ヘルタ、ドルトムント戦で負傷のディルロスンの今季全休を発表…

2020.06.08 23:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは8日、オランダ代表MFジャバイロ・ディルロスンが左大腿部の筋損傷により、今季中の復帰ができなくなったことを報告した。

クラブ公式サイトによると、ディルロスンは6日に行われたブンデスリーガ第30節ドルトムント戦に先発出場したが、30分に左モモを負傷し交代していた。なお、復帰時期は明かされていないが、今シーズンの残り4試合を欠場すると発表している。


アヤックスやマンチェスター・シティの下部組織でプレーしたディルロスンは、2018年の夏にヘルタ・ベルリンに加入。ヘルタでは、左ウィングを主戦場に公式戦43試合に出場し6ゴール6アシストをマーク。今季もブンデスリーガ23試合で4ゴールを記録していた。

ヘルタでは現在、FWマテウス・クーニャやMFマリウス・ヴォルフ、MFサンティアゴ・アスカシバル、DFマルヴィン・プラッテンハールト、GKトーマス・クラフトが負傷離脱しており、ディルロスンの離脱はチームにとって更なる打撃となる。

関連ニュース
thumb

残留争いに巻き込まれるヘルタ・ベルリン、指揮官は問題点指摘 「ステップアップを急ぎ過ぎた」

ヘルタ・ベルリンのパル・ダルダイ監督が1月に再任したクラブでの意気込みを語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ヘルタ・ベルリンは昨年4月からブルーノ・ラッバディア前監督が指揮を執っていたが、今季は18試合4勝5分け9敗で14位に低迷。ブンデスリーガ第18節のブレーメン戦に大敗した後、成績不振を理由に解任された。 クラブは後任として、2018-19シーズンまで4年半にわたってヘルタ・ベルリンで指揮をとり、2020年夏からは同クラブのU-16で指揮官を務めていたダルダイ氏にオファー。トップチームの指揮官に再任したダルダイ監督だが、再任以降4試合未勝利となっており、順位は15位まで沈んでいる。 『キッカー』のインタビューに応じたダルダイ監督は、これが指導者キャリアでもっとも大きなチャレンジだと認めており、チームを残留させる目標に向けて意気込みを語った。 「私はプロの指揮官としてベンチに戻るつもりはなかったんだ。U-16で良い仕事ができていたと思うし、平和で静かな日々だったからね。引き受けた仕事は非常に困難なものだが、目標は達成できると思う。我々は機能し始めているんだ」 「主力選手の欠場、チームスピリットの欠如、ドレッシングルームでの多言語化…私が指揮官としてやって来た時の状況がそうだった。しかし、この4週間で多くのことが起こったんだ。我々は今、正しい方向に向かっているよ」 また、ダルダイ監督は近年大型投資を敢行しているにもかかわらず、結果が伴わないクラブの現状についても言及。同時に、この低迷を抜け出すため、1日に獲得を発表した経験豊富なベテランMFサミ・ケディラに期待を寄せている。 「ヘルタはステップアップを急ぎ過ぎているとは思っていた。0から100まで行くのは、簡単ではない。発展を続けていく必要があるんだ。結果として今シーズンは、危険な状況となっている」 「サミ(・ケディラ)はもう25歳の選手ではない、しかし、我々にとってチームを構成する上で非常に重要な要素となっている。彼は試合への理解が深く、あと2~3年は確実にこのレベルでプレーできるだろう」 2021.02.25 18:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘルタに3発快勝のライプツィヒが4連勝!首位バイエルンとの勝ち点差を「2」に縮める《ブンデスリーガ》

