リーグ・アン22チーム制案、LFP理事会が全会一致で否決

2020.06.20 00:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
検討されていたリーグ・アンの22チーム制について、 フランス・プロリーグ機構(LFP)理事会は全会一致で否決したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。新型コロナウイルスの感染拡大によって、4月30日に打ち切りが決まったリーグ・アン。最終順位はその時点での順位表に基づき、パリ・サンジェルマンの優勝と、19位アミアン及び20位トゥールーズの降格が決定した。

しかし、時期尚早の決断だったうえに10試合も残していたため、アミアンとトゥールーズ、そして来季の欧州カップ戦の出場を逃したリヨンが猛反発。3クラブは行政裁判の最高裁に当たる国務院に上訴していた。

9日にリヨンの訴えは棄却されたが、アミアンとトゥールーズに関しては、来シーズンに限り22チーム制にする、降格に対する再検討がフランスサッカー連盟(FFF)とLFPの間でなされていた。

しかし、『レキップ』によるとLFP理事会は全会一致で同案を否決。アミアンとトゥールーズは改めて降格待ったなしという状況に追い込まれている。
コメント
関連ニュース
thumb

レンヌ、昨季リーグ・アン9ゴールのFWギラシーを獲得!

スタッド・レンヌは27日、アミアンからフランス人FWセール・ギラシー(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 母国のラヴァルでプロキャリアをスタートしたギラシーは、リール、ケルンを経て、2019年1月にアミアンにレンタル加入。完全移籍に移行した昨シーズンは、リーグ・アンで23試合9ゴールの数字を残したが、チームは無念のリーグ・ドゥ(フランス2部)に降格となっていた。 そういった中、187cmの大柄ながら個での打開力にも長けた若手ストライカーには、国内外のクラブが関心を寄せていたが、新天地は今季チャンピオンズリーグ(CL)に初参戦するレンヌとなった。 2020.08.28 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベが“NEXTヴァラン” と称されるU-17フランス代表DFを獲得へ

ユベントスがアミアンのU-17フランス代表DFフェリックス・エンゾアンゴ(17)を獲得するようだ。フランス『レキップ』が報じている。 カメルーンにルーツを持つ188cmのセンターバックであるエンゾアンゴは、アミアンではまだトップチーム出場を果たしていない中、U-17フランス代表ではこれまで4試合に出場。『レキップ』によればユベントスはエンゾアンゴの獲得のために300万ユーロ(約3億6000万円)を投じるとのことだ。 なお、エンゾアンゴはそのプレースタイルから“NEXTヴァラン”と称されているそうだ。 2020.07.14 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アミアンの元フランス代表DFジャレが現役引退 かつてPSGでも活躍

アミアンは26日、元フランス代表DFクリストフ・ジャレ(36)の現役引退を発表した。 ジャレは2003年にシャモア・ニオールでプロデビュー後、ロリアンを経て、2009〜2014年にかけてパリ・サンジェルマンでプレー。2度のリーグ・アン優勝などを経験して、PSGをカタール資本が買収する前から長らく右サイドバックとして活躍した。 2014年からリヨンに加わると、2017年にニース入り。今季からアミアンに移り、公式戦13試合1得点2アシストの数字を収めた。リーグ・アン通算成績は349試合15得点36アシスト。2012年にデビューの代表としては通算16キャップを記録している。 アミアンはクラブ公式ツイッター(@AmiensSC)を通じて「ジャジャの幸せな引退を願う。アミアンは彼のキャリア、プロ意識、そして彼の喜びに満ちた人生に敬意を表す。クリストフ、ありがとう!」と記している。 2020.06.27 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フランスの国務院がリヨンの訴えを棄却…アミアンとトゥールズの降格処分は一時停止に

フランスの国務院(最高行政裁判所)は9日、2019-20シーズンのリーグ・アン打ち切りを巡ってリヨン、アミアン、トゥールーズの起こした訴訟の判決を言い渡した。 フランス・プロリーグ機構(LFP)は4月30日、フランス政府の意向を受け入れる形で、今シーズンのリーグ・アンとリーグ・ドゥ(フランス2部)を終了することを決定した。 だが、1試合あたりの平均勝ち点で算出された最終順位の決定に関しては、10節を残していたこともあり、戦わずして降格が決定した19位のアミアン、最下位のトゥールーズ、来シーズンのヨーロッパコンペティション出場圏外の7位となったリヨンの3クラブが不服として訴訟を開始した。 しかし、パリの行政裁判所は5月22日に、今回のケースがフランス国家が関与する問題を含んでいることを理由に訴えを棄却。これ受けて、3クラブは行政裁判の最高裁に当たる国務院に上訴していた。 そして9日、国務院はリーグ終了の決定に関しては重大な疑いはなかったとし、リヨンの訴えを棄却。その一方、アミアンとトゥールーズに関しては、降格処分を一時停止とし、2020-21シーズンに2クラブを加えた新たなリーグ形式を採用できないかフランスサッカー連盟(FFF)と共に再検討するようにLFPに命じた。なお、降格に関する再検討は6月30日までに行われるとのことだ。 2020.06.10 01:01 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン打ち切りを巡る3クラブの訴訟に動き…パリ裁判所は判決を棄却

2019-20シーズンのリーグ・アン打ち切りを巡ってリヨン、アミアン、トゥールーズの3クラブが起こしている訴訟に動きが見られた。 フランス・プロリーグ機構(LFP)は4月30日、フランス政府の意向を受け入れる形で、今シーズンのリーグ・アンとリーグ・ドゥ(フランス2部)を終了することを決定した。 だが、1試合あたりの平均勝ち点で算出された最終順位の決定に関しては、10節を残していたこともあり、戦わずして降格が決定した19位のアミアン、最下位のトゥールーズ、来シーズンのヨーロッパコンペティション出場圏外の7位となったリヨンの3クラブが不服として訴訟を開始していた。 3クラブが起こした訴訟はいずれもパリの行政裁判所が担当していたが、同裁判所は22日に、今回のケースがフランス国家が関与する問題を含んでいることを理由に棄却を決定した。 なお、パリの行政裁判所の棄却を受け、LFPが「棄却の決定に満足」との反応を示した一方、リヨンは「LFPが22日時点でパリの行政裁判所の態度を喜んでいることに驚きを感じている」と不快感を示している。 フランス『レキップ』などが伝えるところによれば、3クラブは25日にも破毀院(最高裁判所にあたる)で改めて訴訟を起こすようだ。 2020.05.23 13:55 Sat
twitterfacebook