コスタリカリーグが北中米で初の再開! 今後は中3日の強行日程でシーズン完了へ

2020.05.20 15:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コスタリカ・プリメーラ・ディビシオン(1部リーグ)が北中米リーグで初のリーグ再開に漕ぎつけた。『ESPN』が伝えている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、北中米大陸においてもフットボール活動の一時停止を余儀なくされている。

しかし、コスタリカでは感染者数が850名超、死者数が10名程度に抑えられていたこともあり、先週に政府が5月15日からのプロスポーツ再開許可を発表。

これにより、3月15日を最後に中断されていたコスタリカ・プリメーラ・ディビシオンが、現地時間5月19日より無観客開催の形で約2カ月ぶりに再開されることになった。

そして、19日には記念すべき再開初戦となるグアダルーペvsリモンが行われ、ホームのグアダルーペが1-0で勝利している。

なお、前後期制で行われている同リーグではクラウスーラ(後期リーグ)の22節中7節が残っており、今後ほぼ中3日のスケジュールで6月中旬のシーズン完了を目指す。そのため、交代枠も国際サッカー連盟(FIFA)が一時的に導入を認めた最大5人制を採用している。
コメント
関連ニュース
thumb

クルトワ、ジダン政権で第2GK降格の可能性?

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、再びリーグ戦でコスタリカ代表GKケイロル・ナバスを起用するようだ。スペイン『アス』が報じた。 昨年の夏に鳴り物入りでチェルシーからマドリーに移籍し、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げたK・ナバスを押しのけて第1GKに君臨しているベルギー代表GKティボー・クルトワ。しかし、クラブの不調に引き摺られる様に今シーズンは目立ったパフォーマンスを披露することが出来ていない上、不用意な発言が度々批判を浴びるなど、良いシーズンは過ごしていない。 さらに、クルトワを重用していたサンティアゴ・ソラーリ前監督が解任され、ジネディーヌ・ジダン監督が復任すると、初陣のリーガエスパニョーラ第28節セルタ戦にはK・ナバスが出場。幾度か印象的なセーブも披露し、2-0での勝利に貢献していた。 そして、今回の『アス』によると、クルトワは3月31日の第29節ウエスカ戦に向けた29日の練習でチームトレーニングに合流出来ず。もちろん、インターナショナルウィーク明けのため、疲労を考慮された結果ではあるが、室内でのトレーニングに終始したとのこと。一方、K・ナバスもコスタリカ代表として3月の2試合に出場していたが、同選手は通常のメニューを消化したようだ。 伝えられるところでは、ジダン監督はK・ナバスを優先させる考えを示唆しており、クルトワは第2GKに降格する恐れも。いずれにせよ、ウエスカ戦ではK・ナバスの先発が濃厚と見られており、クルトワに我慢の時間が訪れるかもしれない。 2019.03.30 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

今冬退団噂のK・ナバスはマドリー残留か

▽15日に32歳の誕生日を迎えるコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが、今冬にレアル・マドリーを離れることは無いかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽レバンテでリーガエスパニョーラ最優秀GKに選ばれる大活躍を披露し、2014年夏にマドリーに入団したK・ナバス。ポジションを奪取した2015-16シーズンからはチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げ、最も成功した時代の守護神として、クラブの歴史に名を刻んでいる。 ▽しかしながら、今夏にマドリーがチェルシーからGKティボー・クルトワを獲得すると、守護神の座を陥落。特に、現在のサンティアゴ・ソラーリ監督下では、カテゴリー違いの相手とも対戦するコパ・デル・レイの試合でのみ起用されている状況だ。 ▽リーガ開幕以降の公式戦19試合で14勝2分け7敗と苦しむマドリーの成績は、K・ナバスの出場した7試合では6勝1敗、総失点数は「4」。アピールには成功しているが、チャンスを与えられる気配はなく、今冬の移籍も噂されている。 ▽そんな中、『マルカ』はK・ナバスの残留を主張。2月初めに第二子が誕生した同選手にマドリッドの街を離れる気はなく、スポーツ面、経済面で他のクラブへ移ることが得策でないためだという。 ▽欧州の他のビッグクラブは既にそれぞれ守護神を確保しており、K・ナバスが現在受け取っている500万ユーロ(約6億4000万円)に匹敵する年俸も払うことができず。また、マドリー側が放出を望んでいないことも理由に挙げられている。 2018.12.15 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月15日は、エル・ブランコで苦しむ前人未到CL3連覇GKのバースデー

