米代表DFイェドリンが代表引退を検討…「平等ではない国を代表してプレーするのは困難」

2020.06.20 18:42 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのアメリカ代表DFデアンドレ・イェドリンが、ここ最近の人種差別問題を受け、代表引退を検討していることを明かした。アメリカのミネソタ州で、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさん(享年46)が、白人警官によって身柄を拘束された際に殺害された件で、現代でも根強く残る人種差別への抗議活動が世界中に拡散。

今週に再開されたプレミアリーグでも、人種差別への抗議から全クラブがユニフォームネームを“Black Lives Matter”とする特別なユニフォームの着用、抗議活動の代名詞ともなっているひざまずくアクションを試合前に行っている。

そんな中、トッテナム、ニューカッスルとイングランドの地で6年を過ごすイェドリンは先日、自身の公式『ツイッター(@yedlinny)』を通じて、母国で暮らす祖父とのやり取りを告白したことで、大きな話題を集めていた。

ワシントン州シアトルで生まれ育ち、アメリカ代表として通算62キャップを刻む26歳は以下のようなメッセージを発していた。

「ジョージ・フロイドさんが亡くなった数日後、祖父が僕が今もアメリカに住んでいなくて良かった。なぜなら今アメリカにいれば、若い黒人男性である僕の命を心配しなければならないからだとメールをくれた」

「彼は1946年に生まれて、自由民権運動やアメリカ史の中でも酷い人種差別があった時代を生きてきた。それから70年経った今、彼はまだ黒人である自分の孫の命の心配をしなければならない」

「全てのアメリカ人が自分自身に聞いてみる必要がある。この国に『万民のための自由と正義』があるのかと。もしその答えがイエスだというなら、その人たちはこの問題の一部だ」

「僕らは、黒人の命を白人の命より大事にしろなんてこと求めていない。我々は平等になること、5分の3ではなく、1人の人間として見られることを求めているんだ」

そして、アフリカ、ネイティブアメリカン、ユダヤ系ラトビア人と多くのルーツを持つアメリカ代表DFは今回、イギリス『スカイ・スポーツ』で改めて母国に蔓延る人種差別問題について言及。「すべての人々が平等ではない国を代表してプレーすることは難しい」と、代表引退を考慮していることを明かした。

「ここ最近、アメリカでの自分の将来について多くのことを考えてきたよ。家族はいつも自分が信じることに突き進んでいけばいいと言ってくれている」

「(今回の活動によって)変化が起きるかどうかを確認することは、待ちに待ったゲームの1つだと思っているよ」

「だけど、物事が順調に進んだとしても、アフリカ系アメリカ人の1人として、すべての人々が平等ではない国を代表してプレーすることは難しい」

26歳という年齢を考えれば、母国がカナダ、メキシコと共催する2026年ワールドカップ出場の可能性も十分にあるが、人種差別の問題がイェドリンの代表キャリア終了を早めることになるのか…。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーべMFマッケニーがアメリカ年間最優秀選手に! プリシッチらを抑えての初栄冠

ユベントスのMFウェストン・マッケニー(22)がアメリカ年間最優秀選手賞に輝いた。 アメリカサッカー連盟は18日、2020年の同国年間最優秀選手としてマッケニーを選出。マッケニーは全体で44%の支持を集め、チェルシーのMFクリスチャン・プリシッチ(27%)、バルセロナのDFセルジーニョ・デスト(14%)らを抑えての初の栄冠となる。3年連続で最終候補に入り、3度目の正直で初受賞を果たしたマッケニーは喜びの心境を語っている。 「この大きな名誉をもらえて、感謝したい。パンデミックが続く困難な時期のなかでだからなおさらだ。ずっと僕らと一緒にいてくれるファンにもすごく感謝している。うまくいけば、2021年はもっとたくさんの思い出を一緒に作っていけるはずさ」 マッケニーはシャルケのアカデミーで育ち、2017年5月にトップチームデビューを飾り、今夏に買い取りオプション付きのレンタルでユベントス入り。今季から誕生したアンドレア・ピルロ体制の補強一号としてだけでなく、ユベントス史上初のアメリカ人プレーヤーとしても注目され、ここまで公式戦13試合の出場で2得点2アシストの数字を収めている。 2020.12.19 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーMFプリシッチがハムストリング負傷でアメリカ代表離脱…クラブでリハビリ

