冨安がC・ロナウドとマッチアップ! ユーベがC・ロナウド&ディバラ弾で首位キープ!《セリエA》

2020.06.23 06:44 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第27節、ボローニャvsユベントスが22日に行われ、0-2でユベントスが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。

中断前、1分け2敗と3戦勝利のなかった10位ボローニャ(勝ち点34)は、今季のユベントスとの1stマッチを負傷欠場していた冨安が[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。

一方、再開後のコッパ・イタリア2試合で低調な試合を演じ、ナポリ相手に優勝を逃した首位ユベントス(勝ち点63)は、2位ラツィオに1ポイント差とされている中、ナポリ戦で負傷したアレックス・サンドロが欠場。3トップは右からベルナルデスキ、ディバラ、C・ロナウドで形成した。

冨安がC・ロナウドとマッチアップした中、まずはユベントスに決定機。7分、ボックス左から中に切れ込んだC・ロナウドがオンターゲットのシュートを放ったが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。

オープンな立ち上がりとなった中、ユベントスは21分にPKを獲得する。左CKの流れでデ・リフトがデンスウィルに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをC・ロナウドが決めてユベントスが先制した。

先制後はユベントスが敵陣でのプレーを増やした中、36分に加点する。ベルナルデスキのパスを受けたペナルティアーク中央のディバラが左足を一閃。パーフェクトなシュートがゴール左上に突き刺さった。

ユベントスが2点をリードして迎えた後半、開始7分に決定機。冨安の背後でスルーパスを受けたボックス左のC・ロナウドがシュートに持ち込むも枠を捉えきれなかった。

1分後にもベルナルデスキのミドルシュートが左ポストに直撃したユベントスは、65分に負傷したデ・シリオに代えてダニーロを投入。

前がかるボローニャに対し、終盤にかけては守備に徹したユベントスがダニーロの退場があったものの、シャットアウト。リーグ再開初戦を制し首位をキープしている。
コメント
関連ニュース
thumb

冨安ボローニャのミハイロビッチと吉田サンプのラニエリが次節ベンチ入り禁止

セリエA懲戒委員会は9日、DF冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督と、DF吉田麻也の所属するサンプドリアのクラウディオ・ラニエリ監督が次節ベンチ入り禁止となることを発表した。 ミハイロビッチ監督は8日に行われたセリエA第31節サッスオーロ戦で、82分にDFミシェル・ダイクスに対して出されたイエローカードを巡って主審に抗議し、一発レッドカードを提示されていた。退席する際に主審へ暴言を吐いていたミハイロビッチ監督には1万5000ユーロ(約180万円)の罰金も科されている。ボローニャは次節、パルマとの中位対決を戦う。 また、ラニエリ監督は8日に行われたセリエA第31節アタランタ戦で、66分に2枚目のイエローカードを受けて退席していた。サンプドリアは次節、ウディネーゼとの残留争いに臨むが、指揮官不在となる。 2020.07.10 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

