柏、日本代表FW伊東純也のヘンク完全移籍を発表! 「僕にとってのレイソルはHOME」

2020.06.24 20:32 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
柏レイソルは24日、ベルギーのヘンクにレンタル移籍していた日本代表FW伊東純也(27)の完全移籍決定を発表した。なお、ヘンクは今年3月30日に買い取りオプションを行使し、2023年6月30日までの契約を結んだことをすでに発表していた。

2015年にヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタートさせた伊東は、2016年に柏入りすると、3シーズンに渡って主力として活躍。その後、2019年2月からヘンクでプレー。2018-19シーズンは半年間で公式戦14試合3ゴール2アシストの活躍をみせ、ジュピラー・プロ・リーグ優勝に貢献していた。

初のフル参戦となった今シーズンは、チャンピオンズリーグ(CL)デビューを果たすなど、公式戦38試合で6ゴール9アシストを記録。なお、ベルギーでは新型コロナウイルスの影響によって5月半ばに打ち切りが発表されていた。

今回、改めてヘンクへの完全移籍がアナウンスされた中、伊東は柏の公式サイトを通じて古巣への感謝の言葉を伝えている。

「このたび、ベルギーのKRCゲンクに完全移籍することになりました。2018-19シーズンは途中加入でしたが、リーグ優勝も経験でき、世界最高の舞台であるチャンピオンズリーグにも出場することができました」

「この経験ができたのは、移籍を後押ししてくれた柏レイソルのおかげです。これから、まずは昨シーズン以上の活躍をして、ワールドカップ出場を目指し、さらに努力していきたいと思います」

「今回、柏レイソルを離れることとなりますが、僕にとってのレイソルはHOMEです。これからもベルギーから柏レイソルの活躍を願っています。最後になりますが、ファン・サポーターの皆様、クラブ関係者、そしてレイソルのチームメイトのみんな、本当にありがとうございました。これからも一生懸命サッカーと向き合い、チャレンジしていきます。本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

J1通算300試合出場の石原がメモリアル弾! 湘南が柏に逆転勝利で連敗を「6」で止める《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節、湘南ベルマーレvs柏レイソルが18日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、3-2で湘南が勝利した。 6連敗中の湘南(勝ち点9/最下位)は0-1で敗戦したC大阪戦からスタメンを2名変更。今季リーグ戦初先発となった畑が左ウイングバックに入り、古巣対戦の茨田が2試合連続でボランチの一角に入った。 一方、4戦無敗の柏(勝ち点37/8位)は1-1の引き分けに終わった浦和レッズ戦からスタメンを3名変更。右サイドバックに北爪を配置したほか、山下と仲間が4試合ぶりのスタメンに起用されている。 対照的な両チームによる一戦はホームの湘南が4分に先手を取る。右サイド深くで得たスローインの流れから茨田がボックス右へパス。ボールを受けた岡本がGKキム・スンギュの動きを見ながら右足シュートをニアサイドに打ち込んで先制に成功する。 出鼻を挫かれた柏は左CKを獲得した22分、クリスティアーノがインスイングのクロスを供給。ゴール前のオルンガが打点の高いヘディングシュートを叩き込んで同点に追い付いてみせる。 その後、エースの一撃により、ペースを掴んだ柏は前半終了間際に江坂が高い位置でボールを奪うと、ボックス中央から左足シュート。GK谷に弾かれたこぼれ球にオルンガが反応したが、GK谷の正面に飛んでしまった。 ハーフタイム明けに古巣対戦となる神谷を投入した柏。後半立ち上がりの49分に江坂からのパスを受けたその神谷がバイタルエリア右からドライブ回転のかかった右足シュートを放つも、GK谷の好セーブに阻まれてしまう。 それでも柏は54分、オルンガのボール奪取から江坂がボックス中央手前まで持ち運んで、右サイドへパス。最後は直前に決定機を外していた神谷がボックス中央から左足シュートを流し込んで逆転に成功する。 1点ビハインドとなった湘南は62分に松田と斎藤を投入。この交代策で徐々に柏ゴールへ迫る場面を作った74分、後方からクロスが送られてくると、松田が逸らして繋いだボールをタリクが左足ボレー。抑えの利いたシュートだったが、GKキム・スンギュの好セーブに遭った。 同点ゴールがなかなか奪えなかった湘南だったが78分、右サイド深くから岡本が空中時間の長いクロスを供給すると、タリクが頭で丁寧に落とす。最後はボックス中央から松田が左足ボレーシュートをゴール左に蹴り込んでスコアをタイに戻す。 さらに湘南はその3分後の81分、松田からのスルーパスを受けた岡本が敵陣中央右サイドからアーリークロス。ファーサイドに膨らんだ石原がダイビングヘッドをゴール左に突き刺して再逆転。 J1通算300試合出場となった石原のメモリアル弾で勝ち越しに成功した湘南は、後半アディショナルタイムにクリスティアーノに決定的なシュートを浴びたが、カバーに入った舘が決死のクリア。そのまま終了のホイッスルが鳴り、湘南が3-2の逆転勝利を収めて連敗を「6」で止めた。一方、柏は5試合ぶりの黒星となっている。 湘南ベルマーレ 3-2 柏レイソル 【湘南】 岡本拓也(前4) 松田天馬(後33) 石原直樹(後36) 【柏】 オルンガ(前22) 神谷優太(後9) 2020.10.18 17:14 Sun
twitterfacebook
thumb

今年の個人記録は●年ぶりの大台に乗るかも?! の巻/倉井史也のJリーグ

とりあえず10月の日本代表の試合が終わって、今のところ新型コロナウイルス感染者が出たという話も聞かないし、試合は1勝1分けで終わって負けなかったし、再開1発目ってことではよかったんじゃないですか? Jリーガーいないし、Jリーグの試合と現地からの会見の時間が重なってて踏み絵的になってたりということはあったんだけど、なんせ過密日程ですからね。今回はちょっと多めに見て……って思ったんだけど、やっぱ代表戦とJリーグと一緒に行われると混乱しちゃいませんか。 J1リーグ、ACLに出場する横浜FM、FC東京、神戸って、もう25試合を消化してるんですよ。となると、そろそろ個人記録も気になるころってことで、今週は個人データがどうなってるか調べちゃうよ!! まず分かりやすいところで得点王。現在はこんな感じになってます。 1位 21ゴール オルンガ 柏(22試合消化) 2位 12ゴール エヴェラウド 鹿島(23試合消化) 2位 12ゴール 小林悠 川崎(23試合消化) 4位 11ゴール レアンドロ・ダミアン 川崎(23試合消化) 4位 11ゴール エリキ 横浜FM(25試合消化) 4位 11ゴール マルコス・ジュニオール 横浜FM(25試合消化) 4位 11ゴール 古橋亨梧 神戸(25試合消化) 8位 10ゴール 三笘薫 川崎(23試合消化) 9位 9ゴール レオナルド 浦和(23試合消化) 9位 9ゴール レアンドロ・ペレイラ 広島(21試合消化) って、まぁ今年の得点王はどう考えてもオルンガになりそうな。じゃあ、22試合消化した時点で21ゴールってのがどれくらいすごいかを考えてみると、今年のオルンガと同じかそれ以上の成績は 【2019年 22節終了時点】 1位 12ゴール ディエゴ・オリヴェイラ FC東京 【2018年 22節終了時点】 1位 16ゴール パトリック 広島 【2017年 22節終了時点】 1位 13ゴール 興梠慎三 浦和 1位 13ゴール 杉本健勇 C大阪 【2016年 22節終了時点】 1位 15ゴール ピーター・ウタカ 広島 【2015年 22節終了時点】 1位 16ゴール 宇佐美貴史 G大阪 【2014年 22節終了時点】 1位 12ゴール 大久保嘉人 川崎 【2013年 22節終了時点】 1位 17ゴール 大久保嘉人 川崎 【2012年 22節終了時点】 1位 17ゴール 佐藤寿人 広島 【2011年 22節終了時点】 1位 11ゴール ケネディ 名古屋 【2010年 22節終了時点】 1位 11ゴール 曺永哲 新潟 1位 11ゴール ケネディ 名古屋 【2009年 22節終了時点】 1位 12ゴール ジュニーニョ 川崎 【2008年 22節終了時点】 1位 14ゴール マルキーニョス 鹿島 【2007年 22節終了時点】 1位 14ゴール ジュニーニョ 川崎 1位 14ゴール ウェズレイ 広島 【2006年 22節終了時点】 1位 16ゴール ワシントン 浦和 ってこりゃオルンガすげぇなと思っていたら!! なんと!! 【2005年 22節終了時点】 1位 21ゴール アラウージョ G大阪 こんな記録が生まれてたんですよ。ちなみにこの年のアラウージョは33ゴールを挙げて得点王。じゃあオルンガとどっちがすごいか比較してみると、 【22節終了時点】 アラウージョ 22試合出場 出場1試合平均0.95点 シュート数95本 決定率22.1% オルンガ 21試合出場 出場1試合平均1.00点 シュート数85本 決定率24.7% そしてリーグ終了時点では アラウージョ 33試合出場 出場1試合平均1.00点 シュート数135本 決定率24.4% もしアラウージョと同じように終盤でペースが上がってたら、そりゃすごい記録になりそうですよ。ちなみに、歴代最多得点王は27試合で36ゴールを挙げた1998年中山雅史なのでした。 はたして今年はどんなことになるのか、得点王にも注目!! 的な感じでオナイシャス。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.10.17 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

