バルサ指揮官は5人制交代に難色も…ラングレ「選手にとっては利益」

2020.06.01 11:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのフランス代表DFクレマン・ラングレが5人交代制に言及した。スペイン『マルカ』が伝えた。

新型コロナウイルスの影響により、中断中のラ・リーガだが、6月11日からの再開が決定。約3カ月ぶりの実戦にコンディションの問題が懸念され、リーグ機構は特別ルールの1つとして5人交代制の導入を公言している。

バルセロナの指揮官であるキケ・セティエン監督は「我々にとって不利になる」と語り、難色を示したが、選手側は歓迎ムードのようだ。ラングレはスペイン『Movistar』のインタビューで、賛同の姿勢を示している。

「僕らの害になるかどうかわからない。多くの試合が暑いなかで行われ、しかも移動も多い。普通に考えれば、選手は利益になる」

「フットボーラーからすれば、助かるだろう。バルセロナの有利になるかどうかは見てみないとね」

「2カ月間の中断と暑さのなかで、多くの試合に臨むのはリスクになり得る。でも、できる限りの準備をしていく」

「これは11試合の新しいリーグ戦だ。優勝するにはできるだけ多くのポイントを獲得していかないと。最初からやり直すようなものさ」
コメント
関連ニュース
thumb

ビジャの生涯ベストゴール! CL決勝で繰り出したコントロールショット【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表FWダビド・ビジャ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆冷静なトラップからコースを狙いすます!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwRVJyM1pLUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 昨シーズン限りで現役を引退したビジャ氏。バレンシアでの活躍後、2010年にバルセロナへと移籍し、公式戦119試合に出場し48ゴール24アシストを記録していた。 そんなビジャは、移籍初年度の2011年5月28日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦では見事なゴールを決めていた。 ウェンブリー・スタジアムで行われたこの一戦。バルセロナが2-1とリードしている中で迎えた69分にビジャがワールドクラスのシュートを見せる。 敵陣右サイド深くを攻め込んだバルセロナは、FWリオネル・メッシが単騎突破。相手MFナニとDFパトリス・エブラをかわしてボックス内へと侵入するが、MFセルヒオ・ブスケッツへのラストパスはずれてしまう。 それでも、ユナイテッド守備陣がクリアし損ねたところをブスケッツが拾うと、ペナルティーアークで待ち構えたビジャへとパス。フリーで受けたビジャは、落ち着いてトラップし、足元にボールを置くと、優しく右足を振り抜いた。 放たれたシュートは綺麗なカーブを描いて、相手GKエドウィン・ファン・デル・サールの手が届かないゴール右上隅へと吸い込まれていった。 この美しいゴールについては、ビジャ氏自身もキャリアを通じてのベストゴールと明言している。自身にとって初のCL優勝につながるゴールだっただけに、思い出深さもひとしおのようだ。 2020.07.06 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

契約延長交渉中止と報道のメッシ、バルサ会長が言及「彼はここでキャリアを終えたいと考えている」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、去就が注目されるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)について発言した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 メッシは先月、バルセロナ会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏と選手の父親であり、代理人のホルヘ・メッシ氏による交渉を開始。順調に進んでいるとされ、契約年数や年俸など主要部の合意も指摘された。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆メッシ、キャリアで決めた700ゴールの軌跡<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpdXJXdEtuTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> しかし、コーチ陣と選手の確執が指摘されるなど、クラブ内の問題が漏洩する状況を快く思わず、いわれもない責任を問われたり、チームの不明瞭なタイトル獲得に向けたプロジェクトにもうんざりしているとも報じられた。 交渉が暗礁に乗り上げたとされているメッシだが、バルトメウ会長がこの件についてコメント。メッシがバルセロナに残ると自信を示した。 「交渉の詳細を述べるつもりはないが、彼はバルサでキャリアを終えたいと何度も言ってきた。現在はリーグ戦に集中しており、多くの選手との交渉を行っている」 「メッシはバルセロナで継続したいと思っているし、ここでキャリアを終えたいと考えている。彼はもう何年もチームに残っているし、我々は長く楽しみたいと思っている」 メッシとバルセロナの契約は2021年6月まで。メッシ側から契約を解除できるという条項もついているとされているが、どのような結末を迎えるだろうか。 2020.07.06 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ会長が、VARの度重なるレアル寄りの判定に苦言「いつも同じチームを贔屓している」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、リーガの判定に関して苦言を呈した。スペイン『アス』が伝えている。 5日、ラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオvsレアル・マドリーが行われ、0-1でマドリーが勝利。7連勝を飾った。 試合では71分にボックス内でブラジル代表DFマルセロが倒された際に、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した結果PKの判定に。これをスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが決め、決勝点となった。 一方でビルバオのMFラウール・ガルシアがマドリーのボックス内で倒されたシーンでは、VARが使用されることなくノー・ファールの判定となり、物議を醸していた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆セティエン監督、ビジャレアル戦前日会見<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyN0JvamxDNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 直近の試合でVARの判定がマドリーに有利に働くことはこれが初めてではないが、これを受けてバルセロナのバルトメウ会長は、スペイン『Movistar』のインタビューの中でVARの判定が特定のチームを助けていると批判した。 「ビルバオでの試合を観た。こう言ったことを言いたくはなし、繰り返しになるが、VARが適切に使われていないと思う」 「新型コロナウイルス(COVID-19)による中断が明けて以来、判定が公平ではなく、それが試合結果に表れており、同じチームをいつも贔屓しているように見える」 「スペインサッカー連盟にもこのことについてはVARが導入された当初にも話している」 「VARは審判をサポートするためにあるものだが、ここ数週間の中で、それが公平に使われていないことを示すケースをみんなが見ることができた思う」 2020.07.06 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ピケ、VARでゴールを取り消された際の行動に「覚えていない」

バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが、5日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のビジャレアル戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 3分にオウンゴールで先制したバルセロナは、14分にジェラール・モレーノのゴールを許す。それでも、20分にFWルイス・スアレスの技ありゴールで勝ち越すと、前半終了間際にもFWアントワーヌ・グリーズマンがゴラッソ。試合終了間際にもFWアンス・ファティがゴールを挙げて、4-1の快勝を収めた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆バルセロナの頼れる守備の大黒柱、ジェラール・ピケ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEQkRiMXlKOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 試合後のインタビューでピケは「3ポイントは戦い続けるために重要。試合内容も僕らにとって重要だ。それが僕らの特徴だ。良くない時期もあったが、今日は良い試合をした。シーズン終了までこれを継続していきたい」と試合を振り返った。 また、69分にFWリオネル・メッシがゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により取り消しに。以前からVARやレフェリーのジャッジを巡る発言で議論を呼び起こしているピケは、その際にキーボードを打つかのように指を動かしていた。 この行動に関して問われたピケは「覚えていないね。ピッチ内ではアドレナリンがね…。何について話しているのか分からないね」とVARでの判定の際の行動について答えをはぐらかしていた。 2020.07.06 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ケガから復帰後のスアレスが好調、194ゴールでバルサでの通算得点数がクラブ3位タイに

バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、バルセロナのクラブ史に名を刻んだようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 今年1月に右ヒザの手術を受け、4カ月の戦線離脱を強いられていたスアレス。通常のシーズンであればシーズン中の復帰は絶望であったものの、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による中断により回復。残り試合をプレーできることになった。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆スアレスがCLで見せたスーパーゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVUkRxbVJOVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 6月13日のマジョルカ戦で5カ月のぶりの復帰を果たしたスアレスは、6月27日のセルタ戦での2ゴールに加えて、今月5日のビジャレアル戦でも1ゴールを記録。ケガのブランクを感じさせない活躍を見せている。 ビジャレアル戦のゴールで、今シーズンの公式戦での得点数を17点としたスアレスは、1950年代に活躍したハンガリー生まれの元スペイン代表FWラディスラオ・クバラが持つ194点と並び、バルセロナの通算得点数3位タイとなった。 得点の内訳は、ラ・リーガで145ゴール、チャンピオンズリーグ(CL)で23ゴール、コパ・デル・レイで19ゴール、その他の大会で7ゴールとのこと。クバラはコパ・デル・レイで49ゴールと大きく稼いでおり、リーガ(131ゴール)やCL(7ゴール)での得点数はスアレスが上回っている。 また、スアレスは142ゴールを右足で、33ゴールを左足で記録。19ゴールは頭で決めている。最も多くのゴールを記録した相手はバレンシアで12ゴール。レアル・マドリー、セビージャが11ゴールで続いている。 バルセロナでスアレスより多くゴールを記録しているのは、アルゼンチン代表のリオネル・メッシで630ゴール、2位は元スペイン代表FWセサル・ロドリゲスが持つ232ゴールとなり、あと38ゴールで並ぶこととなる。 2020.07.06 13:25 Mon
twitterfacebook