ジエゴ・コスタが2014年の脱税容疑で告発される

2020.05.30 17:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタが、脱税の疑いで裁判にかけられることが判明した。スペイン『アス』など、複数メディアが報じている。

伝えられるところによると、同選手は2014年にアトレティコからチェルシーに移籍する際に、515万ユーロ(約6億円)の支払いを申告せず、100万ユーロ(約1億2000万円)以上詐取した疑いがかけられている。

加えて、100万ユーロを超える肖像権の申告漏れも指摘されており、マドリッド検察は、6カ月以上の禁固刑と50万ユーロの罰金を求めて告発しているという。

スペインでは、非暴力犯罪による2年以下の判決は罰金を支払うことで免除される仕組みとなっている。今回のジエゴ・コスタのケースは3万6500ユーロ(約437万円)を支払うことで、禁固刑を免れることが出来るようだ。

なお、裁判日は6月4日。ラ・リーガ再開の1週間前となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコなど複数クラブが関心のノリッジMF「ここで幸せ」

複数クラブから注目を浴びるノリッジ・シティのアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディア(23)が去就に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 レアル・マドリー下部組織に在籍した経験を持つブエンディアはヘタフェ、レオネサでプレー後、2018年夏にノリッジへ加入。緩急のあるドリブルや、高水準のパスセンスを備えるアタッカーで、初挑戦となったプレミアリーグでは今季のここまで34試合1ゴール7アシストの数字を残している。 ノリッジが3試合を残して1年でのチャンピオンシップ降格が決定したが、そのブエンディアを巡ってはアトレティコ・マドリーや、バレンシアのスペイン勢に加えてプレミアリーグの複数クラブが注目。しかし、ブエンディアはノリッジで「幸せ」だと述べ、今季の全うに焦点を当てた。 「幸せだ。最初からみんなが僕を助けてくれた。ここと契約を結んでいる。クラブやファンができるだけ早くプレミアリーグに復帰できるのを望んでいる」 「僕らは来季や個人について考えるのではなく、シーズンを上手く終えられるように集中する必要があるね。僕らは終えなければいけない。明日(14日)も試合があるし、キャロウ・ロード(ノリッジのホームスタジアム)でも、もう1試合ある。リーグ戦で最高のパフォーマンスを出せるように準備しなければいけない」 2020.07.14 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

2年8カ月の懲役刑を受けているアルダ・トゥラン、古巣ガラタサライに復帰へ

現在無所属の元トルコ代表MFアルダ・トゥラン(33)は、古巣ガラタサライへ復帰するようだ。 補強禁止処分を受けた中で2015年7月にアトレティコ・マドリーからバルセロナへと完全移籍したアルダ・トゥラン。選手登録されても、アトレティコ時代のような結果を残せず。2018年1月にイスタンブール・バシャクシェヒルへ2年半のレンタル移籍をしていた。 しかし、イスタンブール・バシャクシェヒルでは、しかし、審判への侮辱や暴力、さらにはピッチ外での問題も発生し、16試合の出場停止処分や2年8カ月の懲役刑を言い渡され、1月に契約解除。バルセロナへ復帰したものの、試合には出場していなかった。 スペイン『アス』によると、アルダ・トゥランはガラタサライの事前契約にサイン。1試合プレーするごとに20万トルコリラ(約310万円)が支払われる契約のようだ。 加えて、ガラタサライがタイトルを獲得すれば390万トルコリラ(約6000万円)のボーナスを受け取るとのこと。契約期間は1年間となり、延長オプションが付いているようだ。 なお、『アス』によるとスュペル・リグの終了後3日以内に公式に契約を結ぶことになるようだ。 現在5年間の執行猶予中のトゥラン。新天地でも新たな問題を起こさないことを祈るばかりだ。 2020.07.13 17:03 Mon
twitterfacebook
thumb

2度のゴール取り消し&数的不利のアトレティコがジエゴ・コスタ弾で逃げ切り来季のCL出場権を獲得!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは11日、ラ・リーガ第36節でベティスとホームで対戦し、1-0で勝利した。 5位ビジャレアル(勝ち点57)との当該成績が1勝1分けのため今節勝利すれば、トップ4以内が確定する3位アトレティコ(勝ち点63)は、痛恨のドローに終わったセルタ戦から先発を2人変更。ホセ・ヒメネスとS・アリアスに代えてトリッピアーとエルモソが先発に名を連ねた。 ベティスにボールを持たれながらも、得意のカウンターからゴールに迫るアトレティコは22分、トリッピアーの折り返しを中央でコケが合わせるも、これは相手DFがスライディングブロック。こぼれ球に反応したM・ジョレンテのシュートは相手DFに当たるも、さらに詰めたコレアがゴール右隅にシュートを流し込んだ。 このゴールでアトレティコの先制かと思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、シュートの跳ね返りがM・ジョレンテの手に当たっており、ハンドの判定でゴールは取り消された。 先制のチャンスを逃したアトレティコだったが、34分に再びゴールネットを揺らす。コケのスルーパスでDFの裏に抜け出したモラタがボックス内まで持ち上がると、飛び出したGKを嘲笑うチップキックを流し込んだ。しかし、VARによる判定で裏に抜け出したモラタのヒジがわずかにオフサイドポジションだったとしてノーゴールに。 2度のゴール取り消しを受けたアトレティコは、41分にアクシデント。体調不良を訴えたトリッピアーがピッチに座り込み交代を要求。S・アリアスが緊急投入された。 ゴールレスで迎えた後半、アトレティコは55分にモラタ、M・ジョレンテ、サウールを下げてジエゴ・コスタ、カラスコ、ビトロを投入。すると直後の57分、ドリブルかわされたロレンを後ろからスライディングタックルで倒したエルモソがレッドカードを受け、退場。 最終ラインの選手を欠いたアトレティコは、62分にコレアを下げてフェリペを投入し5枚の交代カードを使い切る。数的不利の影響によりベティスに押し込まれる時間が続いたアトレティコだが、セットプレーから待望の瞬間が生まれる。 74分、アタッキングサード手前で獲得したFKからカラスコがゴール前にロングボールを供給すると、絶妙な抜け出しを見せたジエゴ・コスタがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込んだ。 結局、これが決勝点となり1-0で勝利したアトレティコが、8年連続となるのトップ4フィニッシュを確定させた。 2020.07.12 07:02 Sun
twitterfacebook
thumb

「子供のから夢見ている」シメオネ監督の長男・ジョバンニの夢はアトレティコでプレー

カリアリのアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネが、父の下でプレーすることが夢だと語った。『ESPN』が伝えた。 シメオネは、リーベル・プレートでキャリアをスタート。バンフィエルドを経て、2016年8月にジェノアへと完全移籍。2017年8月にはフィオレンティーナへ完全移籍すると、今シーズンはカリアリへレンタル移籍している。 <div id="cws_ad">◆父・ディエゴが作り上げたアトレティコ・マドリー<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKcDZqR25nZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カリアリでは、セリエA30試合に出場し10ゴール4アシストを記録。チームの攻撃を牽引している。 そんなシメオネだが、父であるディエゴ・シメオネ監督が率いるアトレティコ・マドリーでのプレーを希望していることを隠さなかった。 「アトレティコは、僕がいつも、若い頃から行きたい場所だった。いつだって、そこに行きたいという思いは避けられない」 「僕の父が監督をしているが、父がいなくても、僕は子供の頃から夢見ていて、それが僕の望みだ」 「父が指導するチームと契約することが難しくても、いつかは父が僕の監督になることを願っている」 幼少期は父がプレーし、自身がプロの道を歩みだしてからは監督として父が所属するアトレティコでのプレーを夢見るシメオネ。そのプレーモデルは、同じアルゼンチン代表のFWゴンサロ・イグアインとのことだ。 「ピピータ、イグアインは僕のロールモデルだ。間違いないね。僕は彼がピッチとボックスの中で、どうやって動いているのかを見るのが本当に好きだ」 「ユベントスが試合をしている時、僕はピピータを見て、彼がどう動くかを見ている」 2020.07.09 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

モラタの電光石火弾を守り切れずアトレティコが格下相手に痛恨のドロー《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは7日、ラ・リーガ第35節でセルタとアウェイで対戦し、1-1のドローに終わった。 リーグ戦12試合無敗中の3位アトレティコ(勝ち点62)は、3日に行われたマジョルカ戦からスタメンを4人変更。今季4度目の離脱となったフェリックやカラスコ、トリッピアーらに代えてコレア、トーマス、S・アリアスらがスタメンに名を連ねた。 リーグ戦3試合勝利のない16位セルタ(勝ち点35)に対し、アトレティコは開始早々に試合を動かす。1分、右サイドを持ち上がったS・アリアスのクロスをコレアがボックス右で収めると、右アウトサイドでのトラップから素早く折り返しを供給。これをゴール前のモラタが右足で流し込んだ。 電光石火弾で先制したアトレティコだが、その後はセルタにボールを持たれる流れが続く。すると、40分にはボックス右手前に切り込んだブライス・メンデスのコントロールショットでゴールを脅かされるも、これはゴール左に外れて難を逃れた。 1点のリードで後半を迎えたアトレティコだったが、開始早々に失点を喫する。49分、ブライス・メンデスの右クロスをボックス内のフラン・ベルトランが右足で合わせると、ループ気味にふらりと浮いたボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 後半も思うようにシュートに持ち込めないアトレティコは、57分にブライス・メンデス、65分にサンティ・ミナと立て続けにゴールを脅かされたが、シュートは共にGKオブラクが好セーブ。 その後は互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、アトレティコは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。92分、マヌエル・サンチェスの左クロスをニアに走り込んだシャポニッチがワンバウンドしたボールをハーフボレーで合わせたが、これは枠の左に外れた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。格下相手に痛恨のドローで勝ち点を取りこぼしたアトレティコは、4位セビージャ(勝ち点60)との勝ち点差を引き離すことに失敗した。 2020.07.08 07:07 Wed
twitterfacebook