名古屋、ジョーと数日以内に契約解除か…母国メディアが口頭合意と報道

2020.05.22 06:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブラジル『グローボ』は21日、元ブラジル代表FWジョー(33)と名古屋グランパスが双方合意の下で契約を解除すると報じた。2018年から名古屋でプレーするジョーの契約は2020年12月までとなっているが、『グローボ』よれば、両者は既に口頭で合意しており、数日中にも正式決定するとのこと。

また同メディアによれば、母国での引退を考えているジョーだが、現在は“引退前にもう一稼ぎする最後のチャンス”と考えており、名古屋退団後はUAEのクラブでプレーする希望を代理人に伝えているようだ。なお、海外移籍が叶わなかった場合は、かねてより復帰の夢を語っていたコリンチャンスへの移籍が最優先となる模様だ。

2003年にコリンチャンスでプロデビュー後、 CSKAモスクワやマンチェスター・シティ、エバートン、ガラタサライ、インテルナシオナウなど世界各国のクラブを渡り歩き、2018年から名古屋でプレーするジョー。加入初年度は33試合に出場して24得点を挙げ、J1得点王とJリーグベストイレブンに輝いたが、昨季はケガの影響もあり、明治安田生命J1リーグ32試合6得点に終わった。

そんなブラジル人ストライカーはJリーグ挑戦3年目の今季もケガで出遅れており、新型コロナウイルスの感染拡大による延期前の公式戦2試合をいずれも欠場していた。
関連ニュース
thumb

雷雨で中止となった天皇杯の名古屋vs岡山、8月2日に全てリセットして前半キックオフから再試合

日本サッカー協会(JFA)は26日、雷雨により中止となった第101回天皇杯3回戦の名古屋グランパスvsファジアーノ岡山について再試合とすることを発表した。 同カードは14日に名古屋市港サッカー場で開催。前半終了時点で激しい雷雨に見舞われ、試合が1時間以上にわたって中断されていた。 その後、激しい雷雨が収まらないことから中止の判断となっていた。 JFAと愛知県サッカー協会が協議した結果、同試合に関してはスタートからの再試合になることが決定した。 理由としては、前半を終えて0-0のスコア、さらに両チームともに警告、退場がなく、どちらにもアドバンテージが存在していないことが挙げられる。 また、選手のコンディションや新型コロナウイルス感染や濃厚接触者特定、Jリーグの第2登録ウインドーが影響することから、メンバーもリセットし、試合開始からのやり直しになることとなった。 なお、試合は8月2日(月)の18時から、名古屋市港サッカー場で行われる。 ちなみに、チケットは半券があれば観戦が可能。さらに一部チケットを販売する他、再試合を観戦できない方は払い戻しもある。 2021.07.26 16:22 Mon
twitterfacebook
thumb

「私が新たなストライカーです」名古屋がユーロ出場のポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクを完全移籍で獲得

名古屋グランパスは20日、ポーランドのピアスト・グリヴィツェのポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク(28)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「40」となる。 なお、入国日は調整中。また、入国後は所定の待機措置を経てチームへ合流予定となる。 シュヴィルツォクは、クラブを通じてコメントしている。 「グランパスファミリーの皆さん、はじめまして。私が新たなストライカーです。グランパスのようなビッグクラブでプレーができて幸せです」 「グランパスファミリーの皆さんと一緒に試合で勝ち続けたいと思います。スタジアムでお会いしましょう!クバ#40」 シュヴィルツォクは、ポーランドのポロニア・ビトムでプロキャリアをスタート。ドイツのカイザースラウテルンへ2012年1月に完全移籍すると、2012年7月にピアスト・グリヴィツェへレンタル移籍。その後はポーランドに戻り、ザヴィシャ・ブィドゴシュチュやグルニク・ウェンチナ、GKSティヒ、ザグウェンビェ・ルビンなどでプレー。2018年1月にブルガリアのルドゴレツへと完全移籍した。 2020年8月にピアスト・グリヴィツェへとレンタル移籍すると、2021年7月にピアスト・グリヴィツェへと完全移籍。そのまま名古屋へと移籍することとなった。 エクストラクラサ(ポーランド1部)では、90試合に出場し42ゴール9アシストを記録。ヨーロッパリーグでも11試合出場し1ゴール1アシストを記録していた。まだ、ブンデスリーガでも6試合プレーしている。 U-20、U-21と世代別のポーランド代表を経験すると、2017年11月にポーランド代表デビュー。2018年のロシア・ワールドカップにはメンバーに選ばれず、その後はしばらく代表に招集されていなかったが、今夏のユーロ2020に出場。グループステージ第3節のスウェーデン代表戦に途中出場していた。 2021.07.20 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋に痛手…FW山﨑凌吾が左足首じん帯断裂で戦線離脱

名古屋グランパスは18日、FW山﨑凌吾の負傷を発表した。 伝えられるところによると、山﨑は17日に行われた明治安田生命J1リーグ第20節のサガン鳥栖戦で負傷。 その後のMRI検査、XP検査を行った結果、Ⅲ度の左足関節捻挫(前距腓・踵腓靭帯の断裂)と診断され、全治は現時点で未定とのことだ。 山﨑は2020年に湘南ベルマーレから名古屋に完全移籍で加入。2020シーズンはJ1で26試合に出場し1ゴールにとどまったが、今季はここまで公式戦27試合に出場。J1で3得点、AFCチャンピオンズリーグでは4得点を記録していた。 2021.07.19 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋DF中谷進之介に第二子誕生 「将来サッカー選手を目指してもらう為にも走り続けたい」

名古屋グランパスは18日、DF中谷進之介(25)の第二子誕生を報告した。 17日に男児を新たに授かった中谷はクラブを通じて「コロナ禍の中1人で頑張ってくれた妻と元気に出てきてくれた息子に本当に感謝します。将来サッカー選手を目指してもらう為にも走り続けたいと思います。これから4人家族となる中谷家をどうぞよろしくお願いします」とコメントした。 日本代表としても活躍する中谷は2018年6月から名古屋でプレー。今季もここまで主力センターバックとして、公式戦26試合に出場している。 2021.07.18 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖が後半3発の逆転勝利!名古屋は4試合白星なし【明治安田J1第20節】

17日、明治安田生命J1リーグ第20節のサガン鳥栖vs名古屋グランパスが駅前不動産スタジアムで行われ、3-1で鳥栖が勝利を収めた。 鳥栖は7日の天皇杯でアビスパ福岡を下したが、リーグ戦は直近4試合で勝利から遠ざかっている。さらに6月26日には金明輝監督がトレーニングで行き過ぎた指導を行って3試合の指揮資格停止となり、チームの雰囲気はよりネガティブな方向に。しかし、今日の試合で白星を挙げると勝ち点で名古屋に並ぶため、何としても勝利を目指したいところ。 一方の名古屋も、先日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では5勝1分けでグループGを首位通過したものの、J1ではここ3試合勝利がない。また、スポーツ庁との取り決めによって名古屋市から鳥栖市までのおよそ800kmを公共交通機関で移動できなかったため、万全のコンディションとは言い難い。無失点継続期間のリーグ記録更新中の第10節に2-1で敗北を喫した相手にリベンジを果たせるかどうか。 立ち上がりから鳥栖がボールを持って押し込む時間帯が続く。小屋松が上手く名古屋の1列目と2列目の間に入ってボールを受けて再三チャンスを作り、ゴールを脅かしていく。 しかし7分、名古屋はエドゥアルドのコントロールミスを見逃さずにボールを奪った山﨑がハーフラインから一人で独走。GK朴一圭と1対1になってかわそうとするが、惜しくも体に当てられてしまい得点とはならなかった。 危険なシーンをなんとか逃れた鳥栖はその後もボールを握って試合を支配する。左センターバック大畑が高い位置を取って名古屋のサイドハーフは前田を最終ラインまで下げさせ、空いたスペースから松岡や仙頭が効果的な縦パスを通していく。 鳥栖のペースで試合が進んでいたが、先制したのは名古屋。39分に鳥栖の右サイドを突破した前田がペナルティエリアにグラウンダーのクロスを入れると、戻りながら対応したエドゥアルドがクリアを誤りオウンゴールしてしまう。ラッキーな形で名古屋がリードを得て前半が終了した。 後半が始まってわずか3分、鳥栖が同点に追いつく。左サイドでボールを受けた中野嘉大がカットインしてミドルシュートを打つと木本に当たり、GKランゲラックが予測した方向と逆のコースに軌道が変わってゴールに吸い込まれた。 勢いに乗る鳥栖は51分に2点目を決める。樋口の浮き球に反応し、名古屋の最終ライン裏に抜け出した酒井がダイレクトでボレーシュート。ボールはファーサイドに突き刺さり、あっという間に逆転に成功した。 リードを奪い返された名古屋は柿谷、マテウス、途中投入のシャビエルらのパスワークで鳥栖ゴールに迫っていく。64分にはマテウスがペナルティアークの右から左足で強烈なシュートを放つも、GK朴一圭の好セーブに阻まれた。 名古屋が攻める時間が続いたが、80分に鳥栖がリードを広げる得点を決める。中野嘉大、樋口、小屋松がペナルティエリア内でダイレクトパスを繋いでいき、最後は樋口のマイナスのクロスに小屋松が落ち着いて合わせてゴール。GKランゲラックも反応できない右隅のコースに決めて名古屋を突き放した。 その後は危険なシーンもあったがGK朴一圭がしっかり防ぎ、DFラインの選手たちも集中した守りを見せてそのまま試合終了。ホームの鳥栖が5試合ぶりの勝利を収め、暫定順位を4位に上げている。 サガン鳥栖 3-1 名古屋グランパス 【サガン鳥栖】 中野嘉大(後3) 酒井宣福(後6) 小屋松知哉(後35) 【名古屋グランパス】 OG(前39) 2021.07.17 22:02 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly