リーグ・アン打ち切りを巡る3クラブの訴訟に動き…パリ裁判所は判決を棄却

2020.05.23 13:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズンのリーグ・アン打ち切りを巡ってリヨン、アミアン、トゥールーズの3クラブが起こしている訴訟に動きが見られた。フランス・プロリーグ機構(LFP)は4月30日、フランス政府の意向を受け入れる形で、今シーズンのリーグ・アンとリーグ・ドゥ(フランス2部)を終了することを決定した。

だが、1試合あたりの平均勝ち点で算出された最終順位の決定に関しては、10節を残していたこともあり、戦わずして降格が決定した19位のアミアン、最下位のトゥールーズ、来シーズンのヨーロッパコンペティション出場圏外の7位となったリヨンの3クラブが不服として訴訟を開始していた。

3クラブが起こした訴訟はいずれもパリの行政裁判所が担当していたが、同裁判所は22日に、今回のケースがフランス国家が関与する問題を含んでいることを理由に棄却を決定した。

なお、パリの行政裁判所の棄却を受け、LFPが「棄却の決定に満足」との反応を示した一方、リヨンは「LFPが22日時点でパリの行政裁判所の態度を喜んでいることに驚きを感じている」と不快感を示している。

フランス『レキップ』などが伝えるところによれば、3クラブは25日にも破毀院(最高裁判所にあたる)で改めて訴訟を起こすようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

リヨン、レスターからスリマニをフリーで獲得! アトレティコ移籍のムサ・デンベレ後釜に

リヨンは13日、レスター・シティからアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年半となる。 リヨンは同日、フランス人FWムサ・デンベレ(24)のアトレティコ・マドリー移籍を発表しており、レスターで構想外となっていたスリマニがその後釜を務めることになった。 2016年夏にスポルティング・リスボンから鳴り物入りでレスターに加入したスリマニだが、思うような活躍を見せることはできず。以降、レンタル先のニューカッスル、フェネルバフチェでも目立った数字は残せなかった。 それでも、昨シーズンにレンタル加入したモナコでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリーグ戦が早期打ち切りとなった中、18試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復調の兆しを見せていた。 だが、レスターにレンタルバックした今季はここまでリーグ戦1試合の出場に留まっており、ブレンダン・ロジャーズ監督の構想外となっていた。 2021.01.14 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、リヨンからFWムサ・デンベレを買取OP付きのレンタルで獲得! ジエゴ・コスタ後釜に

アトレティコ・マドリーは13日、リヨンからフランス人FWムサ・デンベレ(24)のアトレティコ・マドリーを獲得したことを発表した。 リヨンの発表によると、移籍形態は買い取りオプション付きの2021年6月30日までのレンタル移籍となる。 レンタル料は150万ユーロ(約1憶9000万円)となり、買い取りオプションの金額は3350万ユーロ(約42億3000万円)。さらに、買い取りオプションを行使した場合、最大500万ユーロ(約6億3000万円)のインセンティブと、将来的なリセール時の移籍金10%をリヨン側に支払う契約となっている。 デンベレは2018年夏にセルティックから総額2200万ユーロ(約27億8000万円)の移籍金でリヨンへ加入。公式戦108試合45ゴールをマークしているが、今季は16試合に出場したリーグ・アンで1ゴールにとどまり、腕の骨折から回復を目指しているところだ。 過去には元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバとも比較されるなど、卓越した身体能力と決定力に優れるフランス国内屈指の若手ストライカーだ。 アトレティコでは先月に個人的な理由で退団を希望した元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(32)との契約を解除。純粋なセンターフォワードがウルグアイ代表FWルイス・スアレスのみという現状を受け、デンベレの獲得に動いていた。 2021.01.14 02:44 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のブラジル代表MFギマランイスがボックス外から捻じ込んだリヨン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスがリヨンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ギマランイスのリヨン初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnWnJvYWlwUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてブラジルの名門アトレチコ・パラナエンセで中心的な選手として活躍したギマランイスは、多くの欧州ビッグクラブから注目を集める選手に。2020年1月にフランスの強豪リヨンに加入し、ヨーロッパデビューを果たしている。 中盤で攻守に渡り存在感を発揮することができるギマランイスだが、2020年11月29日に行われたリーグ・アン第12節のスタッド・ランス戦では、記念すべきリヨン初ゴールを記録している。 1-0とリヨンリードで前半を折り返して迎えた49分、リヨンがカウンターからチャンスを作る。左サイドのスペースに侵入したFWカール・トコ・エカンビが中央に折り返しのクロスを入れると、このパスをペナルティーアークの前で受けたギマランイスがロングシュートを放つ。強烈なシュートは、相手DFの決死のブロックにより進路を変えたものの、これがGKの裏をかき、ゴール右に決まった。 ギマランイスの移籍後初ゴールでリードを広げたリヨンは、その後ももう1点を奪い、3-0で快勝している。 2021.01.13 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨン、ムサ・デンベレ後釜にスリマニを獲得へ! 12日にメディカル受診予定

リヨンがレスター・シティのアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)の獲得を決定的なモノとした。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。 現在、リヨンではフランス人FWムサ・デンベレ(24)のアトレティコ・マドリー移籍が間近に迫っており、センターフォワードの補強が急務となっている。 そういった中、クラブが後釜として目を付けたのが、レスターで構想外となっているスリマニだ。 2016年夏にスポルティング・リスボンから鳴り物入りでレスターに加入したスリマニだが、思うような活躍を見せることはできず。以降、レンタル先のニューカッスル、フェネルバフチェでも目立った数字は残せなかった。 それでも、昨シーズンにレンタル加入したモナコでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリーグ戦が早期打ち切りとなった中、18試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復調の兆しを見せていた。 だが、レスターにレンタルバックした今季はここまでリーグ戦1試合の出場に留まっており、ブレンダン・ロジャーズ監督の構想外となっている。 そして、ディ・マルツィオ氏によると、スリマニは12日にも現地入りし、メディカルチェックを受診した後に正式にリヨンのプレーヤーになるとのことだ。 なお、フランス『フット・メルカート』が伝えるところによれば、レスターは今季終了後に契約が満了するスリマニに関して移籍金を要求せず、フリーでの放出を容認しているという。さらに、スリマニは2022年6月までの18カ月契約にサインする見込みだ。 2021.01.12 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレスト、リヨンからブラジル人MFジャン・ルーカスをレンタル!

ブレストは12日、リヨンからブラジル人MFジャン・ルーカス(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 フラメンゴの下部組織出身のジャン・ルーカスは、高い身体能力と豊富な運動量を生かしたボール奪取能力に加え、攻撃面では縦への推進力、パワフルなミドルシュートを兼備するボックス・トゥ・ボックス型の181cmのセントラルMF。 2019年夏にトッテナムに旅立ったフランス代表MFタンギ・エンドンベレの後釜として加入した中、昨シーズンは公式戦17試合3ゴールの数字を記録。 今季もここまでリーグ・アン8試合に出場していたが、スタメン出場はわずかに1試合となっており、出場機会を求めてブレストへの武者修行を選んだ。 2021.01.12 22:15 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly