スコットランドもシーズン打ち切り決定…食野亮太郎のハーツが2部降格、優勝はセルティックで9連覇達成!

2020.05.18 21:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ(SPFL)は18日、2019-20シーズンの打ち切りが全会一致で決定したことを発表した。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、3月中旬から世界中のサッカー活動が停止。ベルギー、オランダ、フランスでリーグ戦が打ち切られた一方で、16日にはブンデスリーガが再開していた。

長らく打ち切りか再開かを協議していたSPFLだが、18日にスコティッシュ・プレミアシップの12クラブの全てと協議の結果、シーズンの即時終了が決定した。

なお、シーズンの最終順位は、中断前の2020年3月13日までに行われたリーグ戦での勝ち点で決定。試合数にばらつきがあるため、平均勝ち点で順位を決めることとなった。この結果、セルティックが2019-20シーズンのチャンピオンに輝き、見事9連覇、51回目のリーグ優勝となった。

また、マンチェスター・シティからレンタル移籍で加入したU-23日本代表FW食野亮太郎が所属するハート・オブ・ミドロシアン(通称:ハーツ)が最下位となり、2部へ降格することも決定している。

◆2019-20 スコティッシュ・プレミアシップ順位表
1:セルティック/勝ち点80/平均:2.6667
2:レンジャーズ/勝ち点67/平均:2.3103
3:マザーウェル/勝ち点46/平均:1.5333
4:アバディーン/勝ち点45/平均:1.5000
5:リビングストン/勝ち点39/平均:1.3000
6:セント・ジョンストン/勝ち点36/平均:1.2414
7:ハイバーニアン/勝ち点37/平均:1.2333
8:キルマーノック/勝ち点33/平均:1.1000
9:セント・ミレン/勝ち点29/平均:0.9667
10:ロス・カウンティ/勝ち点29/平均:0.9667
11:ハミルトンA/勝ち点27/平均:0.9000
12:ハーツ/勝ち点23/平均:0.7667
コメント