大分、鹿屋体育大FW藤本一輝の来季加入内定を発表! 今季は特別指定選手に

2020.06.12 15:31 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大分トリニータは12日、鹿屋体育大学のFW藤本一輝(21)の来季加入内定を発表した。合わせて、今季のJFA・Jリーグ特別指定選手に承認されたことも伝えられている。福岡県出身の藤本は、藤枝明誠高校から鹿屋体育大学へ進学。緩急のあるドリブルを武器にしており、単独で局面を打開する強さや得点能力も優れている選手だとクラブは紹介している。

元々、サガン鳥栖の下部組織に在籍していたという藤本は、大分の公式サイトでコメントを残している。

「来シーズンから大分トリニータに加入することとなりました鹿屋体育大学の藤本一輝です」

「プロサッカー選手として、常に自覚と責任を持って、お世話になった方々に恩返しできるように頑張ります」

「大分トリニータに関わる全ての皆様、よろしくお願いします」

なお、背番号は33番を着用するようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

上位争いの名古屋が8連勝中のホームで足踏み 大分に攻め手を欠き0-0ドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が28日にパロマ瑞穂スタジアムで催され、名古屋グランパスvs大分トリニータは0-0のドローに終わった。 前節から中6日の名古屋は今節を含めて残り4試合の現時点で2位ガンバ大阪を3ポイントで追う3位。翌日に今節のG大阪にプレッシャーをかけるためにも勝利が求められる大分戦に向け、故障者続出の最前線に阿部とガブリエル・シャビエルを起用するなど、3試合連続で同じメンバーをぶつけた。一方、中2日の大分は11位。2試合ぶりの勝利を目指して前節の先発から5選手を入れ替え、高山、星、高澤、田中、伊佐を送り出した。 試合は2位争いの真っ只中にいる名古屋が8連勝中のホーム戦ということもあり、より高い順位でのフィニッシュを目指す大分を相手にボールの主導権を掴み、攻め手を見いだしにかかる。ただ、自陣にブロックを固める大分も最後のところで突破を許さず、そこからカウンターに出て反攻。名古屋が押し気味に進める試合だが、そのわりにシュートで終わる攻撃が少なく、大分の守りが際立つ展開が続く。 前半の半ば以降も大分のメリハリが効いた戦いに手を焼き、攻め切れぬまま試合を折り返した名古屋はその後半も立ち上がりから押し込む形を作り出すと、50分に自陣高めの位置でボールを奪ってカウンター。ガブリエル・シャビエルからパスを受け。左サイドを縦に突破したマテウスがボックス左から左足クロスでゴール前に猛進した阿部に合わせにかかるが、相手DFにカットされ、フィニッシュに至らない。 すると、守りの時間が続く大分も60分にカウンターからビッグチャンス。敵陣右サイドのスペースでフィードに追いついた田中が素早いルックアップから右足でゴール前にクロスを送ると、ファーサイドの高澤が頭で折り返す。これに反応した星が3人目の動き出しでヘディングシュートに持ち込むが、惜しくもゴール左外。ここまでを通じて最もゴールの可能性を感じた場面だったが、こう着状態を破れない。 肝を冷やした名古屋は64分に最初の交代枠でガブリエル・シャビエルを下げて相馬を投入して攻撃の活性化を図ろうとするが、同じタイミングで星と伊佐を下げて野村と知念をピッチを送り出した大分が盛り返す展開に。73分に2枚目のカードで阿部と成瀬の交代に動いた名古屋だが、大分は知念や高澤が立て続けにフィニッシュに持ち込んでいき、終盤に差し掛かるなかで攻撃のペースを掴み始める。 その大分が85分に古巣戦の小林と松本を送り込み、テコ入れを図ったなか、最終盤に再び攻めの回数を増やした名古屋だが、頼みの綱のマテウスに良い形でボールが入らない。すると、後半アディショナルタイム3分にバイタルエリア右の岩田が上げた右クロスから三竿が決定的なヘディングシュートを放つが、ランゲラックがファインセーブ。攻勢ムードの大分攻撃陣に名古屋守護神が立ちはだかる。 結局、その後の名古屋のジョアン・シミッチを投入しての攻撃もゴールに繋がらず、ゴールレスドローで終了。クラブ記録となる14回目の無失点を達成した名古屋だが、勝てば得失点差の関係でG大阪を抜いて暫定2位に浮上できるチャンスを逃した。 名古屋グランパス 0-0 大分トリニータ 2020.11.28 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:名古屋vs大分】2位確保へ名古屋“ゼロトップ”が火を噴くか、大分は先制点がカギ

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年11月28日(土) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(3位/55pt) vs 大分トリニータ(11位/36pt) [パロマ瑞穂スタジアム] ◆脅威になりつつある“ゼロトップ”【名古屋グランパス】 前節はホームで湘南ベルマーレを相手に3-1で勝利。リーグ戦連勝で2位を目指す争いに食らいついている。 フォワード2人が負傷離脱したことで危ぶまれた攻撃陣だったが、この2試合はゼロトップシステムが機能。前線がうまく流動的に動き、チームとしてボール回しが活性化することに繋がった。 特にアタッカー陣は豊富な人材が揃っており、まさにケガの功名と言うべきか。マテウス、前田直輝、阿部浩之、ガブリエル・シャビエルを同時起用できる強みを生かしている状況だ。 今節の相手はクセ者の大分。しっかりと持ち味である守備を固めつつ、前線の破壊力を存分に発揮して3連勝なるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:オ・ジェソク、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、マテウス FW:ガブリエル・シャビエル、阿部浩之 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆カギは堅守相手の先制点【大分トリニータ】 川崎フロンターレの眼前での優勝阻止で勢いに乗りたかった大分だが、前節はホームでセレッソ大阪相手に0-1で敗れた。 C大阪戦も悪い入りではなかったが、堅守の前に攻撃陣の力不足を感じさせられた一戦。先制できれば川崎F戦の再現も叶ったかもしれないが、主導権を握られたことが悔やまれる。 今節も堅守の名古屋が相手。さらに攻撃陣も力があるだけに、先に得点を許すとC大阪戦の二の舞になってしまう可能性もある。 さらに名古屋が1週間ぶりの試合となるのに対し、中2日とコンディション面はディスアドバンテージに。その中でしっかりと調整して戦えるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、長谷川雄志、島川俊郎、田中達也 FW:町田也真人、野村直輝 FW:伊佐耕平 監督:片野坂知宏 2020.11.28 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、川崎F破りの大分を下して5試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節、大分トリニータvsセレッソ大阪が25日に昭和電工ドーム大分で行われ、0-1でC大阪が勝利した。 前節の大分は、勝てば史上最速の優勝を決められる川崎フロンターレをホームに迎えたなか、中17日という圧倒的な日程の有意差でもって攻守に大健闘。得点はPKによる1点にとどまったものの、金星と言うには相応しくないほどの堂々たる試合を演じた。 対するC大阪は、ホームでサンフレッチェ広島に惜敗。6連勝していた勢いは完全に鳴りを潜め、直近4試合は1分け3敗という状況だ。 ともに中3日、互いに前節から3人のスタメン変更を加えた一戦は、先日に契約延長が発表された大分の片野坂監督に対して好成績を収めるロティーナ監督率いるC大阪が先制する。 10分、ブルーノ・メンデスが左サイド深い位置から粘り強く繋いだボールを奥埜、坂元と繋ぎ、最後は清武がボックス手前左からミドルシュート。坂元の落としに迷いなく右足を振り抜いたシュートは、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 その後もB・メンデスを起点にした攻撃でゴールに迫り、CKからもチャンスを演出するC大阪。28分にはそのB・メンデスから坂元がゴール前に飛び出すシーンを創り出す。一方、大分はサイドでボールを回すばかりでゴールにはほど遠い展開に。 そんな大分は33分に獲得したFKで、右サイドから上がったクロスを知念が頭で逸らすようなシュートに繋げるも、GKキム・ジンヒョンの正面に。34分には再び知念が迫るもゴールならず。 それでも徐々に攻撃に出られるようになった大分は40分、右サイドの松本からグラウンダーのクロスが上がると、ニアの野村がこれをスルー。背後の知念にチャンスが訪れたが、シュートは当たり損なってキム・ジンヒョンに難なくキャッチされた。 決定機逸脱も乗ってきた知念が42分に敵陣中央からミドルシュートを狙うなど、少しずつ押し戻してきた大分。ハーフタイムには刀根を下げて田中を投入し、攻勢を強めにかかる。 しかしながらポゼッションでは圧倒するものの、なかなかシュートの形まで持ち込めず膠着状態に。島川のミドルシュートや知念と野村のラインでこじ開けようとするも、なかなかゴールは遠い。77分には、右サイドの岩田のクロスを途中出場の高澤が頭で合わせたが、GKキム・ジンヒョンに右手一本で抑えらえてしまう。 一方、守勢だったC大阪も81分にゴールに迫る。分厚い波状攻撃を仕掛ける中で、右サイドから松田が上げたクロスに飛び込んだ豊川がヘディングシュート。絶好のシュートだったが、惜しくも枠の右に外れた。 だが結局、最後まで清武のゴールを守り切ったC大阪が逃げ切りに成功。5試合ぶりの勝利を挙げた。 大分トリニータ 0-1 セレッソ大阪 【C大阪】 清武弘嗣(前10) 2020.11.25 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:大分vsC大阪】優勝阻止した大分、片野坂体制で4戦未勝利のC大阪相手に初勝利なるか

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 19:00キックオフ 大分トリニータ(11位/36t) vs セレッソ大阪(6位/49pt) [昭和電工ドーム大分] ◆首位にストップ、C大阪相手に初勝利を【大分トリニータ】 前節は川崎フロンターレの優勝が決定する可能性があった試合。インテンシティの高い入りを見せた中で、前半から首位チームを圧倒すると、PKの1点を守り切って勝利を収めた。 目の前での優勝阻止に向けてチーム一丸となって高いパフォーマンスを見せた大分。片野坂知宏監督も「アグレッシブに戦う姿勢を崩さないように送り出し、選手たちもそれを出してくれた」と評価した。 今節は再び上位のC大阪との一戦。片野坂監督としては、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督相手にはまだ勝利がなく、なんとか勝利したい一戦だろう。 「今シーズンセレッソに勝って、ホームで喜べるように良い準備をしたいと思います」と川崎F戦後に意気込んでいたが、ホームで勝利し3連勝なるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、長谷川雄志、小林裕紀、田中達也 FW:三平和司、野村直輝 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 ◆沈黙した攻撃陣、主導権を握れるか【セレッソ大阪】 前節はホームでのサンフレッチェ広島戦で0-1と敗戦。チームは連敗となり4試合勝利から見放されている。 後半戦に入り3勝しか挙げられず、前半戦の勢いが完全になくなったC大阪。順位も常に2位をキープしていたところから気がつけば6位にまで転落してしまった。 課題の1つは先制点だ。直近3試合では全て先制を許し、後手に回る展開に。また、この4試合は複数得点がなく、攻撃陣の低調さが結果に大きく左右している。 現に後半戦の11試合で複数得点を記録した2試合は勝利。1ゴールで勝利したのはたったの1試合だ。メンバーをほぼ固定した戦いが歪みを生んでいる可能性もあるが、何よりも攻撃陣の奮起が必要な状況。残り少ない試合でも上位フィニッシュを目指して、まずは目先の1勝を求めたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、木本恭生、藤田直之、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.11.25 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

決勝ゴールで川崎Fの優勝を阻止した大分MF野村直輝、PK奪取のシーンは「良い関係でやれた」

大分トリニータのMF野村直輝が、首位の川崎フロンターレ戦の勝利を喜んだ。 21日、明治安田生命J1リーグ第28節で川崎フロンターレをホームに迎えた大分。敗れれば川崎FのJ1史上最速での優勝が決まる中、序盤からインテンシティの高いプレーで圧倒する。 前半からインテンシティの高いプレスで川崎Fを翻弄。アグレッシブなプレーで何度もチャンスを作ると6分には野村がミドルシュート。しかし、これはGKチョン・ソンリョンにセーブされる。 24分にも野村は決定機。ボックス右から町田也真人が送ったボールを野村がシュートも、再びGKチョン・ソンリョンが立ちはだかった。 ゴールレスで飲水タイムを迎えると、その後34分にビッグチャンス。町田のロングパスに反応した野村がボックス内でトラップ。GKと一対一になるところを谷口彰悟に手をかけられ倒されPKを獲得。谷口はこのファウルで一発退場となった。 野村はこのPKをしっかりと決めて大分が先制。この1点を守り、1-0で勝利した。 首位の川崎Fを相手に勝利した心境について野村は「目の前で優勝は決められたくなかったので、そういう思いが強かった」と優勝決定を阻止したかったとコメント。「自分は初めての対戦で、自分がどれだけやれるか楽しみで、かなり集中して入れて、結果としてよかったと思います」と語り、川崎F相手勝てたことを喜んだ。 PKを獲得したシーンについては「相手のディフェンスラインが結構間が空いていて、隙があれば背後を狙おうと思っていて、前からプレスが上手くハマりました」と振り返り、「その瞬間に背後が取れると思って、(町田)也真人との良いコンビネーションで背後が取れました」と、息が合ったプレーだったと語った。 また、「そのままゴールに直結できたんですけど、ファウルで止められました。良い関係でやれたシーンだと思います」と語り、チームとして上手く取れたゴールだと振り返った。 自身のPKが決勝ゴールとなったが「自分のゴールが決勝点になったのは嬉しかったですが、2本ぐらい仕留められるチャンスがあったので、そこを突き詰めてやっていかないと。反省する部分と上手くいった部分を振り返ってやらないといけないなと思います」とし、その他の決定機を決め切れなかったことを反省した。 この試合でのプレーの狙いについては「とにかく中間地点に立つこと。攻撃はそれぐらいであとは自分で判断して良いと言われています」とコメント。一方で守備は「守備のところはしっかり前に縦ズレしてプレスに行くようにという風に言われていました」とし、プレスのやり方はプラン通りだったと語った。 次節は上位のセレッソ大阪と対戦するが「今日のようにしっかりと集中した状態で、監督をはじめスタッフから戦術をおとし込まれると思うので、理解してピッチで頭の中に入れながら、落とし込まれた感覚をうまく合わせながらピッチの上で表現したいと思います」と語り、次節のホームゲームにも強い意気込みを見せた。 2020.11.21 18:58 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly