セビージャ、レジェス一周忌にレジェンドを追悼…「これからも心の中に…」

2020.06.02 16:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは1日、元スペイン代表FWのホセ・アントニオ・レジェス(享年35)の一周忌にレジェンドを追悼した。

レジェスは2019年6月1日に故郷ウトレラで高速道路を走行中にコントロールを失い、コンクリートブロックに衝突した結果、命を落とすことになった。

その悲劇からちょうど1年が経った1日、セビージャのホセ・カストロ会長はレジェスの父親であるフランシスコ氏、幼少期に在籍した地元クラブのCDウトレラのアントニオ・カミノ会長と共に、ウトレラの市営墓地にあるレジェスが眠るお墓に献花した。

フランシスコ氏の幼馴染でもあるカストロ会長は、クラブ公式の『SFC Radio』を通じて、レジェスの死を悼んでいる。

「レジェスはプレーヤーとしても人間としても偉大なレジェンドだった。まだ心の中で痛みを伴うが、今日は彼への敬意を示すためにこの場所を訪れた。我々はこれからも彼を心の中に留めておく」

また、レジェスを偲んでスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏や、現キャプテンのMFヘスス・ナバス、元同僚であるバルセロナMFイバン・ラキティッチらが『SFC Radio』にコメントを寄せている。

◆モンチSD
「ホセ・アントニオはいつでも我々と共にある。彼はいつでも陽気でポジティブな姿勢を失わず、みんなを楽しませていた。だから、彼のことを忘れるなんてことはないよ」

◆ヘスス・ナバス
「彼は常にすべてのアカデミー出身プレーヤーの鏡のような存在だったよ。彼をいつでも恋しいと思っているし、その家族のことも気にかけたいと思っている。彼とはとても美しい多くの瞬間を共有してきたんだ」

「だから、彼はいつでもここにいる。セビージャのすべてのような存在なんだ。僕にとってチームメート以上の存在だったし、彼はいつでも傍にいてくれる友人だった。彼はいつでも笑顔でいることが好きだった。だから、僕らは彼の笑顔を思い出すべきだね」

◆ラキティッチ
「彼を文章で表すことはとても難しいね。ただ、彼を一言で言い表すとすれば、“喜び”だね。いつでも幸せそうで、みんなをまとめる力にも優れていた。僕に対してもいつでも親切にしてくれていたよ。だから、これからもそういった記憶を思い返したいと思う。彼はいつでも僕たちと共にあるんだ」

レジェスは、セビージャの下部組織で育つと、2000年7月にトップチームへ昇格。2004年1月にアーセナルへと移籍すると、2006年7月にレアル・マドリーへレンタル移籍、2007年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍した。

その後は、ベンフィカやセビージャ、エスパニョール、コルドバと渡り歩き2018年7月からは中国の新疆天山雪豹足球倶楽部でプレー。今シーズンはスペイン2部のエストレマドゥーラでプレーしていた。また、スペイン代表として22試合に出場4ゴールを記録。

クラブレベルでは、アーセナル時代に2003-04シーズンにプレミアリーグ制覇、レアル・マドリー時代の2006-07シーズンにリーガエスパニョーラを制覇を経験。ヨーロッパリーグではアトレティコ・マドリー時代の2009-10、2011-12シーズンで優勝、セビージャ時代にはウナイ・エメリ監督の下、2013-14シーズンから3連覇を果たしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

CL権獲得のセビージャ、ミランからレンタルのスソ買い取りへ

セビージャにレンタル中のスペイン代表MFスソ(26)はミランからの完全移籍が決定したようだ。 2015年1月にリバプールからミラン入りしたスソは今年1月から2021年6月までの1年半レンタルでセビージャへ。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得すると、セビージャに買い取り義務が発生するオプションも盛り込まれた移籍を経て、ここまでラ・リーガ15試合1得点1アシストを記録している。 そのスソを擁するセビージャは12日に行われたラ・リーガ第36節のマジョルカ戦を勝利。勝ち点9差の5位ビジャレアルが負けたため、2節を残して4位以内が確定させ、CL出場権を手に。イタリア『スカイ』によれば、ミランにスソの買い取り金として2400万ユーロ(約29億1000万円)が支払われるという。 なお、『スカイ』によると、ミランがスソ獲得時に支払った推定移籍金額はわずか50万ユーロ(現レートで約6000万円)。売買差益は2350万ユーロ(約28億5000万円)になる模様だ。 2020.07.14 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

セットプレー2発に沈んだビジャレアルはCL出場権獲得ならず…セビージャの4位以内が確定《ラ・リーガ》

ビジャレアルは13日、ラ・リーガ第36節でレアル・ソシエダと対戦し1-2で敗戦した。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ全勝が絶対条件の5位ビジャレアル(勝ち点57)が、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を狙う8位ソシエダ(勝ち点50)をホームに迎えた一戦。 互いに負けられない両者の一戦は、立ち上がりから締まりのある拮抗した展開となる。そんな中、ソシエダは12分に敵陣でのFKから決定機を迎える。トリックプレーのリスタートからボックス右に抜け出したゴロサベルのクロスをファーサイドのモンレアルがヘディングシュートで合わせるも、GKアセンホに弾かれる。さらに相手のクリアが弱くなると、ボックス左のル・ノルマンが頭で折り返したボールをゴール前のイサクが胸トラップから左足ボレーで狙ったが、これも好反応を見せたGKアセンホのファインセーブに防がれた。 対するビジャレアルは24分、左サイドをドリブルで切り裂いたオンティベロスが強引な突破でボックス左まで侵入。ゴール右隅を狙ったコントロールショットは、相手GKの好セーブに阻まれた。 ビジャレアルは41分にも、バイタルエリア左で獲得したFKからオンティベロスがドライブシュートで直接ゴールを迫ったが、これはGKモジャが弾き得点は阻まれ、前半はゴールレスで終えた。 後半に入っても一進一退の展開が続く中、先にチャンスを迎えたのはソシエダ。62分、ウーデゴールの左CKを後半から出場のウィリアン・ジョゼがヘディングで叩き込み、ソシエダが先制に成功した。 勢いづくソシエダは、75分にもオヤルサバルの右CKからゴール左手前のD・ジョレンテがへティングで流し込み、追加点を奪った。 リードを広げられたビジャレアルは、85分に反撃。ペーニャのパスをボックス右深くで受けたチュクウェゼの落としを収めたカソルラがワントラップから左足一閃。低い弾道のシュートは相手GKの手を弾きゴール右隅に突き刺さった。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。相手のセットプレー2発に沈んだビジャレアルは、来季のCL出場権を獲得できず。前日マジョルカに勝利したセビージャのトップ4フィニッシュが確定した。 2020.07.14 04:32 Tue
twitterfacebook
thumb

