栃木SC、FW本庄竜大が21歳で現役引退 「この経験は一生の財産です」

2020.05.31 16:24 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは31日、FW本庄竜大(21)の退団および現役引退を発表した。

栃木県宇都宮市出身の本庄は、栃木SCジュニアユース、ユースを経て2018年にトップチームへ昇格。しかし、トップチームでの公式戦の出場はなく、ブランデュー弘前FC、東京ユナイテッドFCへの育成型期限付き移籍を経験。

今年2月には東北社会人サッカーリーグ1部に所属するコバルトーレ女川へ再び育成型期限付き移籍をしていた。

本庄は、約10年間を過ごした栃木のクラブ公式サイトを通じて、クラブ関係者および多くの方々へ向けた感謝の言葉を述べている。

「この度、諸事情により栃木 SCを退団し、現役引退をする事になりました。栃木SCには約10年間お世話になり、僕をここまで育ててくれた栃木SC関係者の皆さんにはとても感謝しています。また、期限付き移籍でお世話になったブランデュー弘前、東京ユナイテッドFC、コバルトーレ女川の関係者の皆さんや、小さい頃からお世話になったサウスFC、TEAMリフレSCの関係者の皆さんにも感謝しています」

「本当にサッカーに出会えてよかったと心から思っていると同時に、この経験は一生の財産です。これからはサッカーはできませんがまだまだ僕も若いし、何かを成し遂げたい意欲がとても強いので、新たな目標に向かって進み続けて、将来は直接的でも間接的でもいいので栃木SCに恩返しができたらと思っています」

「この経験を無駄にすることなく、もっともっとチャレンジして失敗して、謙虚さや思いやりのある大人になりたいと思います。大切な人を失うと二度と戻って来ることはありません。後悔しないよう生きていきたいです。最後になりますが、皆さん僕なんかよりも大変な思いをしている時期だと思いますが、このような報告になってしまい申し訳ありません。本当に皆さんお世話になり、ありがとうございます」
コメント
関連ニュース
thumb

新潟、マウロのレンタル延長を発表! 「皆さんに恩返ししたい」

アルビレックス新潟は3日、アルゼンチン人DFマウロ(30)の期限付き移籍期間延長決定を発表した。加入当時の期間は7月31日までだったが、今回の契約延長により、2021年1月1日までとなっている。 CAバンフィエルドでプロキャリアをスタートさせ、レアル・ムルシアやアルメリア、エイバル、レガネス、テネリフェといったスペインクラブを渡り歩き、今季から新潟にレンタル加入したマウロ。ここまで明治安田生命J2リーグ開幕から全2試合に先発している。今季いっぱいを新潟の一員としてプレーすることが決まり、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「契約を延長できてとても嬉しいです。1月に新潟に来たときと同じように、この契約延長でクラブが再び自分への扉を開いてくれました。新潟のチームメイトと今シーズン最後まで戦えることを、とても嬉しく思っています」 「サポーターの皆さんにはSNSを通じて、また最近では街の中でも、いつも温かい言葉をかけてもらい感謝しています。この感謝の気持ちをピッチで、プレーで表現して皆さんに恩返ししたいですし、ピッチでは自分の全てをサポーターの皆さんに捧げたいと思っています。Muchas gracias!!(どうもありがとう!!)」 2020.07.03 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

狩野健太がプロ15年のキャリアに終止符 「オファーも頂きましたが…」

徳島ヴォルティスが1日、昨季まで在籍したMF狩野健太(34)の現役引退を報告した。 静岡県出身の狩野は2005年に静岡学園高校から横浜F・マリノス入団以降、柏レイソルや川崎フロンターレ、徳島でプレー。今年1月に徳島との契約満了となり、フリーの状況だった。 プロ15年間の通算成績はJ1リーグ148試合13得点、J2リーグ29試合1得点、Jリーグカップ戦43試合5得点、天皇杯26試合5得点。キャリア最後のクラブとなる徳島の公式サイトを通じて、感謝の言葉を綴り、引退理由や今後も記した。 「まずは、15年間ありがとうございました。他クラブからオファーをいただきましたが、考えた末に次の道に進む事を決意いたしました」 「振り返ってみると、決していいことだけではないプロ生活でした。ケガに苦しみ、自分自身が納得するプレーも出来ず、応援してくださる皆様に喜んでもらえず、苦しむ時もありました。それでも、サッカーと真摯に向き合うことだけは自分に誓って15年間やってきました。それだけは自信を持って言えますし、自分の誇りです」 「そして、自分がこれからやりたいことが明確になったことが、引退を決意するきっかけになりました。これまでの経験を子ども達に直接伝えていきたいという思いから、今後はサッカーの個人レッスンという活動をおこなっていきます。それがサッカーに対する恩返しだと思いますし、自分の使命だと感じています」 「Jリーグも再開されました。今までとは違う形になりますが、子ども達に夢を与え、共に成長していき、これからも日本サッカー界の発展に貢献していきたいと思っています。大好きなサッカーには携わっていきますので、今後とも変わらずよろしくお願いいたします」 「幼少期からプロになるまでに出会い支えてくださった皆様、プロ生活の中で出会ったたくさんの人たちや家族、そしていつも応援してくださったファン・サポーターの皆様。皆様のおかげでここまでやって来ることができました。本当に感謝しています。15年間本当にありがとうございました」 2020.07.01 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

GK負傷の金沢、湘南からGK堀田大暉を8月末までの短期期限付きで獲得

ツエーゲン金沢は29日、湘南ベルマーレのGK堀田大暉(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は、2020年6月29日から2020年8月29日までとなる。 堀田はベガルタ仙台の下部組織出身で、東海大学を経て2018年に福島ユナイテッドFCへ入団。2シーズンにわたって守護神を務めると、今シーズンから湘南へ完全移籍していた。 明治安田生命J3リーグでは通算59試合に出場している。堀田はクラブを通じてコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「この度、湘南ベルマーレから期限付き移籍してきました堀田大暉です。8月末までという短期間ではありますが最大限チームの勝利に貢献出来るように日々のトレーニングから直向きに頑張って行きます!応援よろしくお願いします!」 ◆湘南ベルマーレ 「この度、ツエーゲン金沢に短期間ではありますが期限付き移籍する事になりました。金沢でしっかり経験を積んで湘南に戻る際には今よりもチームに貢献出来るように精一杯頑張ってきます!引き続き応援よろしくお願いします」 なお、金沢は今シーズンFC琉球から加入していたGK石井綾が6月の練習試合で眼下底骨折および頬骨骨折のケガを負い、手術を受けていたことが発表されていた。 2020.06.29 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

栃木が今季柏ユースから昇格したDF井出敬大の加入を発表

栃木SCは26日、柏レイソルのDF井出敬大(18)の加入を発表した。 井出は、柏の下部組織出身。U-15、U-18とステップアップし、今シーズンからトップチームへと昇格していた。 井出は栃木を通じて、加入のコメントを寄せている。 「栃木SCに関わる全てのみなさん、初めまして、井出敬大です。まず、このクラブでプレーできることに感謝し、1人のプロサッカー選手として、そして1人の人間として、必ず成長したいと思います」 「ここまで僕の成長を支えてくれた両親やコーチたちに恩返しできるよう、1日でも早くピッチに立ち、チームの力になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 2020.06.27 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季を富山で過ごした田中智大が29歳で現役引退 「ここ数年は怪我に悩まされ…」

カターレ富山が26日、FW田中智大(29)の現役引退を発表した。 福岡県出身の田中はアビスパ福岡U-18、福岡大学、FC岐阜SECONDを経て、2014年にトップチームのFC岐阜に昇格。ガイナーレ鳥取へのレンタルを経て、2016年からブラウブリッツ秋田に移り、2017年に明治安田生命J3リーグ15得点の活躍でチームのJ3優勝に貢献した。 昨季からレンタルで富山に活躍の場を移して、J3リーグ8試合に出場して4得点を記録したが、シーズン終了後に両クラブから契約満了が発表。所属先が決まっていない状況だった。 田中は昨季まで在籍した富山の公式サイトでスパイクを脱ぐ旨を報告。ケガを引退決断の理由に挙げ、感謝の言葉を寄せた。 「昨シーズン限りでプロサッカー選手を引退することを決めました。ここ数年は怪我に悩まされ、自分の可能性に限界を感じ決断しました。私のサッカー人生は順風満帆ではなかったですが、秋田でのJ3優勝はサッカーの醍醐味を強く感じましたし、頑張って良かったと思える一瞬でした」 「ここまでサッカーをやってこれたのも、関わってくれたチームメイト、スタッフ、サポーター、スポンサーの方々、サッカー関係者の皆様、そして家族がいたからこそだと思っており、とても感謝しております。これからは立派な社会人になれるよう頑張りますのでよろしくお願いします! 本当にありがとうございました!」 2020.06.26 14:18 Fri
twitterfacebook