冨安が得点&失点関与のボローニャ、サッスオーロに敗れてEL出場が遠のく《セリエA》

ボローニャは8日、セリエA第31節でサッスオーロをホームに迎え、1-2で敗れた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節インテル戦を18歳の新星ジュワラの活躍で逆転勝利した9位ボローニャ(勝ち点41)は、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の7位ミランとの5ポイント差を維持した中、冨安が引き続き右サイドバックで先発となった。 10位サッスオーロ(勝ち点40)に対し、開始2分にパラシオのミドルシュートがバーに直撃したボローニャ。 だが、その後はサッスオーロに押し込まれる展開が続き、30分にはベラルディのミドルシュートでゴールを脅かされる。 守備に徹していた冨安はハラスリンと対面し仕事をさせずにいたが、41分に失点に絡んでしまう。右サイドからのクロスボールをファーサイドで受けたベラルディに対して冨安が対応したが、深い切り返しでスライディングタックルをかわされ右足でシュートを蹴り込まれた。 ボローニャが1点ビハインドで迎えた後半、57分に加点されてしまう。ボックス左に侵入してきたデフレルのシュートはGKスコルプスキが防いだものの、ルーズボールをハラスリンに蹴り込まれてしまった。 2点を追う展開となったボローニャはサンソーネとドミンゲスを投入するも、終盤にかけても目立った決定機を生み出せない。 そんな中、追加タイム1分に冨安がゴールを演出する。ボックス右深くでスルーパスを受けた冨安がマイナスに折り返し、DFにディフレクトしたルーズボールを拾ったバロウがゴールに蹴り込んだ。 しかし反撃はここまで。1-2で敗れ、7位ミランとの勝ち点差を8に広げられ、EL出場権獲得が遠のいた。 2020.07.09 06:53 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ、ボローニャ戦での逆転負けに憤る「スクデット獲得に相応しいかを理解する必要がある」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督が、ボローニャ戦での逆転負けに憤っている。『フットボール・イタリア』が伝えている。 前節、格下ブレシア相手に6-0の大勝を収め2連勝中の3位インテルは、5日に行われたセリエA第30節で11位のボローニャをホームで迎え撃った。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆インテルの対ボローニャ戦歴代ベストゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2Sld0dGh6ZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合は前半の22分にMFアシュリー・ヤングの左クロスの流れからFWロメル・ルカクのゴールで先制に成功。その後はDF冨安健洋とのマッチアップで優位に立ったヤングを起点に攻勢を続け、1点リードで試合を折り返した。 迎えた後半は58分に主審への暴言で相手MFロベルト・ソリアーノが一発退場となり、数的優位を手にした中、直後の61分にPKを獲得。これで勝利に大きく近づくかに思われたが、キッカーのFWラウタロ・マルティネスが相手守護神ウカシュ・スコルプスキのビッグセーブに遭い、追加点のチャンスを逸した。 すると、このPK失敗で流れを失ったホームチームはDFアレッサンドロ・バストーニの退場もあり、FWムサ・ジュワラ、FWムサ・バロウの若きガンビア人コンビの躍動を許し、74分、80分に連続失点。その後の反撃もGKスコルプスキに阻まれ、ホームで痛恨の逆転負けとなった。 同試合後、選手全員とジュゼッペ・マロッタCEOと共にロッカールームで長時間のミーティングを敢行した後、コンテ監督はイタリア『DAZN』のインタビューに応対。「自分たちがスクデット獲得のプロジェクトに相応しい存在であるかを改めて理解する必要がある」と、自身を含めチーム全体への憤りを口にしている。 「今日、何が起きたかは明白であり、私の口から話すことはあまりない」 「我々全員が責任を負う必要がある。まず監督を務める私自身、そしてピッチに立つプレーヤーだ。今日、我々はボローニャに試合(勝利)をプレゼントしたと思っている。こういったことは今回が初めてではない。それは中断前、再開後と頻繁に起こっている問題だ」 「今日に関しては幾つかの状況に関してしっかりと評価すべき部分があった。PKをセーブされた後に生じた幾つもの問題を説明するのは難しい。我々は依然として10人の相手と戦っていたのだからね」 「ただ、10人の相手に対して試合をコントロールしていた中でチャンスを決め切れなかった部分に関しては大きな問題だとは捉えていない。完璧にコントロールできていたからだ」 「ただ、こういった試合は今回が初めてではなく、私自身、プレーヤーの双方が、問題解決のために自問自答していく必要がある」 なお、インテルは今シーズンのリーグ戦でリードした状況から18ポイントを取りこぼしており、精神面の問題を指摘する声も上がっている。 「私に言えることは、シーズン終了まで私を含め全員がインテルという偉大なクラブに所属しているということを証明していかなければならない。それは私を含め全員に当てはまることだ」 「もし、我々がスクデット獲得、かつての栄光を取り戻したいと考えているのであれば、自分たちがそれに相応しい存在であるかを改めて理解する必要がある」 また、この敗戦により、首位ユベントスとの勝ち点差が「11」に開き、4位のアタランタとの勝ち点差が「1」に縮まった中、逆転でのスクデット獲得の可能性について問われると、「今日のような試合、先日のサッスオーロ戦でのドローを考えれば、それ(スクデット)は厳しい。我々はできるだけ早くチャンピオンズリーグ出場権を手にする必要がある。そして、ミスを減らすように努めていく」と、今季の目標を下方修正している。 2020.07.06 15:31 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル撃破に貢献のボローニャの18歳新星FWに壮絶な生い立ち…4年前に難民としてイタリアに

インテル相手に鮮烈なセリエA初ゴールを挙げたボローニャのガンビア人FWムサ・ジュワラ(18)だが、その活躍に至るまで壮絶な人生を歩んできた。イタリア『スカイ』が伝えている。 ボローニャは5日に行われたセリエA第30節で強豪インテルとのアウェイゲームに臨み、2-1で逆転勝利した。 互いに1人ずつの退場者を出すなど、波乱含みの一戦は前半にFWロメル・ルカクのゴールでインテルが先制。さらに、後半序盤にはインテルにPKが与えられたが、ここはGKウカシュ・スコルプスキのビッグセーブで阻止。すると、その直後にDF冨安健洋との交代でピッチに立ったジュワラが大仕事。 74分、左サイドでのスローインの流れからボックス内で相手のクリアミスに反応し、見事な左足のシュートでセリエA初ゴールを奪取。さらに、77分には持ち味の快足を生かした仕掛けでDFアレッサンドロ・バストーニを退場に追い込んだ。その後、ガンビアの先輩FWムサ・バロウに逆転ゴールが生まれ、若きガンビア人コンビがインテル撃破の立役者となった。 このインテル戦での活躍により、一躍注目の存在となったジュワラだが、ここまで壮絶な人生を歩んできた。 2001年にガンビアで生まれたジュワラだが、幼少期に両親を亡くし祖父によって育てられていたという。 そして、貧困に喘ぐ母国を離れヨーロッパでの成功を求めたジュワラは、2016年に地中海ボートピープルとしてイタリアのシチリア島に上陸。難民としてポテンツァのルオーティに滞在していた際、地元のヴィルトゥス・アヴィリアーノを率いていたヴィタントニオ・スマー氏と出会い人生が一変。 スマー氏とその妻はジュワラの親権を取得し後見人となると、新たな家族を手にしたジュワラはピッチ上で躍動。キエーボ・ヴェローナとの契約を勝ち取った。 そして、2019年5月に行われたセリエAのフロジノーネ戦でプロデビューを飾った快足アタッカーは、昨年夏にボローニャに完全移籍。今年2月のローマ戦で同クラブでのセリエAデビューを飾ると、出場5試合目となったこのインテル戦で待望の初ゴールを挙げた。 地中海ボートピープルとしてイタリアの地を初めて踏んでから4年を経て、18歳の青年が壮大なシンデレラストーリーを歩み始めた…。 2020.07.06 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安途中交代のボローニャが守護神スコルプスキと18歳ジュワラの躍動でインテルに逆転勝利!《セリエA》

セリエA第30節、インテルvsボローニャが5日に行われ、1-2でボローニャが逆転勝利した。ボローニャのDF冨安健洋は65分までプレーした。 4日前に行われた前節ブレシア戦を6発圧勝とした3位インテル(勝ち点64)は、ブレシア戦のスタメンから4選手を変更。負傷明けのブロゾビッチが先発となり、ルカクやエリクセンら主力がスタメンに戻った。 一方、前節カリアリとの中位対決を1-1で引き分けた11位ボローニャ(勝ち点38)は、ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランとの5ポイント差を維持した中、冨安が引き続き右サイドバックで先発となった。 立ち上がりから圧力をかけたインテルは21分に先制する。ヤングの左クロスにL・マルティネスがヘディング。シュートは左ポストに直撃するもルーズボールをルカクが押し込んだ。 さらに28分、左サイドでボールを持ったヤングが冨安の股間を抜いて突破し、ボックス左へ侵入。決定的なシュートを放ったが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。ハーフタイムにかけても一方的に攻め込み続けたインテルが1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、重心を上げたボローニャは53分にバロウが右ポスト直撃のミドルシュートを浴びせるも、58分に退場者を出してしまう。ロベルト・ソリアーノが主審への暴言で一発退場となってしまった。 そして61分、インテルがPKを獲得する。カンドレーバがボックス右に侵入したところでダイクスに倒された。しかし、L・マルティネスのシュートはGKスコルプスキに止められ、ルーズボールをプッシュしたガリアルディーニのシュートもスコルプスキにセーブされた。 65分にはヤングに対応しきれていなかった冨安がベンチに下がった中、18歳のジュワラが投入される。するとこのジュワラがインテル守備陣をかき回す。 まずは73分にGKハンダノビッチを強襲するシュートを浴びせると、1分後に同点弾を挙げる。スローインの流れからルーズボールをボックス中央のジュワラがゴール右へ蹴り込んだ。 セリエA初ゴールを決めたジュワラは77分、バストーニに2枚目のイエローカードを出させて退場に追い込むと、80分にボローニャが逆転する。ショートカウンターからジュワラ、パラシオ、ドミンゲスとつなぎ、最後はボックス左に走り込んだバロウがシュートを流し込んだ。 まさかの逆転を許したインテルは試合終了間際の追加タイム3分、サンチェスのシュートがGKスコルプスキにセーブされ、1-2で敗戦。逆転でのスクデット獲得が一層厳しくなった。 一方、値千金の勝利を手にしたボローニャはEL出場の可能性をつないでいる。 2020.07.06 02:28 Mon
twitterfacebook