柏、日本代表FW伊東純也のヘンク完全移籍を発表! 「僕にとってのレイソルはHOME」

2020.06.24 20:32 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
柏レイソルは24日、ベルギーのヘンクにレンタル移籍していた日本代表FW伊東純也(27)の完全移籍決定を発表した。

なお、ヘンクは今年3月30日に買い取りオプションを行使し、2023年6月30日までの契約を結んだことをすでに発表していた。

2015年にヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタートさせた伊東は、2016年に柏入りすると、3シーズンに渡って主力として活躍。その後、2019年2月からヘンクでプレー。2018-19シーズンは半年間で公式戦14試合3ゴール2アシストの活躍をみせ、ジュピラー・プロ・リーグ優勝に貢献していた。

初のフル参戦となった今シーズンは、チャンピオンズリーグ(CL)デビューを果たすなど、公式戦38試合で6ゴール9アシストを記録。なお、ベルギーでは新型コロナウイルスの影響によって5月半ばに打ち切りが発表されていた。

今回、改めてヘンクへの完全移籍がアナウンスされた中、伊東は柏の公式サイトを通じて古巣への感謝の言葉を伝えている。

「このたび、ベルギーのKRCゲンクに完全移籍することになりました。2018-19シーズンは途中加入でしたが、リーグ優勝も経験でき、世界最高の舞台であるチャンピオンズリーグにも出場することができました」

「この経験ができたのは、移籍を後押ししてくれた柏レイソルのおかげです。これから、まずは昨シーズン以上の活躍をして、ワールドカップ出場を目指し、さらに努力していきたいと思います」

「今回、柏レイソルを離れることとなりますが、僕にとってのレイソルはHOMEです。これからもベルギーから柏レイソルの活躍を願っています。最後になりますが、ファン・サポーターの皆様、クラブ関係者、そしてレイソルのチームメイトのみんな、本当にありがとうございました。これからも一生懸命サッカーと向き合い、チャレンジしていきます。本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京がCKから渡辺剛の一撃、数的不利の柏を寄せ付けず開幕連勝《J1》

4日、明治安田生命J1リーグ第2節の柏レイソルvsFC東京が三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-1でFC東京が勝利した。 2月21日に開幕を迎えたJ1だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。約4カ月が経過し、ついに再開となった。 J1に昇格したシーズンながら、開幕戦は北海道コンサドーレ札幌を相手に4ゴールを記録して勝利。スタメンは2人変更し、MF三原雅俊、FWクリスティアーノが外れ、MF大谷秀和、MFマテウス・サヴィオが入った。 対するFC東京は、清水エスパルス相手に3ゴールを記録し勝利。開幕から4人を変更し、DF中村帆高、MF橋本拳人、MF三田啓貴、FW田川亨介が外れ、DF小川諒也、MF安部柊斗、MF東慶悟、MFアダイウトンが起用された。 立ち上がりから、互いに主導権を握ろうとする展開を見せる中、[4-3-3]でスタートしたFC東京が、開始数分で[4-4-2]へとシステムを変更。柏の攻撃に対応していく。すると11分、すでにイエローカードをもらっているヒシャルジソンがディエゴ・オリヴェイラにアフタータックル。ディエゴ・オリヴェイラは右ヒザを痛め、一時ピッチ内が騒然となる。 徐々にFC東京がペースを掴む中25分、レアンドロの縦パスを受けたディエゴ・オリヴェイラがヒシャルジソンと染谷を相手にドリブルで突破。GKキム・スンギュとの一対一となるが、シュートをキム・スンギュがセーブし、得点を許さない。しかし28分、ディエゴ・オリヴェイラはヒシャルジソンのタックルを受けたヒザの痛みを訴え、田川と交代する。 ポゼッションは柏が握っているものの、なかなかFC東京ゴールへ迫ることができない。一方のFC東京は、中盤でしっかり守備対応するも、そこから攻撃にうまく移ることができない。 前半はゴールレスで終えた試合。後半は柏が立ち上がりから攻め込む展開となる。49分、右サイドから高橋がクロス。これを中央で江坂が浮かせるとオルンガが合わせに行くが、わずかに届かず決定機とならない。 50分、瀬川と高萩の頭部が空中で激突。互いにピッチに倒れ込むが、無事にプレーに戻る。 53分には右サイドでボールを持った室屋が見せる。ドリブルでカットインと見せかけて縦へと仕掛けると、対応にきたヒシャルジソンをかわしボックス内へ。倒れ込むも、そのままシュートを放ちCKを獲得。そのCKから最後はアダイウトンがボックス中央へドンピシャヘッド。しかし、GKキム・スンギュがビッグセーブを見せて得点を許さない。 柏は56分にチャンス。東の背中に当たったボールがオルンガに渡ると、オルンガ独走。森重がカバーに入るも、そのままオルンガがシュート。しかし、枠を外れる。57分には東京陣内で柏がパスを回すと、江坂のクロスをオルンガがヘッド。しかし、これも僅かに枠を外れる。 押し込む展開が続く柏だったが60分、ヒシャルジソンがアダイウトンを後ろから倒してしまい、2枚目のイエローカードをもらって退場に。このFKをレアンドロが直接狙うも、壁に当たりCKとなる。 このCKから小川がクロスを上げると、ファーサイドで森重が頭で折り返すし、最後は渡辺が飛び込んで押し込みFC東京が先制する。 先制を許した柏はマテウス・サヴィオに代えて戸嶋、大谷に代えて神谷を投入。すると74分にFKから神谷がGKとDFラインの間にクロス。これをオルンガが合わせに行くが、わずかに届かない。 FC東京はビッグチャンス。右サイドの室屋からのグラウンダーのクロスを田川が合わせたが、GKキム・スンギュが肩で止め、追加点を許さない。 その後もオルンガにボールを集めてゴールを目指す柏だったが、最後までFC東京の守備陣を崩せず。そのまま試合は終了し、0-1でFC東京が開幕から連勝を飾った。 柏レイソル 0-1 FC東京 【FC東京】 渡辺剛(後17) 2020.07.04 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:柏vsFC東京】破壊力抜群の両者、攻撃力発揮へ中盤の攻防がカギ

4日、2020シーズンの明治安田生命J1リーグが約4カ月の中断期間を経て再開する。 開幕戦で北海道コンサドーレ札幌を相手に4ゴール奪い勝利した柏レイソルと、アウェイの清水エスパルス戦で3ゴールを奪い勝利したFC東京が相見える。 【明治安田生命J1リーグ第2節】 2020年7月4日(土) 19:00キックオフ 柏レイソル vs FC東京 [三協フロンテア柏スタジアム] <div id="cws_ad">◆数字で見るJ1第2節プレビュー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=4zpfs5kfbfk2zw7huvz1tasq" async></script></div> ◆強力3トップの前に攻撃を寸断できるか【柏レイソル】 昨シーズンは明治安田生命J2リーグを戦い、見事に優勝し1年での復帰を果たした柏。開幕戦では前述の通り、札幌を相手に4-2で勝利。圧倒的な攻撃力を見せつけての快勝劇だった。 相手に合わせて戦い方を変えることも可能な今の柏は、昨シーズンのJ2で培ってきた部分が多く、相手の出方で選手の役割を変える。開幕戦も昨シーズンの主力選手が起用され、中断明けも大きくは変更しないと予想される。 破壊力抜群の攻撃陣を生かしたいところだが、FC東京の3トップも負けず劣らず強烈。そのため、攻守の切り替えが試合を左右することになるだろう。中盤での刈り取り役を任されるMFヒシャルジソンやバランス感覚に優れるMF三原雅俊が中盤で主導権を握ることができれば、開幕戦に続く快勝劇も容易に想像できる。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:キム・スンギュ DF:高橋峻希、染谷悠太、鎌田次郎、古賀太陽 MF:三原雅俊 MF:クリスティアーノ、ヒシャルジソン、江坂任、瀬川祐輔 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆破壊力抜群の3トップを活かすには先手必勝【FC東京】 昨シーズンは優勝に手が届きながらも、最終盤での失速により2位に終わったFC東京。好ゲームを演じても得点力不足に悩まされ、今シーズンは大型補強。鹿島アントラーズから期限付きで獲得したFWレアンドロ、ジュビロ磐田から完全移籍で獲得したFWアダイウトンが、早速結果を残した。 FWディエゴ・オリヴェイラを加えた前線の3人の破壊力を存分に発揮させるため、今シーズンから[4-3-3]のシステムを採用。より攻撃に比重がかけられる布陣を採用し、悲願のリーグ制覇を目論む。 開幕戦はその助っ人トリオが揃い踏みとなり清水相手に3発快勝。中断期間中のコンディション調整は容易ではないが、しっかりと再開初戦で3人が機能すれば、タイトルも夢物語ではなくなる。敵将・ネルシーニョの対応力が発揮される前に柏守備陣を破壊し、先手を奪えるかが勝負の分かれ目だろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:高萩洋次郎、橋本拳人、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン、レアンドロ 監督:長谷川健太 2020.07.04 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

柏FW山崎亮平がモデルの安藤やよいさんと入籍! 「新しい家族とレイソルのために、より一層頑張っていきたい」

柏レイソルは7月1日、FW山崎亮平(31)が6月27日に入籍したことを発表した。お相手はモデルの安藤やよいさんとのことだ。 結婚した山崎はクラブ公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「私事ですが、このたび、安藤やよいさんと入籍しました。これからは、新しい家族とレイソルのために、より一層頑張っていきたいと思います」 2007年にジュビロ磐田でプロキャリアをスタートさせた山崎は、アルビレックス新潟を経て、2018年に柏レイソルへ加入。今シーズンは公式戦2試合共にベンンチ入りはしていなかった。 2020.07.01 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

栃木が今季柏ユースから昇格したDF井出敬大の加入を発表

栃木SCは26日、柏レイソルのDF井出敬大(18)の加入を発表した。 井出は、柏の下部組織出身。U-15、U-18とステップアップし、今シーズンからトップチームへと昇格していた。 井出は栃木を通じて、加入のコメントを寄せている。 「栃木SCに関わる全てのみなさん、初めまして、井出敬大です。まず、このクラブでプレーできることに感謝し、1人のプロサッカー選手として、そして1人の人間として、必ず成長したいと思います」 「ここまで僕の成長を支えてくれた両親やコーチたちに恩返しできるよう、1日でも早くピッチに立ち、チームの力になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 2020.06.27 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

柏でも活躍した元ブラジル代表FWエジウソンが仰天主張「メッシ、ロナウド、ネイマールより私の方が上だった」

柏レイソルでも活躍した元ブラジル代表FWエジウソンが周囲を騒がせる主張をした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 現役時代は、主にブラジルの名門コリンチャンスやパルメイラスなどのクラブでの活躍が有名なエジウソン。1996年から1997年にかけては柏レイソルでプレーし、移籍初シーズンとなった1996シーズンには、21ゴールをあげ得点ランキング2位に入るなど活躍した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3UG1SczRYbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ブラジル帰国後も活躍を続けたエジウソンは、ブラジル代表でも21試合に出場しており、特に2002年の日韓ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーの1人として知られている。 エジウソンはブラジル放送局『TV バンデランテス』の番組に出演。自らのW杯優勝の経歴を根拠として、世界最高峰のサッカー選手とされる、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ブラジル代表FWネイマールよりも、ピーク時の自分の方が実力が上だったと主張した。 「私のピーク時は、ネイマールより上手かった。彼が私より上手いと言うにはW杯を優勝する必要がある」 「私にはパーソナリティがある。メッシが私より優れていると言うには、彼もまたW杯を優勝する必要がある」 「クリスティアーノ・ロナウドはただ体が強いだけだ。彼は両足で上手くシュートを打つことができるが、私の方が技術は上だ」 C・ロナウドとネイマールは、W杯での最高成績は準決勝進出。一方でメッシは2014年ブラジルW杯で決勝まで進んだものの、ドイツに敗れており、3者ともW杯優勝の栄冠を掴んだ経験は今のところない。 2020.05.15 21:45 Fri
twitterfacebook