レスター指揮官、元教え子・コウチーニョに同情「批判されている彼を見るは悲しい」

2020.06.02 14:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、リバプール時代の元教え子であるブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョ(27)に同情のコメントを述べた。イギリス『ミラー』が伝えている。

2013年1月にインテルから当時ロジャーズ監督に率いられていたリバプールに移籍したコウチーニョ。リバプールでは、チームの中心選手の1人として5年間で通算201試合54ゴール45アシストを記録。この活躍が認められ2018年1月に1億4200万ポンド(約191億円)でバルセロナへステップアップを果たしていた。

しかし、バルセロナ移籍後は高額な移籍金のプレッシャーからか満足な活躍ができず。チームでは構想外とみなされ、今シーズンからバイエルンへレンタル移籍していた。

バイエルン加入後は、ブンデスリーガで22試合に出場し8ゴール6アシストを記録するなど復調。しかし、買取額が高額なことから、バイエルンが買取オプションを行使しないことを発表。バルセロナにも居場所がないとされ、来シーズンの去就が中に浮いたままになっている。

獲得候補に挙がっているレスターのロジャーズ監督は『The Beautiful Game Podcast』でコウチーニョについて言及。モウリーニョ政権下でリザーブチームの監督を務めていたチェルシー時代から獲得に動いていたと明かし、リバプールでのコウチーニョ獲得の経緯を語った。

「私が作るチームをある程度見れば分かると思うが、私は素早さ、ダイナミックさ、柔軟性、ローテーション、動き、スピード、パワーが好きだ。これが私のチームに必要な要素だ」

「リバプールでの最初の半年のチームを見たとき、それらのいくつかが欠けていた」

「フィリペは私がチェルシー時代から知っていた選手の1人で、彼が14歳の時にチェルシーに連れてこようとしたが、既にインテル行きが決まっていた。だから彼については(リバプール監督就任が決まった)夏に話題に上がり、様子を見ることにしていた」

「すると突然、獲得できる状況になった。彼はまだ19歳で『よしこの子を獲得しよう!』と思ったんだ」

「多くの人が彼の体躯を見てプレミアリーグには向かないと思っただろう。しかし、素晴らしいタレントだ。ボールを持っているだけで相手にとって脅威だった」

また近年の不調により、コウチーニョが多くの批判を受けていることにも言及。「悲しい」と同情の言葉を口にした。

「今上手くいっていない彼を人々が批判するのは悲しい」

「でも、彼はトップレベルの選手だし、もしプレミアリーグに帰ってきたとしたら、ワールドクラスの選手だと示すことができるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナ、ユムティティが左ヒザの問題で離脱…

バルセロナは3日、フランス代表DFサミュエル・ユムティティの負傷を発表した。 バルセロナの発表によると、ユムティティは左ヒザに問題を抱えており、当面は保存療法で経過を観察していくことになるという。そのため、現時点で復帰時期は不透明な状況だ。 昨シーズンから負傷離脱が目立つユムティティは、昨年9月から11月にかけて10試合を欠場するなど、今シーズンここまで公式戦18試合の出場にとどまっている。 新型コロナウイルスによる長期の中断明けには右ふくらはぎを痛めていたが、再開後のラ・リーガではレガネス戦、セルタ戦の2試合に出場していた。 2020.07.03 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシがバルサとの延長交渉ストップ 来季終了後の退団に心変わりか

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の延長交渉が芳しくないようだ。 スペイン『Cadena SER』によると、メッシが噴出するクラブの問題に嫌気が差して円滑に進行していた延長交渉をストップ。2021年6月までの現行契約を最後にバルセロナを去る意向を示し始めているという。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆メッシのクラシコベストゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmWUhQYXJNdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> メッシは先月、バルセロナ会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏と選手の父親であり、代理人のホルヘ・メッシ氏による交渉を開始。順調に進んでいるとされ、契約年数や年俸など主要部の合意も指摘された。 しかし、コーチ陣と選手の確執が指摘されるなど、クラブ内の問題が漏洩する状況を快く思わず、いわれもない責任を問われたり、チームの不明瞭なタイトル獲得に向けたプロジェクトにもうんざりしているようだ。 そんなメッシは常々、バルセロナに求められる限り、カンプ・ノウでプレーを続ける姿勢を示してきたが、ロッカールームの自身に近しい人物に「自分がクラブの問題でありたくない」とも漏らしている模様だ。 これまでスポーツディレクター(SD)のエリック・アビダル氏やキケ・セティエン監督との意見不一致も囁かれているメッシ。バルセロナから新たに受けた2023年までの2年契約を結ぶ見通しとされてきたが、雲行きが怪しくなっている。 2020.07.03 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ペップが監督キャリア通算400試合目のリーグ戦を指揮! 勝率は驚きの76.5%

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、リバプール戦で監督キャリア通算400試合目のリーグ戦を指揮した。イギリス『Squawka』が伝えている。 2008-09シーズンから古巣バルセロナでトップカテゴリーでの監督キャリアをスタートしたグアルディオラ監督は、バイエルンを経て2016-17シーズンからシティの指揮官に就任。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ペップが全てを勝ち取ったバルサでの4年間<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRNkhwNW9lbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> その監督キャリアを通じて、通算8度のリーグ制覇や2度のチャンピオンズリーグ制覇など、多くのタイトル獲得に導いてきた稀代の名将は、2日に行われたプレミアリーグ第32節のリバプール戦で監督キャリア通算400試合目のリーグ戦を指揮。 そして、今シーズンのリーグ戦で大差を付けられた新王者を相手に4-0のスコアで圧勝し、2連覇中の王者としての意地を見せることに成功。また、自身のメモリアルゲームに花を添えている。 なお、気になる400試合の戦績は、306勝40敗54分けという驚異的なものだ。もちろん、バルセロナ、バイエルン、シティと世界屈指の3クラブを指揮してきただけに、誰が指揮を執ってもある程度の数字は残せると思われるが、やはり76.5%という圧巻の勝率は稀代の名将の手腕あってこそだ。 ◆ペップ、リーグ通算400試合の戦績 ▽バルセロナ(2008年~2012年) 152試合 116勝11敗25分け ▽バイエルン(2013年~2016年) 102試合 82勝9敗11分け ▽マンチェスター・シティ(2016年~) 146試合 108勝20敗18分け 2020.07.03 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシの古巣復帰の可能性は? ニューウェルズ副会長が言及「不可能とは言い切れない」

アルゼンチンのニューウェルズ・オールドボーイズのクリスティアン・ダミーコ副会長が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(32)の将来的な復帰について言及した。スペイン『アス』が伝えている。 アルゼンチンのロサリオで生まれたメッシは、5歳から地元の名門クラブ、ニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織で才能を磨いていた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆母国復帰の"夢"を語るメッシ<br /><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSZEttdjhUZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 13歳でバルセロナへ移籍し、今では世界最高の選手の1人として、バルセロナの象徴的な存在となっているメッシだが、過去には「いつかアルゼンチンでプレーしたいといつだって言ってきた。実現するかは分からないけど、頭の中にはある。プレーするのはニューウェルズで、それ以外は考えられない。最低でも6カ月はプレーしたい」と語るなど、復帰願望についてコメントしたこともあった。 バルセロナとメッシの間に軋轢が生じているとの噂が出るなど、退団、そして母国復帰の機運が今まで以上に高まる中、アルゼンチン『TNTスポーツ』のインタビューに応えたニューウェルズのダミーコ副会長は、メッシの将来的な復帰について言及。1993年にアルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナの獲得成功を例に挙げ、メッシの復帰も不可能ではないと語った。 「(メッシの復帰が)不可能とは言い切れない」 「これはメッシと彼の家族のみが下せる決断だが、その決断を下すにあたって、我々は可能な限り最高の環境を用意しなければならないだろう」 「マラドーナがニューウェルズに来たとき、誰も彼が本当に来るなんて思わなかった。レオ(リオネル・メッシ)についても似たことができればと思うよ」 「当然、実の無いゴシップをばら撒くつもりはない。これは難しいトピックだ。ニューウェルズのファンで世界最大の選手が自分たちのチームのシャツを着る姿を夢見ない人などいないだろう。タイミングによってはそれが実現するかも知れないが、同時に冷静でなくてはならない」 また、現在ニューウェルズでプレーしている元アルゼンチン代表FWマキシ・ロドリゲスもメッシの復帰に前向きなコメントを述べている。 「彼が来てくれたら良いね。ファンにとってもそれは夢のような話だ。家族との問題もあるだろうし、複雑な話かもしれないけど、もし彼が来るならすぐにでも来て欲しいね。そうしないと僕と一緒にプレーできないからね」 2020.07.02 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

シャルケ、バルセロナからレンタル中のDFミランダとの契約を早期終了

シャルケは1日、バルセロナから2年契約のレンタル移籍で加入したU-21スペイン代表DFフアン・ミランダ(20)とのレンタル契約を早期に解消したことを発表した。 バルセロナユース出身のミランダは、2017年にバルセロナBに昇格。これまでトップチームで公式戦4試合に出場していたが、昨夏のトップチーム昇格はならず。トップレベルでの出場機会を求める同選手は、シャルケへの武者修行を決断。 2年間のレンタル移籍で加入したシャルケでは、2019年12月15日のフランクフルト戦でブンデスリーガデビューを飾ると、公式戦12試合に出場していた。 1年でのバルセロナ帰還となったミランダは、自身のツイッター(@JMirandaG19)で以下のように感謝を述べた。 「僕はプロとして、またスペイン国外での最初の年に、この素晴らしいクラブに参加できてたことを誇りに思っているし、クラブに関係する全ての人々に感謝している」 2020.07.02 00:06 Thu
twitterfacebook