◆ケイロル・ナバス 【Profile】 国籍:コスタリカ 誕生日:1986年12月15日 クラブチーム:レアル・マドリー ポジション:GK 身長:185㎝ 体重:78㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月15日は、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスだ。 ▽ケイロル・ナバスは、2005年にコスタリカのデポルティボ・サプリサとプロ契約を結んでデビュー。その後はスペイン2部のアルバセテを経てレバンテに加入し、2013-14シーズンにはリーグ最多セーブを記録すると、その勢いのままにブラジル・ワールドカップでも出色の出来を披露した。イングランド、ウルグアイ、イタリアの"死のグループ"に入ったが、2勝1分けで下馬評を覆すコスタリカの首位突破に大きく貢献。5試合中3試合で大会のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど台風の目となったチームを牽引した。 ▽これまでの活躍が認められ、大会後に推定移籍金1000万ユーロ(現在のレートで約12億8000万円)でレアル・マドリーに移籍。加入初年度はイケル・カシージャスの控えに回り、翌年にカシージャスが退団した直後にもフロレンティーノ・ペレス会長がGKダビド・デヘアの獲得を望み、ケイロル・ナバスをトレード要因に。さらに、ケイロル・ナバスは、移籍市場最終日にイギリスに向かうプライベートジェットに乗りこみ、その飛行機の中で1時間も待ちぼうけさせられたが、クラブ間でのやり取りが進まず。挙句にファックスの不備により移籍が破談となり、マドリーの練習場に引き返すなど散々な扱いを受けたことが伝えられている。 ▽それでも、プライドを傷つけられたケイロル・ナバスは不満を態度に表さず。その後はペレス会長を見返すかのようにチャンピオンズリーグ(CL)3連覇やリーガエスパニョーラ優勝など多くのタイトル獲得に貢献している。GKティボー・クルトワが加入した2018-19シーズンはポジション陥落の最大の危機に瀕しているが、不屈の守護神のここからの巻き返しに期待だ。 ※誕生日が同じ主な著名人 マルティン・シュクルテル(サッカー選手/フェネルバフチェ) ジェシー・リンガード(サッカー選手/マンチェスター・ユナイテッド) スティーブン・エンゾンジ(サッカー選手/ローマ) 柏木陽介(サッカー選手/浦和レッズ) ズラタン(サッカー選手/浦和レッズ) 高橋克典(俳優) 新木優子(女優) 桐生祥秀(陸上競技選手) 2018.12.15 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

K・ナバスがヒザを手術…離脱の心配はなし?

▽レアル・マドリーに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが、手術を受けたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽K・ナバスが受けたのは、ヒザの幹細胞治療。負傷していたわけではなく、関節の軟骨を綺麗にすることを目標とした予防的措置だったようだ。この手術は、エリートレベルの選手が受けることのあるもので、より繊細な負傷を防ぐことができるという。 ▽今回の代表ウィーク中、K・ナバスはコスタリカ代表に参加しておらず。代表チームとマドリーはどちらも手術について把握済みであり、約2週間の休暇が与えられるタイミングを計っていたようだ。 ▽ベルギー代表GKティボー・クルトワが今夏にチェルシーから移籍してきたことにより、正守護神の座を追われているK・ナバス。ここまで公式戦7試合の出場に留まっているが、ヒザを万全な状態とした上で新指揮官にアピールしていきたいところだ。 2018.11.13 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

先月日本と対戦したコスタリカ代表、新指揮官に元ウルグアイ代表DFのマトサス氏招へい

▽コスタリカサッカー連盟(FEDEFUTBOL)は9日、アルゼンチン人指揮官のグスタボ・マトサス氏(53)をコスタリカ代表の新指揮官に指名したことを発表した。 ▽オスカル・ラミレス前監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)出場を果たしたコスタリカは、そのラミレス前監督が大会後に退任。直近の代表ウィークではロナルド・ゴンサレス氏が暫定指揮官を務め、韓国代表と日本代表との国際親善試合を指揮していた。 ▽しかし、FEDEFUTBOLは9日、南米やメキシコの多くの強豪クラブで指揮を執った経験を持つマトサス氏の招へいを発表した。 ▽アルゼンチン出身のマトサス氏はペニャロールやサンパウロ、マラガ、サン・ロレンソといったクラブで活躍し、ウルグアイ代表として通算7試合に出場した経験を持つ。また、現役引退後は古巣ペニャロールやメキシコのレオン、アルゼンチンのエストゥディアンテスなどを率いていた。 2018.10.10 13:21 Wed
twitterfacebook