ルカク&ラウタロ弾で逃げ切ったインテル、吉田先発のサンプを下し再開初戦を白星で飾る!《セリエA》

2020.06.22 06:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは21日、セリエA第25節延期分でサンプドリアと対戦し、2-1で勝利した。サンプドリアの日本代表DF吉田麻也はフル出場した。

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的なパンデミックによる長期中断を経て、約3カ月半ぶりの再開となったセリエA。

中断前の時点で3位だったインテル(勝ち点54)が、降格圏と勝ち点差1の16位に低迷するサンプドリア(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。インテルは、13日に行われたコッパ・イタリア準決勝のナポリ戦から先発を1人変更。ブロゾビッチに代えてガリアルディーニを先発で起用した。

吉田が3バックの一角で先発したサンプドリアに対し、インテルは試合開始早々に決定機を迎える。2分、バレッラのロングパスでボックス右深くまで侵入したカンドレーバが折り返しを供給。ニアに走り込んだラウタロ・マルティネスがスルーしたボールを最後はエリクセンが流し込んだ。

このゴールでインテルの先制かと思われたが、右サイドを抜け出したカンドレーバのポジションでオフサイドを取られ、このゴールは取り消された。

それでも攻勢を続けるインテルは10分、ボックス手前でラウタロのヒールパスを受けたルカクが、ボックス内のエリクセンとのワンツーでゴール前まで侵入すると、冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。

先制点で勢いづくインテルは33分、右サイド高い位置でボールキープしたルカクのパスをボックス右に駆け上がったカンドレーバがダイレクトで折り返す。これをゴール前でフリーのラウタロが難なく流し込み、インテルが追加点を奪った。

その後も押し気味に試合を進めるインテルは、サンプドリアの枠内シュート0本に抑え、前半を終わらせた。

迎えた後半、先にスコアを動かしたのは2点を追うサンプドリア。53分、ショートコーナーを受けたガストン・ラミレスの左クロスをコリーがヘディングシュート。これはクロスバーに弾かれるも、こぼれ球をゴール前のトールスビーが押し込んだ。

膠着状態が続く中、インテルは73分にヤングとカンドレーバを下げてビラギとモーゼスを投入。さらに79分にエリクセンを下げてボルハ・バレロ、83分にラウタロを下げてサンチェスをピッチに送り出した。

すると89分、インテルはボックス手前でボールを受けたルカクが右に展開すると、ボックス右に駆け上がったモーゼスがワントラップからシュート。しかし、これは枠に上に外れた。

結局、試合はそのまま2-1で終了。後半苦戦もルカクとラウタロのゴールで逃げ切ったインテルが、約4カ月ぶりとなるジュゼッペ・メアッツァでの試合を勝利で飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

モーゼスが筋肉系の問題で離脱…次節ボローニャ戦は欠場か

インテルは3日、ナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼスの負傷を発表した。 モーゼスは1日に行われたセリエA第29節のブレシア戦(6-0で勝利)に先発出場すると、69分までプレーしていたが、同試合後に負傷が発覚した。 インテルによると、3日の午前中にロッツァーノのヒューマニタス病院で精密検査を実施した結果、左大腿部の屈筋に筋肉疲労が確認されたという。 なお、現時点で離脱期間は明かされていないが、『フットボールイタリア』は5日に行われるセリエA第30節のボローニャ戦は欠場すると伝えている。 1月にチェルシーからインテルにレンタルで加入したモーゼスは、右サイドのバックアッパーとしてセリエAで7試合、ヨーロッパリーグで2試合、コッパ・イタリアで3試合に出場している。 2020.07.04 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルがハキミ獲得を発表! 2025年まで契約締結

インテルは2日、レアル・マドリーのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月までで、移籍金はイタリア『スカイ』によると、4000万ユーロ(約48億3000万円)+成果ボーナス500万ユーロ(約6億円)で、インテルにおけるDF獲得の際にかけた移籍金で最高額になるという。なお、年俸は500万ユーロとのことだ。 レアル・マドリーのアカデミー出身者であるハキミは2018-19シーズンから今季にかけて2年レンタルでドルトムント入りすると、攻撃力が魅力のサイドバックとして公式戦28試合3得点7アシストをマーク。今季はより攻撃性能に磨きがかかり、45試合に出場して9得点10アシストの好成績を収めていた。 そんなハキミを巡ってはレンタル先のドルトムントの他、バイエルンやマンチェスター・シティも獲得に乗り出しているとされてきたが、インテルが争奪戦を制すこととなった。 2020.07.02 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

6発完勝のコンテ監督、1G2Aのサンチェスに「正しい方向に進んでいる」

インテルのアントニオ・コンテが1日に行われたセリエA第29節のブレシア戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ブレシア戦では、5分にMFアシュリー・ヤングが先制点を記録すると、それを皮切りにゴールラッシュ。MFクリスティアン・エリクセンにセリエA初ゴールが生まれるなど6-0の快勝を収め、優勝争いに踏みとどまった。 <div id="cws_ad">◆サンチェス、インテルで決めた初ゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2THdYcTBNMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合後、コンテ監督は『DAZN』のインタビューに応じると「確かに、試合内容の大半は満足している。足を止めることなく、同じ姿勢を継続してうまく戦った。ガソリンを足に留め、失点しなかったという事実はとてもポジティブだ」と満足感を示した。 この試合でリーグ戦第6節のサンプドリア戦以来、約10カ月ぶりのゴールを記録し、2アシストを記録したサンチェスにも言及。本来の姿を取り戻しつつあると述べている。 「彼にクオリティがあるからここに連れてきた。残念ながら長い間、オプションとして彼を起用できなかった。彼は歩み始めている。イングランドのときに大ファンだった本当のサンチェスでなかったとしてもだ」 「しかし、私が言えるのは彼が正しい方向に進んでいるということだ。今日は素晴らしいパフォーマンスを披露した。FW全員を起用出来るから私はよりリラックスしている」 2020.07.02 12:54 Thu
twitterfacebook
thumb

“悪童”マテラッツィが日本人選手の前でオーバーヘッドを炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆CBマテラッツィの完璧なバイシクル<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZRFVxeTNZSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名ディフェンダーにしてサッカー界随一の“悪童”としても知られるマテラッツィ氏は、2000-01シーズンにはシーズン11ゴールを決め、当時のディフェンダーとしてのリーグ最多得点記録を塗り替えたこともある。 インテルに入団してからも公式戦209試合に出場し33得点を記録。パワフルな守備だけでなく得点力でもチームに貢献したが、2006年12月17日に行われたセリエA第16節のメッシーナ戦ではストライカー顔負けのゴールを決めている。 ゴールレスで迎えた49分、攻め込んだインテルはMFルイス・フィーゴが、敵陣右大度からゴール前へとクロスを供給する。これをファーサイドのFWズラタン・イブラヒモビッチが頭で折り返すと、高く上がったボールをボックス中央にいたマテラッツィがバイシクルシュート。難しいシュートだったが、しっかりと左足で捉えたシュートは相手GKマルコ・ストラーリの牙城を破った。 なお、この試合には当時メッシーナに所属していた元日本代表MFの小笠原満男氏も先発出場しており、このスーパーゴールの目撃者となっていた。 2020.07.02 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

サンチェス躍動のインテルが今季最多の6発で圧勝!《セリエA》

インテルは1日、セリエA第29節でブレシアをホームに迎え、6-0で圧勝した。 3日前に行われた前節パルマ戦を終盤の2発で逆転勝利を飾り首位ユベントスを8ポイント差で追う3位インテル(勝ち点61)は、パルマ戦のスタメンから5選手を変更。ルカクやエリクセン、カンドレーバらがベンチスタートとなってサンチェスやヤング、モーゼスらがスタメンとなった。 19位ブレシア(勝ち点18)に対し、インテルは開始5分に先制する。サンチェスの右クロスからファーサイドのヤングがボレーでゴール右へ蹴り込んだ。 先制後も敵陣で試合を進めたインテルは、19分にPKを獲得する。サンチェスの浮き球パスでボックス右に抜け出したモーゼスがマテユに倒された。このPKをサンチェスが決め、インテルがあっさりリードを広げた。 その後も試合を掌握するインテルは45分に3点目。サンチェスのパスを受けたヤングがボックス左からクロスを送ると、ファーサイドのダンブロージオが頭で押し込んだ。 余裕の展開としたインテルは後半からデ・フライに代えてラノッキアを投入。そして52分に4-0とした。ボックス手前右からサンチェスの入れたFKにガリアルディーニが頭で合わせた。 その後もブレシア相手に一方的な展開としたインテルはバレッラやL・マルティネスをお役御免とし、エリクセンやカンドレーバを投入。 そして途中出場のエリクセンとカンドレーバが終盤にもゴールを決めたインテルが今季最多の6ゴールを挙げて圧勝。首位ユベントスを8ポイント差で追っている。 2020.07.02 04:37 Thu
twitterfacebook