ロナウドが亡くなった恩師シモーニ氏を追悼「単なる監督ではなかった」

2020.05.23 06:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表FWロナウド氏が22日に亡くなった元インテル指揮官のルイジ・シモーニ氏を追悼した。自身のインスタグラムでシモーニ氏への想いを語った。

シモーニ氏とはバルセロナからインテルに移籍した初年度に師弟関係にあったロナウド。その1997-98シーズンはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝を成し遂げ、セリエAでは2位となった。そして自身もそのシーズンは全コンペティションを合わせて34ゴールを挙げ、キャリアでも最高のシーズンを過ごした。

「ジジ・シモーニは私にとって単なる監督ではなかった。彼は賢く、良い人間だった。何かを強いることはなかったし、一方で何が重要かを説いてくれた。私は彼を先生のように感じていた。または指揮者で選手たちがオーケストラのような関係だったかな。彼の笑顔や穏やかな声、貴重なアドバイスを覚えている。我々はもっと勝つことができたと思うが、共に戦って勝つ、これが大事だと我々にいつも説いていた。監督には感謝している。想像以上のことを教えてくれたんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ゴディンは逆転でのスクデット諦めず 「ユーベに近づくためすべての試合に勝つ」

インテルに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンは、逆転でのスクデット獲得を諦めていないようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 13日に行われたセリエA第32節でトリノをホームに迎えたインテル。17分にGKサミール・ハンダノビッチのファンブルから先制を許すも、後半立ち上がりの48分にDFアシュリー・ヤングが同点ゴールを奪うと、直後の51分には左CKの流れからゴディンが頭で押し込み逆転。その後、FWラウタロ・マルティネスがゴールを重ねて、3-1の逆転で3試合ぶりの勝利を飾った。 この勝利により、ラツィオとアタランタを抜いて2位に浮上したインテルだが、首位ユベントスとの実質的な勝ち点差は9ポイント。逆転でのスクデット獲得には依然として厳しい状況だ。 しかし、決勝点となるセリエA初ゴールを挙げた殊勲のゴディンは試合後、イタリア『スカイ』のインタビューで、逆転でのスクデット獲得が可能だとの見解を示した。 「不振に陥っている際にはどんな形でも勝つことが重要なんだ。試合は予期せぬ形で始まった。ただ、ミスを悔やむつもりはない。ただ、そこから学び、健全な形で自己批判を繰り返していくだけだ」 「僕たちは2位に留まるチャンスを得た。このポジションを守るために全力を尽くすよ。さらに、ユベントスに近づくためにも、すべての試合に勝つことを考えなければならない。一試合一試合に集中し、その後の行方を見守るつもりさ」 また、高年俸を受け取りながらも思ったほどの出場機会を得られていないこともあり、ゴディンに関しては今夏の退団の可能性が取り沙汰されている。しかし、ウルグアイ代表DFはその噂を一蹴している。 「ポジティブなレベルを保てている。ヴェローナ戦でも良い感じだったし、今夜もね。監督から求められたときはいつでもチームを助けられるように全力を尽くしている」 「ピッチ内外でチームを助けるためにここへ来たんだ。僕はどこにいても常に勝利のメンタリティを持ってきたし、いつでもポジティブに働ける能力を備えている」 「インテルとは3年契約を結んでいるし、ここに留まり、インテルと共に何か素晴らしいことを成し遂げたい」 2020.07.14 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

2位浮上のコンテ監督、チームの戦いぶりに手応え! ミスの守護神も擁護

インテルのアントニオ・コンテ監督が、3-1で快勝したトリノ戦のパフォーマンスに満足感を示した。 13日に行われたセリエA第32節でトリノをホームに迎え入れたインテル17分にGKサミール・ハンダノビッチのファンブルから失点。しかし、後半立ち上がりの48分にDFアシュリー・ヤングが同点弾を奪うと、DFディエゴ・ゴディン、FWラウタロ・マルティネスが立て続けにゴールを収めて、3試合ぶりの勝利を手にした。 上位争いを演じるラツィオとアタランタが勝ち点を取りこぼしたため、2位に浮上したインテル。コンテ監督は試合後、イタリア『スカイ』でベルギー代表FWロメル・ルカクが不在下の戦いぶりに満足感を示し、珍しくファンブルで失点に絡んだハンダノビッチを擁護した。 「選手たちは非常にうまく試合に入った。CKから失点してしまったが、サミールのミスはセンセーショナルだったと思う。彼はほとんどミスをしない。全体的に我々が試合を支配した。あの失点が我々をナーバスにさせ、問題を引き起こしたかもしれないが、その後に2ゴールを挙げられて良かった」 「今は以前よりも前に人数をかけて攻撃に出ている。結果は努力の賜物だ。そうでなければ、私はがっかりする。最近は過度な罰も受けてきたが、正しい道を進んでいる。攻撃的なサッカーをして、相手のボックス内で相手の脅威になるプレーができている」 また、スクデット争いから遠ざかる状況を受け、進退も騒がれ始めているが、自らのインテルでの将来について今後も続く自信を示した。 「私は3年間のプロジェクトでインテルに呼ばれた。彼らを本来のあるばき場所に戻すためにね。そうなると、必然的に時間がかかる。私自身は熱意を持ってここにやって来た。信念だってある」 「3年間のプロジェクトを始め、あと3年間の契約が残っている。その後は彼らが契約延長を望むかどうかだ。今の状況に満足しているし、まだ先も長い。彼らが満足していないのなら、私は身を引くのを躊躇しない」 2020.07.14 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ラウタロ、6試合ぶりのゴールに「本当に欲しかった」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、6試合ぶりのゴールを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは13日にホームで行われたセリエA第32節でトリノと対戦。17分にFWアンドレア・ベロッティにゴールを許して試合を折り返したが、48分にラウタロのパスからDFアシュリー・ヤングが同点弾。DFディエゴ・ゴディンのゴールで勝ち越した後、61分にラウタロが追加点を奪い、3-1の勝利を収めた。 ベルギー代表FWロメル・ルカクが欠場した試合で1ゴール1アシストの活躍をみせ、チームを2位浮上に導いたラウタロは久々の得点に喜びの心境を露わにした。 「僕は本当にこのゴールが欲しかった。しばらく得点できていなかったからね。それに勝利と3ポイントに満足しているよ」 「ゴールは僕にとって重要だ。今日はそれができたが、何よりもキャラクターと強さを示せて、満足している」 「ここ最近の僕らはポイントを落としていたから、今日の試合で流れを変えていく必要があった。たくさん走って、2位に浮上できた。満足している。対戦相手と素晴らしい試合ができた」 2020.07.14 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

L・マルティネスの6戦ぶり弾含む後半の3発で逆転勝利のインテルが2位浮上!《セリエA》

インテルは13日、セリエA第32節でトリノをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。 前節ヴェローナ戦を引き分けに持ち込まれたものの、勝利すれば2位浮上となるインテル(勝ち点65)は、ルカクが負傷欠場となった中、2トップはL・マルティネスとサンチェスが組んだ。 16位トリノ(勝ち点34)に対し、立ち上がりからボールを握っていたインテルだったが、17分に先制される。右CKのクロスをGKハンダノビッチがまさかのキャッチミス。落としたボールをベロッティに押し込まれた。 失点後もボールを持ったインテルは32分に同点のチャンス。ガリアルディーニが敵陣高い位置でボールを奪ってボックス左のL・マルティネスへ。しかし、L・マルティネスのシュートはセーブされてしまった。 すると40分にはピンチ。カウンターを受け、ボックス左まで侵入したアンサルディに決定的なシュートを打たれたが、ここはGKハンダノビッチが凌いだ。 1点のビハインドで迎えた後半、インテルが攻勢をかけると、開始3分に追いつく。ブロゾビッチのフィードをゴールエリア左のL・マルティネスがヘッドで落とし、ボックス左のヤングがボレーで蹴り込んだ。 さらに51分、左CKのショートコーナーから一気に逆転する。ヤングの浮き球パスをゴールエリア左のサンチェスがヘッドで落とし、ゴディンが頭で押し込んだ。 止まらないインテルは61分、サンチェスのパスを受けたL・マルティネスがボックス手前右から右足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートがゴールに決まり、3-1とリードを広げた。 L・マルティネスの6試合ぶりのゴールで余裕の展開としたインテルは、終盤にかけては危なげなく時間を消化。後半の3発で逆転勝利し、2位浮上とした。 2020.07.14 06:37 Tue
twitterfacebook
thumb

罰金は1200万円! 飲酒運転&赤信号無視のMFブロゾビッチにインテルが処分

飲酒運転と赤信号無視を犯したクロアチ代表MFマルセロ・ブロゾビッチが、クラブから罰金を科されたようだ。 ブロゾビッチは、愛車であるロールス・ロイス・カリナンに乗り、土曜の未明にミラノのナイトスポット近くのカントーレ広場でパトロール中の警察官に止められたとのこと。赤信号を無視し、追跡した警察官に数百メートル経って止められたという。 <div id="cws_ad">◆ブロゾビッチ、2019-20シーズンのプレー集<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhcHM4MDNJZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 夜間のパトロールのためアルコール検査も実施した所、ブロゾビッチ本人は酔っ払っていなかったものの基準値を超えるアルコールが検出。赤信号無視と合わせて処分。さらに、外国車でのナンバープレート違反も重なり、免許取り消しの処分を受けていた。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、この一件を受け、ブロゾビッチはクラブから10万ユーロ(約1200万円)の罰金を科されたとのことだ。 ブロゾビッチは2015年1月にディナモ・ザグレブからレンタル移籍で加入。2016年7月に完全移籍していた。 なお、今シーズンはセリエAで25試合に出場し3ゴール4アシストを記録している。 2020.07.13 22:54 Mon
twitterfacebook