ロドリがCLでのレアル撃破に向けて強気の発言!「シティはレアルよりも優れたメンバーが揃っている」

2020.06.17 19:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが、チャンピオンズリーグ(CL)でのレアル・マドリー撃破に向けて意気込みを語った。スペイン『アス』が伝えている。

今シーズン、アトレティコ・マドリーからマンチェスター・シティへの移籍したロドリ。加入初シーズンから、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるチームの主力選手の1人として、ここまで公式戦38試合に出場し、4ゴール1アシストを決めている。

シティは、CLラウンド16でレアル・マドリーと対戦し、2月に行われた1stレグでは2-1とアウェーで先勝していた。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響により、国内リーグ同様CLも中断・延期措置が取られていたが、8月にも中立地での再開が見込まれている。

ロドリは『アス』のインタビューで、シティはマドリーよりも優れたチームだとし、マドリー撃破へ自信を見せつつも、決して油断はできないと語った。

「僕たちは2-1で勝っていたとしても、レアル・マドリーが相手の場合、そんなもの何の意味も持たない」

「相手はマドリーで、試合はまだまだ分からない状態だ。僕らの方が優れたメンバーが揃っていると思うし、それを1stレグでは示すことができた。でも仕事はまだ後1つ残っている状態だ」

「相手をリスペクトして、必ず勝ちを狙いにいかなければならない。そうしないと気持ちの部分で混乱してしまうかも知れない」

「CL3連覇を達成し、最近ヨーロッパの舞台では力を見せてきたマドリーを敗退させることができれば、自分たちのCL優勝に向けて、チームの士気が上がるし、自信にも繋がるだろう。ただし、ヨーロッパの舞台にはマドリー以外にも多くの素晴らしいチームがいるけどね」
コメント
関連ニュース
thumb

ペップ、CL8強以降の対戦カード決定に興味示さず 「レアルとの対戦にフォーカス」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝以降の対戦カード決定に反応した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 新型コロナウイルスの影響で3月から中断が続いたCLは8月にポルトガルの首都リスボンに一同が介して、約2週間で行われることに。クラブとして悲願のビッグイヤー獲得を睨むシティはラウンド16を突破すると、ユベントスorリヨンの勝者と激突する。 しかし、グアルディオラ監督はまだ決着がついていないレアル・マドリーとのベスト8行きをかけた戦いにしか興味がないようだ。11日に敵地で行われるプレミアリーグ第35節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に先駆けた会見で、次のように話した。 「この場で私よりもレアル・マドリーのことを知っている者なんていない。彼らはCLで圧倒的な強さを誇るチーム。我々は彼らとの対戦にフォーカスしなければ。まずレアル・マドリーのことだけを考える。レアル・マドリーのことだけを考えるんだ。この大会のキングとの対戦前に先のことが頭のなかにあると、彼らはそこを突いてくる」 なお、ベスト16でレアル・マドリーと激突したシティは敵地での1stレグを2-1の先勝。8月7日にホームでのリターンレグに臨む。 2020.07.11 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

シティのFPP違反を巡る判決が13日にも明らかに

シティのファイナンシャルフェアプレー(FPP)違反を巡る判決が13日にも下るようだ。 欧州サッカー連盟(UEFA)のクラブ財務管理機関(CFCB)は今年2月、シティに対して、2012〜2016年にかけたスポンサー収入の水増しによるFFP抵触の重大な違反を主張。来季から2年間のUEFA主催大会出場禁止と3000万ユーロ(約36億2000万円)の罰金処分を科した。 この処分に納得がいかないシティはスポーツ仲裁裁判所(CAS)にすぐさま異議申し立て。先月上旬にビデオ会議でCASの審理が行われ、イギリス『BBC』が報じたところによると、週明けの13日にもその判決が言い渡される模様だ。 渦中のシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は10日、翌日11日に敵地で行われるプレミアリーグ第35節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に先駆けた会見で、この件に関してこう述べたという。 「我々は準備ができている。この先の数年もフィールドに立ちたいから、チャンピオンズリーグ(CL)出場を許可する人々に対して、大きな自信と信頼がある」 ちなみに、シティに対する処分が覆らなかった場合、来季はCLやEL、そしてUEFAスーパーカップの出場も不可に。また、今季も熾烈なプレミアリーグのトップ4争いも状況が代わり、5位フィニッシュのクラブにCL出場権が巡ってくることになる。 2020.07.11 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、ペップの愛弟子アラバを注視?

マンチェスター・シティがバイエルンに所属するオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)の獲得を検討しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 2011年夏からバイエルンに加わり、左サイドバックやセンターバック、中盤を高いレベルでこなせるユーティリティプレーヤーとして不動の地位を築くD・アラバ。しかし、バイエルンとの契約は2021年夏までとなっており、このままいけば売却を迫られる状況を見越して、複数クラブが視線を注ぐなかで、シティも動向を注視しているようだ。 <div id="cws_ad">◆アラバの芸術的FK集<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1V091dWQwaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今季のシティはフランス代表DFバンジャマン・メンディやウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコに左サイドバックのポジションを託しているが、前者は故障離脱が多く、一貫性が欠如。後者は元々、攻撃的なポジションが主戦場の選手であり、ジョゼップ・グアルディオラ監督がバイエルン時代に指導したアラバに注目している模様だ。 しかし、シティにはアラバの獲得に際して、年齢面や契約内容、価格面の懸念もある様子。また、バイエルン側も守備的エリアへのコンバートで成功を収めたカナダ代表FWアルフォンソ・デイビスが台頭したが、アラバとの契約延長を望んでおり、フリー移籍を容認しない姿勢を示しているようだ。 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反による2年間の欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会出場禁止処分に対する不服申し立ての結果が13日に決定されるシティ。この結果が今夏の補強に大きく影響するとみられているが、果たして…。 2020.07.10 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「プレー方法に疑いはない」ニューカッスルに快勝でペップ監督は満足

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、5-0で快勝したニューカッスル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは8日にプレミアリーグ第34節で日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルと対戦。FWガブリエル・ジェズスに再開後初ゴールが生まれれば、今季限りでの退団が決定しているMFダビド・シルバの1ゴール2アシストという圧巻のパフォーマンスなどもあり、5-0の完勝を収めた。 前節のサウサンプトン戦では圧倒的に攻め込みながらも0-1で敗戦。しかし、バウンスバックに成功したグアルディオラ監督は、自分たちの戦い方に疑いはないと述べている 「信じられないほどのパーフォマンス見せていた4週間前に戻ることはできない。コンディションは戻ってきているが、方法は異なる」 「このチャンスはFAカップ決勝とレアル・マドリーとの(チャンピオンズリーグ)2ndレグの、そしてその先を戦い続けるために、生かさなければならない。我々は4週間時間があり、それは自分たち次第だ」 「サウサンプトンとの試合よりも多くのチャンスを作っていた。プレー方法に疑いはない。このチームは信じられない」 「この試合は、勝つことについて。それだけだね。我々は最近の試合でそれができている。あと4週間残っている」 2020.07.09 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがPL史上初の快挙! 1シーズンに5人が2桁ゴール達成!

マンチェスター・シティがニューカッスルでプレミアリーグ史上初のゴール記録を成し遂げた。イギリス『optajoe』が伝えている。 シティは8日、エティハド・スタジアムで行われたプレミアリーグ第34節でニューカッスルと対戦し、5-0で勝利した。 立ち上がりから圧倒的にボールを保持したシティは、試合開始10分にFWガブリエウ・ジェズスのゴールで先制に成功すると、21分にはFWリヤド・マフレズが追加点。2点リードで折り返した後半もMFダビド・シルバ、FWラヒーム・スターリングのゴールなどで、5ゴールを挙げての圧勝となった。 そして、同試合で2点目を奪ったマフレズのゴールによってシチズンズは、プレミアリーグ史上初のゴール記録を打ち立てることになった。 マフレズは今回のゴールで今シーズンのリーグ戦通算ゴール数を2桁の大台に乗せた。シティではすでにFWセルヒオ・アグエロ、スターリング、MFケビン・デ・ブライネ、ジェズスの4選手が今シーズンのリーグ戦2桁ゴールを達成しており、マフレズは5人目となった。 そして、単一クラブで1シーズンに5人のリーグ戦2桁ゴール達成者を出したのは、プレミアリーグの歴史上初の記録となった。なお、イングランドでは過去にフットボールリーグ時代の1984-85シーズンにエバートンが同記録を樹立していた。 また、同試合でシティはプレミアリーグの1試合におけるパス成功率の新記録まで樹立。シティはニューカッスル相手に840本中787本のパスを成功させており、成功率は93.7%。これは2003-04シーズンに完璧なパスデータを計測し始めてから最高の数字になったという。 ◆シティの最強クインテット FWセルヒオ・アグエロ 16ゴール FWラヒーム・スターリング 13ゴール FWガブリエウ・ジェズス 11ゴール MFケビン・デ・ブライネ 11ゴール FWリヤド・マフレズ 10ゴール 2020.07.09 13:59 Thu
twitterfacebook