アメリカ代表DFが抗議活動が加熱する母国の祖父からのメッセージを明かす「この国に『万民のための自由と正義』があるのか」

2020.06.03 15:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのアメリカ代表DFデアンドレ・イェドリンが、現在も続く人種差別への抗議活動についてパワフルなメッセージを送った。イギリス『ミラー』が伝えている。アメリカのミネソタ州で、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさん(享年46)が、白人警官によって身柄を拘束された際に殺害された件で、現代でも根強く残る人種差別への抗議活動が世界中に拡散。

フットボール界でも、5月31日に行われたブンデスリーガでは、ドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョやモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが「ジョージに正義を」とのメッセージを披露していた。

そんな中、ワシントン州シアトルで生まれ育ち、6年前からプレミアリーグでプレーするニューカッスルのイェドリンは、自身のTwitter(@yedlinny)で母国で暮らす祖父とのやり取りを告白。アメリカの現状についてパワフルなメッセージを送った。

「ジョージ・フロイドさんが亡くなった数日後、祖父が僕が今もアメリカに住んでいなくて良かった。なぜなら今アメリカにいれば、若い黒人男性である僕の命を心配しなければならないからだとメールをくれた」

「それから何日も経つが、祖父からのこのメールが頭から離れない」

「彼は1946年に生まれて、自由民権運動やアメリカ史の中でも酷い人種差別があった時代を生きてきた。それから70年経った今、彼はまだ黒人である自分の孫の命の心配をしなければならない」

「自分と自分の孫が生まれたこの国で、孫が代表チームでプレーしているこの国で、イングランドでプレーする孫が、その代表としてプレーしているこの国でだ」

「小学生の時、『万民のための自由と正義』という言葉で終わる忠誠の誓いを暗記したことを覚えている」

「全てのアメリカ人が自分自身に聞いてみる必要がある。この国に『万民のための自由と正義』があるのかと。もしその答えがイエスだというなら、その人たちはこの問題の一部だ」

「我々は、黒人の命を白人の命より大事にしろなんてこと求めていない。我々は平等になること、5分の3ではなく、1人の人間として見られることを求めているんだ」

「僕の心はジョージ・フロイドとその家族、そして意味のない警官の残虐行為により命を絶たれた数えきれない被害者と共にある」

ニューカッスルは、リバプールに続きこの抗議行動への指示を表明し、トレーニング場で円状の陣形を組んでヒザをつく選手たちの写真を投稿している。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナム戦で負傷交代のリッチーが戦線離脱…右肩脱臼で手術見込み

ニューカッスルのスコットランド代表MFマット・リッチーが手術を受けるようだ。ニューカッスルを率いるスティーブ・ブルース監督が、30日に行われるニューポート戦の前日会見で明かした。 リッチーは27日に行われたプレミアリーグ第3節トッテナム戦に先発出場したが、66分にドハーティと接触して転倒した際に右肩を負傷。そのままジャマル・ルイスとの交代を余儀なくされていた。 前日会見に臨んだブルース監督は、リッチーの状態について7月中旬から肩の脱臼で離脱しているスイス代表DFファビアン・シェアと同じケガだと明かした。 「リッチーは今日外科医と会っている。彼のケガはシェアと非常によく似ている。つまり肩の脱臼だ。彼のケガを治すには手術が必要なようで、すぐに行われるだろう」 2020.09.30 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

相手GK躍動で2点目遠かったスパーズ、試合終了間際の1st枠内シュートとなったPK被弾で痛恨ドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、トッテナムvsニューカッスルが27日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、ソン・フンミンとケインの圧巻の活躍でサウサンプトン相手に今季初勝利を手にしたトッテナム。ミッドウィークに行われたEL予選でもシュケンディヤ(北マケドニア)を破り、プレーオフ進出を決定した。 2日後にEFLカップのチェルシー戦、4日後にELプレーオフ、来週末にマンチェスター・ユナイテッドという重要な連戦を控える中、リーグ連勝を目指す今節ではシュケンディヤ戦から先発6人を変更。ドハーティ、ケイン、ロ・チェルソ、ホイビュルクらが復帰した。 開始直後から攻勢を見せたトッテナムは3分、ボックス手前で得たFKの場面でキッカーのロ・チェルソが枠の右上隅に際どいシュートを飛ばす。さらに、こぼれ球に反応したケインが続けてシュートもGKの好守に遭う。 その後も相手を押し込んでケインらに再三のシュートチャンスが訪れる中、前半半ばにゴールをこじ開ける。ボックス左に抜け出したケインがGKとDFの間に絶妙な折り返しを入れると、ファーから中に絞ったルーカス・モウラが左足ワンタッチで流し込んだ。 さらに、畳みかけるホームチームは27分にケインがボックス左45度の得意の角度からファーポストを狙ったシュートを放つが、GKのファインセーブに遭う。すると、今度は前節4ゴールのソン・フンミンが積極的に足を振っていくが、左ポストとクロスバーに阻まれ、前半のうちに追加点を奪うことはできない。 迎えた後半、フル稼働が続くソン・フンミンに休養を与え、ハーフタイム明けにベルフワインを投入したトッテナム。やや前がかりなニューカッスルにボールを持たれる時間が続くが、効率よい攻めからケインやロ・チェルソが枠内シュートを浴びせていく。 その後、ロ・チェルソ、ルーカス・モウラを下げてエンドンベレ、ラメラを投入して試合を締めにかかるトッテナム。これに対してニューカッスルはキャロルを投入し、試合終盤にかけてはパワープレーでゴールをこじ開けにかかる。 すると、試合終了間際にトッテナムは再三の追加点のチャンスを逸したツケを払うことに。95分、ニューカッスルのセットプレーの場面でキャロルのヘディングしたボールがダイアーの腕に当たる。そして、VARのレビューの結果、キャロルのオンサイドと共にハンドとジャッジされ、アウェイチームにPKが与えられる。これをキッカーのカラム・ウィルソンがきっちり決めて、ここまで枠内シュート0のニューカッスルが土壇場で追いついた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、躍動したGKダーローを相手に2点目を奪えず、試合を殺せなかったトッテナムは痛恨の勝ち点逸となった。 2020.09.28 00:07 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバルが武藤嘉紀のレンタル移籍を正式発表!乾貴士と共闘、今季ラ・リーガ4人目の日本人に

乾貴士が所属するエイバルは16日、ニューカッスルのFW武藤嘉紀(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「12」となる。 2015年7月にFC東京からマインツへと完全移籍し、ヨーロッパの舞台に挑戦した武藤。マインツでは3シーズンを過ごし、公式戦72試合に出場し23ゴール11アシストを記録。2018年8月にニューカッスルへと移籍金1100万ユーロ(約13億8300万円)で完全移籍するも、プレミアリーグに馴染むことを含めて苦しみ、2シーズンで公式戦28試合に出場し2ゴールという結果に終わっていた。 今シーズンは背番号も「13」をボーンマスから加入したFWカラム・ウィルソンに譲り、「27」に変更。さらに、スティーブ・ブルース監督からは「しかし、ヨシ(武藤嘉紀)は我々が考慮しているテーマではない。彼の経歴とは関係ないが、現在のチームのクオリティは攻撃面にある」と言われ、事実上の構想外となっていた。 エイバルは、2019-20シーズンのラ・リーガで39ゴールと得点力不足に悩み、特にFW登録選手によるゴールが「12」と寂しい状況。さらに、チーム2位となる6ゴールを記録していたFWシャルレスが退団。ディナモ・ザグレブからFWダミアン・カジョルを獲得したが、さらなる補強を目指していた。 今シーズンのラ・リーガはMF久保建英(ビジャレアル)、FW岡崎慎司(ウエスカ)、MF乾貴士(エイバル)が既にプレーし、武藤が4人目の参戦となる。 2020.09.16 17:04 Wed
twitterfacebook
thumb

契約延長のグリーリッシュが逆転弾!アストン・ビラやニューカッスルが順当に勝ち上がり《EFLカップ》

EFLカップ2回戦の16試合が15日に行われ、アストン・ビラは3部のバートンとアウェイで対戦し、3-1で勝利した。 開始2分に失点する苦しい立ち上がりとなったビラは、前半のうちにワトキンスのゴールで同点に持ち込むと、後半終盤に主将のエースが決める。同日、ビラとの契約延長を発表したグリーリッシュが88分に逆転ゴールを挙げた。さらに追加タイムにもダメ押し弾が生まれたビラが逆転で3回戦へ勝ち上がっている。 また、ニューカッスルは2部のブラックバーンとホームで対戦し、新戦力のフレイザーの移籍後初弾で1-0の辛勝。エイバルへの移籍が濃厚となっているFW武藤嘉紀はベンチ入りしなかった。 そしてクリスタル・パレスは2部に降格したボーンマスとアウェイで対戦し、劣勢の中90分をゴールレスで終えた後に行われたPK戦を10-11で敗れ、敗退となっている。 2020.09.16 05:56 Wed
twitterfacebook
thumb

構想外のFW武藤嘉紀がエイバル移籍で合意報道、週末のビジャレアル戦で久保、乾と共演の可能性

ニューカッスルは、FW武藤嘉紀(28)の移籍でエイバルと合意に達したようだ。 スペイン『マルカ』によると、買い取りオプション無しの1年間のレンタル移籍でクラブ間合意したとのこと。すぐに武藤はエイバルのメディカルチェックを受け、正式に契約を結ぶことになるようだ。 早ければ15日のトレーニングに参加。週末のビジャレアル戦に出場する可能性もあるといい、久保建英と乾貴士の対決に武藤も加わる可能性があるようだ。 ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督はEFLカップのブラックバーン戦に向けた14日の記者会見で、武藤のスペイン行きを明かしていた。 2018年にマインツからニューカッスルに加わり、憧れのプレミアリーグ挑戦を果たした武藤。マインツ時代の公式戦72試合23ゴールという実績を引っさげてイングランドへ上陸したが、ニューカッスルでは公式戦28試合で2ゴールと不本意なシーズンが続いていた。 一方のエイバルは、2019-20シーズンはラ・リーガで39ゴールと得点力不足に悩み、特にFW登録選手によるゴールが「12」と寂しい状況。昨シーズンのチーム2位となる6ゴールを記録していたFWシャルレスが退団しディナモ・ザグレブからFWダミアン・カジョルを獲得したが、さらに補強を行いたいようだ。 2020.09.15 10:25 Tue
twitterfacebook