ラツィオはミリンコビッチ=サビッチ後釜を考慮? ターレSD「名前は死んでも言わない」

2020.06.02 18:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオはセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(25)の後釜確保を念頭に置いているようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。

シモーネ・インザーギ監督就任以降、ラツィオの絶対的な中盤の主力に定着しているミリンコビッチ=サビッチ。

190cm超えの恵まれた体躯に加え、優れたアスリート能力、水準以上の足元の技術を持つ万能型MFは、以前からユベントスやフィジカルが重視されるプレミアリーグなど国外のビッグクラブから関心を集めている。

とりわけ、ここ最近ではセリエAを熟知するスポーツ・ディレクターのレオナルド氏主導の下、パリ・サンジェルマン(PSG)が強い関心を寄せており、先日には6000万ユーロ(約72億2000万円)のオファーを掲示したとの報道も出ている。

クラブとしてはセルビア代表MFの慰留に全力を注ぐ構えだが、新型コロナウイルス(COVID-19)による財政面への打撃もあり、オファー次第で売却に踏み切る可能性も否定できないところだ。

そういった状況の中、スポーツ・ディレクターを務めるイグリ・ターレ氏は、『スカイ』でリクルート部門から見た近年のクラブの躍進について言及。

そのインタビューの中で、流出が危惧されるミリンコビッチ=サビッチに関して、すでにクラブとして後釜確保を念頭に置いていることを明かしている。

「強いチームを構築していくには多くの時間と忍耐が必要となることは、これまでの経験から学んだよ」

「ここまでの我々の歴史が示していることだが、数人のプレーヤーに関しては加入時に懐疑的な目で見られていた。しかし、彼らは後にクラブにとって重要な存在となっている」

「(ミリンコビッチ=サビッチの後釜候補は?)念頭においているプレーヤーはいる。ただ、絶対に名前は言わないよ。名前を明かすぐらいならば、死ぬことを選ぶよ」

セリエA屈指の敏腕SDとして知られるターレ氏は、諸々の事情で後釜候補を明かすことはなかったが、どのような逸材をリストアップしているのか。
コメント
関連ニュース
thumb

ディバラがセリエAのシーズンMVPに輝く! 中断期間に新型コロナ感染もリーグ9連覇に貢献

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(26)が2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いた。 新型コロナウイルスの影響で一時中断を強いられたものの、約3カ月の中断期間を経て再開し、ユベントスのリーグ9連覇で幕を閉じたセリエA。 そしてレガ・セリエAは4日、今季の年間最優秀賞にユベントスの9連覇に大きく貢献したディバラを選出した。同選手は、セリエAで33試合に出場して11得点7アシストを記録。中断期間中には新型コロナウイルスに感染し、約1カ月半の闘病生活を強いられたが、再開後は4試合連続ゴールを決めるなど、チームの連覇に貢献した。 そのほか、最優秀若手選手賞にパルマのスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(20)、最優秀FWにラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(30)、最優秀MFにアタランタの元アルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメス(32)、最優秀DFにインテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(28)、最優秀GKにポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(30)が選ばれた。 2020.08.05 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーの生え抜きFWマジョラルがラツィオ移籍へ? 直近2シーズンはレバンテにレンタル

レアル・マドリーのスペイン人FWボルハ・マジョラル(23)にラツィオ移籍の可能性が高まっているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 2015年にトップチームデビューを飾ったマジョラルは、2017-18シーズンに公式戦24試合7ゴールの活躍をみせ、ブレイクの兆しを見せた。 しかし、以降はトップチーム定着とはならず、直近2シーズンはレバンテに武者修行に出ることに。今シーズンのラ・リーガでは34試合8ゴール2アシストと上々の数字を残していた。 ただ、2021年に契約満了を迎えるエルブランコに生え抜きのストライカーの居場所はなく、クラブサイドは同じく生え抜きのスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)と共に換金対象の一人とみなしているようだ。 そして、そのマジョラルに対しては、来シーズンに久々のチャンピオンズリーグ(CL)に参戦する今季セリエA4位のラツィオが、手薄な前線の補強候補として熱視線を注いでいるという。 現時点でクラブ間の合意には至っていないものの、ラツィオとマジョラルの個人間での交渉は非常に進んでおり、今後クラブ間の交渉を詰めていく段階にあるという。 マドリーはラツィオへの売却にこだわっていないものの、希望する2000万ユーロ(約25億円)を満たすオファーが届いた場合、快く売却に応じる構えだ。 2020.08.02 17:14 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレがセリエA記録の36ゴール! 「諦めなければ、どんな目標も達成可能」

ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレが大記録到達を喜び、チーム関係者に感謝した。 前節終了時点でセリエAトップの35ゴールを挙げ、ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが2016年のナポリ時代に達成したシーズン36得点のリーグ記録更新とヨーロッパ・ゴールデンシュー獲得の期待を集めたインモービレ。1日に敵地で行われたセリエA最終節のナポリ戦でも1ゴールをマークした。 これにより、1シーズンのセリエA最多得点数に並び、自身3度目のリーグ得点王がほぼ確実になり、ヨーロッパ・ゴールデンシューの獲得も決定的なものに。インモービレは試合後、クラブ公式チャンネルで喜びの心境を語った。 「スーパー・ハッピーだ。成し遂げられたのも誇らしく思う。これまでの歩みを振り返ると特にね。信じてさえすれば、夢を叶えられる。監督やスタッフ、チームメイトに感謝しかない。この記録はチーム全体の功績だ。断言できる。それと、このチームに欠かせない存在であるファンにも感謝する。僕は生きた手本でありたい。決して諦めなければ、どんな目標だって達成できる」 また、ラツィオの来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得となる4位フィニッシュ確定にも言及。「僕らの目標は改善だ。よくやったよ。簡単なことじゃない」と述べ、健闘を称えた。 2020.08.02 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

シーズン最多ゴール記録に並んだインモービレが13年ぶりの快挙!セリエA得点王&ヨーロッパ・ゴールデンシューをダブル受賞

ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレ(30)が、セリエA得点王とヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得した。 ラツィオは、1日にアウェイで行われたセリエA最終節のナポリ戦を1-3で敗戦。フル出場のインモービレは、1点ビハインドの22分にマルシッチの折り返しをワンタッチで流し込み、今季のゴール数を36得点に更新。 これにより元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(当時ナポリ/現ユベントス)が2015-16シーズンに記録したセリエAのシーズン最多ゴール記録に並んだインモービレが、自身3度目(2013-14,2017-18)のセリエA得点王を獲得。 また、インモービレはブンデスリーガで34得点を記録したバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキを抜いて自身初となるヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得。なお、セリエAの選手でヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞するのは、2006-07シーズンに26得点を挙げ得点王に輝いたローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ以来の快挙となる。 2020.08.02 05:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオSD、ダビド・シルバの獲得噂に「そんな噂がどこから…」

新たに移籍先としてラツィオの名が浮上した元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)だが、現時点で憶測に過ぎないのかもしれない。 2010年にバレンシアから加入したマンチェスター・シティで公式戦400試合以上の出場数を誇り、数々のチームタイトルに寄与したD・シルバ。イングランドで何年にもわたり、異才ぶりを披露した稀代の司令塔だが、契約切れの今季限りで退団となり、行き先に注目が集まっている。 新天地として母国スペインだけでなく、世界各国が挙がり、最近の報道でラツィオの名前も浮上したD・シルバだが、スポーツディレクター(SD)のイグリ・ターレ氏は7月29日に行われたセリエA第37節のブレシア戦前、イタリア『スカイ』でこう述べた。 「シルバは偉大な選手だ。しかし、そんな噂がどこから湧いて出たのが見当がつかない。共通の友人から10年間にわたるイングランドでの生活とは異なる経験をしたがっているという話は耳にしたが、話と取り組みの間に違いがある」 2020.08.01 09:45 Sat
twitterfacebook