新たな暴れん坊誕生? 27試合で14枚のイエローカードをもらいブンデスリーガ新記録樹立

2020.05.24 13:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パーダーボルンのアルバニア代表MFクラウス・ギャスラが、長いブンデスリーガの歴史の中でなんとも不名誉な記録を生んでしまった。

23日に行われたブンデスリーガ第27節のホッフェンハイム戦で、ギャスラは[4-1-4-1]のアンカーとして先発出場を果たした。

しかし、61分にイエローカードを提示されると、これが今シーズン14枚目のイエローカードとなった。

第27節終了時点で14枚のイエローカードをもらったのは、ギャスラが初めてとなり、不名誉なブンデスリーガ初記録を樹立してしまった。

なお、シーズン最多のイエローカードは、1998-99シーズンにデュイスブルクに所属していた元ポーランド代表DFトマシュ・ハイトが記録した16枚となっている。
コメント