了。 ローマは、6日にヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16、セビージャ戦を控えているが、登録メンバーにスモーリングの名前はなかった。 そして、スモーリングは4日、自身の公式『ツイッター』を通じて、ローマへの感謝と別れのメッセージを綴っている。 「今シーズン、共にスタートした仕事を最後まで終わらせられないことにがっかりしているよ」 「それでも、短い時間の中でこれほどまでに自分に対して示された愛情をすごく特別なものに感じているよ。そして、ずっと忘れることはないよ」 「すべてのプレーヤー、スタッフに感謝を伝えたい。そして、セビージャ戦での幸運を祈っているよ。 DAJE ROMA!」 新オーナーへの経営権の譲渡などの動きがあった場合、ローマが完全移籍での獲得に向けて再び動く可能性はあるが、ひとまずスモーリングのローマでの冒険は志半ばで終焉を迎えることになった。 2020.08.04 21:12 Tue
twitterfacebook