マジョルカは連勝ならず…4位セビージャに完敗で乾所属エイバルの残留が決定《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第36節のセビージャvsマジョルカが12日に行われ、2-0でセビージャが勝利した。マジョルカの日本代表MF久保建英は86分までプレーした。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を狙う4位セビージャ(勝ち点63)が、逆転での残留を目指す18位マジョルカ(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。 リーグ戦3連勝中のセビージャは、直近のビルバオ戦から先発を3人変更。スソやエン=ネシリ、グデリに代えてムニル、オリベル・トーレス、フェルナンドを先発で起用。3トップはオカンポス、ムニル、オリベル・トーレスが並んだ。 一方のマジョルカは、直近のレバンテ戦で採用した[4-2-3-1]から[4-3-3]に布陣を変更。レバンテ戦で今季4点目をマークした久保は3トップの右で先発出場となった。 立ち上がりから地力に勝るセビージャが押し込む展開で試合が推移するも、マジョルカの守備に手を焼き、決定機がないまま時間が経過。32分にはオカンポスの縦パスからボックス右深くまで抜け出したヘスス・ナバスの折り返しをニアに走り込んだフェルナンドが合わせたが、これもGKマノロ・レイナの好セーブに阻まれ 主導権を握るセビージャは38分、ボックス右深くまで侵入したオカンポスのクロスをファーサイドのレギロンが頭で折り返すと、これがポソの手に当たる。主審はそのままプレーを流したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でセビージャにPKが与えられる。 これをキッカーのオカンポスがゴール左隅へ冷静に決め、セビージャが41分に先制した。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはマジョルカ。50分、ショートコーナーの流れからバイタルエリア左でボールを受けたフラン・ガメスがクロスを入れると、ボックス中央のクチョ・エルナンデスが頭で合わせる。ふわりと浮いたシュートはGKボノの好セーブに防がれた。 その後は互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、再びスコアを動かしたのはセビージャ。84分、GKボノのパントキックからロングカウンターに転じると、相手DFの裏に抜け出したエン=ネシリが飛び出したGKの上を越すループシュートを流し込み、待望の追加点を奪った。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。リーグ4連勝を飾ったセビージャは、13日に行われるビジャレアルが勝利しなければ、今節でトップ4フィニッシュが決まることになった。 また、マジョルカが敗れたことで同日に勝利した乾の所属するエイバルの1部残留が決定した。 2020.07.13 07:03 Mon
twitterfacebook
thumb

バネガの1G1Aでビルバオに逆転勝利のセビージャがCL圏内堅守!《ラ・リーガ》

セビージャは9日、ラ・リーガ第35節でアスレティック・ビルバオとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 チャンピオンズリーグ出場圏内の4位に位置するセビージャ(勝ち点60)が、9位ビルバオ(勝ち点48)のホームに乗り込んだ一戦。 前節エイバル戦での正GKヴァツリークの負傷により控えGKボノを起用したセビージャは、3トップにエン=ネシリ、オカンポス、スソと並べた。 そのセビージャは10分にオカンポスが際どいシュートを浴びせる良い入りを見せていたが、29分に失点する。ヴェスガのミドルシュートのルーズボールをボックス右のケパに蹴り込まれた。 失点後、ハーフタイムにかけてもセビージャが押し込む流れが続いたが、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、56分にスソのミドルシュートでゴールに迫ったセビージャは、61分にも決定機。しかし、ゴール至近距離からのオカンポスのシュートはGKウナイ・シモンのファインセーブに阻まれてしまう。 ゴールが遠いセビージャはムニルとL・デ・ヨングを投入。すると69分、ムニルが得たペナルティアーク中央からのFKをバネガが直接ゴール右に蹴り込んでセビージャが同点とした。 さらに74分、一気にセビージャが逆転する。右サイドからのバネガのアーリークロスにムニルがヘッドで押し込んだ。 5分間で逆転したセビージャは、終盤にかけてはビルバオの反撃を許さずに2-1で勝利。直接対決で上回っているアトレティコ・マドリーに勝ち点で並び、3位浮上となっている。 2020.07.10 06:55 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ守護神ヴァツリーク、ヒザの捻挫で数試合欠場か

セビージャは7日、チェコ代表GKトマシュ・ヴァツリークが左ヒザの内側側副靭帯の捻挫を負ったことを発表した。全治に関しては発表していない。 ヴァツリークは6日に行われたラ・リーガ第34節エイバル戦で先発。試合終了間際の追加タイム5分に相手FWキケ・ガルシアのシュートを防ぐために飛び出した際、接触して左ヒザを痛めていた。 交代枠を使い切っていたセビージャはヴァツリーク負傷退場後、FWルーカス・オカンポスをGKに据え、そのオカンポスの好守もあって1-0の勝利を飾っていた。 チャンピオンズリーグ出場圏外の5位ビジャレアルと6ポイント差を付けた4位セビージャはラ・リーガ残り4試合となった中、9日にアスレティック・ビルバオ戦、12日にMF久保建英のマジョルカと対戦するが、少なくともビルバオ戦は欠場する模様だ。 2020.07.07 23:30 Tue
twitterfacebook