柏が10番MF田村蒼生らU-18所属の6選手を一気に2種登録、世代別代表経験者も

柏レイソルは16日、U-18チームに所属する6選手が2種登録でトップチームに登録することを発表した。 今回2種登録されたのはGK近野勝大(17)、DF戸田伊吹(18)、DF田中隼人(16)、MF田村蒼生(18)、MF揖斐俊斗(17)、FW中島舜(18)とのことだ。 6名とも日本体育大学柏高等学校に在学中、田村、中島はU-12から、残りの4名はU-15から柏でプレーしている。 ユースで10番を背負う田村は、U-17、U-18と日本代表を経験。揖斐はU-16日本代表、田中はU-15日本代表に選ばれ、U-16からU-18までは候補に、近野はU-16日本代表候補に選ばれたことがある。 2020.10.16 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

先制許した浦和が後半怒涛の反撃! 興梠弾で追いつくも柏とドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第22節の柏レイソルvs浦和レッズが14日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-1の引き分けで終わった。 7位・柏は、前節のヴィッセル神戸戦で怒涛の反撃を受けるも、4-3で勝利。中3日で行われる今節だが、メンバー変更はなし。オルンガを筆頭に強力アタッカー陣を引っ提げてホームで公式戦4連勝を狙った。 対する9位・浦和は、前節のサガン鳥栖戦を後半アディショナルタイム弾で1-0で制し、3連敗をストップ。その試合から柏木と関根に代えて長澤と前節に劇的ゴールとなったプロ初得点を挙げた汰木を先発起用し、連勝を目指した。 立ち上がり数十秒で浦和がチャンスを作る。汰木のスルーパスでディフェンスの背後を取った武藤がボックス中央へパス。これに走り込んだ興梠がシュートも、ゴール右へ逸れてしまった。 徐々に押し込まれる時間が続いたが、浦和は11分にも決定機。ロングフィードを武藤が収めると、左サイドの汰木へ預ける。そこからゴール前に動き出した興梠へパスを通すと、左足シュート。しかし、GKキム・スンギュのビッグセーブに阻まれた。 長短のパスを駆使して支配率を高める柏は19分、敵陣中央の右サイドから川口がラフにクロスを入れる。これにオルンガがディフェンスと競り合いながらシュートを狙ったが、GK西川に処理された。36分には江坂のフリックにクリスティアーノがダイレクトシュート。強烈なシュートもGK西川に弾き出された。 流れの中でこれといった決定機を迎えられていなかった柏だったが、41分に先制に成功する。三丸からの浮き球のパスをディフェンスラインの裏に抜けた江坂が受けると、そのままボックス左へ侵入。すると、カットインから放ったシュートは、ディフェンダーの股下を通りニアサイドのネットを揺らした。 追い掛ける浦和は失点直後に反撃。42分、ボックス左から武藤がクロスを入れる。これにマルティノスが右足で合わせるも枠を捉えられず、1点ビハインドで試合を折り返した。 早い時間に追い付きたい浦和は49分に決定機。マルティノスの展開に左サイドで受けた汰木がクロスを入れる。ゴール前で待つ武藤がフリーでヘディングシュートを放ったが、GKキム・スンギュの正面に飛んでしまう。 それでも、54分の武藤のシュートなどで攻め立てると、59分に同点に。マルティノスの右CKを槙野が頭で合わせる。このシュートは左ポストに弾かれたが、これを汰木が詰める。シュートはミートしなかったが、これに飛び込んだ興梠が肩で押し込んだ。汰木のオフサイド、興梠のハンドが疑われたが、結局ゴールは認められた。 後半、流れを持っていかれる柏は65分、ラフなロングフィードにオルンガ。ディフェンスとの競り合いを制して左足でシュートもGK西川がキャッチする。 時間が経過するにつれてオープンな展開に。62分に山下、67分に鵜木を送り出した柏は、オルンガをターゲットにチャンスをうかがう。一方、押せ押せの浦和はレオナルド、杉本、柴戸を投入して逆転を狙う。 すると、浦和は85分にボックス中央手前の良い位置でFKを獲得する。これをマルティノスが壁を越して落すもゴール右へ外れ、逆転ゴールは奪えず試合終了。1-1の引き分けで終了した。 柏レイソル 1-1 浦和レッズ 【柏】 江坂任(前41) 【浦和】 興梠慎三(後14) 2020.10.14 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第22節:柏vs浦和】公式戦4連勝目指す柏、連敗ストップの浦和を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第22節】 2020年10月14日(水) 19:00キックオフ 柏レイソル(7位/36pt) vs 浦和レッズ(9位/33pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆撃ち合い制した前節の勢いままに4連勝へ【柏レイソル】 前節はホームにヴィッセル神戸を迎え、4-3で勝利。YBCルヴァンカップの準決勝も含め、公式戦3連勝となった。 神戸戦では、エースのFWオルンガ、そしてゲームメーカーのMF江坂任がそれぞれ2ゴール。チームとしてケガ人が多くいる中でも、しっかりと勝利を収められたことは大きいだろう。 神戸の反撃に遭い3失点を喫した点は後味が悪いが、追いつかれずに勝ち切れたことはチームにとってプラスに働く。疲労度も増す中での激戦を制したことは、メンタル面でも選手を支えたはずだ。 今節の相手は浦和。アウェイでの試合は0-4で快勝を収めており、その良いイメージも残っているはず。10月に入ってから負けなしの勢いをしっかりと引き継ぎ、公式戦4連勝を飾りたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:川口尚紀、大南拓磨、古賀太陽、三丸拡 MF:大谷秀和、ヒシャルジソン、神谷優太 MF:江坂任 FW:クリスティアーノ、オルンガ 監督:ネルシーニョ 出場停止:高橋峻希 ◆なんとか連敗ストップ、仕切り直せるか【浦和レッズ】 前節はアウェイでのサガン鳥栖戦で、薄氷の勝利。後半アディショナルタイムに汰木康也がゴールを奪い、0-1で勝利した。 リーグ戦の連敗を「3」でストップさせた浦和だが、この勝利も手放しでは喜べない。鳥栖にペースを握られる展開にもなり、終盤にはGK西川周作のPKストップもあり勝利を掴めた。 不安定な戦いが続いている今シーズン。特にホームの埼玉スタジアム2002では勝てていないが、アウェイでは現在3連勝中と、良いイメージもあるだろう。ホームで完敗を喫した相手だけに、リベンジを果たしたいところだ。 鳥栖戦の決勝ゴールにもあったように、サイドからの攻撃を上手く使い、カウンターで仕留める力はあるはず。しかし、淡白なプレー、精度の低さが今シーズンは結果に顕著に表れている。強力な攻撃陣を持つ柏が相手だが、先行して主導権を握りたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:マルティノス、長澤和輝、柏木陽介、関根貴大 FW:杉本健勇、レオナルド 監督:大槻毅 2020.10.14 15:25 Wed
twitterfacebook