アメリカサッカー連盟(USSF)は11日、チェルシーに所属するMFクリスチャン・プリシッチが離脱することを発表した。 アメリカ代表は12日にウェールズ代表との国際親善試合を予定している。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTaUF6djB5NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合に先立った記者会見に出席したグレッグ・バーホルター監督は、「クリスチャンは我々のグループの大きな部分を占める」とコメント。「彼はケガをしていてもキャンプに来たことが物語っている。みんなと共に居て、チームのリーダーであり続けたいと思っていたのは大きな意味を持つ」とコメントしていた。 チェルシーもプリシッチがクラブに戻ってくることを発表。ハムストリングを負傷しており、回復に努めるとのことだ。 プリシッチは、10月31日に行われたプレミアリーグ第7節のバーンリー戦で、試合前のウォーミングアップ中にハムストリングにわずかな違和感があり出場を回避。それ以降はプレーしていなかった。 今シーズンのプリシッチは、プレミアリーグで3試合、チャンピオンズリーグで2試合に出場し1ゴールを記録していた。 2020.11.12 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

逸材揃いのアメリカ代表が発表! コロナ影響で欧州組中心の平均年齢21歳のスカッドに

アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)は3日、今月の代表ウィークに向けたアメリカ代表メンバー24名を発表した。 新型コロナウイルスの影響によって、今年2月のコスタリカ代表戦以降、活動停止の状態が続いていたアメリカ代表だが、今回のインターナショナルマッチウィークでは12日にウェールズ代表とのアウェイ戦、16日には中立地オーストリアでパナマ代表戦と2つの国際親善試合に臨む。 渡航や検疫などの問題によってほぼヨーロッパ組のみで戦う今回の代表戦では平均年齢21歳300日という若手中心のメンバー構成となった中、代表キャップ15試合以上の選手はエースのFWクリスチャン・プリシッチ(チェルシー)、DFジョン・ブルックス(ヴォルフスブルク)、DFティム・リーム(フルアム)、MFウェストン・マッケニー(ユベントス)ら数選手に留まることになった。 そして、今回の招集メンバー24名の内、10名は代表未キャップの選手が選出されたが、FWジョバンニ・レイナ(ドルトムント)を始め、DFクリス・リチャーズ(バイエルン)、MFユヌス・ムサ(バレンシア)、FWコンラッド・デ・ラ・フエンテ(バルセロナ)ら、ビッグクラブで将来を嘱望される逸材たちが揃った。 ◆アメリカ代表メンバー GK イーサン・ホーヴァス(クラブ・ブルージュ/ベルギー) ザック・ステッフェン(マンチェスター・シティ/イングランド) チトゥル・オドゥンゼ(レスター・シティ/イングランド)※ DF ジョン・ブルックス(ヴォルフスブルク/ドイツ) レジー・キャノン(ボアヴィスタ/ポルトガル) セルジニョ・デスト(バルセロナ/スペイン) マット・ミアズガ(アンデルレヒト/ベルギー) ティム・リーム(フルアム/イングランド) アントニー・ロビンソン(フルアム/イングランド) クリス・リチャーズ(バイエルン/ドイツ)※ MF タイラー・アダムス(RBライプツィヒ/ドイツ) ジョニー・カルドーソ(インテルナシオナウ/ブラジル)※ リチャード・レデスマ(PSV/オランダ)※ ウェストン・マッケニー(ユベントス/イタリア) ユヌス・ムサ(バレンシア/スペイン)※ オーウェン・オタソヴィー(ウォルバーハンプトン/イングランド)※ FW コンラッド・デ・ラ・フエンテ(バルセロナ/スペイン)※ ニコラス・ジョアッキーニ(カーン/フランス)※ クリスチャン・プリシッチ(チェルシー/イングランド) ユリシーズ・ジャネス(ヘーレンフェーン/オランダ) ジョバンニ・レイナ(ドルトムント/ドイツ)※ ジョシュ・サージェント(ブレーメン/ドイツ) セバスティアン・ソト(テルスター/オランダ)※ ティモシー・ウェア(リール/フランス) ※代表未キャップ 2020.11.04 02:05 Wed
twitterfacebook
thumb

結果的に華麗なヒールシュートに!GK赤面ものの世紀の珍ゴールがアメリカ2部で誕生!

アメリカ2部のUSLチャンピオンシップで生まれた珍しいゴールが話題だ。 そのゴールとは、1日に行われたUSLチャンピオンシップ第15節のハートフォード・アスレティックとフィラデルフィア・ユニオンⅡとの試合で生まれた珍ゴールだ。 前半の早い時間に2点を奪ったハートフォードだったが、フィラデルフィアⅡも意地を見せ、後半に2-2と追い付かれてしまう。そして同点のまま迎えた終了間際の90分、誰も予想しなかった状況から劇的ゴールが生まれる。 左サイドを攻め上がったハートフォードのFWタイリーク・ジョンソンが、ボックス内にアーリークロスを上げるも、これは味方に届く前に相手GKにキャッチされてしまう。ボールを持ったGKは、最後の攻撃に繋げるべく、いち早く前線にスローを試みる。 しかし、GKの目の前にポジションを取っていたFWダニエル・バレラが、スローの妨害をしようと、前に屈みながら足を高く上げる。すると、あろうことかGKの手から投げられたボールは、バレラの右足に跳ね返り、大きく空中へ。高く上ったボールはゴールの方へ飛んでいくと、GKと相手DFの決死の戻りも虚しく、ゴールネットに吸い込まれてしまった。 ダメ元で上げた足に、偶然跳ね返ったボールがそのままゴールインするという衝撃の珍ゴールを決めたバレラ。終了間際のこのゴールが決勝点となり、ハートフォードは3-2で勝利している。 このゴールは試合後、世紀の珍ゴールとしてSNSを中心に話題となっており、まさかの形で劇的な決勝点を決めたバレラは、81分からの途中出場ながら、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されている。 <div id="cws_ad">◆アメリカ2部で生まれた世紀の珍ゴール!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a finish, what a win! With a goal like this, <a href="https://twitter.com/Dannyfb90?ref_src=twsrc%5Etfw">@Dannyfb90</a> is without a doubt the <a href="https://twitter.com/Cigna?ref_src=twsrc%5Etfw">@Cigna</a> Man of the Match!<a href="https://twitter.com/hashtag/CignaMOTM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CignaMOTM</a> <a href="https://t.co/TlnxBx218w">pic.twitter.com/TlnxBx218w</a></p>&mdash; x-Hartford Athletic (@hfdathletic) <a href="https://twitter.com/hfdathletic/status/1311494497428279296?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad"> 2020.10.01 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

トランプ大統領がサッカー連盟の対応に不満…NFLにもけん制「これ以上は見ない」

アメリカのドナルド・トランプ大統領の発言が波紋を呼んでいる。 トランプ大統領は14日、自身のツイッター(@realDonaldTrump)で、アメリカサッカー連盟(USSF)が国歌演奏時の起立を義務付けないことへの抗議をした共和党議員のニュースを引用しながら、「もうこれ以上(サッカー)は見ない」と発言した。 これは、USSFが「Black Lives Matter」として行われている人種差別への抗議活動を支持する上で、「国歌が流れている間は起立しなければいけない」という規約を廃止したことを受けての反応だ。 元々、この規約は、2016年に白人警察官による黒人射殺事件が起こった際、これが人種差別的な事件として抗議活動に発展。NFLのコリン・キャパニックが国歌で起立を拒否したことをきっかけに、アメリカ女子代表MFミーガン・ラピノーも同調し、起立しなかったことで制定されていた。 トランプ大統領は、NFLもUSSF同様の動きを見せていることに対し、「(NFLも)同じ方向に向かっているようだが、私は観戦しないだろう」と発言し、さらに話題を呼ぶこととなった。 トランプ大統領は、2016年当初から一貫して国歌及び国旗への尊重を主張しており、抗議活動に用いるべきではないとのスタンスを貫いている。 そのため、スポーツ界との対立の溝は深く、過去にはこの件を問題とし、しきたりであったNFL王者のフィラデルフィア・イーグルスやNBA王者ゴールデンステート・ウォリアーズの大統領への表敬訪問が中止されたこともあった。 先月、アメリカのミネアポリスで起きたジョージ・フロイドさんの事件以降、急速に拡大している人種差別撤廃への動きだが、トランプ大統領がこの件についての考えを変え、同調することはどうやらないと見られている。 2020.06.15 22:30 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly