サンプドリア、元パラグアイ代表MFバレットとの契約を双方合意の下で解除

2020.05.28 08:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアは27日、元パラグアイ代表MFエドガル・バレット(35)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。

パラグアイ代表として60試合の出場歴を持つバレットは、レッジーナ、アタランタ、パレルモを経て2015年夏にサンプドリアに加入。サンプドリアでは公式戦110試合に出場して5ゴール4アシストを記録。セリエAでは通算264試合に出場して11ゴール17アシストを記録した。

しかし今季は負傷の影響もあり、セリエAでわずか2試合の出場に留まっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

名手ハンダノビッチも混乱!エトー、パロンボ、エデルの幻惑FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧に所属する元イタリア代表FWエデルがサンプドリア時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆サンプのトリックPKでハンダノビッチの牙城を崩す<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4cG0xdERxaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルのクリシウマでプロキャリアをスタートさせたエデルはエンポリやチェゼーナ、サンプドリアなどを経て2016年1月にレンタルでインテルに加入。同年夏には完全移籍が発表され、2シーズン半で公式戦86試合に出場し14ゴール8アシストを記録した後、2018年から中国でプレーしている。 サンプドリア時代の2015年3月22日に行われたセリエA第28節のインテル戦では、後の移籍先から圧巻のFKを決めている。 両者ともに惜しいシュートはありながらも、スコアレスで迎えた65分、サンプドリアはバイタルエリア左手前でFKのチャンスを獲得する。 ボールの周りにFWサミュエル・エトー、MFアンジェロ・パロンボ、エデルの3人が集まると、エトーがわずかにボールを動かし、それをパロンボが止める。そこに走り込んだエデルが思い切り右足を振り抜いた。 このFKに相手GKサミル・ハンダノビッチがやや虚を突かれた格好となり、少し前に出てきたハンダノビッチの手が届かないゴール右へと突き刺さった。 連携したキックで名手ハンダノビッチから貴重な先制点を奪ったサンプドリアがそのまま1-0で勝利し、勝ち点3を獲得している。 2020.08.05 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「クラブと話し合う」吉田麻也が自身の去就について語る「長期契約は僕にもクラブにも良いこと」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、セリエA初挑戦のシーズンを振り返った。 サンプドリアは1日、セリエA最終節でブレシアと対戦。吉田は、この試合でもフル出場を果たしていた。試合は1-1の引き分けだった。 今年1月に7年半過ごしたサウサンプトンからレンタル移籍で加入。加入後はなかなか出場機会がなかったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けた中断期間後は全13試合に出場。うち12試合でフル出場を果たし、守備の要としてチームを支えた。 <div id="cws_ad">◆吉田麻也、最終節を終えてインタビュー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4NjZpQzlDNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 吉田は、シーズン最終節のブレシア戦後にインタビューを受け、流暢なイタリア語で試合についてコメント。チームがセリエAに残留できたことを喜んだ。 「高温多湿だったため、誰にとってもとても難しい試合でした。でも、幸運にも来シーズンはセリエAでプレーする。これは我々全員にとって最も重要なことです」 「チーム全体、メディカルスタッフ、監督、そして全てのファンに感謝します」 「みんなにとってとても困難な状況であり、僕たちはとても上手くやりました。サンプドリアが、セリエAに残ることができて、とても幸せです」 また、自身初のセリエA挑戦となった半年間についても振り返った。 「これは僕にとって新しい経験でした」 「イギリスで7年間を過ごした後、何か新しいことに挑戦するための変化を求めていました」 また、サンプドリアとの契約が満了を迎える吉田。10試合に出場したため1年間の契約延長という可能性もある一方で、トルコのベシクタシュへの移籍なども囁かれている。 去就についても問われた吉田は、数日中にクラブと話をするとし、落ち着いて見守って欲しいと最後はジェノバ地方の方言を用いながら語った。 「まだ、自分の将来については何も知りません。僕が言えることの1つは、もう1年残る可能性はあるけど、長期契約は僕とクラブにとってより良いことであり、あと数日で僕の代理人と僕はクラブと話し合うことになるだろう」 「全てが完璧に動くことを望んでいます。チャニン、チャニン(冷静に)」 2020.08.04 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

トレイラが味方との連携FKで相手GKを欺く【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラがサンプドリア時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ルーカス・トレイラが味方との連携FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYVlZSTzJDNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トレイラは、ペスカーラの下部組織で育ち、2015年7月にサンプドリアへと完全移籍。1年間はペスカーラへレンタル移籍するも、その後は2018年7月にアーセナルへと完全移籍するまで主力としてプレーしていた。 サンプドリア時代にはFKのキッカーを務めることもあったトレイラは、2018年2月3日に行われたセリエA第23節のトリノ戦でも直接FKを沈めている。 11分、サンプドリアがゴール正面約25mの位置でFKを獲得すると、キッカーのトレイラが細かいステップから右足を振り抜く。 それと同時に壁に入っていた味方がしゃがむと、シュートは空いたコースをめがけて一直線。見事に相手GKサルバトーレ・シリグの逆を突き、ワンバウンドしたボールは、セーブされることなくゴールネットを揺らした。 アーセナルでは中々FKを蹴る機会はないが、機会があればトレイラに任せてみても面白そうだ。 2020.08.04 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサンプ、最終戦は降格ブレシアにドロー《セリエA》

サンプドリアは1日、セリエA最終節でブレシアとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 降格の決まっている19位ブレシアと、残留の決まっている15位サンプドリアの最終節。 残留を決めて以降、3連敗となったサンプドリアは、吉田が4バックの右センターバックで10試合連続スタメンとなった中、静かな展開で推移していく。 そんな中19分、吉田とセンターバックでコンビを組んでいたトネッリが負傷し、19分にコリーとの交代を強いられた。 それでも25分、FKの流れからヴィエイラのシュートがガスタルデッロのハンドを誘い、サンプドリアがPKを獲得。しかし、このPKをクアリアレッラが外し、スコアを動かすことはできない。 それでも41分、サンプドリアが先制する。ボックス手前中央でパスを受けたレリスが右足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 サンプドリアが1点をリードして迎えた後半だったが、開始3分にPKで同点とされる。GKファルコーネがボックス内に抜け出してきたエイを倒してしまった。 このPKをトレグロッサに決められ、試合を振り出しに戻されたサンプドリアは、70分に逆転されかけるも、トレグロッサのヘディングシュートはわずかにオフサイドで助かった。 さらに77分、ズムルハルのヘディングシュートが右ポストに直撃してひやりとしたサンプドリアは、終盤にかけても反撃できず、1-1のままタイムアップ。最終節は引き分けに終わった。 1月にサウサンプトンから加入した吉田はセリエAで14試合に出場し、サンプドリアの残留に貢献している。 2020.08.02 03:06 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプで活躍したブレシアDFガスタルデッロが37歳で現役引退

ブレシアの元イタリア代表DFダニエレ・ガスタルデッロ(38)が7月31日、現役引退を発表した。試合前日の記者会見で明かした。 ガスタルデッロは「明日のサンプドリア戦が私の最後の試合になる。クラブと共に引退の決断を下した。これまで自分が成し遂げてきたことに誇りを持っている。今は引退間近のこの時間を満喫しているところだ。サンプドリアは私が何年も過ごしたクラブで、そのクラブとの試合が最後の試合になるのは特別な気分だ。表現が難しいが、喜びに満ちているよ。今後に関しては監督になるため、コーチング業の勉強をしている。まだ公式ではないが、ブレシアの会長と話をし、ここに留まって勉強することになると思う」とコメントした。 イタリア代表として1試合の出場歴を持つセンターバックのガスタルデッロは、ユベントスやキエーボに在籍後、クロトーネやシエナでキャリアを積み、2007年からサンプドリアでプレー。在籍8年半で公式戦260試合に出場し14ゴールを挙げた。 その後はボローニャを経て、2017年夏からブレシアに在籍。今季はセリエAで7試合に出場していた。 2020.08.01 07:00 Sat
twitterfacebook