大変革迫るニューカッスル、指揮官ブルースが沈黙破る

2020.05.21 21:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
買収が迫るニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が沈黙を破り心の内を明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

イギリスの実業家であるアマンダ・ステーブリー氏による買収の準備が進んでいるニューカッスル。その額は3億ポンドと言われ、買収の暁には豊富な資金を元手に、かつてのチェルシーやマンチェスター・シティをなぞる様に大型補強に打って出ると言われている。

その一環として、元トッテナム指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏招聘の噂が連日の様に取り上げられているが、ブルース監督は自身の去就に関して前向きに捉えている。

「それがニューカッスルにとって良いことで、プレミアのビッグクラブに対抗できる方法であるならば私は賛成だ。私はそれを見てみたいし、その一部でありたいと思っている」

「もし、将来的に買収が実現したら素晴らしいことだ。私も嬉しいよ。ある種のレッテルを貼られることもあるだろうが、それは私がチャンピオンシップでのマネジメントを楽しんでいた理由だ。あのディビジョンの人々へ向けて自らを支持したい」

「1995年のニューカッスルやサー・ボビー・ロブソンが率いていた時代の様なチームを持つことが出来れば最高だね」

「マネジメントというのは下位リーグだろうとトップリーグだろうと、自分の持っているものを最大限に活用することが大事なんだ。自分にはそれができると信じている」
コメント