RBライプツィヒは21日、ブンデスリーガ第22節でヘルタ・ベルリンと対戦し、3-0で勝利した。 リーグ戦3連勝中の2位ライプツィヒ(勝ち点44)が、7試合未勝利の15位ヘルタ・ベルリン(勝ち点18)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでリバプールに完敗したライプツィヒは、その試合から先発を4人変更。エンクンクやカンプル、ウパメカノらに代えてユスフ・ポウルセンやファン・ヒチャン、ハルステンベルクらが先発に名を連ねた。 ライプツィヒは開始早々の5分にチャンス。ハルステンベルクのロングパスでDFの裏に抜け出したファン・ヒチャンに決定機が訪れるも、左足のシュートはGKグラーチの好セーブに阻まれた。 一進一退の展開が続く中、ライプツィヒは18分にピンチ。スルーパスで左サイドを抜け出した18がボックス左からクロスをいれると、ファーサイドを駆け上がったピョンテクが飛び込んだが、これはわずかに届かず。 難を逃れたライプツィヒは28分、バイタルエリア左でパスを受けたザビッツァーがカットインから右足を振り抜くと、GKヤルシュテインの意表を突いたミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 さらに35分には、バイタルエリア中央で獲得したFKからザビッツァーが直接ゴールを狙ったが、このシュートはゴール右に逸れた。 迎えた後半、リードするライプツィヒは開始早々の51分にピンチ。トゥザールのスルーパスでボックス内まで侵入したマテウス・クーニャが左足を振り抜いたが、このシュートはGKグラーチが右足でブロック。 ピンチを凌いだライプツィヒは、59分にファン・ヒチャンとハイダラを下げてエンクンクとムキエレを投入。すると71分、ハイプレスをかけたアダムスがボックス内のゲンドゥージからボールを奪うと、ボックス右でこぼれ球を拾ったムキエレが縦に切り込みシュートをニアサイドに突き刺した。 さらに84分には、ショートコーナーを受けたザビッツァーの左クロスからオルバンがヘディングシュートを叩き込み、試合を決定づける3点目を奪った。 その後も危なげない試合運びで時計を進めたライプツィヒが、3-0で勝利。リーグ戦4連勝で首位バイエルンとの勝ち点差を2に縮めた。 2021.02.22 01:24 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルト、逃げ切り失敗でヘルタにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは13日、ブンデスリーガ第21節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、1-1で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節レバークーゼンの前に完敗した10位シュツットガルト(勝ち点25)は、遠藤が[3-4-2-1]のボランチで開幕から21試合連続スタメンとなった。 前からプレスに来る15位ヘルタ(勝ち点25)に対し、シュツットガルトは8分にビッグチャンス。カライジッチとのパス交換でボックス右に侵入した遠藤が枠内シュートを放ったが、GKにセーブされた。 徐々にシュツットガルトが流れを引き寄せる展開となると、22分にはトミーがボックス内からシュートを放って牽制。 続く34分には左CKからマヴロパノスのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれる。さらに40分、遠藤がゲンドゥージからボールを奪ってショートカウンターに転じ、浮き球パス。しかし、ボックス左のカライジッチのシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも追加タイム1分にシュツットガルトが押し切る。ソサのFKをカライジッチがダイビングヘッドで合わせてネットを揺らすと、一度はオフサイトと判定されたものの、VARでゴールが認められた。 迎えた後半、シュツットガルトが押し込む流れが続いた中、59分にピンチを迎えたが、クーニャのループシュートはゴールライン前に戻ったアントンが好守で凌いだ。 試合をコントロールしていたシュツットガルトだったが、終盤の82分に追いつかれてしまう。分厚い攻めを受けた流れから最後はネッツに押し込まれた。 このまま1-1で終了。シュツットガルトは逃げ切りに失敗し、勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2021.02.14 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリン、若手FWヴェルトミュラーとプロ契約を締結!今季はブンデス4部で3得点

ヘルタ・ベルリンは9日、スイス人FWルーベン・ヴェルトミュラー(20)とプロ契約を締結したことを発表した。契約期間は長期とだけ明かしている。 プロ契約にサインしたヴェルトミュラーは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「クラブがこのような信頼を寄せてくれたことをとても嬉しく思っている。この契約は僕にとってここ数年間の努力の確認であり、ご褒美だね。アカデミーのコーチに感謝し、自分自身をさらに成長できるようにできることはすべてやっていきたいと思っているよ」 2010年にSVエムポル・ベルリンの下部組織からヘルタ・ベルリンの下部組織に加入したヴェルトミュラーは、U-17、U-19と順当に昇格。今シーズンからレギオナルリーガ(ドイツ4部)北東地区に属するセカンドチームに所属し、今季はここまでリーグ戦11試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。 2021.02.09 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

約8カ月ぶりにピッチに立ったケディラ「必要とされることは良い気分」

ヘルタ・ベルリンでデビューを果たした元ドイツ代表MFサミ・ケディラが試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ユベントスで主軸としてプレーし、公式戦では145試合に出場し21ゴール13アシストを記録していたケディラ。しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が退任して以降はケガや戦力外となりプレーする機会を与えられていなかった。 そのケディラは、当初否定していた1月での退団に踏み切り、ヘルタ・ベルリンに加入。すると、5日に行われたブンデスリーガ第20節のバイエルン戦に途中出場し、10年6カ月ぶりのブンデスリーガの舞台に立っていた。 王者との対戦を振り返ったケディラは、2020年6月12日のコッパ・イタリアのミラン戦以来約8カ月ぶりのピッチに立ったことを喜んだ。 「カムバックした時間は短かったけど、スタジアムに戻って必要とされることは良い気分だ。とても嬉しい」 ピッチに立てたことを喜んだ一方で、結果には満足していないとコメント。残留争いをしているクラブだが、このまま続ければ勝ち点を取れると語った。 「もちろん、結果には満足していない。僕たちはバイエルンの長所だけでなく、多くの状況での短所もわかっていた」 「相手のゴール前では少し冷静さが足りなかったけど、このようなプレーをし続ければ、今後の数週間で勝ち点を獲得できるだろう」 「チームにはプレッシャーがあるけど、無傷だ。今は一丸となって勝ち点を取らないといけないし、100%そのことにコミットしている」 2021.02.06 21:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly